フェイズとフォーサイトEXの違いを比較

バイクを高く売るためにやるべきこと

バイク買取業者は、どこも安く買い取りたいと思っています。
高値でバイクを売るには、業者を競わすのが一番です。

バイク一括査定で月間利用者数NO.1のサイトは、こちら

また、バイクを高く売るためには、必ず知っておいた方がよいことがあります。特に初めてバイク買取業者を利用する方は、バイクを高く売る方法を読んでから無料査定を依頼しましょう。

フェイズ(JBK-MF11)とフォーサイトEX(BA-MF04)の違いを比較

 

ホンダ フェイズの歴史

2009年7月10日より「フェイズ」と「フェイズ ABS」を新発売。型式は、JBK-MF11
車体色は、「フェイズ」が3色(グリントウェーブブルーメタリック、グラファイトブラック、パールサンビームホワイト)の設定。「フェイズ ABS」が1色(パールサンビームホワイト)の設定。
2009年11月26日より「フェイズ TYPE-S」をタイプ追加。
「フェイズ TYPE-S」は、オートマチックシステム電子制御7速「Honda Sマチック Evo」を新たに搭載。カラーリングにTYPE-S専用ボディカラーのコルチナホワイトを採用。ツートーンシートやゴールド塗装のフロントブレーキキャリパー、グレー塗装の前・後ホイールなどの専用装備を施し、よりスポーティー感を高めた。車体色は、1色(コルチナホワイト)の設定。
2011年2月24日より「フェイズ」シリーズの仕様を一部変更と「フェイズ TYPE-S」のカラーリングを変更し発売。
車体色は、「フェイズ」が2色(グラファイトブラック、パールサンビームホワイト)の設定。「フェイズ ABS」が1色(パールサンビームホワイト)の設定。「フェイズ TYPE-S」が2色(ヴィクトリーレッド、グラファイトブラック)の設定。「フェイズ」シリーズの外装部品のロアカウルとサイドカバーのカラーをボディと同色とし、ホイールとマフラープロテクターのカラーをグレーメタリックへ変更。また「フェイズ ABS」は、フロントブレーキキャリパーのカラーを新たにゴールドとした。
2012年2月3日より「フェイズ」シリーズのカラーバリエーションを変更し発売。
車体色は、「フェイズ」が2色(ヴィクトリーレッド、パールサンビームホワイト)の設定。「フェイズ ABS」が1色(グラファイトブラック)の設定。「フェイズ TYPE-S」が2色(パールサンビームホワイト、グラファイトブラック)の設定。
2015年に全てのモデルが生産終了。

 

 

ホンダ フォーサイトの歴史

1997年6月11日に新発売。型式は、MF04
車体色は、3色(ムーンストーンシルバーメタリック、ピュアブラック、キャンディグローリーレッド)。
1998年8月3日にマイナーチェンジ。
ウインドスクリーンの形状を変更し防風効果を向上。シート・キャッチ部にポップアップ機構を採用し、シートオープナーの操作性が向上。ブレーキロックレバーの先端にラバーを追加し、操作性が向上。シート表皮の素材を変更し、耐久性を向上。車体色は、3色(キャンディエクストリームブルー、ピュアブラック、ムーンストーンシルバーメタリック)。
1999年9月2日にマイナーチェンジして発売。またフォーサイトSEをタイプ追加。型式は、BA-MF04
エキゾースト・エアインジェクションシステムの採用とキャブレターの設定の変更で排出ガス規制に適合。前後サスの設定を変更。メーターは、黒地に白文字の配色に変更。またタイプ追加されてフォーサイトSEは、後輪ブレーキがディスク、マルチグラデーション仕様のウインドスクリーン、ソフトレザーシート、ボディ同色系のアンダーカバー、メッキ調マフラーガード、SE立体エンブレムを採用。車体色は、フォーサイトが2色(ムーンストーンシルバーメタリック、キャンディワインベリーレッド)。フォーサイトSEが3色(ムーンストーンシルバーメタリック、キャンディワインベリーレッド、パールクリスタルホワイト)。
2003年3月25日にマイナーチェンジし、車名をフォーサイトEXに変更。
車種設定をフォーサイトSEに統一する形で、車名をフォーサイトEXに変更し、価格を7万円値下げた。車体色は、3色(ピュアブラック、パールシーシェルホワイト、フューチャーグレーメタリック)。
2004年12月21日にマイナーチェンジ。
新たにグリップヒーターと別売のイモビアラームキットを取り付けできるプレワイヤリングを装備。車体色は、3色(ピュアブラック、フューチャーグレーメタリック、パールシーシェルホワイト)。
2007年8月に生産終了。

 

 

ここでは、
2012年2月発売のフェイズ(JBK-MF11)と
2004年12月発売のフォーサイトEX(BA-MF04)
の違いを比較しました。

 

 

スペック表の違い

※数字が大きい方がこの色

車種

ホンダ フェイズ

ホンダ フォーサイトEX

発売

2012年2月

2004年12月

型式

JBK-MF11

BA-MF04

全長

2180mm

2070mm

全幅

750mm

735mm

全高

1150mm

1410mm

ホイールベース

1540mm

1450mm

シート高

755mm

725mm

最低地上高

130mm

140mm

総重量

180kg

167kg

サスペンション形式(前)

テレスコピック

テレスコピック

サスペンション形式(後)

ユニットスイング

ユニットスイング

キャスター角

26°30′

27°30

トレール(mm)

89

87

ブレーキ形式(前)

ディスク

ディスク

ブレーキ形式(後)

