カワサキ NINJA250とホンダCBR250Rの違いを比較

バイクを高く売るためにやるべきこと

バイク買取業者は、どこも安く買い取りたいと思っています。
高値でバイクを売るには、業者を競わすのが一番です。

バイク一括査定で月間利用者数NO.1のサイトは、こちら

また、バイクを高く売るためには、必ず知っておいた方がよいことがあります。特に初めてバイク買取業者を利用する方は、バイクを高く売る方法を読んでから無料査定を依頼しましょう。

カワサキ NINJA250とホンダCBR250Rの違いを比較

 

カワサキ Ninja250の歴史

2013年2月1日にNinja250が新登場。型式は、JBK-EX250L
2008年から発売のNinja250Rをフルモデルチェンジして発売。デザインがよりシャープとなり、車名を「Ninja250」に変更。スタンダードモデル、グラフィックモデルのスペシャルエディション、ABSを搭載したABSスペシャルエディションの3タイプの設定。「Ninja250 Special Edition」は、2013年モデルのスペシャルカラーバージョン。スタンダードが単色なのに対し、グラフィックを設定。「Ninja250 ABS Special Edition」は、ABSを搭載し、ABS無しのスペシャルエディションと異なるカラー&グラフィックを設定。
2013年9月1日に「Ninja250」と「Ninja250 Special Edition」と「Ninja250 ABS Special Edition」をカラーチェンジして発売。
この年から燃費にWMTCモード値が併記された。
2014年9月1日に「Ninja250」と「Ninja250 Special Edition」と「Ninja250 ABS Special Edition」をマイナーチェンジして発売。
新たにアシスト&スリッパークラッチを搭載。
2015年9月1日に「Ninja250」と「Ninja250 Special Edition」と「Ninja250 ABS Special Edition」をカラーチェンジして発売。
カラーリングの変更とメーターパネルのデザインを変更。
2015年11月15日に特別限定仕様のNinja 250 ABS KRT Editionを発売。
2015年のワールドスーパーバイク選手権シリーズで、KRT所属のジョナサン・レイ選手が年間ワールドチャンピオンになったのを記念し設定。カラーリングのモチーフは、スーパーバイク選手権の2016年シーズン用マシンのニンジャZX-10R。ABS搭載モデル。
2016年9月1日に「Ninja250」と「Ninja250 ABS Special Edition」と「Ninja250 ABS KRT Edition」をカラーチェンジして発売。
2016年11月1日にNinja 250 ABS KRT Winter Test Editionをカラーチェンジして発売。
従来のNinja250のバイアスタイヤから前後共にラジアルタイヤに変更。フロントホイールリムを2.75インチから3インチに拡大。リアタイヤを140mmから150mmまで拡大。スモークタイプとなったスクリーンも、スタンダードタイプよりも高くなった。ABS搭載モデルで限定600台で販売。
2018年2月1日にNinja250がフルモデルチェンジして発売。「Ninja250 KRT Edition」も発売。型式は、2BK-EX250P
ボディデザインは、同時代のニンジャZX-10Rと同様のテイストで、トレリスフレームなどはニンジャH2をイメージさせる。エンジンは、248cc水冷並列2気筒でレイアウトが同じだが出力が31psから37psに。ABSは標準装備となり、車名から「ABS」の表記がなくなる。アシスト&スリッパークラッチやLEDヘッドライトユニット、ギヤポジションインジケーターなども装備。「Ninja250 KRT Edition」は、2018年モデルで一新されたNinja250をベースにしたKRTカラーバージョン。
2019年1月15日にNinja250をカラーチェンジして発売。

カラー&グラフィックの変更のみ。でNinja250として初めてシルバーメタリックを設定。ABSは標準装備。

 

 

ホンダ CBR250R(MC41)の歴史

2011年3月18日に新登場。型式は、JBK-MC41
2012年11月13日にマイナーチェンジ。足つき性に配慮し、シート両サイドの形状をスリム化。また「Repsol Honda Team」カラーのSpecial Editionと「MORIWAKI」をイメージしたSpecial Editionを発売。
2013年2月15日にホンダモーターサイクルジャパンは、車体色にアステロイドブラックメタリックを採用し、無限ブランドの各種専用パーツを装備した「CBR250R<ABS>Special Edition」を全国の無限テクニカルショップで200台限定で発売。
2014年4月24日にマイナーチェンジ。二眼タイプのヘッドライトを採用。フロントカウル、ミドルカウル、テールカウル、サイドカバーのデザインを一新。燃料タンクとスクリーンの形状を変更。エンジンは、低中速域のトルクをキープしたまま最高出力をアップ。
2016年1月15日にカラーチェンジ。
2017年2月10日にカラーチェンジ。

