シルバーウイング400とシルバーウイング600の違いを比較

バイクを高く売るためにやるべきこと

バイク買取業者は、どこも安く買い取りたいと思っています。
高値でバイクを売るには、業者を競わすのが一番です。

バイク一括査定で月間利用者数NO.1のサイトは、こちら

また、バイクを高く売るためには、必ず知っておいた方がよいことがあります。特に初めてバイク買取業者を利用する方は、バイクを高く売る方法を読んでから無料査定を依頼しましょう。

シルバーウイング400とシルバーウイング600の違いを比較

 

ホンダ シルバーウイング400の歴史

2001年11月15日に「シルバーウイング400」が新登場。型式は、BC-NF01
2001年4月に発売されたシルバーウイング600(582cc)の姉妹モデルとして登場。車体は、シルバーウイング600と同じ。パワーユニットには、登坂時などに威力を発揮する「Tモード」というトルクアップスイッチが設けられた。この仕組みは、この時点で400ccモデル専用。車体色は、2色(フォースシルバーメタリック、プレシャスグレイメタリック)。
2002年2月28日にカラーチェンジ。
新たに2色を追加。車体色は、4色(フォースシルバーメタリック、プレシャスグレイメタリック、ピュアブラック、パールミルキーホワイト)。
2003年3月25日に「シルバーウイング400」をマイナーチェンジ。また「シルバーウイング400 ABS」をタイプ追加。
マイナーチェンジでは、エンジンマウントのゴムブッシュの見直し(高速走行時のハンドリング向上)、左右のポケットリッドを厚みのある形状に変更、トランクスペース内ランプスイッチなどを改良。ABS(アンチロックブレーキ)搭載モデルを追加設定した(5万円高)。ABSモジュールは、フォルツァS用を約20%小型化した最新タイプを採用。車体色はツートーンカラー。これによりABS非搭載モデルは、スタンダードモデルとなり、ホイールとフォークのカラーリングが変更され、車両価格を74.9万円から64.9万円に引き下げた。車体色は、シルバーウィング400が2色(ピュアブラック、フォースシルバーメタリック)。シルバーウィング400ABSが2色(ピュアブラック×ムーンストーンシルバーメタリック、パールミルキーホワイト×スパークリングシルバーメタリック)。
2004年3月30日に「シルバーウイング400」と「シルバーウイング400 ABS」をマイナーチェンジ。
シート形状を見直し、シート高が10mm低くなった。ABS無しのモデルのフロントブレーキディスク径を拡大。センタースタンド形状も変更。車体色は、シルバーウィング400が2色(ピュアブラック、トラッドブルーメタリック)。シルバーウィング400ABSが2色(フォースシルバーメタリック、パールミルキーホワイト)。
2005年1月21日に「シルバーウイング400」と「シルバーウイング400 ABS」をカラーチェンジ。
シリーズ全モデルの前後ホイールをブラックに統一。車体色は、シルバーウィング400が2色(ピュアブラック、キャンディグローリーレッド)。シルバーウィング400ABSが2色(デジタルシルバーメタリック、パールミルキーホワイト)。
2005年5月23日に「シルバーウイング400 教習車仕様」をタイプ追加。
2005年6月1日に施行された、二輪車のAT限定免許制度のため、教習車仕様を発売。低くなったウインドスクリーンやバンパーを備え、教習車ならではの表示ランプも装備。一般販売は無し。
シルバーウイング400と教習車仕様の違いの比較は、こちら。
2007年1月31日に「シルバーウイング400」と「シルバーウイング400 ABS」をカラーチェンジ。
2007年モデルは、ABS搭載モデルと非搭載のカラーリングが同じになった。ABS搭載モデルだけフロントブレーキキャリパーがゴールドに、ホイールカラーがシルバーになった。車体色は、シルバーウィング400が2色(ウイニングレッド、ピュアブラック)。シルバーウィング400ABSが2色(ウイニングレッド、ピュアブラック)。シルバーウイング600で採用されたイモビライザーシステムは見送られた。
2008年1月25日に「シルバーウイング400」と「シルバーウイング400 ABS」をカラーチェンジ。

