Dトラッカーの規制前と規制後の違いを比較

バイクを高く売るためにやるべきこと

バイク買取業者は、どこも安く買い取りたいと思っています。
高値でバイクを売るには、業者を競わすのが一番です。

バイク一括査定で月間利用者数NO.1のサイトは、こちら

また、バイクを高く売るためには、必ず知っておいた方がよいことがあります。特に初めてバイク買取業者を利用する方は、バイクを高く売る方法を読んでから無料査定を依頼しましょう。

Dトラッカーの規制前(LX250E)と規制後(BA-LX250E)の違いを比較。

 

カワサキ Dトラッカーの歴史

1998年2月にDトラッカーが新登場。型式は、LX250E
Dトラッカーは、カワサキのデュアルパーパスのKLX250の派生車種として、ハンドル形状を変更し、前後ホイールを17インチに換装しオンロードタイプのタイヤを装着させたスーパーモタードタイプのオートバイ。
1999年2月にDトラッカーをカラーチェンジ。
2001年2月15日にDトラッカーをマイナーチェンジ。型式は、BA-LX250E
平成11年排出ガス規制の適合のため、カワサキの排気ガス浄化システム「KLEEN」を搭載。一次減速比を変更。
2002年2月にDトラッカーをカラーチェンジ。
2002年2月にDトラッカーは 「250SB」としてスズキからも発売。
川崎重工業は、スズキと相互販売に関する業務提携を行ないDトラッカーを250SBとしてスズキからも発売された。
2003年2月にDトラッカーをカラーチェンジ。
バッテリーをユアサ製から古河電池製に変更した。
2004年5月にDトラッカーをマイナーチェンジ。
リヤフェンダー、タンクシュラウド、メーターバイザーなどのデザインを変更。2004年モデルからKLX250同様にカワサキモータースエンタープライズ(タイカワサキ)へ生産が移管された。
2004年12月にDトラッカーをカラーチェンジ。
2005年10月に特別・限定仕様のDトラッカースペシャルパッケージを発売。
2005年12月にDトラッカーをカラーチェンジ。
2006年12月にDトラッカーをカラーチェンジ。

これがDトラッカーの最終モデル。
2008年4月5日にDトラッカーXが新登場。型式は、KLX250V8F
Dトラッカーを平成18年排出ガス規制に適合させるためにモデルチェンジして、DトラッカーXが新登場。KLX250をベースにしたスーパーモタード仕様で前後17インチホイールにオンロードタイヤを採用。サスセッティングをオンロードに最適化。DトラッカーXからは、フロントマスク(KLX250共通)がV型ヘッドライトとなった。
DトラッカーとDトラッカーXの違いを比較
2009年4月にDトラッカーXをマイナーチェンジ。型式は、JBK-LX250V
一部仕様変更とカラーリングと価格を変更。
2010年12月1日にDトラッカーXをカラーチェンジ。
2011年9月1日にDトラッカーXをカラーチェンジ。
2012年11月1日にDトラッカーXをカラーチェンジ。
2013年7月1日にDトラッカーXをカラーチェンジ。
2014年7月1日にDトラッカーXをカラーチェンジ。
2015年8月1日にDトラッカーXをカラーチェンジ。
2016年5月15日に特別・限定仕様のDトラッカーX Final Editionを発売。
このファイナルエディションをもって日本向け仕様の生産は、終了となった。

 

 

ここでは、上の黄色の部分
1999年2月発売のカワサキ Dトラッカー(LX250E)と
2001年2月発売のカワサキ Dトラッカー(BA-LX250E)
の違いを比較しました。

 

 

スペック表の違い

※数字が大きい方がこの色

タイプグレード名

Dトラッカー

Dトラッカー

モデルチェンジ区分

カラーチェンジ

マイナーチェンジ

型式

LX250E

BA-LX250E

発売日

1999年2月

2001年2月

仕向け・仕様

国内向けモデル

国内向けモデル

全長 (mm)

