W650とエストレヤの違いを比較

バイクを高く売るためにやるべきこと

バイク買取業者は、どこも安く買い取りたいと思っています。
高値でバイクを売るには、業者を競わすのが一番です。

バイク一括査定で月間利用者数NO.1のサイトは、こちら

また、バイクを高く売るためには、必ず知っておいた方がよいことがあります。特に初めてバイク買取業者を利用する方は、バイクを高く売る方法を読んでから無料査定を依頼しましょう。

W650とエストレヤの違いを比較

 

カワサキ W650の歴史

1999年2月に新登場。型式は、EJ650A
1999年12月に追加。
2001年3月にマイナーチェンジ。型式は、BC-EJ650A
排出ガス規制に対応。サイドカバーのW650ロゴ下にKLEENマークが付く。フロントサスのセッティングを変更。ニーパッドの形状の見直しとツーピース構造からウレタンワンピース構造化。ホールド性を高めたタックロール入りシートを採用。スペックの変更は、全長2175mm→2180mm、軸間距離1455mm→1460mm、最高出力発生回転数が7500rpm→7000rpm、乾燥重量194kg→195kg、キャスター/トレール26°30/105mm→27°/108mmに変更。
2003年2月にカラーチェンジ。
2003年7月に特別・限定仕様のW650(クロームバージョン)を発売。
ブラックがメインの車体にヘッドライトステー、テールランプブラケット、タンクとサイドカバー、リアショックアッパーカバーにクロームメッキ。フロントフォークアウターチューブやリアショックスプリングをシルバー仕上げに。アップハンドル仕様とローハンドル仕様をともに250台限定で発売。
2004年1月にマイナーチェンジ。
最高出力が50ps/7000rpm→48ps/6500rpmに。最大トルクが5.7kg-m/5500rpm→5.5kg-m/5000rpmに。二次減速比が2.533→2.466に。フロントフォークネック角が変更されホイールベースが5mm延長の1465mmに。メーカー小売価格が686,000円→720,300円に変更。
2004年4月に特別・限定仕様のW650(クロームバージョン)を発売。
2004年12月にカラーチェンジ。
2005年3月に特別・限定仕様の「W650ローシートパッケージ」を限定(100台)発売。
スタンダードタイプに新たに装備されたローシート(シート高800mm→770mm)により、足付き性を向上。
2005年4月に特別・限定仕様のW650(クロームバージョン)を発売。
新たにクロームメッキを施し、さらにシートには豪華な本革をあしらった、素材にこだわった特別な限定車を発売。
2006年2月にカラーチェンジ。

2006年4月に特別・限定仕様のW650(クロームバージョン)を発売。
2005年モデルと同様の手縫いによる本革シートを採用。フロントフォークアウターチューブ、リヤショックスプリングはシルバーバフ仕上げに。ローハンドル仕様とアップハンドル仕様をどちらも250台の限定で発売。
2006年12月にカラーチェンジ。
2007年4月にカラー追加。
2008年2月にマイナーチェンジ。
クラシカルなデザインのハザードランプスイッチとパッシングスイッチを装備することで、ファッション性と利便性を高めている。
2008年4月に特別・限定仕様。カワサキ W650(クロームバージョン)ローハンドル仕様を発売。
2009年4月に特別・限定仕様。カワサキ W650ファイナルカラーを発売。
ファイナルカラーモデルでは、メタリックマジェスティックレッド×ポーラホワイトと、ポーラホワイト×パールクリスタルホワイトのツートーンカラーを採用、シートカラーもそれぞれカラーリングに合わせ装着するなど上質感を一層高める。
※2008年9月の排出ガス規制強化により生産終了となった。

 

 

