NINJA250Rとホーネットの違いを比較

バイクを高く売るためにやるべきこと

バイク買取業者は、どこも安く買い取りたいと思っています。
高値でバイクを売るには、業者を競わすのが一番です。

バイク一括査定で月間利用者数NO.1のサイトは、こちら

また、バイクを高く売るためには、必ず知っておいた方がよいことがあります。特に初めてバイク買取業者を利用する方は、バイクを高く売る方法を読んでから無料査定を依頼しましょう。

NINJA250Rとホーネットの違いを比較

 

カワサキ Ninja250Rの歴史

2008年4月にNinja250Rが新登場。型式は、JBK-EX250K
フューエルインジェクションを採用し、エンジンは、直前まで販売されていたZZR250と同じの248cc水冷4ストローク並列2気筒DOHCを搭載。
2008年12月にNinja250Rをカラーチェンジして発売。
2009年2月にNinja 250R Special Editionを発売。
レーシングイメージのスペシャルカラーを採用し、前後ホイールがピンストライプ。
2009年10月にNinja250Rをカラーチェンジして発売。
全3色の設定でマフラーのサイレンサー部がブラック仕上げに。
2009年11月にNinja 250R Special Editionを発売。
ブラック×レッドの2トーンカラーにグラフィックを組み合わせ、前後ホイールにピンストライプを施した。
2010年6月1日にNinja 250R Special Editionを300台限定発売。
ライムグリーンをベースにレーシーなグラフィックを採用。前後ホイールにライムグリーンのピンストライプ。
2010年8月1日にNinja250Rをカラーチェンジして発売。
ホワイトのメーターパネルを採用。メタリックインペリアルブルーとエボニーの全2色の設定。
2010年9月1日にNinja 250R Special Editionを発売。
パールホワイト×エボニーのツートーンカラーにグラフィックを組み合わせ、前後ホイールにピンストライプを施す。
2011年6月1日にNinja 250R Special Editionを400台限定で発売。

ライムグリーンをベースにブラック基調のグラフィックを採用。前後ホイールにピンストライプを施す。
2011年8月1日にNinja250Rをカラーチェンジして発売。
パッションレッドとライムグリーンとメタリックスパークブラックの全3色の設定。
2012年4月1日にNinja250Rのカラーを追加して300台限定で発売。
メタリックスパークブラックをベースにグラフィックを配したカラーを追加。
2012年7月1日にNinja 250R Special Editionを発売。
キャンディバーントオレンジのグラフィックを配した。
2013年2月1日にフルモデルチェンジされ車名が「Ninja250」に変更。

 

 

ホンダ ホーネットの歴史

1996年2月20日にホンダ ホーネットが新発売。型式は、MC31
車体色は、3色(ブラック、ブーンシルバーメタリック、キャンディブレイジングレッド)の設定。
1998年9月30日にマイナーチェンジ。
燃料タンクのロゴマークを変更。ステップガードの色を赤に変更。車体色は、2色。キャンディタヒチアンブルーのホイール色は、ホワイト。フォースシルバーメタリックのホイール色は、艶消しブラック。
1999年12月7日にマイナーチェンジ。型式は、BA-MC31
エアインジェクションシステムと排気管集合部の酸化触媒などを採用し、排出ガス規制に適合。新たにスロットルセンサーと中空二重構造の排気管を採用し、中・低回転域で力強い出力特性となり、高回転域でもスムーズで爽快な走りを実現。キャブレター型式がVP03からVP05型4基へ変更。ハザードランプと燃料計を追加。車体色は、2色(キャンディフェニックスブルー、フォースシルバーメタリック)の設定。
2000年12月21日にカラーオーダープランを採用。
燃料タンクのマークのデザインを変更し、サイドカバーにHONDAロゴマークを採用。新たに「カラーオーダープラン」を採用。燃料タンク、フロントフェンダー、シートカウルのセットが7色、前・後ホイールセットが4色から選択でき全28タイプから選べる。標準色は、2色(フォースシルバーメタリック、キャンディフェニックスブルー)の設定。
2003年3月19日にマイナーチェンジ。
シート形状の見直しとサスのセッティング変更などでシート高が15mm低い745mmになった。燃料タンクのHONDAロゴをウイングマークを基調としたマークに変更。角型バックミラーへ変更。グリップエンドにメッキを施した。車体色は、標準色が2色(キャンディブレイジングレッド 、キャンディタヒチアンブルー)。カラーオーダープランは、ボディ7色、ホイール3色の合計で21タイプ。
2005年11月28日にマイナーチェンジ。
マルチリフレクターヘッドライトを採用。シート表皮を前部と後部で異なったパターンに変更。メーターパネルの発光色をブルーに変更。フレームとフロントフォークとグラブバーとタンクキャップをマットグレーに、リヤサススプリングとスパークプラグキャップをレッドにした。車体色は、標準色が2色(キャンディフェニックスブルー、ブラック)。カラーオーダープランは、ボディ6色、ホイール2色で12タイプ。
2005年12月24日にホーネット・デラックスタイプを発売。デラックスタイプは、ツートーンカラーを採用。車体色は、2色(キャンディブレイジングレッドxブラック、パールフラッシュイエローxブラック)。前後ホイールの側面にストライプを施し、ブラックの前後ブレーキキャリパーの採用。
2006年12月26日にホーネットとホーネット・デラックスをカラーチェンジ。
ホーネットの車体色は、2色(パールサンビームホワイトとパールコスミックブラック)でホイールにそれぞれ車体色と同系色のホワイトとブラックを採用。ホーネット・デラックスの車体色は、ツートーンの2色(グリントウェーブブルーメタリック、デジタルシルバーメタリック)。タンクとリアカウル上面にそれぞれ車体色と同色を採用。下面は、共通のグラファイトブラック。
2007年12月に生産終了を発表。