2065

2065

全幅 (mm)

790

790

全高 (mm)

1175

1175

ホイールベース (mm)

1435

1435

最低地上高(mm)

265

265

シート高 (mm)

865

865

乾燥重量 (kg)

118

119

車両重量 (kg)

-

134

最小回転半径(m)

2.3

2.3

乗車定員(名)

2

2

燃料消費率 国交省届出(60km/h走行時)(km/L)

48

40

原動機型式

LX250DE

LX250DE

原動機種類

4ストローク

4ストローク

気筒数

1

1

シリンダ配列

単気筒

単気筒

冷却方式

水冷

水冷

排気量 (cc)

249

249

カム・バルブ駆動方式

DOHC

DOHC

気筒あたりバルブ数

4

4

内径(シリンダーボア)(mm)

72

72

行程(ピストンストローク)(mm)

61.2

61.2

圧縮比(:1)

11

11

最高出力(kW)

-

21

最高出力(PS)

30

29

最高出力回転数(rpm)

8500

9000

最大トルク(N・m)

26

25

最大トルク回転数(rpm)

7500

7000

燃料供給方式

キャブレター

キャブレター

燃料供給装置形式

CVK34

CVK34

燃料タンク容量 (L)

8

7.5

燃料(種類)

レギュラーガソリン

レギュラーガソリン

エンジン始動方式

セルフスターター式

セルフスターター式

点火装置

C.D.I.式

C.D.I.式

点火プラグ標準搭載・型式

CR8E

CR8E

点火プラグ必要本数・合計

1

1

搭載バッテリー・型式

YTX7L-BS

YTX7L-BS

バッテリー容量

12V-6Ah

12V-6Ah

エンジン潤滑方式

ウェットサンプ式

ウェットサンプ式

エンジンオイル容量※全容量 (L)

1.5

1.5

エンジンオイル量(オイル交換時) (L)

1.3

1.3

エンジンオイル量(フィルタ交換時) (L)

1.4

1.4

推奨エンジンオイル(SAE粘度)

10W-40

10W-40

クラッチ形式

湿式・多板

湿式・多板

変速機形式

リターン式・6段変速

リターン式・6段変速

変速機・操作方式

フットシフト

フットシフト

1次減速比

2.863

2.8

2次減速比

2.785

2.785

変速比

1速 3.000/2速 2.000/3速 1.500/4速 1.250/5速 1.049/6速 0.903

1速 3.000/2速 2.000/3速 1.500/4速 1.250/5速 1.049/6速 0.903

動力伝達方式

チェーン

チェーン

スプロケット歯数・前

14

14

スプロケット歯数・後

39

39

チェーンサイズ

520

520

標準チェーンリンク数

104

104

フレーム型式

セミダブルクレードル

セミダブルクレードル

キャスター角

25°30′

25°30′

トレール量 (mm)

74

74

ブレーキ形式(前)

油圧式ディスク

油圧式ディスク

ブレーキ形式(後)

油圧式ディスク

油圧式ディスク

ブレーキオイル適合規格

DOT 4

DOT 4

懸架方式(前)

テレスコピックフォーク

テレスコピックフォーク

フロントフォークタイプ

倒立フォーク

倒立フォーク

懸架方式(後)

スイングアーム式

スイングアーム式

ショックアブソーバ本数(後)

1

1

タイヤ(前)

110/70-17

110/70-17

タイヤ(前)構造名

バイアス

バイアス

タイヤ(前)荷重指数

54

54

タイヤ(前)速度記号

H

H

タイヤ(前)タイプ

チューブタイヤ

チューブタイヤ

タイヤ(後)

130/70-17

130/70-17

タイヤ(後)構造名

バイアス

バイアス

タイヤ(後)荷重指数

62

62

タイヤ(後)速度記号

H

H

タイヤ(後)タイプ

チューブタイヤ

チューブタイヤ

ホイールリム形状(前)

-

MT

ホイールリム幅(前)

