ジクサーとGSR250の違いを比較

バイクを高く売るためにやるべきこと

バイク買取業者は、どこも安く買い取りたいと思っています。
高値でバイクを売るには、業者を競わすのが一番です。

バイク一括査定で月間利用者数NO.1のサイトは、こちら

また、バイクを高く売るためには、必ず知っておいた方がよいことがあります。特に初めてバイク買取業者を利用する方は、バイクを高く売る方法を読んでから無料査定を依頼しましょう。

ジクサーとGSR250の違いを比較

 

スズキ ジクサーの歴史

2014年8月にインドを中心としたアジア、中南米で先行販売した。
2015年にフルカウルを装着した SFが発表。
2017年1月27日に日本向けの仕様が正規輸入により発売。型式は、2BK-NG4BG
車体色は、ブルー、パークルブラック、ブラック×レッドの3色。
2018年6月11日にカラーチェンジ。
車体色は、ブラック×ブルー、レッド×シルバー、ブラックの3色。

 

 

スズキ GSR250の歴史

2012年7月30日にGSR250が新登場。型式は、JBK-GJ55D
車体色は、3色(パールネブラーブラック、サンダーグレーメタリック、キャンディカーディナルレッド)の設定。
2013年4月30日にGSR250のカラーを追加。
車体色は、新色1色(パールグレッシャーホワイト)と既存色3色(パールネブラーブラック、サンダーグレーメタリック、キャンディカーディナルレッド)の全4色の設定。
2013年7月25日にGSR250のカラーの追加。
新色のトリトンブルーメタリック/パールグレッシャーホワイトが追加され、価格を2万円弱のアップ。
2013年12月27日にGSR250をマイナーチェンジ。
主な変更点は、ミラーステー形状の変更とタンク上のSエンブレムの変更。車体色は、単色3色(パールグレッシャーホワイト、キャンディカーディナルレッド、パールネブラーブラック)とツートン1色(トリトンブルーメタリック/パールグレッシャーホワイト)の全4色の設定。
2014年1月10日にGSR250Sをタイプ追加。
GSR250Sは、GSR250のハーフカウル仕様。ハンドル形状をGSR250より高く手前の位置に変更し前傾の少ない乗車姿勢に。左手元にはハザードランプスイッチを設置。車体色は、2色(トリトンブルーメタリック、パールネブラーブラック)の設定。
2014年7月31日にGSR250をマイナーチェンジ。
サイドカバーに「SUZUKI」デカールを追加。車体色は、単色が新色のトリトンブルーメタリックと既存色のパールネブラーブラックの2色の設定。ツートン色が新色のキャンディカーディナルレッド/パールネブラーブラックと既存色のトリトンブルーメタリック/パールグレッシャーホワイト2色の設定。ツートン色が7月31日発売、単色が9月9日発売。
2014年9月18日にGSR250Fをタイプ追加。
GSR250Fは、GSR250のフルカウル仕様。フロントスクリーンを装備。専用のハンドルポジション。ハンドル周りにブラックの専用塗装を施した。車体色は、2色(パールネブラーブラック、トリトンブルーメタリック/パールグレッシャーホワイト)の設定。
2015年1月26日にGSR250Sをカラーチェンジ。
サイドアッパーカウルをシルバー色に変更、ロゴデカールカラーの変更。車体色は、2色(トリトンブルーメタリック、パールネブラーブラック)の設定。

2017年3月30日にGSR250をカラーチェンジ。
車体色は、4色(パールグレッシャーホワイトNo.2/パールネブラーブラック、トリトンブルーメタリックNo.2/パールネブラーブラック、キャンディカーディナルレッド/パールネブラーブラック、パールネブラーブラック)の設定。この2017年モデル(L7)をもって生産終了となった。

 

 

ここでは、
2017年1月発売のスズキ ジクサー(2BK-NG4BG)と
2014年9月発売のスズキ GSR250(JBK-GJ55D)
の違いを比較しました。

 

 

スペック表の違い

※数字が大きい方がこの色

車種

ジクサー

GSR250

発売日

2017年1月

2014年9月

型式

2BK-NG4BG

JBK-GJ55D

全長 / 全幅 / 全高

2,005mm / 785mm / 1,030mm

2,145 mm / 760 mm / 1,075 mm

軸間距離 / 最低地上高

1,330mm / 160mm

1,430 mm / 165 mm

シート高

785mm

780 mm

装備重量

135kg

183 kg

燃料消費率 国土交通省届出値:定地燃費値

58.8km/L(60km/h) 2名乗車時

40.0km/L (60km/h) 2名乗車時

燃料消費率 WMTCモード値

51.0km/L(クラス2、サブクラス2-1) 1名乗車時

29.2 km/L(クラス3、サブクラス3-1)1名乗車時

最小回転半径

2.5m

2.5 m

エンジン型式 / 弁方式

BGA1・空冷・4サイクル・単気筒 / SOHC・2バルブ

J509 ・ 水冷 ・ 4サイクル ・ 2気筒 / SOHC ・ 2バルブ

総排気量

154cm3

248 cm3

内径×行程 / 圧縮比

56.0mm × 62.9mm / 9.8

53.5 mm × 55.2 mm / 11.5

最高出力

10kW〈14PS〉 / 8,000rpm

18 kW 〈24 PS〉 / 8,500 rpm

最大トルク

14N・m〈1.4kgf・m〉 / 6,000rpm

22 N・m 〈2.2 kgf・m〉 / 6,500 rpm

燃料供給装置

フューエルインジェクションシステム

フューエルインジェクションシステム

始動方式

セルフ式

セルフ式

点火方式

フルトランジスタ式

フルトランジスタ式

潤滑方式

ウェットサンプ式

ウェットサンプ式

潤滑油容量

1.1L

2.4 L

燃料タンク容量

12L

13 L

クラッチ形式

湿式多板コイルスプリング

湿式多板コイルスプリング

変速機形式

常時噛合式5段リターン

常時噛合式6段リターン

変速比 1速

2.75

2.416

変速比 2速

1.75

1.529

変速比 3速

1.3

1.181

変速比 4速

1.045

1.043

変速比 5速

0.875

0.909

変速比 6速

 