 

 

ここでは、
2008年4月発売のカワサキ NINJA250R(JBK-EX250K)と
2006年12月26日発売のホンダ ホーネット(BA-MC31)
の違いを比較しました。

 

 

スペック表の違い

※数字が大きい方がこの色

車種名

Ninja 250R

HORNET

モデルチェンジ区分

新登場

カラーチェンジ

発売日

2008年4月

2006年12月26日

型式

JBK-EX250K

BA-MC31

全長 (mm)

2085

2035

全幅 (mm)

715

740

全高 (mm)

1110

1050

軸間距離 (mm)

1400

1410

最低地上高 (mm)

130

155

シート高 (mm)

775

745

乾燥重量 (kg)

151

151

車両重量 (kg)

168

168

乗車定員(名)

2

2

原動機種類

4ストローク

4ストローク

気筒数

2

4

シリンダ配列

並列(直列)

並列(直列)

冷却方式

水冷

水冷

排気量 (cc)

248

249

4スト・カム駆動方式

DOHC

DOHC

4スト・気筒あたりバルブ数

4

4

内径(シリンダーボア)(mm)

62

48.5

行程(ピストンストローク)(mm)

41.2

33.8

圧縮比(:1)

11.6

11.5

最高出力(kW)

23

29

最高出力(PS)

31

40

最高出力回転数(rpm)

11000

14000

最大トルク(N・m)

21

24

最大トルク(kgf・m)

2.1

2.4

最大トルク回転数(rpm)

8500

11000

燃料タンク容量 (L)

17

16

燃料(種類)

レギュラーガソリン

レギュラーガソリン

燃料供給方式

フューエルインジェクション

キャブレター

エンジン始動方式

セルフスターター式

セルフスターター式

点火装置

フルトランジスタ式

フルトランジスタ式

点火プラグ標準搭載・型式

CR8E

CR8EH-9

点火プラグ必要本数・合計

2

4

搭載バッテリー・型式

YTX9-BS

YTZ7S

エンジンオイル容量※全容量 (L)

1.7

2.7

エンジンオイル量(オイル交換時) (L)

1.3

2.2

エンジンオイル量(フィルタ交換時) (L)

1.6

2.4

推奨エンジンオイル(SAE粘度)

10W-40

10W-30

クラッチ形式

湿式・多板

湿式・多板

変速機形式

リターン式・6段変速

リターン式・6段変速

1次減速比

3.086

2.966

2次減速比

3.071

3.214

変速比

1速 2.6000/2速 1.7890/3速 1.4090/4速 1.1600/5速 0.9650/6速 0.8510

1速 2.7330/2速 2.0000/3速 1.5900/4速 1.3180/5速 1.1110/6速 0.9650

動力伝達方式

チェーン

チェーン

スプロケット歯数・前

14

14

スプロケット歯数・後

43

45

チェーンサイズ

520

520

標準チェーンリンク数

106

110

フレーム型式

ダイヤモンド

ダイヤモンド

キャスター角

26

25.45

トレール量 (mm)

82

100

懸架方式(前)

テレスコピックフォーク

テレスコピックフォーク

懸架方式(後)

スイングアーム式

スイングアーム式

燃料消費率 国交省届出(60km/h走行時)(km/L)

40

32

ブレーキ形式(前)

