Z650とXSR700の違いを比較

バイクを高く売るためにやるべきこと

バイク買取業者は、どこも安く買い取りたいと思っています。
高値でバイクを売るには、業者を競わすのが一番です。

バイク一括査定で月間利用者数NO.1のサイトは、こちら

また、バイクを高く売るためには、必ず知っておいた方がよいことがあります。特に初めてバイク買取業者を利用する方は、バイクを高く売る方法を読んでから無料査定を依頼しましょう。

Z650とXSR700の違いを比較

 

カワサキ Z650の歴史

2017年5月15日に新型「Z650 ABS」が新登場。型式は、2BL-ER650H
「Z650 ABS」は、気軽に乗れる扱い易さと優れたスポーツ性能を両立したライトウェイトスーパーネイキッド。ER-6n(国内正式導入なし)の後継モデルとして登場。649ccの水冷4スト並列2気筒DOHC4バルブユニットを「Sugomi」デザインコンセプトの車体に搭載。テールライトがZの形に点灯。多機能メーターは、ギアポジションも表示。ETC車載器キットは標準装備。車両重量は、187kg。車体色は、2色(パールフラットスターダストホワイト×メタリックスパークブラック、メタリックフラットスパークブラック×メタリックスパークブラック)の設定。
2017年8月1日にカラーチェンジして発売。
車体色は、2色(メタリックスパークブラック×メタリックフラットスパークブラック、パールシャイニングイエロー×メタリックフラットスパークブラック)の設定。この2018年モデルからABS装着車であってもモデル名から「ABS」が除かれて「Z650」となった。
2019年2月1日にカラーチェンジして発売。
車体色は、2色(メタリックフラットスパークブラック×メタリックスパークブラック、ストームクラウドブルー×パールストームグレー)の設定。
2020年2月1日にマイナーチェンジして発売。
ヘッドライトカウルとラジエータシュラウドのデザインを変更、存在感を高めた「Sugomi」デザイン。LED化された新しいヘッドライト、TFTカラー液晶のメーター(ネガポジ反転可能)、ダンロップの「SPORTMAX Roadsport 2」を採用、リアシートの形状変更、エアクリーナーボックスとスロットルボディを繋ぐダクトの形状変更し、中回転域のトルク向上、吸排気系を改良、ETC車載器がETC2.0に変更。
Z650の2020年2月1日のマイナーチェンジでの変更点は、こちら。
2021年12月17日にマイナーチェンジ。型式は、8BL-ER650H
新しい排ガス規制の対応とカラーチェンジ。車体色は、1色(パールロボティックホワイト×メタリックマットグラフェンスチールグレー)。
Z650の「型式 2BL-ER650H」と「型式 8BL-ER650H」の違いの比較は、こちら。

 

 

ヤマハ XSR700の歴史

2017年11月6日に日本国内仕様の「XSR700 ABS」が新登場。型式は、2BL-RM22J
日本や欧州で流行しているネオレトロカテゴリーでのコンセプトのThe Performance Retroster(ザ・パフォーマンス・レトロスター)を基にMT-07のフレームやエンジン、前後サスペンションを共有しつつ、レトロで普遍的なスタイリングを持ち、より新しい走行性能や機能を織り込んだ新しい価値を持ったバイク。車両重量は、186kg。車体色は2色(マットグレーメタリック3、ダルレッドメタリックD)。
2019年3月28日に「XSR700 ABS」をカラーチェンジ。
車体色は、3色(マッドダークパープリッシュブルーメタリック1(新色)、マットグレーメタリック3、ダルレッドメタリックD)。
2020年5月28日に「XSR700 ABS」をマイナーチェンジ。
ポジションランプを追加したヘッドランプの採用とカラーチェンジ。車体色は、新色2色(ラジカルホワイト、マットグレーメタリック3)。
2022年4月8日に「XSR700 ABS」をマイナーチェンジ。型式は、8BL-RM41J
主な変更点は、平成32年排出ガス規制に適合し、型式が変更。快適性とスポーツ性能を兼ね備えた新タイヤの採用。フロントブレーキディスクの大径化。ヘッドランプ、ポジションランプ、フラッシャーランプのLED化。ネガポジ反転LCDメーターを採用。車体色は、2色(ラジカルホワイト、ブラックメタリックX)。
XSR700の「型式 2BL-RM22J」と「型式 8BL-RM41J」の違いの比較は、こちら。