0.807

減速比(1次 / 2次)

3.181 / 3.000

3.238 / 3.285

フレーム形式

ダイヤモンド

セミダブルクレードル

キャスター / トレール

25°45’ / 105mm

26° / 105 mm

ブレーキ形式(前 / 後)

油圧式シングルディスク / 油圧式シングルディスク

油圧式シングルディスク / 油圧式シングルディスク

タイヤサイズ(前 / 後)

100/80-17M/C 52S / 140/60R17M/C 63H

110/80-17M/C 57H / 140/70-17M/C 66H

舵取り角左右

38°

40°

乗車定員

2名

2 名

排出ガス基準

平成28年国内排出ガス規制に対応

平成18年国内排出ガス基準に対応

メーカー希望小売価格

316,440円(消費税抜き 293,000円)

456,840円(消費税抜き 423,000円)

 

ジクサーとGSR250の違いを比較

GSR250(左)とジクサー(右)の主な装備

 

 

【ジクサー / GIXXER (スズキ/2017) バイク試乗インプレ】

 

【Suzuki GSR250/試乗インプレッション/レビュー】

 

 

ジクサーとGSR250の比較の口コミ

 

 

キャンプツーリングならGSR250の方がいい。

 

 

GSR250は安いけど、ジグサーとは全く用途の違うバイク。

 

 

高速道路に関しては、重いGSR250は、400cc並の安定感があるから楽だぞ。ある程度重い方が安定してスピード出せる。ジクサーの高速道路は、おまけみたいなもの。

 

 

バイク屋でジクサー見てきたけど横にあったGSR250との車体価格の差が4万円ちょいだった。ジクサーが29万円でGSR250が33.5万円。これならGSR250を買う。あとクラッチがGSR250は、軽かったけどジクサーは、重かった。

 

 

ジクサーは、GSR250より燃費が20km/Lぐらい良いし、車重も50kg軽い。GSR250は、
マフラーだけで7kgもあるみたいだし、やはり軽い方が楽しい。

 

 

GSR250の180kgは、さすがに重すぎる。2気筒で耐久性重視の構成だし、軽量化の努力は、特にしてない。軽量な250クラスのメリットが無い。

 

 

ジクサーの新車の乗り出し価格が安いところで30万円。GSR250の新車の乗り出し価格が40万円。ホンダやヤマハになるとプラス10〜20万円だからね。

 

 

実物で比べてみたけどGSR250よりジクサーの方が断然カッコイイ。GSR250は、何であんなデザインにしたんだろう?ちょっとダサすぎる。走りとかは素晴らしいからデザインで損してる気がした。

 

 

250の水冷2気筒と、150の空冷単気筒のジクサーを比べるのもどうかと思う。

 

 

ジクサーは、めちゃめちゃ頑張って最高速度125km/hって感じだけど250ccになるともう少し余裕あっての125km/hだから別物なんだよね。

 

 

ジクサーは、全開付近でも不快な振動が無いのが嬉しい。レンタルでGSR250も乗ったけど120km/h巡航してみたらこっちも振動が無くてエンジンも唸らなかったから400に乗ってる感じだった。まあ、そこからの加速は鈍かったけど。

 

 

250ccは、重い、でかい、ツインは、低回転トルクが無い。シングルでも高回転型で低回転は弱いという弱点がある。だから実際、街乗りで速いのはジクサーのような低回転重視型になる。もちろん150ccで250ccと互角の走りができると思ってないけど実際ジクサーに乗ってみれば「250と変わらないな」って思うほどの手応えは、あるんだよ。

 

 

ジクサーに試乗してみた。GSR250よりシート高が高いから心配してたけど軽いからか全然不安無く乗れた。

 

 

任意保険は、150も250も変わらないよ。お金の面での違いは、車体価格と燃料代ぐらい。

 

 

高速に乗る機会がどれくらいあるかだな。高速をよく使うならGSR250だし、街乗りメインならジクサーの方がいい。

 

 

よくツーリング行くなら直線を巡航するのに楽だったり、最高速が上なGSR250でいいと思う。まあ、ジクサーでもある程度の直進安定性はあるし、燃費や軽さでは、ジクサーの方がいいけど。

 

 

自分は、GSR250が欲しかったけど金無いし、GSR250が値上げしたから結局ジクサーにした。そんなに飛ばさないタイプだし、安い割に乗り心地が良いからジクサーで良かった。

 

ジクサーとGSR250の中古車価格と買取相場

これをやるとバイクが高く売れる

バイクを売る時に何も知らずに無料査定を依頼すると安く買い叩かれるケースがあります。そうならないために無料査定を依頼する前にバイク買取業者がどういう対応をしてくるか知っておきましょう。

バイクを少しでも高く売るために知っておくこと



また、「バイクの一括査定」を利用すれば
業者の買取価格を比較してバイクを売ることができます。
何社も査定してもらう手間はかかりますが
バイクを高く売る一番確実な方法です。


バイク一括査定で月間利用者数NO.1のサイトは、こちら