ディスク

ディスク

タイヤサイズ(前)

110/90-13 M/C 55P

110/90-12 64J

タイヤサイズ(後)

140/70-13 M/C 61P

130/70-12 56L

エンジン種類

水冷4ストロークOHC4バルブ単気筒

水冷4ストロークOHC単気筒

総排気量

248cc

249cc

圧縮比

10.2

10.5

ボア

68mm

73mm

最高出力(kW/rpm)

17(23PS)/7500

15(21PS)/7000

最大トルク(N・m/rpm)

23(2.3kgf・m)/6000

24(2.4kgf・m)/5500

始動方式

セル

セル

点火方式

フルトランジスタ

フルトランジスタ

クラッチ形式

自動乾式多板シュー

乾式多板シュー

変速機形式

Vベルト自動無段変速

無段変速

燃料供給方式

インジェクション

キャブレター

潤滑方式

圧送飛沫併用

圧送飛沫併用

燃料タンク容量

12.0L

12.0L

燃料消費率(km/L)

41(60km/h)

41(60km/h)

カラー/メーカー小売価格

¥577,500 ヴィクトリーレッド ¥577,500 パールサンビームホワイト

¥462,000 ピュアブラック ¥462,000 フューチャーグレーメタリック ¥462,000 パールシーシェルホワイト

 

 

フェイズ(JBK-MF11)とフォーサイトEX(BA-MF04)の比較の口コミ

 

 

フォーサイトからフェイズに乗り替えたけどシート高が高く感じた。軽いから爪先立ちでも安定感は抜群だけど体感的には結構高くなってるように感じた。

 

 

フォーサイトは、2007年で生産中止になってるからボロい中古しかないからフェイズの方がいいでしょ。

 

 

フォーサイトの方がコンパクトで軽いからキビキビ走れるね。

 

 

フォーサイトは、グリップヒーターとロングスクリーンが標準装備だし、フェイズより軽い。

 

スクリーンの風防効果は、フォーサイトには劣っているが、 我慢できない程でも無い。走行性能は、出足はフォーサイトの方がわずかに速かったかなという印象。

 

 

メット下の収納スペースもフォーサイトと比較すると物足りないな。

 

フォーサイトは、片サスなんでコーナリングがフェイズの2ランク下だね。センタートンネルの高さも含めてコーナリング性能は、十年分の進化がある。

 

 

当たり前だがコーナーリングの安定感は、フェイズの方がマシ。

 

 

安定感は、フェイズが上。コンパクトさ機動力は、フォーサイト。

 

 

フォーサイトからフェイズに乗り換えたけど、やっぱり重いね。走行中もなんか重い感じがする。フォーサイトに乗ってる時は、全く感じなかったこと。

 

 

フォーサイトから乗り換えたが、フェイズは加速悪いというか重く感じる。スロットルをかなりひねらないと伸びない感じ。走りに関しては、フォーサイトの方が良かった。質感はフェイズの方がいい。

 

 

あくまで個人的な感想だけど快適さだとフォーサイトが上。走行性能では、フェイズの方が勝っていると思う。

 

フォーサイト、フェイズのノーマル、フェイズタイプSの3つに乗ったが、フェイズのノーマルの振動の無さはビックリした。日頃の使い勝手ではフォーサイトがいいけどスタイルはフェイズがカッコいい。でもフェイズは、メットインが使い辛い。日頃の生活の道具として良くできたフォーサイト、走る楽しみのあるフェイズといった感じ。

 

 

以前乗ってたフォーサイトと比較するとフェイズは、出足がめちゃくちゃ滑らか。 アイドリング時も静かだと思った。

 

 

フェイズは、パーキングブレーキがないから信号待ちでの坂道停止が多いと困るが片手でブレーキ握っただけでも、だいたいの坂道は、その場にとまれるからフォーサイトよりは、少しマシ。

 

 

フォーサイトは、足つきが良くて軽くてウインカーキャンセルもあって乗りやすかったのに生産中止になったからやむなくフェイズを購入した。

 

フェイズ買った人で前にフォーサイトのオーナーだった人は、多いと思うよ。フェイズが発売される前は、フォーサイトの後継車が発売されるような雰囲気があったからね。結局、フォーサイトが生産中止になってフェイズが発売されて、250のスクーターのデカさに不満だった人が軽くてコンパクトの謳い文句につられて仕方なく選んだって人も多いと思う。

 

 

フォーサイトは、排ガス規制前のモデルだもんな。フェイズと比べる事自体ナンセンス。

 

 

フォーサイトからフェイズに乗り換えたけど、乗ってるとむしろフェイズの方が小さく感じた。幅が細いからすり抜けしやすいし、コーナーでも傾けれるし、スクーターでもバイク乗ってる感が味わえる。でも乗ってて楽で便利なのは、フォーサイトと思った。フェイズは、スクリーンが無いので風がバンバン来る。でもフロントフォークが無い方がカッコいい。

 

フェイズとフォーサイトEXの中古車価格と買取相場

これをやるとバイクが高く売れる

バイクを売る時に何も知らずに無料査定を依頼すると安く買い叩かれるケースがあります。そうならないために無料査定を依頼する前にバイク買取業者がどういう対応をしてくるか知っておきましょう。

バイクを少しでも高く売るために知っておくこと



また、「バイクの一括査定」を利用すれば
業者の買取価格を比較してバイクを売ることができます。
何社も査定してもらう手間はかかりますが
バイクを高く売る一番確実な方法です。


バイク一括査定で月間利用者数NO.1のサイトは、こちら