CBR125RとCBR250Rを比較

バイクを高く売るためにやるべきこと

バイク買取業者は、どこも安く買い取りたいと思っています。
高値でバイクを売るには、業者を競わすのが一番です。

バイク一括査定で月間利用者数NO.1のサイトは、こちら

また、バイクを高く売るためには、必ず知っておいた方がよいことがあります。特に初めてバイク買取業者を利用する方は、バイクを高く売る方法を読んでから無料査定を依頼しましょう。

CBR125R(JC50)とCBR250R(MC41)を比較

 

ホンダ CBR125Rの歴史

2013年6月17日に新登場。
型式は、EBJ-JC50
車体色は、2色(ロスホワイト、ブラック)の設定。

 

 

ホンダ CBR250R(MC41)の歴史

2011年3月18日に新登場。型式は、JBK-MC41
2012年11月13日にマイナーチェンジ。足つき性に配慮し、シート両サイドの形状をスリム化。また「Repsol Honda Team」カラーのSpecial Editionと「MORIWAKI」をイメージしたSpecial Editionを発売。
2013年2月15日にホンダモーターサイクルジャパンは、車体色にアステロイドブラックメタリックを採用し、無限ブランドの各種専用パーツを装備した「CBR250R<ABS>Special Edition」を全国の無限テクニカルショップで200台限定で発売。
2014年4月24日にマイナーチェンジ。二眼タイプのヘッドライトを採用。フロントカウル、ミドルカウル、テールカウル、サイドカバーのデザインを一新。燃料タンクとスクリーンの形状を変更。エンジンは、低中速域のトルクをキープしたまま最高出力をアップ。
2016年1月15日にカラーチェンジ。
2017年2月10日にカラーチェンジ。

 

 

ここでは、
2013年6月発売のホンダ CBR125R(EBJ-JC50)と
2014年4月発売のホンダ CBR250R(JBK-MC41)
の違いを比較しました。

 

 

スペック表の違い

※数字が大きい方がこの色

車種

ホンダ CBR125R

ホンダ CBR250R

発売

2013年6月

2014年4月

型式

EBJ-JC50

JBK-MC41

全長

1985mm

2035mm

全幅

710mm

720mm

全高

1135mm

1120mm

ホイールベース

1310mm

1380mm

シート高

793mm

780mm

最低地上高

185mm

145mm

総重量

136kg

161kg

サスペンション形式(前)

テレスコピック

テレスコピック

サスペンション形式(後)

スイングアーム

スイングアーム

キャスター角

25°

25°30′

トレール(mm)

90

98

ブレーキ形式(前)

ディスク

ディスク

ブレーキ形式(後)

ディスク

ディスク

タイヤサイズ(前)

100/80-17 M/C 52P

110/70-17 M/C 54S

タイヤサイズ(後)

130/70-17 M/C 62S

140/70-17 M/C 66S

エンジン種類

水冷4ストロークOHC2バルブ単気筒

水冷4ストロークDOHC4バルブ単気筒

総排気量

124cc

249cc

圧縮比

11.0

10.7

ボア

58mm

76mm

最高出力(kW/rpm)

9.8(13PS)/10000

21(29PS)/9000

最大トルク(N・m/rpm)

10(1kgf・m)/8000

23(2.3kgf・m)/7500

始動方式

セル

セル

点火方式

フルトランジスタ

フルトランジスタ

クラッチ形式

湿式多板

湿式多板

変速機形式

6段リターン

6段リターン

燃料供給方式

インジェクション

インジェクション

潤滑方式

圧送飛沫併用

圧送飛沫併用

燃料タンク容量

13.0L

13.0L

燃料消費率(km/L)

52.5(60km/h)

50.1(60km/h)・32.4(WMTCモード)

カラー/メーカー小売価格

¥399,000 ロスホワイト ¥399,000 ブラック

¥498,960 ブラック ¥498,960 ミレニアムレッド ¥515,160 ロスホワイト

 

 

 

CBR125R(EBJ-JC50)とCBR250R(JBK-MC41)の比較の口コミ

 

 

自分だったら絶対にCBR250Rにします。CBR125Rと比べるとパワーも全然違うし高速道路もバイパスも走れない。友達とロングツーリングに行くと足手まといになる。車持ってて、セカンドバイクとして街乗りで使うなら維持費が安いCBR125Rでいいかも。

 

 

それぞれに乗ってみたけど車体の大きさは、メーター周りを見なければどっちに乗っているのかわからないぐらい似てる。

 

 

