ホンダ400XのEBL-NC47(2013年6月)と2BL-NC47(2016年2月)の違い

バイクを高く売るためにやるべきこと

バイク買取業者は、どこも安く買い取りたいと思っています。
高値でバイクを売るには、業者を競わすのが一番です。

バイク一括査定で月間利用者数NO.1のサイトは、こちら

また、バイクを高く売るためには、必ず知っておいた方がよいことがあります。特に初めてバイク買取業者を利用する方は、バイクを高く売る方法を読んでから無料査定を依頼しましょう。

ホンダ400XのEBL-NC47(2013年6月)と2BL-NC47(2016年2月)の違い

 

ホンダ 400Xの歴史

2013年6月7日に「400X」と「400X<ABS>」が新登場。型式は、EBL-NC47
車体色は、どちらも3色(パールサンビームホワイト、マットガンパウダーブラックメタリック、キャンディープロミネンスレッド)の設定。
2016年2月19日に「400X」と「400X<ABS>」をマイナーチェンジ。型式は、2BL-NC47
「VFR1200X」のDNAを受け継ぎ「FEEL THE ADVENTURE FORM」を踏襲したデザインに一新。LEDヘッドライトとクリアインナーレンズを新たに取り入れたLEDテールランプを採用。高さを100mm伸長させた大型のウインドスクリーンで防風効果を上げ、存在感を醸し出すスタイリングに。車体色は、どちらも3色(マットバリスティックブラックメタリック、マグナレッド、パールサンビームホワイト)の設定。
2017年4月17日に「400X」と「400X<ABS>」をマイナーチェンジ。
新型の小型異型マフラーを採用。小型のメインステップホルダーを採用。アンダーカバーが廃止。車体色は、どちらも3色(キャンディープロミネンスレッド、ソードシルバーメタリック、パールサンビームホワイト)の設定。
2018年4月20日に「400X」をマイナーチェンジ。
これまではABSは、タイプ設定だったが全車にABSを標準装備とした。車体色は、2色(キャンディークロモスフィアレッド、マットバリスティックブラックメタリック)の設定。
2019年3月22日に「400X」をフルモデルチェンジ。型式は、2BL-NC56
大規模なデザイン変更、パワーユニットの吸排気系の見直し、フロントに19インチタイヤを採用、ホイール形状を変更、アシストスリッパークラッチを採用、新設計LCDメーターの採用などが行われた。車体色は、2色(マットバリスティックブラックメタリック、グランプリレッド)の設定。

 

 

ここでは、
2013年6月発売のホンダ 400X(EBL-NC47)と
2016年2月発売のホンダ 400X(2BL-NC47)
の違いを比較しました。

 

 

スペック表の違い

※数字が大きい方がこの色

 

車種

ホンダ 400X

ホンダ 400X

発売

2013年6月

2016年2月

型式

EBL-NC47

2BL-NC47

全長

2085mm

2085mm

全幅

830mm

830mm

全高

1235mm

1335mm

ホイールベース

1410mm

1410mm

シート高

795mm

795mm

最低地上高

145mm

145mm

総重量

192kg

194kg

サスペンション形式(前)

テレスコピック

テレスコピック

サスペンション形式(後)

スイングアーム

スイングアーム

キャスター角

25°55´

25°55´

トレール(mm)

105

105

ブレーキ形式(前)

ディスク

ディスク

ブレーキ形式(後)

ディスク

ディスク

タイヤサイズ(前)

120/70ZR17 M/C 58W

120/70ZR17 M/C 58W

タイヤサイズ(後)

160/60ZR17 M/C 69W

160/60ZR17 M/C 69W

エンジン種類

水冷4ストロークDOHC4バルブ直列2気筒

水冷4ストロークDOHC4バルブ並列2気筒

総排気量

399cc

399cc

圧縮比

11.0

11.0

ボア

67mm

67mm

最高出力(kW/rpm)

34(46PS)/9500

34(46PS)/9500

最大トルク(N・m/rpm)

37(3.8kgf・m)/7500

37(3.8kgf・m)/7500

始動方式

セル

セル

点火方式

フルトランジスタ

フルトランジスタ

クラッチ形式

湿式多板

湿式多板

変速機形式

6段リターン

6段リターン

燃料供給方式

インジェクション

インジェクション

潤滑方式

圧送飛沫併用

圧送飛沫併用

燃料タンク容量

17.0L

17.0L

燃料消費率(km/L)

39.7(60km/h)

39.7(60km/h)・28.2(WMTCモード)

