CB400SFとVTRの違いを比較

バイクを高く売るためにやるべきこと

バイク買取業者は、どこも安く買い取りたいと思っています。
高値でバイクを売るには、業者を競わすのが一番です。

バイク一括査定で月間利用者数NO.1のサイトは、こちら

また、バイクを高く売るためには、必ず知っておいた方がよいことがあります。特に初めてバイク買取業者を利用する方は、バイクを高く売る方法を読んでから無料査定を依頼しましょう。

CB400SFとVTRの違いを比較

 

ホンダ CB400SFの歴史

1992年4月に新登場。型式は、NC31
1994年3月にマイナーチェンジ。
左右のサイドカバーに質感の高いサチライトメッキの立体エンブレムを採用。新しく燃料計を装備した、新設計の3眼メーターを採用。スピードメーター、タコメーターのケースリング部にクロームメッキ処理を施し、文字盤の目盛り配置と各種表示灯のレイアウトを変更、メーター照明もグリーンにするなどの機能性とグレード感をさらに向上。前後ウインカー兼用のハザードランプも新しく採用。
1994年7月にカラー追加。
1995年3月にマイナーチェンジ。
シリンダー下部の側面部分に冷却フィンを新しく追加し、シリンダーヘッドカバーを大型化し、エンジン全体をブラック基調とし、より精悍で力強いエンジン外観に。
1995年7月にカラー追加。
1996年1月にカラーチェンジ。
1996年12月にマイナーチェンジ。
シートカウルをよりスポーティーな形状に変更し、制動フィーリングに優れた異径4ポット対向ピストンキャリパーを採用した。
1999年2月にフルモデルチェンジ。型式は、BC-NC39
新開発の「HYPER VTEC」は、吸排気効率や燃焼効率の向上を目指し、ホンダ独自のVTEC技術をさらに進化させたもので、「直押しタイプ」としては、量産車世界初の機構。排出ガス浄化システムとして、エキゾーストエアインジェクションシステム(二次空気導入装置)を採用。
2000年2月にマイナーチェンジ。
リアサスペンションスプリングは従来のブラックからレッドに変更。盗難抑止に効果的な、強化コンビネーションスイッチを新しく採用。
2001年1月にマイナーチェンジ。
ソリッドタイプとストライプタイプの2タイプを設定。
2002年1月にマイナーチェンジ。
HYPER VTECをより熟成させたHYPER VTEC SPECIIを採用。また約130点のパーツを見直し、さらに操縦安定性や制動性能の向上を図った。400ccクラスでは初めてH・I・S・Sを搭載し、盗難抑止にも配慮。
2002年12月にカラー追加。
2003年12月にマイナーチェンジ。
バルブの可変タイミングなどの設定変更を施し、扱いやすさの向上を図った「HYPER VTEC SPECIII」エンジンを搭載。シート高を5mm下げ、左右のサイドカバー部でそれぞれ約10mmの幅を狭め、ライダーの足つき性を向上させた。
2005年3月にマイナーチェンジ。
フロントフォークに幅広いセッティングを可能にする無段階調節が可能なプリロードアジャスター機構を採用。シートクッションに高密度ウレタン素材を採用。
2006年4月にマイナーチェンジ。
イグニションコイルを大型化し、より安定した火花を供給することにより、特に低回転域での扱いやすさを向上。前後のウインカーレンズには、質感の高いスモーククリアレンズを採用。
2007年12月にマイナーチェンジ。型式は、EBL-NC42
新しく電子制御燃料噴射システム(PGM-FI)を採用。「HYPER VTEC」機構は、さらなる進化を遂げ、「HYPER VTEC Revo(レボ)」として新たに搭載。
2008年12月にカラー追加。
2010年2月にカラーチェンジ。
2010年3月に特別・限定仕様を発売。
2011年2月にカラーチェンジ。
2012年1月にカラーチェンジ。
2012年11月に特別・限定仕様を発売。
2014年3月にマイナーチェンジ。
開発コンセプトは、「CB相伝・継承の外観進化。一人でも二人でももっと遠くへ快適に」。スタイリングは、新デザインのサイドカバー、リアカウルなどを採用。車体は、シートレールを変更、新たに純正アクセサリーに設定したリアキャリアとトップボックスの装着に対応。新デザインの10本スポークのアルミダイキャストホイールを採用。
2016年3月にカラー追加。

 

 