タイヤサイズはCBR125Rの方がワンサイズ幅が狭いです。タイヤの幅が狭くなればその分安定感は、下がりますが地面との摩擦も減るのでその分加速がよくなります。CBR250Rと比べたら見劣りするがそこまで加速が遅いと感じません。

 

 

CBR250Rの方が人気があるから、買い取ってもらう時に高く売れるよ。でも一番は、自分が何の目的で使うのかが重要。

 

 

足つき性は、CBR250Rのシート高が780mmでCBR125Rが793mmだけどCBR125Rの方が25kg軽いから身長の低い私でも不安に思ったことはない。

 

 

CBR250Rでしょう。バイクだけ所有するなら軽二輪の方がいい。車検も無いしCBR250Rでも維持費は、たいして変わらない。

 

 

CBR250Rの方が楽だけど燃費はCBR125Rの方が良い。

 

 

CBR125RからCBR250Rに乗り換えてみたくなったけど任意保険が高くなるね。

 

 

CBR125RとCBR250Rで悩んでる。CBR250Rを新車で買うと任意保険が年間2万9千円。これがCBR125Rになると年間6千円。

 

 

CBR125Rに乗ってたらCBR250Rに乗りたくなる。でもCBR125Rでバイクの面白さを知ったから最初にCBR250Rを買ってらどうだったんだろう?って思うことがある。

 

 

CBR125Rの最大の魅力は、公道で全開走行できること。

 

 

CBR125Rから乗り換えるなら高速を走ることも考えて最低400にしたいし、できれば600が欲しいところ。CBR250Rでは、何するにしても中途半端。まあ、車検は、ないけど。

 

 

CBR125Rの方がシフトチェンジも忙しくて楽しそう。

 

 

CBR125Rでも普通に乗るなら動力性能は十分と思うけどCBR250Rと比較したらさすがにプアとしか言いようがない。

 

 

ツーリングで高速走るかもしれないならCBR250Rにしておいたほうが良い。一人でのんびり走るのならCBR125Rで十分だけど。

 

 

乗り手の体重にもよっても変わるかな?125cc以下のクラスはライダーの体重に結構影響を受ける。

 

 

CBR250R乗りの人に自分のCBR125Rに乗ってもらったけどその人の感想としては、CBR125Rの方がエンジン特性がナチュラルと言ってた。

 

 

CBR125Rで友達とツーリング行ったら同色のCBR250Rが止まってた。友達は、はマフラー以外見分けがつかなかったみたい。

 

 

排気量の差は歴然だからファミバイ特約とか原付二種を買わなきゃいけない理由がない人以外は、CBR250Rを買ったほうがいいと思うよ。

 

 

CBR250RみたいにDOHC4バルブならまだいいけど、CBR125Rは、SOHC2バルブで40万円は、高すぎるわ。

 

 

メーカー希望小売価格差が10万円ぐらいか。
CBR125Rは、CBR250Rと比べると割高に感じるね。

 

 

CBR125Rは、軽量なのが一番のメリット。絶対的な速さは排気量が多い方が当然、有利。でもCBR125Rは、中低速コーナーが続く道なら結構速い。切り返しも軽くて、同じバンク角なら軽量な方がコーナリングスピードは速い。CBR250Rは、車重がCBR125Rより25kgも重いし、ましてや200kg超える大型車になると中低速コーナーが続く峠は、パワーがあってもダルい。

 

 

排気量が違うからCBR250Rの方が加速も最高速もまったく違う。CBR125RのメリットはCBR250Rより25キロも軽いから、キビキビ走れてブレーキが有利。CBR125Rは125ccなりの面白さがあるし、同じようにCBR250Rは250ccなりの面白さがある。全開を長く持続できる小排気量のスポーツバイクは、回して楽しむもの

 

 

維持費、乗り易さ、取り回し耐久性、など良いとこ取りのバイクではないかと思う。自分がCBR125Rに乗った感じたのは、あえて売却してCBR250Rに乗り替える利点が無いということ。

 

全長×全幅×全高(mm)
●CBR125R
1,985×710×1,135
●CBR250R
2,035×720×1,120

 

 

CBR125RとCBR250Rの中古車価格と買取相場

これをやるとバイクが高く売れる

バイクを売る時に何も知らずに無料査定を依頼すると安く買い叩かれるケースがあります。そうならないために無料査定を依頼する前にバイク買取業者がどういう対応をしてくるか知っておきましょう。

バイクを少しでも高く売るために知っておくこと



また、「バイクの一括査定」を利用すれば
業者の買取価格を比較してバイクを売ることができます。
何社も査定してもらう手間はかかりますが
バイクを高く売る一番確実な方法です。


バイク一括査定で月間利用者数NO.1のサイトは、こちら