 

 

ここでは、
2017年5月15日発売のカワサキ Z650 ABS(型式 2BL-ER650H)と
2017年11月6日発売のヤマハ XSR700 ABS(型式 2BL-RM22J)
の違いを比較しました。

 

 

Z650とXSR700のスペック表の違い

※数字が大きい方がこの色

タイプグレード名

Z650 ABS

XSR700 ABS

モデルチェンジ区分

新登場

新登場

型式

2BL-ER650H

2BL-RM22J

発売日

2017年5月15日

2017年11月6日

仕向け・仕様

国内向けモデル

国内向けモデル

全長 (mm)

2055

2075

全幅 (mm)

775

820

全高 (mm)

1080

1130

ホイールベース (mm)

1410

1405

最低地上高(mm)

130

140

シート高 (mm)

790

835

車両重量 (kg)

187

186

最小回転半径(m)

2.6

2.7

乗車定員(名)

2

2

燃料消費率 国交省届出(60km/h走行時)(km/L)

32.1

38.4

燃料消費率 WMTCモード値(km/L)

24

23.9

原動機型式

ER650AE

M410E

原動機種類

4ストローク

4ストローク

気筒数

2

2

シリンダ配列

並列(直列)

並列(直列)

冷却方式

水冷

水冷

排気量 (cc)

649

688

カム・バルブ駆動方式

DOHC

DOHC

気筒あたりバルブ数

4

4

内径(シリンダーボア)(mm)

83

80

行程(ピストンストローク)(mm)

60

68.5

圧縮比(:1)

10.8

11.5

最高出力(kW)

50

54

最高出力(PS)

68

73

最高出力回転数(rpm)

8000

9000

最大トルク(N・m)

65

68

最大トルク(kgf・m)

6.6

6.9

最大トルク回転数(rpm)

6500

6500

燃料供給方式

フューエルインジェクション

フューエルインジェクション

燃料タンク容量 (L)

15

13

燃料タンク・リザーブ容量 (L)

-

2.7

燃料(種類)

レギュラーガソリン

レギュラーガソリン

満タン時航続距離(概算・参考値)

481.5

499.2

エンジン始動方式

セルフスターター式

セルフスターター式

点火装置

フルトランジスタ式

フルトランジスタ式

点火プラグ標準搭載・型式

CR9EIA-9

LMAR8A-9

点火プラグ必要本数・合計

2

2

搭載バッテリー・型式

YTZ10S

YTZ10S

バッテリー容量

12V-8.6Ah

12V-8.6Ah 10HR

エンジン潤滑方式

セミ・ドライサンプ式

ウェットサンプ式

エンジンオイル容量※全容量 (L)

2.3

3

エンジンオイル量(オイル交換時) (L)

1.6

2.3

エンジンオイル量(フィルタ交換時) (L)

1.8

2.6

推奨エンジンオイル(SAE粘度)

10W-40

10W-40

ドレンボルト呼び径(mm)

12

14

クラッチ形式

湿式・多板

湿式・多板

変速機形式

リターン式・6段変速

リターン式・6段変速

変速機・操作方式

フットシフト

フットシフト

1次減速比

2.095

1.925

2次減速比

3.066

2.687

変速比

1速 2.437/2速 1.713/3速 1.332/4速 1.110/5速 1.090/6速 0.955

1速 2.845/2速 2.125/3速 1.631/4速 1.299/5速 1.090/6速 0.963

動力伝達方式

チェーン

チェーン

スプロケット歯数・前

15

16

スプロケット歯数・後

46

43

チェーンサイズ

520

525

標準チェーンリンク数

114

108

フレーム型式

トレリスフレーム

ダイヤモンド

キャスター角

24°00

25°00

トレール量 (mm)

100

90

ブレーキ形式(前)

油圧式ダブルディスク

油圧式ダブルディスク

ブレーキ形式(後)

油圧式ディスク

油圧式ディスク

ブレーキオイル適合規格

DOT 4

DOT 4

懸架方式(前)

テレスコピックフォーク

テレスコピックフォーク

フロントフォークタイプ

正立フォーク

正立フォーク

フロントフォーク径(φ)