 

 

ここでは、
2014年9月発売のカワサキ NINJA250(JBK-EX250L)と
2014年4月発売のホンダ CBR250R(JBK-MC41)
の違いを比較しました。

 

 

スペックの比較

車種

カワサキ ニンジャ250

ホンダ CBR250R

発売

2014年9月

2014年4月

型式

JBK-EX250L

JBK-MC41

全長

2020mm

2035mm

全幅

715mm

720mm

全高

1110mm

1120mm

ホイールベース

1410mm

1380mm

シート高

785mm

780mm

最低地上高

140mm

145mm

乾燥重量

- kg

- kg

総重量

172kg

161kg

サスペンション形式(前)

テレスコピック

テレスコピック

サスペンション形式(後)

スイングアーム

スイングアーム

キャスター角

27°

25°30′

トレール(mm)

93

98

ブレーキ形式(前)

ディスク

ディスク

ブレーキ形式(後)

ディスク

ディスク

タイヤサイズ(前)

110/70-17 M/C 54S

110/70-17 M/C 54S

タイヤサイズ(後)

140/70-17 M/C 66S

140/70-17 M/C 66S

エンジン種類

水冷4ストロークDOHC4バルブ並列2気筒

水冷4ストロークDOHC4バルブ単気筒

総排気量

248cc

249cc

圧縮比

11.3

10.7

ボア

62mm

76mm

最高出力(kW/rpm)

23(31PS)/11000

21(29PS)/9000

最大トルク(N・m/rpm)

21(2.1kgf・m)/8500

23(2.3kgf・m)/7500

始動方式

セル

セル

点火方式

フルトランジスタ

フルトランジスタ

クラッチ形式

湿式多板

湿式多板

変速機形式

6段リターン

6段リターン

燃料供給方式

インジェクション

インジェクション

潤滑方式

ウエットサンプ

圧送飛沫併用

燃料タンク容量

17.0L

13.0L

燃料消費率(km/L)

40(60km/h)・25.7(WMTCモード)

50.1(60km/h)・32.4(WMTCモード)

カラー/メーカー小売価格

\553,500
パールスターダストホワイト

\553,500
ライムグリーン

\569,160
キャンディプラズマブルー/エボニー(スペシャルエディション)

\498,960
ブラック

\498,960
ミレニアムレッド

\515,160
ロスホワイト

 

 

カワサキ NINJA250が二気筒。
ホンダCBR250Rが単気筒。

 

単気筒のメリット

軽量で構造がシンプル。
シンプルな構造だから整備性も良く、壊れにくい。
燃費もいい。
低回転からレスポンスが良い。

 

単気筒のディメリット

軽いので安定性がない
振動も大きい。
低回転域が得意だが高回転は苦手。

 

 

二気筒は、高回転域でのパワーが上がり、
回転数も高くする事ができるが
その分低回転のトルクは細くなる。
また当然部品点数も
単気筒に比べると多くなり、重くなります。

 

 

 

見た目の比較

車種

カワサキ NINJA250

ホンダ CBR250R

全体

正面

マフラー

メーター

シート

 

 

カワサキ ニンジャ250の燃費口コミ
  • 峠道で回転数を上げて走っても平均燃費は、26km/l前後、高速道路90km/時キープだと30km/l。100km/時以上を維持すると途端に燃費が悪化。燃料タンクが17リットルもあるので給油なしで400km近く走れる。
  • 信号の多い職場までの道のり(往復10km程度)で純正状態で24km/lを叩き出しました。
  • 一般道のみですが慣らし中は大体25〜27km/Lくらいだったのが、慣らし終わって回す様になると20〜24km/Lくらいになりました
  • 燃費は27〜28Km位ですが、慣れれば30Km位走ってくれそうです。
  • 2012年式。一般道27.0km/L 高速道30.0km/L
  • 2012年式。一般道37.0km/L 高速道25.0km/L
  • 2012年式。一般道27.0km/L 高速道30.0km/L。燃費が良くてお財布に優しい。
  • 2012年式。一般道29.0km/L 高速道30.0km/L。燃費も良く、タンクも大きいので巡航距離が長い。
  • 2011年式。一般道30.0km/L 高速道25.0km/L
  • 2010年式。一般道30.0km/L 高速道25.0km/L
  • 2009年式。一般道29.0km/L 高速道25.0km/L。回しても燃費が良く、経済的。

