シルバーウイングGT400とGT600の違いを比較

バイクを高く売るためにやるべきこと

バイク買取業者は、どこも安く買い取りたいと思っています。
高値でバイクを売るには、業者を競わすのが一番です。

バイク一括査定で月間利用者数NO.1のサイトは、こちら

また、バイクを高く売るためには、必ず知っておいた方がよいことがあります。特に初めてバイク買取業者を利用する方は、バイクを高く売る方法を読んでから無料査定を依頼しましょう。

シルバーウイングGT400とシルバーウイングGT600の違いを比較

 

シルバーウイングGT400の歴史

2009年3月9日にシルバーウイングGT400が新登場。型式は、EBL-NF03
シルバーウイング400(2001年〜2008年)がフルモデルチェンジされ、シルバーウイングGT400が発売。シルバーウイングGT400は、シルバーウイングGT600よりも3ヶ月早く発売された。ABS搭載モデルも同時に発売。車体色は、キャンディーグレイスフルレッド、パールサンビームホワイト、パールコスミックブラックの3色の設定。シルバーウイングGT400は、ロゴ色がシルバー。
2016年に生産終了。
シルバーウイングの日本仕様全モデルの生産終了が公表された。

 

 

シルバーウイングGT600の歴史

2009年6月5日にシルバーウイングGT600が新登場。型式は、EBL-PF02
シルバーウイング600(2001年〜2008年)がフルモデルチェンジされ、シルバーウイングGT600が発売。シルバーウイング600が、シルバーウイング400よりも先に発売されたのと異なり、シルバーウイングGT600は、シルバーウイングGT400が発売されてから3ヶ月後に発売。シルバーウイングGT600は、上質なグランドツーリングモデルとしてラインナップ。ABS搭載モデルも同時に発売。車体色は、どちらもソードシルバーメタリック、パールサンビームホワイト、パールコスミックブラックの3色の設定。シルバーウイングGT600は、ロゴ色がゴールド。
2016年に生産終了。
シルバーウイングの日本仕様全モデルの生産終了が公表された。

 

 

ここでは、
2009年3月9日発売のシルバーウイングGT400(型式 EBL-NF03)と
2009年6月5日発売のシルバーウイングGT600(型式 EBL-PF02)
の違いを比較しました。

 

 

シルバーウイングGT400とシルバーウイングGT600のスペック表の違い

※数字が大きい方がこの色

タイプグレード名

SILVER WING GT400

SILVER WING GT600

モデルチェンジ区分

新登場

新登場

型式

EBL-NF03

EBL-PF02

発売日

2009年3月9日

2009年6月5日

仕向け・仕様

国内向けモデル

国内向けモデル

全長 (mm)

2285

2285

全幅 (mm)

770

770

全高 (mm)

1430

1430

ホイールベース (mm)

1600

1600

最低地上高(mm)

135

135

シート高 (mm)

730

730

車両重量 (kg)

249

249

最小回転半径(m)

2.8

2.8

乗車定員(名)

2

2

燃料消費率 国交省届出(60km/h走行時)(km/L)

32

30

原動機型式

NF01E

PF01E

原動機種類

4ストローク

4ストローク

気筒数

2

2

シリンダ配列

並列(直列)

並列(直列)

冷却方式

水冷

水冷

排気量 (cc)

398

582

カム・バルブ駆動方式

DOHC

DOHC

気筒あたりバルブ数

4

4

内径(シリンダーボア)(mm)

64

72

行程(ピストンストローク)(mm)

62

71.5

圧縮比(:1)

10.8

10.2

最高出力(kW)

28

37

最高出力(PS)

39

50

最高出力回転数(rpm)

8000

7500

最大トルク(N・m)

37

55

最大トルク(kgf・m)

3.8

5.6

最大トルク回転数(rpm)

6500

5500

燃料供給方式

フューエルインジェクション

フューエルインジェクション

燃料供給装置形式

PGM-FI

PGM-FI

燃料タンク容量 (L)

16

16

燃料(種類)

レギュラーガソリン

レギュラーガソリン

満タン時航続距離(概算・参考値)

512

480

エンジン始動方式

セルフスターター式

セルフスターター式

点火装置

フルトランジスタ式

フルトランジスタ式

点火プラグ標準搭載・型式

CR8EH-9

CR8EH-9

点火プラグ必要本数・合計

2

2

搭載バッテリー・型式

YTZ12S

YTZ12S

バッテリー容量

12V10Ah

12V10Ah

エンジン潤滑方式

ウェットサンプ式

ウェットサンプ式

エンジンオイル容量※全容量 (L)

2.6

2.6

エンジンオイル量(オイル交換時) (L)

2

2

エンジンオイル量(フィルタ交換時) (L)

2.2

2.2

推奨エンジンオイル(SAE粘度)

10W-30

10W-30

クラッチ形式

乾式・多板

乾式・多板

変速機形式

Vベルト式・無段変速

Vベルト式・無段変速

変速機・操作方式

自動変速

自動変速

1次減速比

2.533

2.375

2次減速比

2.692

2.533

フレーム型式

バックボーン

バックボーン

キャスター角

28°30

28°30

トレール量 (mm)

105

105

ブレーキ形式(前)

油圧式ディスク

油圧式ディスク

ブレーキ形式(後)

油圧式ディスク

油圧式ディスク

ブレーキオイル適合規格

DOT 4

DOT 4

懸架方式(前)