ホンダ VTRの歴史

1998年1月に新登場。型式は、MC33
2000年2月にマイナーチェンジ。
国内の排出ガス規制に適合。ユーザーの好みに応じて106タイプの組み合わせが可能な「カラーオーダープラン」を設定。型式は、BA-MC33
2002年12月にマイナーチェンジ。
シート形状の変更やサスペンションセッティングの見直しなどで従来のモデルより20mm低いシート高に。また、新しくタコメーター、ハザードランプと強化コンビロックを装備し、メーターケース、バックミラーにはクロームメッキを施した。
2007年1月にカラーチェンジ。
2009年3月にフルモデルチェンジ。
新たにPGM-FIを採用。排気系に2つの触媒装置を配置し、O2センサーの採用などにより国内二輪車排出ガス規制に適合。リアカウルをシルバーとし、ブラックのホイールとブレーキキャリパーを組み合わせるSTYLE Iと、リアカウルを車体色と同色にし、ゴールドのホイールとブレーキキャリパーを採用するSTYLE IIを設定。型式は、JBK-MC33
2010年7月16日にカラーチェンジ。
2012年2月16日にカラーチェンジ。
2013年2月14日にマイナーチェンジ。
電子制御燃料噴射装置(PGM-FI)と前後のサスペンションのセッティングを変更。今回からエンジンのシリンダーとシリンダーヘッドにもブラック塗装が施される。
2014年7月18日にマイナーチェンジ。
グリップ力と剛性に優れるラジアルタイヤを採用し、コーナリングやブレーキング時のフィーリング向上を図る。また、リアタイヤの偏平率を従来モデルの70%から60%に変更し、トランスミッションのローレシオ化と同様の効果を得ることで、加速フィーリングを向上。リアサスペンションのセッティングにより、乗り心地も向上。
2016年10月21日にカラーチェンジ。更に特別仕様のVTR Special Editionを発売。

 

 

ここでは、
2016年3月発売のホンダ CB400SF(EBL-NC42)と
2014年7月発売のホンダ VTR(JBK-MC33)
の違いを比較しました。

 

 

スペック表の違い

※数字が大きい方がこの色

車種

ホンダ CB400スーパーフォア

ホンダ VTR

発売

2016年3月

2014年7月

型式

EBL-NC42

JBK-MC33

全長

2080mm

2080mm

全幅

725mm

725mm

全高

1080mm

1055mm

ホイールベース

1410mm

1405mm

シート高

755mm

755mm

最低地上高

130mm

155mm

総重量

197kg

160kg

サスペンション形式(前)

テレスコピック

テレスコピック

サスペンション形式(後)

スイングアーム

スイングアーム

キャスター角

25°5′

25°30´

トレール(mm)

90

96

ブレーキ形式(前)

ダブルディスク

ディスク

ブレーキ形式(後)

ディスク

ディスク

タイヤサイズ(前)

120/60ZR17 M/C 55W

110/70R17 M/C 54H

タイヤサイズ(後)

160/60ZR17 M/C 69W

140/60R17 M/C 63H

エンジン種類

水冷4ストロークDOHC4バルブ並列4気筒

水冷4ストロークDOHC4バルブV型2気筒

総排気量

399cc

249cc

圧縮比

11.3

11.0

ボア

55mm

60mm

最高出力(kW/rpm)

39(53PS)/10500

22(30PS)/10500

最大トルク(N・m/rpm)

38(3.9kgf・m)/9500

22(2.2kgf・m)/8500

始動方式

セル

セル

点火方式

フルトランジスタ

フルトランジスタ

クラッチ形式

湿式多板

湿式多板

変速機形式

6段リターン

5段リターン

燃料供給方式

インジェクション

インジェクション

潤滑方式

圧送飛沫併用

圧送飛沫併用

燃料タンク容量

18.0L

12.0L

燃料消費率(km/L)

31(60km/h)

40(60km/h)

カラー/メーカー小売価格

¥793,800 チタニウムブレードメタリック ¥793,800 パールサンビームホワイト ¥761,400 キャンディープロミネンスレッド ¥761,400 グラファイトブラック

¥598,320 グラファイトブラック ¥598,320 デジタルシルバーメタリック ¥598,320 パールサンビームホワイト

 

CB400SFとVTRの違いを比較

 

 

CB400SFとVTRの比較の口コミ

 

 

シート高は、755mmで同じなのにVTR250の足つきは、べったりでCB400SFは、微妙に踵が浮いた。CB400SFの方がシートの幅が広いね。

 

 

VTR250で120km/h巡行するよりCB400SFで140km/h出した時の方がエンジンが無理してる感じは、少なく感じた。まあ風がキツくて走り続けるのは無理だけど。