 

 

ホンダ CBR250Rの燃費の口コミ
  • 慣らしで5000回転しばりで走行。レギュラーで39.7km/l。高速道路では30km/lにいかないくらい。
  • 慣らしで5000回転しばりの時は、37.4km/L。おとなしく運転していれば30台後半の燃費。
  • 下道をrpm4000以下で6速60kmで走行。レギュラーで27.8km/l。ハイオクで38.7km。
  • マフラーを交換してツーリングのみに使用で平均39km/l前後。
  • 2.8万km走って最低24km/L。最高42km/L。平均34km/L。
  • 寒い時期は、リッター23km/L位かな。
  • 年式2013年。一般道:28.0km/L。高速道:34.0km/L。購入後、すぐにSP忠男マフラーに替えて1ヶ月で2500キロ走りました。
  • 年式2013年。一般道:30.0km/L。高速道:30.0km/L。250ccの中では燃費が良くて、満タンで300キロ無給油で走れる。
  • 年式2012年。一般道:30.0km/L。高速道:40.0km/L。燃費はリッター30から40キロ走るため非常に経済的なバイク
  • 年式2012年。一般道:30.0km/L。高速道:32.0km/L。
  • 年式2012年。一般道:35.0km/L。高速道:40.0km/L。
  • 年式2011年。一般道:30.0km/L。高速道:35.0km/L。

 

 

NINJA250とCBR250Rの動画

 

 

Ninja250

 

2015モデル Kawasaki Ninja250試乗インプレ

 

2015 KAWASAKI NINJA250 ABS SPECIAL EDITION 試乗インプレ

 

 

CBR250R

 

Honda CBR250R 試乗インプレ

 

ハーレー乗りのかってなバイクインプレ CBR250R

 

 

「カワサキ NINJA250」と 「ホンダ CBR250R」の比較の口コミ

 

 

ninja250の試乗もしましたが、エンジンは、単気筒にあるドンツキ感も少なくスムーズで高回転の伸びはninjaの方がグンと伸びます。その分、スタート時や6000回転以下ではトルクの無さが気になります。

 

 

高速で絶えず6〜7000回転以上回して走ればninjaの方が楽しいとは思います。街乗り、中低速は、CBR250Rが楽しいでしょう。

 

 

ローが使いやすくなるため、スムーズな加速ができ、100qまでならninja250にも勝てます。正直、ninja250買うなら400以上のバイクを選ぶ。

 

 

単気筒なので購入に躊躇していました。しかし、実際に乗ってみると低速のトルクはNinjaよりも上でぶん回すと相当な気持ちいい加速をしました。中高速に関しても特に不満は感じません。

 

 

足付きはNinjaより若干悪いですが、2013モデルよりシート形状の内もも部分が削られたたので足付きはかなり良くなっています。身長165cmで両足つま先がつくため安心です。

 

 

試乗してお互い5000回転縛りでギアをシフトしていくと6速に入れた直後はCBRの方が速度が出た。10km/h近く差があったかな。CBRはそのままキープで80km/h前後。Ninjaはキープできなかったので未知数。高速も法定速度で走る限りは何の問題もない。。

 

 

単気筒の振動もそこまでありません。Ninjaの方が振動は感じます。足付きはNinjaが勝ちます。

 

 

昔のCBRと比べたり、単気筒ってだけで敬遠するのはもったいない。シングルとは思えないほど振動がない。振動は、ninja250Rの方がある。

 

 

cbr250rで高速も問題ないが軽いので横風には煽られる。高速道路での直進安定性はninja250R。峠は、cbr250rの方がスパっと曲がる。軽快感はninja250Rに勝る。

 

 