カラー/メーカー小売価格

¥679,350 キャンディープロミネンスレッド ¥679,350 パールサンビームホワイト ¥679,350 マットガンパウダーブラックメタリック

¥731,160 マグナレッド ¥731,160 パールサンビームホワイト ¥709,560 マットバリスティックブラックメタリック

 

 

ホンダ400XのEBL-NC47(2013年6月) → 2BL-NC47(2016年2月) の変更点

 

  • 400Xは、クロスオーバーコンセプトのフラッグシップモデル「VFR1200X」のDNAを継承し、冒険心を刺激するスタイリングコンセプト「FEEL THE ADVENTURE FORM」を踏襲したデザインに一新。力強いイメージを際立たせたスタイルとなる。
  •  

  • フロント部は、LEDポジションランプを新設計のLEDヘッドライトの左右上部にそれぞれ配置。
  •  

  • テールランプには、先進性と個性を主張するクリアインナーレンズを取り入れた視認性に優れたLEDテールランプを採用。
  •  

  • 高さを100mm上方に伸長させた大型のウインドスクリーンを採用。防風効果を大幅にアップし、高速走行で快適な走行性と存在感のあるスタイリングを両立。さらにスクリーンのポジションをスタンダードとハイの2つから選べる。また、ウインドスクリーンの適切な位置にダクトを設けることにより、ライダーの前面と背面の圧力差を軽減させると同時に、ライダーの頭部周辺の乱流を抑制することにより、走行風によるライダーの負担を軽減。
  •  

  • 低・中回転域から高回転域までスムーズで扱いやすい出力特性は変えずにギアチェンジペダルの操作荷重を低減させ、操作フィーリングを向上させ、ギアチェンジの多い市街地でも快適な走行が可能に。
  •  

  • 車体側面には、洗練された力強いクロスオーバースタイルをイメージさせるタイヤパターンをモチーフとしたストライプを採用。
  •  

  • フロントサスペンションに調整可能なプリロードアジャスターを装備。1名乗車、2名乗車、積載量などの状況次第でセッティング変更することによりライダーの好みに応じた乗車姿勢での走行を可能。
  •  

  • ブルーアルマイト処理をしたフォークキャップを採用し、ハンドル周りの高級感を演出。
  •  

  • フューエルタンクは、給油時に便利なヒンジタイプのフューエルキャップを採用。ガソリン給油時の利便性を向上。
  •  

  • ライダーの手の大きさや握力に応じて5段階で調整が可能なブレーキレバーを採用。
  •  

 

 

ホンダ400X(型式2BL-NC47)の口コミ

 

  • 新型顔カッコいい。新型のフェイスは、前のよりさらにシャープになったね。
  •  

  • 新型は前期型より顔がシャープでいいね。
  •  

  • 新型の方が走りそうなデザインに見える。
  •  

  • サイドカウルの前のラインだけは旧型の方がいいと思う。あとは新型の方が良いけど。
  •  

  • デザインやカラーリングは旧型の方が好きだな。タンクキャップだけは新型の方が良いけど。
  •  

  • ヘッドライトとテールのLED化はマジで羨ましい。
  •  

  • 新型のテールカウルとサイレンサーがかっこいいね。
  •  

  • 400Xの新型ウィンドスクリーンは、ステーが違うから旧型には、付かない。
  •  

  • 新型は、スクリーンの交換がしやすいのがいいね。
  •  

  • 新型のウェーブキーがいいね。キーが長くなってから、抜き差ししにくい。
  •  

  • 新型では、ギヤの対策がなされている。
  •  

  • 前の400x乗ったことあるけどシフトフィールは、前よりガッコンな感じ。新マフラーの音が良くて、エンジンフィールと共に少し重厚になったかも。
  •  

  • プリロードアジャスターの現行から旧型に移植は、加工が必要みたい。スプリング長とカラーの長さも変わったらしい。カラーを切ると流用できるみたい。あとリアサスも変わったからフロントサスの中身を入れ替えてもバランスが悪くなるからおすすめしないとのこと。
  •  

 

400Xの中古車価格と買取相場

これをやるとバイクが高く売れる

バイクを売る時に何も知らずに無料査定を依頼すると安く買い叩かれるケースがあります。そうならないために無料査定を依頼する前にバイク買取業者がどういう対応をしてくるか知っておきましょう。

バイクを少しでも高く売るために知っておくこと



また、「バイクの一括査定」を利用すれば
業者の買取価格を比較してバイクを売ることができます。
何社も査定してもらう手間はかかりますが
バイクを高く売る一番確実な方法です。


バイク一括査定で月間利用者数NO.1のサイトは、こちら