ヘッドライト上部やフロア下部などをマットアクシスグレーとして、ツートーンの車体色を設定。ABS仕様は、リアのキャリパー色も金色となり、前後ともゴールドカラーとなった。
2009年3月9日に「シルバーウイング400」がフルモデルチェンジされ、「シルバーウイングGT400」が発売された。

 

 

ホンダ シルバーウイング600の歴史

2001年4月20日に「シルバーウイング」が新登場。型式は、BC-PF01
発売時の2001年4月当時は、「シルバーウイング」というモデル名。2001年11月に400ccモデルが発売され、シルバーウイング600となった。新開発の排気量582cc並列2気筒DOHCエンジンを搭載。燃料噴射はインジェクション(PGM-FI)、ヘルメット2個収納可能なトランク、電源ソケット付き大型フロントボックス、前14後13インチタイヤ、バックレスト付き大型シート、スイングアームのみが動くリアサスペンション、コンビブレーキ、メーターパネル右下にパーキングブレーキなどを採用。車体色は、2色(フォースシルバーメタリック、プレシャスグレイメタリック)。
2002年2月28日に「シルバーウイング600」をマイナーチェンジ。
車体色に2色追加し、4色(フォースシルバーメタリック、プレシャスグレイメタリック、ピュアブラック、パールミルキーホワイト)となった。
2003年3月25日に「シルバーウイング600」をマイナーチェンジ。また「シルバーウイング600 ABS」をタイプ追加。
マイナーチェンジでは、エンジンマウントのゴムブッシュを見直し(高速走行時のハンドリング向上)。左右のポケットリッドを厚みのある形状に変更。トランクスペース内ランプスイッチなどを改良。ABS(アンチロックブレーキ)搭載モデルを追加(5万円高)。車体色は、シルバーウィング600が2色(パールミルキーホワイト、フォースシルバーメタリック)。シルバーウィング600ABSが2色(ピュアブラック×ムーンストーンシルバーメタリック、パールミルキーホワイト×スパークリングシルバーメタリック)。ABS搭載モデルの車体色はツートーンカラー。非搭載のスタンダードモデルは、単色ボティとなった。
2004年3月25日に「シルバーウイング600」と「シルバーウイング600 ABS」をマイナーチェンジ。
シルバーウイング400に採用されていた、坂道を登る際や二人乗りの際にトルクアップを図る「Tモード」が、シルバーウイング600にも採用され燃費が向上。シート形状も見直され、シート高は10mm低くなった。ABS非搭載モデルは、フロントブレーキディスク径が拡大された。ABS搭載モデルは、メーターパネルデザインやセンタースタンド形状も変更。車体色は、シルバーウィング600が2色(キャンディグローリーレッド、トラッドブルーメタリック)。シルバーウィング600ABSが2色(フォースシルバーメタリック×シールシルバーメタリック、パールミルキーホワイト×スパークリングシルバーメタリック)。
2005年1月21日に「シルバーウイング600」と「シルバーウイング600 ABS」をカラーチェンジ。
シリーズ全モデルで、前後ホイールをブラックに統一。車体色は、シルバーウィング600が2色(キャンディグローリーレッド、パールサイバーブラック)。シルバーウィング600ABSが2色(デジタルシルバーメタリック×ヘビーグレーメタリック、パールミルキーホワイト×デジタルシルバーメタリック)。
2007年2月19日に「シルバーウイング600」と「シルバーウイング600 ABS」をカラーチェンジ。
2007年モデルは、ABS搭載/非搭載モデルともに同じカラーリングとなり、これまでのABS搭載はツートンカラーというのもなくなった。ABS搭載仕様のみ、フロントブレーキキャリパーがゴールド。車体色は、2色(パールサンビームホワイト、パールサイバーブラック)。
2007年12月25日に「シルバーウイング600」と「シルバーウイング600 ABS」をカラーチェンジ。
エンブレム色がゴールドに変更され、ハンドルエンドはクロームメッキとなった。ABS仕様は、 前後ブレーキキャリパーがゴールドになった。
2009年6月5日に「シルバーウイング600」がフルモデルチェンジされ、「シルバーウイングGT600」が発売された。

 

 

ここでは、
2001年11月15日発売のシルバーウイング400(BC-NF01)と
2001年4月20日発売のシルバーウイング600(BC-PF01)
の違いを比較しました。

