ドラッグスター250とVツインマグナ250の違いを比較

バイクを高く売るためにやるべきこと

バイク買取業者は、どこも安く買い取りたいと思っています。
高値でバイクを売るには、業者を競わすのが一番です。

バイク一括査定で月間利用者数NO.1のサイトは、こちら

また、バイクを高く売るためには、必ず知っておいた方がよいことがあります。特に初めてバイク買取業者を利用する方は、バイクを高く売る方法を読んでから無料査定を依頼しましょう。

「ヤマハ ドラッグスター250」と「ホンダ Vツインマグナ250」の違いを比較

 

ヤマハ ドラッグスター250の歴史

2000年6月8日に「ドラッグスター250」が新登場。型式は、BA-VG02J
ニュークォーターアメリカンをテーマに製品化を図ったモデルで、大柄で機能美あふれる空冷エンジン、簡素で綺麗なフレーム、流麗なボリューム感ある外観などが特徴。1996年以降小型二輪(251cc以上)クラスで4年連続ベストセラーの400ccモデル「ドラッグスター400」の外観や技術的特徴を経済的な250ccに再現したモデル。車体色は、2色(ライトイエローイッシュグレーメタリック9、ブラック2)。
2001年4月9日にカラーチェンジ。
車体色は、2色(シルキーホワイト、ブラック2)。
2002年3月15日にカラーチェンジ。
車体色は、2色(ニューパールホワイト、ブラック2)。
2004年1月23日にカラーチェンジ。
車体色は、2色(ニューパールホワイト、ヤマハブラック)。
2005年2月25日にマイナーチェンジ。
新たにクリアレンズ仕様のフラッシャー(ウインカー)を採用。車体色は、2色(ニューパールホワイト、ヤマハブラック)。
2006年2月16日にカラーチェンジ。
車体色は、2色(ブルーイッシュホワイトカクテル1、ブラックメタリックX)。
2006年7月29日に特別仕様の「ドラッグスター250 10th Anniversary Special Edition」を発売。
ドラッグスター誕生10周年記念の受注期間限定モデル。「ブラック/ホワイト」の塗分けタンク、「ブラック/ブラウン」のツートンカラーシート、ゴールド仕上げエンブレム、真鍮製の10th Anniversaryエンブレム、ボディカラーとコーディネートした「ホワイト/ブラウン」のメーター文字盤、ブラックヘッドライトボディなど。
2007年2月15日にカラーチェンジ。
車体色は、3色(ダークバイオレットメタリックA、ブラックメタリックX、ブルーイッシュホワイトカクテル1)。

2008年5月30日にマイナーチェンジ。型式は、JBK-VG05J
エンジンのセッティングを大幅に見直し、酸化還元触媒付きのマフラーを装備させ、平成18年国内排出ガス規制に適合。幅広いライダーの体型に対応するハンドル&左右レバー形状を見直し。ホワイト&ブラウンカラーのメーターを採用。新型2-1タイプマフラーを採用。ブラックとブラウンのツートンシートを採用(ブラックを除く)などの仕様変更。車体色は、3色(ベリーダークオレンジメタリック1、ブラックメタリックX、ニューパールホワイト)。
ドラッグスター250の「BA-VG02J」と「JBK-VG05J」の違いを比較は、こちら。
2010年12月17日にカラーチェンジ。
ブラックメタリックXのエンジン色をシルバーからブラックに変更。各色のピンストライプを変更。車体色は、2色(ブラックメタリックX、ニューパールホワイト)。
2012年3月14日に「ドラッグスター250 CLASSIC EDITION」を発売。
ツートンカラーの燃料タンク、前後フェンダー、サイドカバー、ホワイトの塗装を施したエアクリーナボックス、ブラウン色のシートにエンボス加工の「Drag Star」ロゴを採用。車体色は、1色(ニューホワイト)。
ドラッグスター250とクラシックの違いの比較は、こちら。
2013年2月14日にカラーチェンジ。
共通イメージの躍動感あるフレアパターングラフィックを織り込んだ。車体色は、2色(ディープレッドメタリックK、ブラックメタリックX)。
2015年1月20日にカラーチェンジ。
車体色は、2色(マットグレーメタリック3、ディープレッドメタリックK)。
2016年3月1日にカラーチェンジ。
新色は「ブルーイッシュホワイトパール1」で、ドラッグスター誕生20年を記念したラインナップ。車体色は、3色(ブルーイッシュホワイトパール1、マットグレーメタリック3、ディープレッドメタリックK)。
2017年にメーカーより生産終了が公表。

 

 