6000回転ぐらいまでの加速は、NINJA250よりCBR250Rの方がトルク感があって良い。でもCBR250Rは、6000回転を超えると振動が出てきて伸びも悪くなる。CBR250Rは、街乗りとツーリング向けに割り切って作ってる感じ。NINJA250は、そこから更に伸びるから回す人には、楽しいと思う。峠やサーキットも楽しみたい人は、NINJA250がおすすめ。

 

 

デザインはninja。マフラーのデザインもNinjaに軍配が上がるなぁ。

 

 

低速じゃCBRなんかよりNINJAの方がさらに遅いんだよな。高速やツーリング向けってことであればNINJA一択。

 

 

ギアチェンジの時のスムーズさは、NINJA250の方がいい。CBR250Rも悪くないんだけどね。

 

 

どっちもなんちゃってスポーツバイク。本当にSSを楽しみたい人は600とかリッタークラス行くだろうし。デザインや色で気軽に決めればいいでしょ。言い争うようなバイクじゃ無い。

 

 

低速でもNINJA速いだろうな。低回転でならcbr。NINJAのエンジン回転10000オーバーした時点で完全に勝負決まるでしょ。

 

 

パワー感が欲しいなら大型に行ったほうがいい。軽快さが250の本懐だと思う。 その点でスポーツ性ではCBRがいいかと。 まぁどっちもたいして変わらないけど。

 

 

全体的な造りの質の高さは、NINJA250の方が上。価格の差がそのまま造りに出てる。

 

 

街乗りならCBR、高速ならNINJA

 

 

単気筒の方がぶん回したとき気持ち良さそう。 ピストンが頑張って上下してる感じも伝わってくる。

 

 

安く気軽にフルカウルに乗りたい人がCBR250選ぶ。 それ以上のが欲しいならもっと高いの乗るよ

 

 

CBRは単気筒だけど、シリンダーを広面積化して短くすることで高回転域を有利にしてる

 

 

直線は、ニンジャ、コーナーは、CBRが得意くらいでどっちも大して変わらん。両方試し乗って好きな方買えばいい。

 

 

CBRは、燃費良いのとレスポンスが高い NINJAは、安全性のためかスロットル開けるごとにレスポンス悪いというか穏やかになる。

 

 

GSRとNinjaで迷うならわかるけど、CBRは全然別の何かだよ。

 

 

cbrは、 燃費効率や一般道、発進加速が良い感じ。 NINJAは、4stに近い感じで回すほどにパワーでる感じ。

 

 

Ninjaは、凄く堅実なバイク。こいつの元はツアラーだったが今はスポーツよりだから何でもそつなくこなせる。初めてのバイクなら頼りになる相棒になるぞ。

 

 

CBR250Rの乗車姿勢は、NINJA250よりハンドル位置が高くて、前傾姿勢が緩い。NINJA250は、CBR250Rよりハンドル位置が低く若干前傾姿勢になるけどそこまでキツイ前傾姿勢ではなく、丁度良い線形姿勢って感じ。

 

 

長距離の疲労感はCBRもninjaも同じくらい。 速さは、100km近辺までの加速なら殆ど同じ。それ以上の速度領域で頻繁に加速するならニンジャ。

 

 

100km以下は概ねCBRの方が立ち上がりが良い。100kmからの伸びは、忍者が良い。下道メインならCBR250でオールマイティならNinja250。

 

 

両方跨ってみたけどNINJA250の方が足つきが良かった。

 

 

メーター読みならノーマルCBR250Rで160km、ninja250で170km位は出る

 

 

CBR250Rの方がシートの幅が広いからNINJA250よりケツ痛になりにくい。

 

 

CBR250R ⇒ 単気筒、タイ産、27ps、タンク容量13L、ダサい。
Ninja250 ⇒ 2気筒、国産、31ps、タンク容量17L、カコイイ。
Ninja250の一択!