 

 

VTRとCB400SFをどっちがいいか?と言われれば維持費を気にしないならならどう考えてもCB400SFが良いと思う。CB400SFは、燃費も悪いし車検もあるからそれが嫌ならVTR。

 

 

CB400SFの不満は燃費の悪さ。VTECを使わない運転をしても燃費は、20km/Lくらいだった。VTRは、すごく燃費よかった。

 

 

VTR250からCB400SFに乗りかえたけど排気量や2気筒が4気筒になったことや車重を考えたら燃費は、こんなもんだと思う。

 

 

CB400SF欲しかったけどやっぱり車検が面倒で結局VTRにした。車の車検代だけきついのにバイクの車検代なんか出せない。

 

 

車検は、中古で2年に一回だから痛い出費じゃない。新車なら3年だからそこまで乗って乗り換えてもいいし。

 

 

バルブ数切り替え機構ついた400は、凄い乗りやすい。その構造も比較的シンプルだし本当にCB400SFを買ってよかった。VTRも良いバイクだけど今は性能の割に価格が高すぎ。

 

 

高速でのつらさは、CB400SFもVTRもそんなに変わらないと思う。VTRで100km/h出すと6000回転くらいを維持することになるから振動が煩わしいけど、実際に高速走ってて一番辛いのは風。ネイキッドであれば排気量が上がっても受ける風は一緒だから。俺なら街乗りメインであればVTR買うし、高速をよく走るならカウル付きのバイクにするわ。

 

 

俺がCB400SFと迷って最初に買ったバイクがVTR。VTRにした理由がCB400SFのバルブ全開放は高速しか意味がないとか車検かからなくて軽くて燃費が良いVTRの方が全然良いと思ってた。でも実際VTRに乗ってみて分かったとこは、高速でのパワー不足。法定速度を守って走っていればいいけどたまに後ろから見て危険な走り方をしてる車を抜かないといけないことがあってそういう時にパワー不足を感じた。あとシングルやパラツインよりは、マシだけど高速では、振動が気になって長時間高速を乗るの厳しいと思った。あとVTRは、250の中では低速加速は良い方だけど一般道でも0-60kmくらいの加速が若干物足りなく感じることもある。他にもリアが貧弱なのか煽られることがあったり、身長が180以上の人は、長時間乗ると膝と足首がやばそう。良い点としては、身長が高くなければ特にダメなとこがない点。一般道では、振動がまったく気にならないし、すり抜けもし易い。どれだけ中途半端にエンストしても立ちごけしない。でも一般道がメインでも維持費さえ気にならないならCB400SFの方が良いと思った。

 

 

CB400SFなら6速で100km/hからシフトダウンしなくても余裕で追い越しができる。VTRでもシフトダウンをすれば楽に追い越し出きるし、120km/h巡航もできるが疲労度が全く違うよ。

 

 

CB400SFは、197kg。VTRは、160kg。約40kg程違う。

 

 

VTRは、250でVツインというだけで唯一無二の存在。普通に乗ってれば普通の実用エンジンだね。ツーリングに出てワインディングを走ると気持ちの良いエンジン。CB400SFに近い感覚を車重160kgの軽量で味わえるのがいい。

 

 

信号待ちで横の車の窓ガラスにVTR乗ってる172cmの俺が映っててバイクが凄く小さく見えた。CB400SFでも少し小さいと思ってたけどVTRは、160cmくらい人が乗れば一番、車体と人のバランスが合うのかなと思った。

 

 

VTRの新車価格のお金を出せばCB400SFでもまあまあ程度の良い中古が買えるから車体の重さが問題無くて車検が面倒で無いならCB400SFがおすすめ。高速で楽なだけじゃなく、6000回転ぐらいから4バルブになった時の強烈な加速は、VTRでは体験できない。

 

 

 

CB400SFとVTRの中古車価格と買取相場

 

 

これをやるとバイクが高く売れる

バイクを売る時に何も知らずに無料査定を依頼すると安く買い叩かれるケースがあります。そうならないために無料査定を依頼する前にバイク買取業者がどういう対応をしてくるか知っておきましょう。

バイクを少しでも高く売るために知っておくこと



また、「バイクの一括査定」を利用すれば
業者の買取価格を比較してバイクを売ることができます。
何社も査定してもらう手間はかかりますが
バイクを高く売る一番確実な方法です。


バイク一括査定で月間利用者数NO.1のサイトは、こちら