ZZR1400とニンジャZX-14Rの違いを比較

バイクを高く売るためにやるべきこと

バイク買取業者は、どこも安く買い取りたいと思っています。
高値でバイクを売るには、業者を競わすのが一番です。

バイク一括査定で月間利用者数NO.1のサイトは、こちら

また、バイクを高く売るためには、必ず知っておいた方がよいことがあります。特に初めてバイク買取業者を利用する方は、バイクを高く売る方法を読んでから無料査定を依頼しましょう。

ZZR1400とニンジャZX-14Rの違いを比較

 

カワサキ ZZR1400の歴史

2006年モデルの「ZZR1400」と「ZZR1400 ABS」の海外仕様が新発売。
欧州仕様は、ZZR1400。北米仕様は、ニンジャZX-14と名称。車体色は、「ZZR1400」が2色(パールメテオグレーとキャンディサンダーブルー)。「ZZR1400 ABS」が1色(パールメテオグレー)。
2007年モデルの「ZZR1400」と「ZZR1400 ABS」の海外仕様がカラーチェンジ。
車体色は、「ZZR1400」が2色(メタリックオーシャンブルーとメタリックディアブロブラック)。「ZZR1400 ABS」が1色(メタリックディアブロブラック)。
2008年モデルの「ZZR1400」と「ZZR1400 ABS」の海外仕様がマイナーチェンジ。
ユーロ3規制に対応。吸排気系各部品やピストン形状などの見直しで最高出力が北米・ヨーロッパ仕様は190psから193psに。逆輸入され日本で主に流通しているマレーシア仕様も180psから190psに。メインフレームの鋳造パーツの製法を変更。車重が少し増加。車体色は、「ZZR1400」が3色(メタリックミッドナイトサファイアブルー、キャンディカーディナルレッド、メタリックディアブロブラック)。「ZZR1400 ABS」が1色(メタリックミッドナイトサファイアブルー)。
2009年モデルの「ZZR1400」と「ZZR1400 ABS」の海外仕様がカラーチェンジ。
車体色は、「ZZR1400」が2色(キャンディダイヤモンドレッド、メタリックディアブロブラック)。「ZZR1400 ABS」が2色(メタリックディアブロブラック、グリーン)。
2010年モデルの「ZZR1400」と「ZZR1400 ABS」の海外仕様がカラーチェンジ。
車体色は、「ZZR1400」が2色(メタリックムーンダストグレー×メタリックスパークブラック、メタリックスパークブラック×フラットスーパーブラック)。「ZZR1400 ABS」が1色(メタリックスパークブラック×フラットスーパーブラック)。
2011年モデルの「ZZR1400」と「ZZR1400 ABS」の海外仕様がカラーチェンジ。
車体色は、「ZZR1400」が2色(キャンディライムグリーン×エボニー、エボニー)。「ZZR1400 ABS」が1色(エボニー)。
2012年モデルの「ZZR1400 ABS」の海外仕様がフルモデルチェンジ。
ここから後期型。欧州仕様の名称は、ZZR1400のままだが、北米・オセアニア仕様の名称が「ニンジャZX-14」から「ニンジャZX-14R」に変更。アジア仕様も「ZX-14R」となった。ZZR1400は、ダブルシート、ニンジャZX-14Rはシングルシートカウルを標準装備。排気量を1441ccに拡大、圧縮比も高め、最高出力が200ps。ラムエア併用は210ps。それにあわせマフラー形状も変更。バックトルクリミッターを装備。トラクションコントロールの効きぐあいを3モードから選択可能。エンジンの出力特性がフルとローの2モードから選択可能。ホイールやスイングアームを変更。車体色は、2色(グリーン、ブラック)。
2013年モデルの「ZZR1400 ABS」の海外仕様がカラーチェンジ。また「ZZR1400 ABS Special Edition」を追加。
車体色は、「ZZR1400 ABS」が1色(メタリックミッドナイトサファイアブルー)。「ZZR1400 ABS Special Edition」が1色(メタリックミッドナイトサファイアブルー)。