ホンダ Vツインマグナ250の歴史

1994年6月25日に「Vツインマグナ」が新登場。型式は、MC29
VTシリーズなどで用いられた水冷4ストロークDOHC4バルブ90°V型2気筒のエンジン「MC15E型」を採用。トルク特性を中低速領域に変更し、エンジンフィーリングに鼓動感をもたせながら最高出力27馬力を発生。ショートタイプのメガフォンマフラーを車体右側に2連装で装備。車体色は、2色(スターライトシルバー、マグナムガンメタリック)。
1995年6月に「Vツインマグナ」をカラーチェンジ。
車体色は、3色(パールグレートブルー、マグナムガンメタリック、スターライトシルバー)。
1996年6月15日に「VツインマグナS」をタイプ追加。
通常モデルのI型「Vツインマグナ」がベースで主な変更点は、後輪のみディッシュホイールだった通常モデルに対して前輪にもディッシュホイールを採用。リアサスペンションに、リジットサス風のフルカバー付きショックアブソーバーを採用。車体色は、2色(パールクリスタルホワイト、ブラック)。
VツインマグナとVツインマグナSの違いの比較は、こちら。
1997年1月15日に「Vツインマグナ」と「VツインマグナS」をマイナーチェンジ。
非常停車時などに被視認性の高いハザードランプを装備、ライダーの手の大きさに合わせて調節可能なアジャスタブルタイプのフロントブレーキレバーを採用。リアフェンダー左右側面のグラブバーに荷掛けフックを装備。「Vツインマグナ」の車体色は、2色(スターライトシルバーメタリック、キャンディワインベリーレッド)。「VツインマグナS」の車体色は、3色(サンディーベージュメタリック、パールクリスタルホワイト、ブラック)。
1997年6月に特別仕様の「VツインマグナS Special Edition」を発売。
車体色は、1色(グリーン)。
1999年3月24日に「Vツインマグナ」をマイナーチェンジ。型式は、BA-MC29
スリムな新形状のシートを採用し、ステップ位置を従来より前方へ40mm移動。エキゾースト・エアインジェクションシステムを採用し、新排出ガス規制をクリア。新設計のエキゾーストマフラーにより新騒音規制にも適合。燃料タンクに「MAGNA」のロゴをあしらい、フレームとエンジンをブラック塗装に。車体色は、2色(キャンディフェニックスブルー、ブラック)。
Vツインマグナの「MC29」と「BA-MC29」の違いの比較は、こちら。
2000年12月15日に「Vツインマグナ」をカラーチェンジ。
燃料タンクのマークを変更。サイドカバーにHONDAロゴマークを追加。車体色は、1色(フォースシルバーメタリック)。

2003年1月31日に「Vツインマグナ」をカラーチェンジ。
燃料タンクに大胆なストライプを施し、車体色と同色のフレームカラーを採用。車体色は、2色(パールホワイト、フォースシルバーメタリック)。
2004年11月30日に「Vツインマグナ」をマイナーチェンジ。
燃料タンクに新デザインのロゴマークと「SPIRIT OF THE PHOENIX」の立体エンブレムを採用。また、盗難抑止に効果的な強化ハンドルロック機構や強化キーシリンダー、イグニション配線の直結始動防止回路を採用。別売のイモビアラームキットが取り付け可能なプレワイヤリングを装備。車体色は、2色(パールクリスタルホワイト、ブラック)。
2006年11月24日に「Vツインマグナ」をカラーチェンジ。
エンジンをブラックに塗装。フロントホイール中心部とフロントディスクブレーキの内側、リアブレーキカバーもブラックを採用。車体色は、1色(グラファイトブラック)。これが最終モデル。
2007年9月に自動車排出ガス規制強化をもって生産終了が公表された。

 

 

ここでは、
2015年1月20日発売のヤマハ ドラッグスター250(JBK-VG05J)と
2006年11月24日発売のホンダ Vツインマグナ(BA-MC29)
の違いを比較しました。

 

 

ドラッグスター250とVツインマグナのスペック表の違いを比較

※数字が大きい方がこの色

車種

ヤマハ ドラッグスター250

ホンダ Vツインマグナ

発売

2015年1月20日

2006年11月24日

型式

JBK-VG05J

BA-MC29

全長

2320mm

2315mm

全幅

935mm

880mm

全高

1070mm

1065mm

ホイールベース

1530mm

1620mm

シート高

670mm

690mm

最低地上高

150mm

130mm

乾燥重量

- kg

172kg

総重量

160kg

184kg

サスペンション形式(前)

テレスコピック

テレスコピック

サスペンション形式(後)

スイングアーム

スイングアーム

キャスター角

35°

35°

トレール(mm)

135

159

ブレーキ形式(前)

ディスク

ディスク

ブレーキ形式(後)

ドラム

ドラム

タイヤサイズ(前)

