スカイウェイブ400と650の比較

バイクを高く売るためにやるべきこと

バイク買取業者は、どこも安く買い取りたいと思っています。
高値でバイクを売るには、業者を競わすのが一番です。

バイク一括査定で月間利用者数NO.1のサイトは、こちら

また、バイクを高く売るためには、必ず知っておいた方がよいことがあります。特に初めてバイク買取業者を利用する方は、バイクを高く売る方法を読んでから無料査定を依頼しましょう。

スカイウェイブ400と650の比較

 

スカイウェイブ400タイプS ABSの歴史

2009年4月に新登場。
2011年1月にマイナーチェンジ。
2012年3月にマイナーチェンジ。
2014年10月にカラーチェンジ。

 

スカイウェイブ650LX の歴史

2004年1月に新登場。
2005年4月にマイナーチェンジ。
2006年1月にカラーチェンジ
2007年1月にカラーチェンジ
2007年12月にカラーチェンジ
2008年11月にマイナーチェンジ。
2011年6月にマイナーチェンジ。
2012年5月にカラーチェンジ
2013年1月にマイナーチェンジ。
2013年10月にマイナーチェンジ。
2015年8月にカラーチェンジ。

 

 

ここでは、2016年3月時点での現行車の
2014年10月発売のスカイウェイブ400タイプS ABS
2015年8月発売のスカイウェイブ650LXを比較しました。

 

 

スペック表の違い

※数字が大きい方がこの色

車種

スズキ スカイウェイブ400タイプS ABS

スズキ スカイウェイブ650LX

発売

2014年10月

2015年8月

型式

EBL-CK45A

EBL-CP52A

全長

2270mm

2265mm

全幅

760mm

810mm

全高

1225mm

1420mm

ホイールベース

1585mm

1585mm

シート高

710mm

760mm

最低地上高

125mm

125mm

総重量

223kg

277kg

サスペンション形式(前)

テレスコピック

テレスコピック

サスペンション形式(後)

ユニットスイング

ユニットスイング

キャスター角

25°20′

25°25′

トレール(mm)

102

103

ブレーキ形式(前)

ダブルディスク

ダブルディスク

ブレーキ形式(後)

ディスク

ディスク

タイヤサイズ(前)

120/80-14 M/C 58S

120/70R15 M/C 56H

タイヤサイズ(後)

150/70-13 M/C 64S

160/60R14 M/C 65H

エンジン種類

水冷4ストロークDOHC4バルブ単気筒

水冷4ストロークDOHC4バルブ並列2気筒

総排気量

399cc

638cc

圧縮比

10.5

11.2

ボア

81mm

76mm

最高出力(kW/rpm)

23(31PS)/7000

37(50PS)/7000

最大トルク(N・m/rpm)

33(3.4kgf・m)/5000

60(6.1kgf・m)/5000

始動方式

セル

セル

点火方式

フルトランジスタ

フルトランジスタ

クラッチ形式

乾式自動遠心

湿式多板自動遠心

変速機形式

Vベルト自動無段変速

Vベルト自動無段変速

燃料供給方式

インジェクション

インジェクション

潤滑方式

圧送

圧送

燃料タンク容量

13.0L

15.0L

燃料消費率(km/L)

32(60km/h)

32(60km/h)

カラー/メーカー小売価格

¥799,200 パールブレーシングホワイト ¥799,200 マットフィブロイングレーメタリック

¥1,144,800 マットブラックメタリックNo.2 ¥1,144,800 マットフィブロイングレーメタリック ¥1,144,800 パールブレーシングホワイト

 

 

ちなみに現行のスカイウェイブ 400ccでは、
もう一つスカイウェイブ400リミテッドABSがあります。
スカイウェイブ400リミテッドABSは、スカイウェイブ400タイプS ABSにロングスクリーン、グリップヒーター、ナックルバイザー、大型バックレストがついて43,200円高くなります。

 

 

スカイウェイブ650LXスカイウェイブ400タイプS ABSにの装備の違い。

 

スカイウェイブ650LXにしかない装備

 

電子制御式CVT(SECVT)

アクチュエーターモーターにより減速比を可変させる電子制御式CVTを採用。コンピューターより最適なギアレシオを選択するSECVTは、ドライブモードと登坂走行時に役立つパワーモードを持つ2つのフルオートマチックモードに加え、6段変速マニュアルモードを選べます。マニュアルモードでは左側ハンドルバーの「UP/DOWN」スイッチでマニュアルミッションのモーターサイクルと同じ様な操作感覚でツーリングやタンデムライディングを楽しめる。

 

 

グリップヒーター

5段階の温度調節が可能な「グリップヒーター」を標準装備。グローブをしたままでも操作がしやすいプッシュボタン式スイッチを採用し、LEDインジケーターで温度の強弱を表示。

 

 

シートヒーター

「シートヒーター」を標準装備。サーモスタットによる自動温度制御式でフロントパネルに設置したスイッチで「ライダーシートのみ(F)」、「ライダーシートとタンデムシート(F+R)」、「オフ」の切替が可能。

 

 

電動式可動スクリーン

走行時の風圧を低減する電動式可動スクリーンを搭載。右側ハンドルスイッチの操作で95mmの幅で上下無段階に調節可能。

 

 

ブレーキロックレバー

後輪ブレーキのロックと解除ができるブレーキロックレバーを運転席左側に装備。

 

 

 

 

 

スカイウェイブ400タイプS ABSにしかない装備

 

キーレススタートシステム

携帯機をポケットに入れたままでもスマートにメインスイッチ操作、エンジン始動が可能。ハンドル中心から約0.8m以内であれば、メインスイッチ操作ができ、エンジンスタートからハンドルロック、シート下トランク・ロック付きフロントコンパートメント・フューエルリッドの各オープン操作が出来ます。