 

 

シルバーウイング400とシルバーウイング600のスペック表の違い

※数字が大きい方がこの色

タイプグレード名

シルバーウイング400

シルバーウイング600

モデルチェンジ区分

新登場

新登場

型式

BC-NF01

BC-PF01

発売日

2001年11月15日

2001年4月20日

仕向け・仕様

国内向けモデル

国内向けモデル

全長 (mm)

2275

2275

全幅 (mm)

770

770

全高 (mm)

1430

1430

ホイールベース (mm)

1595

1595

最低地上高(mm)

140

140

シート高 (mm)

740

740

乾燥重量 (kg)

215

215

車両重量 (kg)

236

236

最小回転半径(m)

2.8

2.8

乗車定員(名)

2

2

燃料消費率 国交省届出(60km/h走行時)(km/L)

30

25

原動機型式

NF01E

PF01E

原動機種類

4ストローク

4ストローク

気筒数

2

2

シリンダ配列

並列(直列)

並列(直列)

冷却方式

水冷

水冷

排気量 (cc)

398

582

カム・バルブ駆動方式

DOHC

DOHC

内径(シリンダーボア)(mm)

64

72

行程(ピストンストローク)(mm)

62

71.5

圧縮比(:1)

10.8

10.2

最高出力(kW)

28

36

最高出力(PS)

38

49

最高出力回転数(rpm)

7500

7000

最大トルク(N・m)

39

53

最大トルク(kgf・m)

4

5.4

最大トルク回転数(rpm)

6000

5500

燃料供給方式

フューエルインジェクション

フューエルインジェクション

燃料供給装置形式

PGM-FI

PGM-FI

燃料タンク容量 (L)

16

16

燃料(種類)

レギュラーガソリン

レギュラーガソリン

満タン時航続距離(概算・参考値)

480

400

エンジン始動方式

セルフスターター式

セルフスターター式

点火装置

フルトランジスタ式

フルトランジスタ式

点火プラグ標準搭載・型式

CR8EH-9

CR8EH-9

点火プラグ必要本数・合計

2

2

搭載バッテリー・型式

YTZ12S

YTZ12S

バッテリー容量

12V-11Ah

12V-10Ah

エンジン潤滑方式

ウェットサンプ式

ウェットサンプ式

エンジンオイル容量※全容量 (L)

2.6

2.6

エンジンオイル量(オイル交換時) (L)

2

2

エンジンオイル量(フィルタ交換時) (L)

2.2

2.2

推奨エンジンオイル(SAE粘度)

10W-30

10W-30

クラッチ形式

乾式・多板

乾式・多板

変速機形式

Vベルト式・無段変速

Vベルト式・無段変速

フレーム型式

アンダーボーン

バックボーン

キャスター角

28°30

28°30

トレール量 (mm)

105

105

ブレーキ形式(前)

油圧式ディスク

油圧式ディスク

ブレーキ形式(後)

油圧式ディスク

油圧式ディスク

ブレーキオイル適合規格

DOT 4

DOT 4

懸架方式(前)

テレスコピックフォーク

テレスコピックフォーク

懸架方式(後)

ユニットスイング式

スイングアーム式

タイヤ(前)

120/80-14

120/80-14

タイヤ(前)構造名

バイアス

バイアス

タイヤ(前)荷重指数

58

58

タイヤ(前)速度記号

S

S

タイヤ(前)タイプ

チューブレス

チューブレス

タイヤ(後)

150/70-13

150/70-13

タイヤ(後)構造名

バイアス

バイアス

タイヤ(後)荷重指数

64

64

タイヤ(後)速度記号

S

S

タイヤ(後)タイプ

チューブレス

チューブレス

ホイールリム形状(前)

MT

MT

ホイールリム幅(前)

2.75

2.75

ホイールリム形状(後)

MT

MT

ホイールリム幅(後)

4.5

4.5

タイヤ標準指定空気圧(乗車定員時・前)

2

2

タイヤ標準指定空気圧(乗車定員時・後)

2.5

2.5

ヘッドライト定格(Hi)

55W

55W

ヘッドライトタイプ(Hi)

H7

H7

ヘッドライト定格(Lo)

55W

55W

ヘッドライトタイプ(Lo)