80/100-18 M/C 47P

120/80-17 M/C 61S

タイヤサイズ(後)

130/90-15 M/C 66P

150/80-15 M/C 70S

エンジン種類

空冷4ストロークSOHC2バルブV型2気筒

水冷4ストロークDOHC4バルブV型2気筒

総排気量

248cc

249cc

圧縮比

10.0

11.0

ボア

49mm

60mm

最高出力(kW/rpm)

15(20PS)/8000

20(27PS)/10000

最大トルク(N・m/rpm)

19(1.9kgf・m)/6000

23(2.3kgf・m)/7500

始動方式

セル

セル

点火方式

トランジスタ

フルトランジスタ

クラッチ形式

湿式多板

湿式多板

変速機形式

5段リターン

5段リターン

燃料供給方式

キャブレター

キャブレター

潤滑方式

圧送ウエットサンプ

圧送飛沫併用

燃料タンク容量

11.0L

11.0L

燃料消費率(km/L)

51(60km/h)

36(60km/h)

カラー/メーカー小売価格

\594,000
マットグレーメタリック3

\594,000
ディープレッドメタリックK

\615,600
ニューホワイト(クラシックエディション)

\598,500
グラファイトブラック

 

  • 全幅は、ドラッグスターの方が5.5cm長い。
  •  

  • ホイールベースは、マグナの方が9cm長い。
  •  

  • 総重量は、マグナの方が24kg重い。
  •  

  • タイヤは、マグナの方が前輪が4cm、後輪が2cm太い。
  •  

  • エンジンは、ドラッグスターが「空冷」、マグナが「水冷」。
  •  

  • 最高出力は、ドラッグスターが「15(20PS)/8000」、マグナが「20(27PS)/10000」。
  •  

  • 最大トルクは、ドラッグスターが「19(1.9kgf・m)/6000」、マグナが「23(2.3kgf・m)/7500」。
  •  

  • 燃費は、ドラッグスターが51km/L、マグナが36km/L。
  •  

 

動画

 

ヤマハ ドラッグスター250

ヤマハ:ドラッグスター250:参考動画

 

ホンダ V-TWIN マグナ250

 

ホンダ V-TWIN マグナ250 商品説明動画

 


V-Twinマグナ250参考動画:水冷250クルーザーの利点について他

 

 

口コミレビューの比較
  • 排気音は、マグナは、5速で50キロくらいまでならノーマルでもそれなりに太い音はがでます。しかし回転数を上げると甲高い音になります。ドラスタは、走り出しからモーターみたいな音なのでドコドコ感全く無いです。
  •  

  • マグナは、250ccアメリカンの中では、ドコドコとかなり良い音を出す。ドラスタは、エンジン音がしょぼい。
  •  

  • マグナは、エンジンが水冷なので丈夫でパワーも少し上ですがショートストロークのためマフラー換えても排気音がアメリカンらしくないです。
  •  

  • エンジンは、マグナが水冷、ドラスタは空冷。水冷の方が熱ダレの心配が少なく長距離走行に向いています。
  •  

  • マグナは、水冷だから夏の渋滞でも安心だしパワーもそれなりにあるが重い。DSは、空冷だからパワー少ないけど軽くて取り回しは楽。
  •  

  • マグナは、耐久性は素晴らしいと評価の高いホンダVTエンジン。中古でも不安は少ない。
  •  

  • エンジンは、マグナ。ホンダ伝統のMC15Eエンジンだから耐久性は抜群。
  •  

  • 青信号での出足は、ドラスタの方が早いし、軽さも含めて走りやすい。街乗りなら遥かにドラスタの方が運転が楽。
  •  

  • ドラッグスターの欠点は、パワー。60km/hくらいまでは加速も良く快適ですがそれ以上になるとキツイ。上りは、後ろに車がいたら申し訳ないくらいです。あと70km/hを超えるとハンドルで細かい振動がずっとに起こって手がしびれます。、
  •  