41

-

フロントホイールトラベル(mm)

-

130

懸架方式(後)

スイングアーム式

スイングアーム式

ショックアブソーバ本数(後)

1

1

リアホイールトラベル(mm)

-

130

タイヤ(前)

120/70ZR17

120/70R17

タイヤ(前)構造名

ラジアル

ラジアル

タイヤ(前)荷重指数

58

58

タイヤ(前)速度記号

(W)

V

タイヤ(前)タイプ

チューブレス

チューブレス

タイヤ(後)

160/60ZR17

180/55R17

タイヤ(後)構造名

ラジアル

ラジアル

タイヤ(後)荷重指数

69

73

タイヤ(後)速度記号

(W)

V

タイヤ(後)タイプ

チューブレス

チューブレス

ホイールリム形状(前)

MT

MT

ホイールリム幅(前)

3.5

3.5

ホイールリム形状(後)

MT

MT

ホイールリム幅(後)

4.5

5.5

タイヤ標準指定空気圧(乗車定員時・前)

2.25

2.25

タイヤ標準指定空気圧(乗車定員時・後)

2.5

2.5

ヘッドライト定格(Hi)

60W/55W

60W/55W

ヘッドライトタイプ(Hi)

H4

H4

テールライトタイプ

LED

LED

スピードメーター表示形式

デジタル

デジタル

メーター表示

ギアポジション 有
燃料計 有
エンジン回転計 有
時計 有
ツイントリップ 有

ギアポジション 有
燃料計 有
エンジン回転計 有
時計 有
ツイントリップ 有

車両装備

ハザードランプ 有
アンチロックブレーキ(ABS) 有
スリッパークラッチ 有
ETC 有

アンチロックブレーキ(ABS) 有

メーカー希望小売価格/カラーバリエーション

786,240円(本体価格728,000円、消費税58,240円)
パールフラットスターダストホワイト×メタリックスパークブラック(WT1)、
メタリックフラットスパークブラック×メタリックスパークブラック(BK2)

899,640円(本体価格833,000円/消費税66,640円)
マッドグレーメタリック3(マットグレー)、
ダルレッドメタリックD(レッド)

販売計画台数(国内・年間)

-

1,500台
ヤマハ XSR700の年間販売計画台数の推移は、こちら。

生産国

タイ

-

 

Z650とXSR700の違いを比較

 

Z650とXSR700の違いを比較

 

 

予算とかで我慢せず欲しい方を買ったほうがいいよ。俺は、Z650とXSR700で迷って予算や足つきでZ650を買ったけど、やはりXSR700が気になる。Z650も良いバイクだけど、直感で欲しいと思った方を買ったほうがいいよ。

 

 

XSR700かZ650で迷ってる。身長170cmでXSR750は、つま先立ち必死。Z650は、短足に優しい。

 

 

XSR700は、片足だけ踵までつけば問題ないよ。あとは跨がる時に必ずスタンド出すとか、傾斜地では平らなところまで押すとか、まあ車体自体は軽いからほとんど場合は大丈夫。どうしても不安ならローダウンリンクキットとローシートを合わせたら40〜50mmは下げれるよ。

 

 

身長163cmでXSR700に跨ってきたけど爪先立ちだった。でも想像してたよりは大丈夫だった。Z650も跨ってみたけど、足つきは素晴らしいね。凄く快適。

 

 

俺もZ650とXSR700で迷ったけど、プラザが遠すぎたからXSR700にした。

 

 

Z650とXSR700で悩んで予算と足つきでZ650を選んだ。Z650も良いバイクで不満はないけど、やっぱりXSR700が気になる。

 

Z650とXSR700の中古車価格と買取相場

これをやるとバイクが高く売れる

バイクを売る時に何も知らずに無料査定を依頼すると安く買い叩かれるケースがあります。そうならないために無料査定を依頼する前にバイク買取業者がどういう対応をしてくるか知っておきましょう。

バイクを少しでも高く売るために知っておくこと



また、「バイクの一括査定」を利用すれば
業者の買取価格を比較してバイクを売ることができます。
何社も査定してもらう手間はかかりますが
バイクを高く売る一番確実な方法です。


バイク一括査定で月間利用者数NO.1のサイトは、こちら