カワサキ エストレヤの歴史

2007年2月にフルモデルチェンジ。
型式は、JBK-BJ250A
このフルモデルチェンジでエストレヤRSとエストレヤカスタムの2車種のラインナップから1車種へ統合。
2007年4月にカラー追加。
2007年12月にカラーチェンジ。
2008年4月にカラー追加。
2009年7月にカラーチェンジ。
2010年7月1日にカラーチェンジ。
車体色は、2色(キャンディインペリアルブルー、ポーラホワイト×キャンディバーントオレンジ)の設定。
2011年7月15日にカラーチェンジ。
車体色は、2色(キャンディアラビアンレッド、メタリックミッドナイトサファイアブルー)の設定。
2012年7月1日にカラーチェンジ。
車体色は、2色(パールスターダストホワイト、キャンディミスティックブルー)の設定。
2014年1月20日に「エストレヤ」をマイナーチェンジ。また「エストレヤ スペシャルエディション」を発売。
アイドルスピードコントロールの採用、前後サスペンションのスプリングレートや減衰力設定の最適化を図る。車体色は、2色(キャンディカリビアンブルー、キャンディアイビーグリーン)の設定。また、車体色がメタリックスパークブラックでフェンダー、フロントフォーク、エンジン、エキゾーストシステムなど車体各部をブラック仕上げとした精悍なイメージのスペシャルエディションを発売。
2015年1月20日に「エストレヤ」と「エストレヤ スペシャルエディション」をカラーチェンジ。

車体色は、3色(パールルミナリーブルー、キャンディゴールドスパーク、パールブローニュ)の設定。スペシャルエディションは、2014年モデルのオレンジのパイピングが入った黒のダブルシートから座面部分を赤にしたツートーンのシートへと変更された。
2016年1月15日に「エストレヤ」と「エストレヤ スペシャルエディション」をカラーチェンジ。
車体色は、2色(メタリックスパークブラック、パールアルパインホワイト)の設定。スペシャルエディションの車体色は、キャンディクリムゾンレッドの1色の設定となった。
2017年3月15日に「エストレヤ」と「エストレヤ スペシャルエディション」をカラーチェンジ。
車体色は、2色(キャンディカリビアンブルー×パールクリスタルホワイト、キャンディバーントオレンジ×パールクリスタルホワイト)の設定。スペシャルエディションの車体色は、メタリックスレートブルー×パールクリスタルホワイトの1色の設定となった。
2017年3月15日に「エストレヤ ファイナルエディション」を発売。
ファイナルエディションは、キャンディアラビアンレッドの車体色にフューエルタンクのグラフィックに水転写デカールを取り入れ、専用の「Kawasaki」エンブレム、サイドカバーにも専用のエンブレムを採用。フューエルタンク上部に「Final Eiditon」ロゴ(水転写デカール)も入った。シートも特別なデザインを採用し、フロントフェンダー、リアフェンダー、フォークカバーにクロームメッキを採用。

 

 

ここでは、
2008年2月発売のカワサキ W650(BC-EJ650A)と
2007年2月発売のカワサキ エストレヤ(JBK-BJ250A)
の違いを比較しました。

 

 

スペック表の違い

※数字が大きい方がこの色

タイプグレード名

W650 ローハンドル仕様

エストレヤ

モデルチェンジ区分

カラーチェンジ

フルモデルチェンジ

発売日

2008年2月

2007年2月

型式

BC-EJ650A

JBK-BJ250A

仕向け・仕様

国内向けモデル

国内向けモデル

全長 (mm)

2180

2075

全幅 (mm)

780

755

全高 (mm)

1075

1030

軸間距離 (mm)

1465

1400

最低地上高 (mm)

125

150

シート高 (mm)

800

735

乾燥重量 (kg)

195

146

乗車定員(名)

2

2

原動機種類

4ストローク

4ストローク

気筒数

2

1

シリンダ配列

並列(直列)

単気筒

冷却方式

空冷

空冷

排気量 (cc)

675

249

4スト・カム駆動方式

OHC(SOHC)

OHC(SOHC)

4スト・気筒あたりバルブ数

4

2

内径(シリンダーボア)(mm)

72

66

行程(ピストンストローク)(mm)

83

73

圧縮比(:1)

8.6

9

最高出力(kW)

35

15

最高出力(PS)

48

20

最高出力回転数(rpm)

6500

8000

最大トルク(N・m)

54

20

最大トルク(kgf・m)

5.5

2

最大トルク回転数(rpm)

5000

6500

燃料タンク容量 (L)

14

13

燃料(種類)