  • マグナは、耐久力に優れるエンジンです。MC29T型マグナを20年で10万km走らせましたがまだ現役です。
  •  

  • 大きさは、マグナの方がやや大きく見えます。馬力もマグナの方が上です。
  •  

  • どちらも本当に良いバイク。どちらを買っても後悔はしないと思いますよ。
  •  

  • 全長、全幅、全高は、ドラッグスターの方が少し長いけど車体全体の線が細いのでマグナの方が大きく見える。全幅の差が大きいのは、ハンドル幅の差。
  •  

  • 背が高いなら大きく見えるマグナの方がかっこ良く見えますよ。ドラッグスターは、前後のタイヤが細いので前後から見た時、華奢に見えます。
  •  

  • 店でマグナとドラスタが並べてあったがマグナの方が大きくみえる。
  •  

  • マグナは、デカくて重い。250ccアメリカンでは最大クラスの車体。DSは、ハンドルは幅広なのに車体が華奢な感じがする。
  •  

  • ドラスタの方がカスタムパーツは圧倒的に多いからのいろんなスタイルにできる。
  •  

  • カスタム重視ならドラスタ。そこまでカスタムしないならマグナかな。
  •  

  • ドラスタは、各メーカーからカスタムパーツが豊富に出てるからカスタムしやすいよ。
  •  

  • マグナは、古いし、カスタムパーツも非常に少なくスピードも遅い、速度の伸びでドラスタに負ける。
  •  

  • ドラッグスターのフロントタイヤは、原付並みに細くて怖い。
  •  

  • 私は、マグナにしました。決めては、タイヤです。以前ツーリングでパンクして苦労してからチューブが嫌になりました。
  •  

  • タイヤは、ドラッグスターがスポークホイールのチューブタイヤなのでパンクするとどうしょうもない。マグナは、チューブレスなのでパンクしてもすぐに空気が抜けないし修理がどこでも可能。
  •  

  • マグナ250は、キャストホイール、チューブレスだからパンクしても車用パンク修理キットで玉を入れれば治せます。ドラスタは、スポークホイールなので見た目も美しく品が有るが、チューブタイヤなのでパンクしたらタイヤを剥がしてチューブを露出させて修理しなければいけないので面倒。掃除や磨きも大変です。
  •  

  • マグナは、ドラスタに比べると重いので出足でドラスタに負けますが結構加速はいいので回すとどんどん加速していきます。
  •  

  • マグナは、重いので橋やトラックに抜かれる時の横風には強い。
  •  

  • 燃費は、ツーリングメインでマグナが平均30km/lくらい、ドラスタが36km/lくらい。
  •  

  • 燃費が全然違います。ドラッグスターは、50km/Lで走りますがマグナは30km/L。
  •  

  • マグナ250は、フェンダーが短めのドラッガースタイルのアメリカン。
  •  

  • ドラッグスター250は、ハーレーを彷彿させるクラシックタイプのアメリカンです。
  •  

  • 私は、マグナに乗りですがドラックスターの方が良いと思いますよ。
  •  

  • ドラックスターは人気があって中古の相場が高いのでマグナにしました。
  •  

  • トータルで見て 新車が買えるなら断然ドラッグスターです。
  •  

  • ドラスタの前輪は、細いので轍にはまる可能性がより高くなります。
  •  

  • すり抜けは、ハンドル幅が広いドラッグスターの方が気を使います。
  •  

  • マグナでツーリングのタンデムは厳しいです。タンデム用の後ろのステップの位置が高すぎて後ろの人がすごく窮屈。
  •  

  • ドラッグスターは、ステップが前過ぎて遠いので両方またがってみたほうが良いですよ。ツーリングに使うならマグナの方が向いていると思います。
  •  

  • シートは、DSの方がマグナより柔らかい。でも長い時間乗るならマグナくらいの固さの方が良いかもしれません。

 

燃費の口コミレビューの比較

 

ヤマハ ドラッグスター250の燃費

     

  • 2013年式 一般道 32.0km/L。高速道 37.0km/L。
  •  

  • 2010年式 一般道 33.0km/L。
  •  

  • 2010年式 一般道 30.0km/L。高速道 30.0km/L。
  •  

  • 2011年式 一般道 30.0km/L。高速道 30.0km/L。
  •  

  • 2007年式 一般道 20.0km/L。高速道 30.0km/L。
  •  

  • 2006年式 一般道 31.0km/L。

 

 

ホンダ Vツインマグナ250の燃費

     

  • 2006年式 一般道 25.0km/L。 高速道 28.0km/L。
  •  

  • 2001年式 一般道 28.0km/L。 高速道 30.0km/L。
  •  

  • 1997年式 一般道 23.0km/L。 高速道 32.0km/L。
  •  

  • 1994年式 一般道 27.0km/L。 高速道 25.0km/L。
  •  

  • 1994年式 一般道 25.0km/L。 高速道 30.0km/L。
  •  

 

ドラッグスター250とVツインマグナ250の中古車価格と買取相場

これをやるとバイクが高く売れる

バイクを売る時に何も知らずに無料査定を依頼すると安く買い叩かれるケースがあります。そうならないために無料査定を依頼する前にバイク買取業者がどういう対応をしてくるか知っておきましょう。

バイクを少しでも高く売るために知っておくこと



また、「バイクの一括査定」を利用すれば
業者の買取価格を比較してバイクを売ることができます。
何社も査定してもらう手間はかかりますが
バイクを高く売る一番確実な方法です。


バイク一括査定で月間利用者数NO.1のサイトは、こちら