H7

H7

テールライト定格(制動/尾灯)

21/5W ×2

21/5W ×2

スピードメーター表示形式

アナログ

アナログ

メーター表示

燃料計 有
エンジン回転計 有
時計 有
ツイントリップ 有

燃料計 有
エンジン回転計 有
時計 有
ツイントリップ 有

車両装備

ハザードランプ 有
前後連動式ブレーキ 有
パーキングブレーキ 有
走行モード切り替え(Tモード) 有
ヘルメット収納 有
シート下収納(シート下トランク) 有
センタースタンド 有

ハザードランプ 有
前後連動式ブレーキ 有
パーキングブレーキ 有
ヘルメット収納 有
シート下収納(シート下トランク) 有
センタースタンド 有

メーカー希望小売価格/カラーバリエーション

749,000円

749,000円

販売計画台数(国内・年間)

4,000台

3,000台

 

シルバーウイング400とシルバーウイング600の違いを比較

 

シルバーウイング400と600の違いを比較

 

 

2001年4月20日に600ccの「シルバーウイング」が新登場。その後、2001年11月15日にその400cc版という位置付けでシルバーウィング400が発売された。車体は、どちらも共通で、違いはエンジンとオートマミッションの変速比だけ。

 

 

エンジンは、
シルバーウイング400が
398cm3のPF01E・水冷・4ストローク・DOHC・2気筒エンジンを搭載。
シルバーウイング600が
582cm3のNF01E・水冷・4ストローク・DOHC・2気筒エンジンを搭載。

 

シルバーウィング600との排気量差を補うためか、シルバーウィング400だけに「Tモード」を搭載。このTモードは、左側のマスターシリンダーの手前にあるTモードスイッチで、点火時期と燃料の噴射量を変更し、低・中回転域のトルクを増加する仕組み。坂道を登る時や二人乗りをする時に使うのを想定していた。この「Tモード」は、2004年3月25日にシルバーウィング600にも採用された。

 

 

●車両重量と最高出力と最大トルク
シルバーウイング400 236kg | 28kW/7500rpm | 39N・m/6000rpm
シルバーウイング600 236kg | 36kW/7000rpm | 53N・m/5500rpm

 

 

●シート高
シルバーウイング400 740mm
シルバーウイング600 740mm

 

 

●タンク容量
シルバーウイング400 16L
シルバーウイング600 16L

 

●燃料消費率 国交省届出(60km/h走行時)
シルバーウイング400 30km/L
シルバーウイング600 25km/L

 

●航続距離(60km/h走行時)
シルバーウイング400 16L × 30km/L =480km
シルバーウイング600 16L × 25km/L =400km

 

 

シルバーウイング400と600の車体は共通。シルバーウイング600が先に発売されてて、後から排気量ダウンした400が発売されたから、シルバーウイング600の車体に400のエンジンを積んだだけ。

 

 

車体も車重も同じだから、免許があるならパワーがあるシルバーウイング600を買ったほうがいいよ。
シルバーウイング400は、600のオマケみたいなもんだし。
でもシルバーウイングは、でかくて重いから街乗りだけなら違う車種にした方がいいかも。

 

 

旧型のシルバーウイング400と600だったら、外観の違いは、車体番号が記載されてるコーションプレートだけ。

 

 

シルバーウイング400は、シルバーウイング600の排気量スケールダウン版。大型免許がなくてもシルバーウィングに乗れるし、値段と重量も同じ。シルバーウイング400のパワーダウンを補うためにプラグ点火タイミングや燃料噴射量などを変化させて中低速のトルクをアップする「Tモード」が搭載されてる。

 

シルバーウイング400とシルバーウイング600の中古車価格と買取相場

これをやるとバイクが高く売れる

バイクを売る時に何も知らずに無料査定を依頼すると安く買い叩かれるケースがあります。そうならないために無料査定を依頼する前にバイク買取業者がどういう対応をしてくるか知っておきましょう。

バイクを少しでも高く売るために知っておくこと



また、「バイクの一括査定」を利用すれば
業者の買取価格を比較してバイクを売ることができます。
何社も査定してもらう手間はかかりますが
バイクを高く売る一番確実な方法です。


バイク一括査定で月間利用者数NO.1のサイトは、こちら