3

3

ホイールリム形状(後)

MT

MT

ホイールリム幅(後)

3.5

3.5

ヘッドライト定格(Hi)

60W/55W

60W/55W

ヘッドライトタイプ(Hi)

H4

H4

テールライト定格(制動/尾灯)

21W/5W

21W/5W

スピードメーター表示形式

デジタル

デジタル

メーター表示

時計 有
ツイントリップ 有

時計 有
ツイントリップ 有

 

Dトラッカーの「LX250E」と「BA-LX250E」の違いを比較

 

Dトラッカーの「LX250E」と「BA-LX250E」の違いを比較

 

2001年2月15日のマイナーチェンジでの.主な変更点
  • 新たに装備された「KLEEN」は、「KCA」(Kawasaki Clean Air)と「触媒」の組み合わせによって、排出ガス中の一酸化炭素や炭化水素などを低減し、国内二輪車平成11年排出ガス規制に適合させた。
  •  ※「KCA」とは、エンジンの排気ポートに新気を導入し、未燃焼の排出ガスを再燃焼させ、排出ガス中の有害物質を大幅に低減させる機構。

  • 燃料タンクキャップをワンタッチで開閉可能なヒンジタイプに変更し、給油時の利便性を向上。
  •  

  • 車体色は、従来色のブルー21に新色のエボニーを加えた。

 

 

2001年2月15日のマイナーチェンジでのスペックの変更点

 

●型式
LX250E → BA-LX250E

 

●発売日
1999年2月 → 2001年2月

 

●乾燥重量
118kg → 119kg

 

●燃料消費率 国交省届出(60km/h走行時)
48km/L → 40km/L

 

●最高出力
30PS → 29PS

 

●最高出力回転数
8500rpm → 9000rpm

 

●最大トルク
26N・m → 25N・m

 

●最大トルク回転数
7500rpm → 7000rpm

 

●燃料タンク容量
8L → 7.5L

 

●1次減速比
2.863 → 2.8

 

 

一次減速比が違うからプライマリギア、バランサギア、クラッチハウジングも違うと思う。

 

 

平成11年排出ガス規制後は、KLEENの導入で二次エア供給ホースが付いてる。

 

 

平成11年排出ガス規制後の違いは、

  • エキパイとマフラー
  • エアクリボクス
  • イグナイター&ハーネス
  • キャブセッティングとスロポジセンサー
  • KLEENの有無

これぐらいかな?

 

 

どのモデルでもそうだけど、排ガス規制後は、パワーが落ちてる。カタログスペックでは最高出力が1ps 最大トルクで0.1kgf・m程度だけど。バイク屋の話しでは、KLEENは触媒も使ってるけど排気側に空気を送り込むようになってて、マフラー交換時などのキャブセッティングも結構難しいって言ってた。

 

 

グラフィックは 新しいモデルの方が圧倒的に好き。

 

 

排ガス規制前 30PS
排ガス規制後 29PS

 

 

平成11年排ガス規制後のモデルはエキパイが細くなってるから規制前のサイレンサーは、つかない。

 

 

Dトラッカーのプラグ交換は、2001年以降のモデルだと、KLEENのバルブやホースとかで凄くやりづらい。

 

 

1998-1999年が規制前、2001年モデルから規制後となってる。スリップオンなら規制後、エキパイごと変えるなら両方選べる。

 

Dトラッカーの中古車価格と買取相場

これをやるとバイクが高く売れる

バイクを売る時に何も知らずに無料査定を依頼すると安く買い叩かれるケースがあります。そうならないために無料査定を依頼する前にバイク買取業者がどういう対応をしてくるか知っておきましょう。

バイクを少しでも高く売るために知っておくこと



また、「バイクの一括査定」を利用すれば
業者の買取価格を比較してバイクを売ることができます。
何社も査定してもらう手間はかかりますが
バイクを高く売る一番確実な方法です。


バイク一括査定で月間利用者数NO.1のサイトは、こちら