レギュラーガソリン

レギュラーガソリン

燃料供給方式

キャブレター

フューエルインジェクション

エンジン始動方式

セルフ・キック 併用式

セルフスターター式

点火装置

フルトランジスタ式

フルトランジスタ式

点火プラグ標準搭載・型式

CR8E

DR8EA

点火プラグ必要本数・合計

2

1

搭載バッテリー・型式

YTX12-BS

YTX9-BS

エンジンオイル容量※全容量 (L)

3

2

エンジンオイル量(オイル交換時) (L)

2.5

1.8

エンジンオイル量(フィルタ交換時) (L)

2.8

2

推奨エンジンオイル(SAE粘度)

10W-40

10W-40

クラッチ形式

湿式・多板

湿式・多板

変速機形式

リターン式・5段変速

リターン式・5段変速

1次減速比

2.095

3.363

2次減速比

2.466

2.533

変速比

1速 2.2940/2速 1.5900/3速 1.2400/4速 1.0000/5速 0.8510

1速 2.6360/2速 1.7330/3速 1.3000/4速 1.0500/5速 0.8330

動力伝達方式

チェーン

チェーン

スプロケット歯数・前

15

15

スプロケット歯数・後

37

38

チェーンサイズ

525

520

標準チェーンリンク数

104

102

フレーム型式

ダブルクレードル

セミダブルクレードル

キャスター角

27°00

27°00

トレール量 (mm)

108

96

ブレーキオイル適合規格

DOT 4

DOT 4

懸架方式(前)

テレスコピックフォーク

テレスコピックフォーク

懸架方式(後)

スイングアーム式

スイングアーム式

燃料消費率 国交省届出(60km/h走行時)(km/L)

37

41

ブレーキ形式(前)

油圧式ディスク

油圧式ディスク

ブレーキ形式(後)

機械式リーディングトレーリング

機械式リーディングトレーリング

タイヤ(前)

100/90-19

90/90-18

タイヤ(前)構造名

バイアス

バイアス

タイヤ(前)荷重指数

57

51

タイヤ(前)速度記号

H

P

タイヤ(前)タイプ

チューブタイヤ

チューブタイヤ

タイヤ(後)

130/80-18

110/90-17

タイヤ(後)構造名

バイアス

バイアス

タイヤ(後)荷重指数

66

60

タイヤ(後)速度記号

H

P

タイヤ(後)タイプ

チューブタイヤ

チューブタイヤ

ホイールリム幅(前)

2.15

1.85

ホイールリム幅(後)

2.75

2.15

ヘッドライトタイプ(Hi)

H4

H4

 

W650とエストレヤの違いを比較

 

W650とエストレヤの比較の口コミ

 

 

高速多用する人は、W650がオススメ。
俺は、街乗りオンリーだからエストレヤで十分。

 

 

クラシックネイキッドで高速性能を求める人は、W650を買った方が幸せになれると思う。

 

 

嫁がW650で俺がエストレヤ乗ってるけど、嫁にエストレヤを勧めたら小さいから嫌と言ってた。

 

 

W650は、体に響くような鼓動感はあまり無い。でもマフラー交換すれば音だけは、ドッコンドッコンと迫力出る。ツアラーとしては優秀だけど、俺は、エストレヤの方が走ってて楽しかった。

 

 

W650買ったけど、不満は、取り回しに若干重いと感じるぐらいで満足してる。でもたまにエストレヤみかけると車検が無くて取り回しも軽いエストレヤでもいいかなって思うときもある。

 

 

エストレヤの単気筒も面白いぞ。W650より燃費が良いし、プラグも1本でいいし、夏場は、クソ暑くならないし。

 

 

W650は、キックがあるのがいいね。

 

 

エストレヤの見た目が気に入ってるならエストレヤにすればいい。W650は、車重が重いし、乗り味が薄い。

 

W650とエストレヤの中古車価格と買取相場

 

これをやるとバイクが高く売れる

バイクを売る時に何も知らずに無料査定を依頼すると安く買い叩かれるケースがあります。そうならないために無料査定を依頼する前にバイク買取業者がどういう対応をしてくるか知っておきましょう。

バイクを少しでも高く売るために知っておくこと



また、「バイクの一括査定」を利用すれば
業者の買取価格を比較してバイクを売ることができます。
何社も査定してもらう手間はかかりますが
バイクを高く売る一番確実な方法です。


バイク一括査定で月間利用者数NO.1のサイトは、こちら