 

 

忍者がフレームと馬力のバランスがとれた剛性感だとすれば、
CBRはフレームが馬力を圧倒した剛性感だと思う。

 

 

排気量同じでジャンル同じなのに、性能でそこまで差が出るわけない。デザイン好きな方買えばいい。

 

 

CBR250Rと直線対決したら確実にNinja250が抜いていくもんな。

 

 

Ninja250でCBR250R乗りの友達とツーリングに行ったら燃費が1割ぐらい違った。CBR250Rは、250のカブって言われるだけあるな。

 

 

大型からの乗り換えならCBR250Rでいいんじゃない?大型からだと速度やパワーとかは、もういいと思うし、燃費やデザインとかの実用重視だけで決めればいい。

 

 

友達から聞いた話しでは、 9000回転以下では、CBR250Rの方がパワーあるみたい。でもCBR250Rは、10000回転ぐらいで打ち止めらしいけど。NINJA250は、中回転型じゃなく高回転型だから、俺みたいにあまり回さない人には、向かないと思う。俺は、まだ上まで回したことないから。

 

 

CBR250Rは、単気筒だから低回転でパワーあるのは普通だね。

 

 

両方乗ったけど俺は、CBR250Rの方がハンドリングが好みだった。

 

 

俺は、NINJA250の見た目が気に入ってたけど、予算の関係でCBR250Rにした。乗ってたら愛着湧いてきて満足してるけど、たまにNinja250を見かけた時に、ちょっと後悔の気持ちが出てくる。

 

 

俺は、初めてのバイクの人には、NINJA250よりCBR250Rをオススメする。NINJA250とCBR250Rだと燃費やポジションなんかの細い違いはあるけど、走りでは、大差無い。大きな違いは、価格と見た目だけだと思う。それならとりあえず手頃な価格で買えるCBR250Rに乗ってみて、その後で自分の方向性にあったバイクに乗ればいい。

 

 

バイクは、コスパを気にして選ぶ商品じゃないぞ。CBR250Rに乗ってる人もNINJA250が買えないからCBR250Rに乗ってるんじゃなくて、CBR250Rのスタイルが好きで買った人の方が多いでしょ。

 

 

CBR250Rで事故って廃車になったからNINJA250に乗り換えた。そしたらおじさんに話しかけられることが多くなった。

 

 

高速を使ってより遠くへツーリングに行きたい。更にコストも抑えたいと思ってるならCBR250Rでいいと思う。

 

 

防風は、CBR250Rの方が少しだけ良い。

 

 

俺は、CBR250Rは、単気筒だからパス。

 

 

NINJA250は、2013年モデルに限ったことじゃないけどメーターがもうちょっとなんとかしてほしかった。メーターは、CBR250Rに負けてる。

 

 

NINJA250乗ってるけどレンタルバイクでCBR250Rに乗ってみた。なんか別物だね。加速は、まずまずだけどすぐに頭打ちするし、サスがフニャフニャ。Ninja250は、回せば加速は良いし上まで気持ち良く伸びるし、音もレーシーに変わる。CBR250Rの音は、回しても耕運機のまま。

 

 

俺は、NINJA250乗ってるけど友達がCBR250R乗ってて、「CBR250Rは、低速はトルクがあっていいけど、高速走ると結構振動が凄い」って言ってた。

 

 

CBR250Rは、単気筒だから滑らかなトルク感は、NINJA250の2気筒には勝てない。

 

 

どこかの雑誌でNinja250とCBR250Rの比較してたけど、タンデムはCBR250Rの方がしやすいと書いてあった。Ninja250は、タンデム苦手。シートが小さいし、ポジションが高いし、グラブバーが無いからライダーもパッセンジャーもキツイ。

 

 

Ninja250でも社外タンデムバーを付けたら、CBR250Rとっそんなに差ないと思う。CBR250Rの方がタンデムで有利なのは、標準でバーが付いてることがでかいからであってスクーターと比較したら勝負にならない。

 

 

Ninja250とCBR250Rの快適さは、振動の差で結構違う。
100〜120km/hの快適さ
Ninja250>>CBR250R(新)>CBR250R(旧)≧Ninja250R
※CBR250R(新)は、2014年4月のマイナーチェンジ後

 

 

この速度域だと振動も加速もCBR250Rは、シングルと思えないぐらい快適。
この差が決定的につき始めるのは120km/h以上から。自分は、この4種全部乗った。
高速ツアラーとして一番快適なのは間違いなくNinja250
Ninja250Rと比べてマジで振動が少なくなった。

 

 