テレスコピックフォーク

テレスコピックフォーク

懸架方式(後)

スイングアーム式

スイングアーム式

タイヤ(前)

120/80-14

120/80-14

タイヤ(前)構造名

バイアス

バイアス

タイヤ(前)荷重指数

58

58

タイヤ(前)速度記号

S

S

タイヤ(前)タイプ

チューブレス

チューブレス

タイヤ(後)

150/70-13

150/70-13

タイヤ(後)構造名

バイアス

バイアス

タイヤ(後)荷重指数

64

64

タイヤ(後)速度記号

S

S

タイヤ(後)タイプ

チューブレス

チューブレス

ホイールリム形状(前)

MT

MT

ホイールリム幅(前)

2.75

2.75

ホイールリム形状(後)

MT

MT

ホイールリム幅(後)

4.5

4.5

タイヤ標準指定空気圧(乗車定員時・前)

2

2

タイヤ標準指定空気圧(乗車定員時・後)

2.5

2.5

ヘッドライト定格(Hi)

55W

55W

ヘッドライトタイプ(Hi)

H7

H7

ヘッドライト定格(Lo)

55W

55W

テールライト定格(制動/尾灯)

21/5W ×2

21/5W ×2

スピードメーター表示形式

アナログ

アナログ

メーター表示

燃料計 有
エンジン回転計 有
時計 有
ツイントリップ 有

燃料計 有
エンジン回転計 有
時計 有
ツイントリップ 有

車両装備

ハザードランプ 有
走行モード切り替え 有
盗難防止装置 有
ヘルメット収納 有
シート下収納(シート下トランク) 有
センタースタンド 有

ハザードランプ 有
走行モード切り替え 有
盗難防止装置 有
ヘルメット収納 有
シート下収納(シート下トランク) 有
センタースタンド 有

メーカー小売価格/カラーバリエーション

¥777,000 キャンディーグレイスフルレッド ¥777,000 パールサンビームホワイト ¥777,000 パールコスミックブラック

¥892,500 ソードシルバーメタリック ¥892,500 パールサンビームホワイト ¥892,500 パールコスミックブラック

 

シルバーウイングGT400とシルバーウイングGT600の外観の違いを比較
シルバーウイングGT400とシルバーウイングGT600の違いを比較

 

シルバーウイングGT600の専用装備

 

エンジン

GT600では空気吸入口であるエアファンネルを専用にして短くすることによって高速域の出力とトルクを更に追求している。駆動系も600cc専用セッティングでパワフルな走りに対応している。

 

液晶ディスプレイ


デザインや機能は、GT400と同じだがGT600は、ブルー発光の液晶ディスプレイを装備。

 

ハンドルグリップエンド


GT600は、クロムメッキのハンドルグリップエンドを採用。

 

エンブレム


GT600は、左右ボディーカバーのエンブレムがゴールド。

 

シート


GT600は、パイピング(パイプ状の縁取り)を施した大型シート。

 

シルバーウイングGT400とシルバーウイングGT600の比較の口コミ

 

400と比較すると600はパワーとトルクにすごく余裕があり。立ち上がり、高速の追い越し、登坂の加速などで違いがはっきりわかる。しかし環境規制対応で低中速域でできる限り4000回転を超えないような変速設定にしているため、排気量の割にモリモリくる加速感は、感じられない。しかしTモードが使えるのでスイッチをONにしたら低中回転域のキビキビ走れるようになる。高速域になるとすごくよく伸びる。高速をタンデムで走ってもすごく快適。

 

 

シルバーウイングが新発売された当時は、600ccしかなかった。でも大型免許を持っていない人が乗りたいという要望が出て排気量だけを下げて400ccが発売された。だからGT400とGT600は、馬力とトルクが違うくらいで車体サイズも車両重量も全く一緒。

 

 

初代のシルバーウイングは600しかなかった。でも大型免許無くても乗りたいって声があって・排気量だけダウンさせてシルバーウイング400が発売された。

 

 

 

大型免許を持っていて予算的に問題ないなら600にしておいた方が良いと思います。車体サイズや重量が全く同じなので使い勝手は、変わりませんが馬力やトルクが全然違います。でも街乗りメインなら400がいいかもしれません。燃費は、3km/Lくらい違いますし。

 

 

「オールスクーター購入カタログ2009?2010」の94ページに直線400mヒルクライム加速テストが書いてあった。
●某460ccイタリア3輪車・・・19.45秒
●シルバーウイングGT600のTモード・・・21.41秒、ノーマルモード・・・22.72秒
●TMAX・・・21.54秒、
●グランドマジェスティ400・・・23.15秒
●フォルツァZのAモード・・・23.15秒
●スカイウェイブ400・・・25.41秒
●シルバーウイングGT400のT・・・25.63秒、ノーマルモード・・・25.66秒

 

シルバーウイングGT400とGT600の中古車価格と買取相場

これをやるとバイクが高く売れる

バイクを売る時に何も知らずに無料査定を依頼すると安く買い叩かれるケースがあります。そうならないために無料査定を依頼する前にバイク買取業者がどういう対応をしてくるか知っておきましょう。

バイクを少しでも高く売るために知っておくこと



また、「バイクの一括査定」を利用すれば
業者の買取価格を比較してバイクを売ることができます。
何社も査定してもらう手間はかかりますが
バイクを高く売る一番確実な方法です。


バイク一括査定で月間利用者数NO.1のサイトは、こちら