 

ピンストライプホイール

ホイールには、SUZUKIロゴとピンストライプが施されています。

 

 

 

 

その他の違い

 

エンジン

 

スカイウェイブ400タイプS
水冷DOHC4バルブ単気筒エンジンは、全域で高出力を発揮。高速道路での二人乗り時でも余裕のある走行を実現し、加速性能もアップ。ECMによって制御されたフューエルインジェクションシステムを採用。常に最適な燃焼を維持し、高い始動性、燃費性能、排ガス中の有害物質の低減に貢献。また、エンジン始動時に自動的に安定したアイドリング回転数を保持するISCシステムも採用。

 

スカイウェイブ650LX
排気量638cm3、水冷DOHC4バルブ並列2気筒エンジンは、360度クランクが生み出す上質でフラットなトルクとパワーフィーリングを実現。エンジンの低振動化に貢献する2本のカウンターバランサーシャフトを採用。電子制御式フューエルインジェクションを採用し、常に最適な燃焼を維持し、最高出力37kW(50PS)/7000rpm、最大トルク60N・m(6.1kgf・m)/5000rpmを発生。排気ポートへの二次エア供給装置やマフラーに内蔵されたキャタライザーとフューエルインジェクションへのO2フィードバックシステムなど、電子化された燃焼制御により排出ガスを低減。

 

 

タイヤ

 

スカイウェイブ400タイプS
フロントタイヤには120/80-14M/C 58S、リヤタイヤには150/70-13M/C 64Sの大径タイヤを採用。

 

スカイウェイブ650LX
フロントタイヤには120/70R15 M/C 56H、リヤタイヤには160/60R14 M/C 65Hのワイドタイプラジアルタイヤを採用。タイヤはグリップ性能が高く、耐摩耗性が高い。

 

 

 

シート下収納スペース容量

 

スカイウェイブ400タイプS ABSが容量63L。
スカイウェイブ650LXが容量50L。
どちらもフルフェイスが2個入ります。

 

 

 

フロントボックスの容量

 

スカイウェイブ400タイプS
フロントパネル内に3つのコンパートメントを装備。容量約10Lのロック付き大型コンパートメントをひとつ、フタの開閉時、横にスイングする使い勝手の良い、約1Lの小型コンパートメントをハンドル下左右にレイアウト。携帯電話の充電などにも使えるDCソケットを装備。

 

スカイウェイブ650LX
フロントパネル内に3つのコンパートメントを装備。容量7.2Lのロック付きの大型タイプをひとつ、容量1.4Lの小型タイプを左右に、それぞれレイアウト。携帯電話の充電などにも使えるDCソケットを装備。

 

 

インストルメントパネル

 

スカイウェイブ400タイプS ABSがスピードメーターは、180km/hまで。
スカイウェイブ650LXがスピードメーターは、200km/hまで。

 

 

 

スカイウェイブ400と650の比較の口コミ

 

 

最高速は、650が180Km超。400は160km/h。0〜100km/hの加速は650が4秒台半ばで400は、その倍かかります。

 

 

ツーリングとかで高速巡航する時は、車重が54kg重い650の方が安定するから楽。でも取り回しや街乗りの時は、その重さが邪魔になることが多い。車庫から出し入れするのも大変だし、特に後退させる時とか重すぎるから気軽に出かけるときに乗るバイクじゃない。街乗りすることが多い人は、400の方がいいと思うよ。

 

 

スカイウェイブ650LXは、SECVT搭載だからスクーターでも峠を楽しめる。エンジンブレーキが効いてて助かる。

 

 

同じスカイウェイブでも400と650では、まるで違います。650では、豪華な装備や良質な走りを堪能できますが一般道でのバイクの良さの取り回しやすり抜けなどの便利さがなくなります。ツーリングメインで使う人は、650でいいかもしれませんが通勤なども使う予定であれば400の方が使い勝手がいいでしょう。

 

 

スカイウェイブ400タイプSのスマートキーは、かなり便利。鍵挿す必要がないのがここまで便利だと思わなかった。

 

 

スカイウェイブ650LXは、277Kgもあるんだぜ。普段気軽に乗るバイクじゃないよ。

 

 

スカイウェイブ400は、スカイウェイブ250と同じタイヤサイズだし、車重も5kgくらいしか変わらない。でも650になるとタイヤが専用サイズのラジアルタイヤになって、車重が50kg以上違う。それだけ扱いにくくなることも覚悟して買ったほうがいいよ。

 

 

650は、並列2気筒、400は、単気筒なので650の方が振動が少なくなめらかです。

 

 

前に乗ってた400だと100km/hで5400回転。650だと100km/hで3800回転。100km/h巡航の際のストレスも全くありません。

 

 

スカイウェイブ400の方がシート幅が650より小さいからタンデムした時に後ろの人が膝で運転者用のバックレストを挟めるので乗りやすいと言ってた。

 

 

スカイウェイブ400と650は名前や外観は、似てても エンジンやミッション系統など構造そのものが全然違う。650はツアラー向けだね。

 

 

高速巡航してる時に400ccのスクーターのようにパワー不足を感じることや振動から来る疲れがない。

 

 

スカイウェイブの中古車価格と買取相場

これをやるとバイクが高く売れる

バイクを売る時に何も知らずに無料査定を依頼すると安く買い叩かれるケースがあります。そうならないために無料査定を依頼する前にバイク買取業者がどういう対応をしてくるか知っておきましょう。

バイクを少しでも高く売るために知っておくこと



また、「バイクの一括査定」を利用すれば
業者の買取価格を比較してバイクを売ることができます。
何社も査定してもらう手間はかかりますが
バイクを高く売る一番確実な方法です。


バイク一括査定で月間利用者数NO.1のサイトは、こちら