旧型(単眼)のCBR250Rを買った友達がいる。その友達は、新型(二眼)CBR250RでもNinja250でもなく、あえて旧型CBR250Rを選んだ理由が二眼ライトは、ロービームの時片方切れてるみたいに見られるのが嫌だったからって言ってた。確かに二眼なら両方点灯してる方がカッコイイ。でもポジションランプがあるしそこまで深く考えた事が無かった。

 

 

低中速マッタリならNINJA250
低速出だし重視の人は、CBR250R
高回転回すならR25

 

 

俺は、街乗り中心だからCBR250Rにした。燃費と低速時の加速性能がNinja250より勝ってるから。

 

 

CBR250R(MC41)は、単気筒でタイ産。Ninja250は2気筒で国産。アシスト&スリッパークラッチ、異形マフラー、埋め込みウィンカー、大容量タンク。Ninja250の方が良い。

 

 

Ninja250は、CBR250Rより少し大きくて重い。

 

 

正直CBR250Rのライバルは同じ単気筒のNinja250SLで2気筒のNINJA250をライバルというには、少し違うね。

 

 

CBR250Rの車体は、ちょっとやそっとのことでNinjaみたいに剛性負けしないし、ラジアルハイグリップ履いて140km/h以上のコーナリングをしても、サスがちゃんとしてたらフレームは耐えてくれる。しかし、エンジンがな。Ninja250の一番のウィークポイントはフレーム。 ZZ-Rの頃からのネックの剛性不足。

 

 

Ninja250乗りだけど友達のCBR250Rに乗らせてもらった時は、Ninja250の方がエンブレが強く感じた。

 

 

100km/hの時の回転数はCBR250Rの方が低くて快適。

 

 

 

いろいろ調べたら部品や装備の価格は、CBR250Rの方が高そう。

 

 

CBR250Rの方が燃費が良くて安いし、NINJA250は、ウィンカーのインジケータが見えにくい。

 

 

最高速やエンジンの最後の伸びが気になるなら躊躇なく2気筒(NINJA250)を選ぶよね。

 

俺は、Ninja250の方がおすすめだぞ。 デザイン良し、国産、ツイン、タンク容量が大きい、アシスト&スリッパークラッチ、ヒートマネージング、埋め込みウィンカー。エンジンも実績があるエンジンの改良版だから耐久性は、確かな品質が保証されている。

 

 

MC41の開発のコンセプトの1つに低価格、コスパでNinja250Rを凌駕するというのがあった。

 

エンジンの改良に関しては、NINJA250のマイナーチェンジの時より、CBR250Rの方が断然手が入れられてて、体感的にも違う。NINJA250は、エンジン本体の改善点は素人が体感できるものではなく、 エンジンマウントの変更(ラバーマウント化された)による振動低減が体感できるだけ。 一方、CBR250Rはエンジン本体の改良により、振動低減させてる。

 

 

2014年1月〜8月の126〜250ccの販売台数累計トップ7
第1位 MAJESTY S 5445台
第2位Ninja250 3509台
第3位GSR250 2322台
第4位CBR250R1995台
第5位SERROW250 1912台
第6位PCX150 1740台
第7位PCX150(旧) 1738台

 

 

2015年度126〜250cc車種別年間販売台数
1. YAMAHA  YZF-R25  7680台
2. YAMAHA  マジェスティS  5346台
3. HONDA      PCX150  2508台
4. KAWASAKI  Ninja250  3503台
5. YAMAHA  セロー  2960台
6. SUZUKI  GSR250/S/F  2536台
7. HONDA      CRF250L/M    1496台
8. KAWASAKI  Ninja250SL  1494台
9. HONDA  CBR250R  1459台
10. HONDA  フォルツァSi  1427台

 

 

CBR250Rは、街乗り最強。
Ninja250は、とんがった所は無いけど遠出も優等生。

 

CBR250RとNINJA250の中古車価格と買取相場

これをやるとバイクが高く売れる

バイクを売る時に何も知らずに無料査定を依頼すると安く買い叩かれるケースがあります。そうならないために無料査定を依頼する前にバイク買取業者がどういう対応をしてくるか知っておきましょう。

バイクを少しでも高く売るために知っておくこと



また、「バイクの一括査定」を利用すれば
業者の買取価格を比較してバイクを売ることができます。
何社も査定してもらう手間はかかりますが
バイクを高く売る一番確実な方法です。


バイク一括査定で月間利用者数NO.1のサイトは、こちら