2014年モデルの 「ZZR1400 ABS」の海外仕様がカラーチェンジ。
車体色は、2色(ゴールデンブレイズドグリーンとメタリックスパークブラック×フラットエボニー)。
2015年モデルの「ZZR1400 ABS」の海外仕様がカラーチェンジ。また「ZZR1400 ABS OHLINS Edition」を追加。
「ZZR1400 ABS」の車体色は、が2色(メタリックカーボングレー×メタリックスパークブラック、ゴールデンブレイズドグリーン×メタリックスパークブラック)。「ZZR1400 ABS OHLINS Edition」は、オーリンズ製TTX39リアサスペンションを採用した特別モデルで車体色は、1色(ゴールデンブレイズドグリーン×メタリックスパークブラック)。
2016年モデルの「ZZR1400 ABS」の海外仕様がマイナーチェンジ。また「ZZR1400 ABS High Grade」を追加。
「ZZR1400 ABS」は、ユーロ4の排出ガス規制をクリア。ここからABSが標準装備。車体色は、1色(メタリックカーボングレー×ギャラクシーシルバー)。「ZZR1400 ABS High Grade」は、ブレンボのフロントブレーキやオーリンズ製のリアサス採用のハイグレードモデル。車体色は、1色(ゴールデンブレイズドグリーン×メタリックスパークブラック)。
2017年モデルの「ZZR1400 ABS」と「ZZR1400 ABS High Grade」の海外仕様がカラーチェンジ。
車体色は、「ZZR1400 ABS」が1色(メタリックスパークブラック×ゴールデンブレイズドグリーン)。「ZZR1400 ABS High Grade」が1色(ゴールデンブレイズドグリーン×メタリックスパークブラック)。
2018年モデルの「ZZR1400」と「ZZR1400 High Grade」の海外仕様がカラーチェンジ。
2018年モデル以降、モデル名から「ABS」の文字が消えた。車体色は、「ZZR1400」が1色(メタリックカーボングレー×エメラルドブレイズドグリーン)。「ZZR1400 High Grade」が1色(エメラルドブレイズドグリーン×メタリックカーボングレー)。
2019年モデルの「ZZR1400」と「ZZR1400 High Grade」の海外仕様がカラーチェンジ。
車体色は、「ZZR1400」が1色(メタリックスパークブラック×キャンディカーディナルレッド)。「ZZR1400 High Grade」が1色(メタリックスパークブラック×パールメテオグレー×エメラルドブレイズドグリーン)。


 

 

カワサキ NINJA ZX-14Rの歴史

2012年に海外向けモデルが新登場。
ZZR1400のフルモデルチェンジにあわせて、北米向けのNINJA ZX-14もチェンジ。新たに「NINJA ZX-14R」として排気量を拡大。新たにトラクションコントロールとパワーモードを装備した。モデルコードはZX1400E。ABS搭載モデル(ZX1400F)は、東南アジア向けのZX-14Rに設定。
2013年に「NINJA ZX-14R」と「NINJA ZX-14R ABS」をカラーチェンジ。
2014年に「NINJA ZX-14R」と「NINJA ZX-14R ABS」の2014年モデルを発売。またオーリンズ製サスペンションを採用した特別モデル「Ninja ZX-14R ABS OHLINS Edition」も2014年モデルと2015年モデルに設定。
2015年に「NINJA ZX-14R ABS」と「Ninja ZX-14R Special Edition」と「Ninja ZX-14R ABS Special Edition」の2015年モデルを発売。
2016年に「NINJA ZX-14R ABS」をマイナーチェンジ。
ユーロ4の排出ガス規制をクリア。2016年モデルからABSが標準装備となった。またブレンボのブレーキやオーリンズ製のリアサスを採用したハイグレードモデル「Ninja ZX-14R ABS High Grade」がタイプ設定された。
2017年に「NINJA ZX-14R ABS」と「Ninja ZX-14R ABS High Grade」の2017年モデルを発売。
2018年に「NINJA ZX-14R」と「Ninja ZX-14R High Grade」の2018年モデルを発売。どちらも車種名表記から、「ABS」の文字が省略された。

 

 

ここでは、
2011年発売のカワサキ ZZR1400と
2013年発売のカワサキ ニンジャZX-14R
の違いを比較しました。

 

 

ZZR1400とニンジャZX-14Rのスペック表の違い

※数字が大きい方がこの色

車種

カワサキ ZZR1400

カワサキ ニンジャZX-14R

発売

2011年

2013年

全長

2170mm

2170mm

全幅

760mm

770mm

全高

1170mm

1170mm

ホイールベース

1460mm

1480mm

シート高

800mm

800mm

最低地上高

125mm

125mm

総重量

- kg

265kg

サスペンション形式(前)

テレスコピック

テレスコピック

サスペンション形式(後)

スイングアーム

スイングアーム

キャスター角

23°

23°

トレール(mm)

94

93

ブレーキ形式(前)

ダブルディスク

ダブルディスク

ブレーキ形式(後)

ディスク

ディスク

タイヤサイズ(前)

120/70ZR17 M/C 58W

120/70ZR17 M/C 58W

タイヤサイズ(後)

190/50ZR17 M/C 73W

190/50ZR17 M/C 73W

エンジン種類

水冷4ストロークDOHC4バルブ並列4気筒

水冷4ストロークDOHC4バルブ並列4気筒

総排気量

1352cc

1441cc

圧縮比

12.0

12.3

ボア

84mm

84mm

最高出力(kW/rpm)

142(193PS)/9500

147.2(200PS)/10000

最大トルク(N・m/rpm)