油圧式ディスク

油圧式ディスク

ブレーキ形式(後)

油圧式ディスク

油圧式ディスク

タイヤ(前)

110/70-17

130/70ZR16

タイヤ(前)構造名

バイアス

ラジアル

タイヤ(前)荷重指数

54

61

タイヤ(前)速度記号

S

W

タイヤ(前)タイプ

チューブレス

チューブレス

タイヤ(後)

130/70-17

180/55ZR17

タイヤ(後)構造名

バイアス

ラジアル

タイヤ(後)荷重指数

62

73

タイヤ(後)速度記号

S

W

タイヤ(後)タイプ

チューブレス

チューブレス

ホイールリム形状(前)

MT

MT

ホイールリム幅(前)

2.75

3.5

ホイールリム形状(後)

MT

MT

ホイールリム幅(後)

3.5

5.5

ヘッドライトタイプ(Hi)

H7

H4

メーカー小売価格

498,000円

567,000円

 

NINJA250Rとホーネットの違いを比較

 

NINJA250Rとホーネットの違いを比較

 

 

友達には、馬力があるHornetを薦められたけど、外観は、NINJA250Rの方がカッコいいな。

 

 

●馬力の比較(2009年9月時点)
31ps:WR250、Ninja250R(日本)
32ps:VTR250、Ninja250R(北米)
33ps:Ninja250R(欧州)
35ps:ZZR250、Eliminator 250V
40ps:Hornet、Balius II

 

 

俺は、タイヤは太いHORNETの方が迫力があってカッコイイと思う。タイヤ細いとどうしても貧相に見える。
ホーネット(F130/R180)
NINJA250R(F110/R130)

 

 

ホーネットは、カッコよさ優先でオーバースペックの太いタイヤを採用してるけど、実際カッコイイし、売れてる。NINJA250Rのタイヤは、130で燃費や軽快感にはいいけど、見た目がカッコ悪い。

 

 

ツーリング行くならカウルがあって、燃費が良いNINJA250Rの方がいい。

 

 

NINJA250Rとホーネットでツーリング行った事あるけど、常識的な速度で走るならたいして差は感じなかったよ。

 

 

俺は、NINJA250Rにした。ホーネットは、無駄に太いタイヤのせいで燃費とパワーを無駄にしたファッションバイク。

 

 

NINJA250Rは、ツインだからマルチのホーネットと同じ音は、マフラー替えても出ない。

 

 

俺のNINJA250Rと友達のホーネットを1速で引っ張って乗り比べたら加速力がホーネットのが全然良かった。

 

ホーネットからNINJA250Rに乗り換えた。ホーネットの悪いところは、バランス的に乗りづらいことかな?全てを太いリアタイヤに頼ってる感じする。あと回さないと走らない。8000rpm以上で走らないと面白くないし、全然加速しない。街中を6速で走ってる時に、何かあっても6速のままじゃ加速していかない。4000rpm以下だと使い物にならない。ホーネットの良いところは、10000rpm以上で発狂できる。13000rpmからの直線加速は、一般道では危ないぐらい気持ちいい。燃費は、街乗りで20km/Lちょいだった。ブレーキが良いから安心して攻められる。乗ってる時の後ろ姿がカッコイイ。独特の音をしてるから近づけばすぐホーネットって分かる。NINJA250Rの悪いところは、ピークの加速力が物足りない。でも車の前に出るくらいなら十分。 後ろからの見た時に貧相に見えてダサい。ブレーキは、ホーネットより少し不安がある。NINJA250Rの良いところは、全体のバランスが凄く良くて乗りやすい。前輪荷重とマスの集中化を味わえる。エンジンのパワーバランスも良くどの回転域でも6速のままで十分加速するので街中でも乗りやすい。高速道路での追い抜きも6速のままでも可能。ギアを落として回転域を高くしたら楽しくアグレッシブに走れる。フルカウルだから高速での遠出が楽しい。乗ってる人が多いからカスタムやコミュニティが楽しい。

 

NINJA250Rとホーネットの中古車価格と買取相場

これをやるとバイクが高く売れる

バイクを売る時に何も知らずに無料査定を依頼すると安く買い叩かれるケースがあります。そうならないために無料査定を依頼する前にバイク買取業者がどういう対応をしてくるか知っておきましょう。

バイクを少しでも高く売るために知っておくこと



また、「バイクの一括査定」を利用すれば
業者の買取価格を比較してバイクを売ることができます。
何社も査定してもらう手間はかかりますが
バイクを高く売る一番確実な方法です。


バイク一括査定で月間利用者数NO.1のサイトは、こちら