154(15.7kgf・m)/7500

162.5(16.6kgf・m)/7500

始動方式

セル

セル

点火方式

フルトランジスタ

フルトランジスタ

クラッチ形式

湿式多板

湿式多板

変速機形式

6段リターン

6段リターン

燃料供給方式

インジェクション

インジェクション

潤滑方式

ウエットサンプ

ウエットサンプ

燃料タンク容量

22.0L

22.0L

燃料消費率(km/L)

 

 

カラー/メーカー小売価格

¥1,491,000 キャンディライムグリーン/エボニー ¥1,491,000 エボニー

¥1,566,000 メタリックミッドナイトサファイヤブルー ¥1,566,000 パールスターダストホワイト ¥1,588,000 メタリックスパークブラック/ゴールデンブレイズドグリーン(スペシャルエディション)

 

 

 

ZZR1400とニンジャZX-14Rの比較の口コミ

 

 

      日本     欧州    北米
〜2011  ZZR1400  ZZR1400 ZX-14
2012〜  ZX-14R  ZZR1400 ZX-14R

 

 

 

2013モデルZX-14Rのカラー以外の変更点。
・ヘルメットホルダーが標準装備。
・イグニッション左回しLOCKの先がP(パーキング)からハザードに変更。(文字のフォントも変更)
・スクリーンにインナーカバーが追加。

 

 

自分はZZRだからトラクションコントロールは無し。コケがヌルヌルのコンクリート急勾配とかはどうにかなったけど、砂の積もったアスファルトは、横に滑る。トラコン羨ましい。

 

 

トラクションコントロールってめったに作動してないよ。

 

 

基本的には変わってないビッグマイナーなのに、ZZR1400の時は、買わずZX-14Rになって購入するというのは、やっぱ最速って称号に惹かれる人が多いんだね。

 

 

ZX-14Rの方が若干だが低回転域が乗りやすくなってる。メータ用のボタンも左ハンドルについてるし、ZX-14Rの方がいい。

 

 

旧型から新型に変わって羨ましいのは、ホイールが軽くなったことかな。

 

 

ZZR1400乗りがZX-14Rに試乗した時のインプレっぽい動画

 

 

周りでは、ZZR1400のことをオームだのクモだのブサイクだって言ってたけどZX-14Rになって少しは万人受けする面構えになったと思う。

 

 

歴代のモデルの幅を調べると、
ZZR1100  730mm
ZZR1200  755mm
ZX-12R   725mm
ZZR1400  760mm
ZX-14R   770mm
ZZR1100が左右2cm空けて抜けられるような所でZX-14Rだとひっかかりそう。

 

 

ZZR1400のマフラーだったら替えてた。
ZX-14Rのマフラーは、替える気がしない。

 

 

ZZR1400とZX-14Rの主な違いは、トラコンの追加やエンジンの排気量が上がった位ぐらい。普通に乗るだけなら殆ど変わらないと思う。 あとZZR1400より少しカウルの幅が広くなってホイールベースも長くなったから、一回り大きくなった印象がある。

 

 

ZZR1400程ではないがZX-14Rもデフォルトのサスセッティングは柔らかめだね。

 

 

2006年式のZZR1400ABS乗りだけど、2012年式のZX-14Rに試乗してきた。ZZR1400よりエンジンが滑らかで振動が少ない。振動は、ZZR1400も少なかったけど、それ以上に少なかった。低速域は、2006年式のZZR1400よりパワフルだけど2008年の規制対応以降と比べたらあまり差は感じなかった。排気量が増えて、車重が重くなってるのに車格が小さく感じた。見た目は、ZZR1400とあまり変わってないし、同じパーツもそれなりにあるけど、乗るとかなり変わってた。

 

 

ZZR1400にも乗ってたが実際ZX-14Rは、低速トルクが若干太くなった位の違い。フル加速してもそこまで劇的に変わらない。

 

 

ZZR1400は左からハンドルロック、OFF、ON、パーキングで良かったのにZX-14Rになってハンドルロックの下にパーキングになって改悪だからZZR1400のように戻してほしい。

 

 

ZZR1400よりZX-14Rの方が排熱が改良されてるみたいだね。

 

ZZR1400とニンジャZX-14Rの中古車価格と買取相場

これをやるとバイクが高く売れる

バイクを売る時に何も知らずに無料査定を依頼すると安く買い叩かれるケースがあります。そうならないために無料査定を依頼する前にバイク買取業者がどういう対応をしてくるか知っておきましょう。

バイクを少しでも高く売るために知っておくこと



また、「バイクの一括査定」を利用すれば
業者の買取価格を比較してバイクを売ることができます。
何社も査定してもらう手間はかかりますが
バイクを高く売る一番確実な方法です。


バイク一括査定で月間利用者数NO.1のサイトは、こちら