XT250XとCRF250Mの違いを比較

バイクを高く売るためにやるべきこと

バイク買取業者は、どこも安く買い取りたいと思っています。
高値でバイクを売るには、業者を競わすのが一番です。

バイク一括査定で月間利用者数NO.1のサイトは、こちら

また、バイクを高く売るためには、必ず知っておいた方がよいことがあります。特に初めてバイク買取業者を利用する方は、バイクを高く売る方法を読んでから無料査定を依頼しましょう。

XT250XとCRF250Mの違いを比較

 

ヤマハ XT250Xの歴史

2006年3月に「XT250X」の日本仕様が新登場。型式は、BA-DG11J
デュアルパーパスのセロー250をベースとしたモタードルックのXT250X。セローとの違いは、前後輪の17インチホイール換装、フロントフォークやブレーキの変更、独自外装の採用など。車体色は、2色(ディープパープリッシュブルーソリッドE、ヤマハブラック)の設定。
2008年5月にマイナーチェンジして発売。型式は、JBK-DG17J
フューエルインジェクションを採用。平成18年排出ガス規制に対応。車体色は、1色(パープリッシュホワイトソリッド1)の設定。これが最終仕様。
2017年6月に生産終了。
平成28年度の排ガス規制等によって2017年6月にヤマハから生産終了が発表。

 

 

ホンダ CRF250Mの歴史

2013年4月25日に「CRF250M」の国内仕様が新発売。型式は、JBK-MD38
車名の「M」は、Motard(モタード)の意味。型式と車体は、「CRF250L」と共通だがホイールを前後とも17インチに換装し、車高を低く抑えたオンロード向けのモデル。車体色は、2色(エクストリームレッド、ブラック)。製造国は、タイ。
2015年2月13日にカラーチェンジ。
車体色に変更は無いが、シュラウドとサイドカバーにストライプを採用し、フレームとフロントフォークのアウターチューブ、前後のホイールリムをブラックに変更。
2017年2月20日にマイナーチェンジ。型式は、2BK-MD44
型式を「2BK-MD44」に変更。スロットルボディーの口径を大径化し、コネクティングチューブを100mm延長。エキゾーストパイプの管径を拡大。マフラー内部を3室構造から2室構造に変更し、パルス感の演出と小型軽量化した。メーターがタコメーター、時計、燃料計、各警告灯など情報を表示するフルデジタルメーターにグレードアップ。テールランプを新設計。リアフェンダーをシャープなデザインに変更。車体色は、1色(エクストリームレッド)。

 

 

ここでは、
2008年5月発売のヤマハ XT250X(JBK-DG17J)と
2013年4月25日発売のホンダ CRF250M(JBK-MD38)
の違いを比較しました。

 

 

スペック表の違い

※数字が大きい方がこの色

タイプグレード名

XT250X

CRF250M

モデルチェンジ区分

マイナーチェンジ

新登場

型式

JBK-DG17J

JBK-MD38

発売日

2008年5月

2013年4月25日

仕向け・仕様

国内向けモデル

国内向けモデル

全長 (mm)

2040

2125

全幅 (mm)

805

815

全高 (mm)

1110

1150

ホイールベース (mm)

1365

1445

最低地上高(mm)

250

225

シート高 (mm)

790

855

車両重量 (kg)

133

146

最小回転半径(m)

1.9

2.3

乗車定員(名)

2

2

燃料消費率 国交省届出(60km/h走行時)(km/L)

39

44.3

原動機型式

G370E

MD38E

原動機種類

4ストローク

4ストローク

気筒数

1

1

シリンダ配列

単気筒

単気筒

冷却方式

空冷

水冷

排気量 (cc)

249

249

カム・バルブ駆動方式

OHC(SOHC)

DOHC

気筒あたりバルブ数

2

4

内径(シリンダーボア)(mm)

74

76

行程(ピストンストローク)(mm)

58

55

圧縮比(:1)

9.5

10.7

最高出力(kW)

14

17

最高出力(PS)

18

23

最高出力回転数(rpm)

7500

8500

最大トルク(N・m)

19

22

最大トルク(kgf・m)

1.9

2.2

最大トルク回転数(rpm)

6500

7000

燃料供給方式

フューエルインジェクション

フューエルインジェクション

燃料供給装置形式

-

PGM-FI

燃料タンク容量 (L)

9.6

7.8

燃料タンク・リザーブ容量 (L)

1.9

-

燃料(種類)

レギュラーガソリン

レギュラーガソリン

エンジン始動方式

セルフスターター式

セルフスターター式

点火装置

フルトランジスタ式

フルトランジスタ式

点火プラグ標準搭載・型式

DR7EA

SIMR8A9

点火プラグ必要本数・合計

1

-

搭載バッテリー・型式

YTZ7S

YTX7L-BS

バッテリー容量

12V-6.0Ah 10HR

12V-6.0Ah10HR

エンジン潤滑方式

ウェットサンプ式

ウェットサンプ式

エンジンオイル容量※全容量 (L)

1.4

1.8

エンジンオイル量(オイル交換時) (L)

1.2

1.4

エンジンオイル量(フィルタ交換時) (L)

1.3

1.5

推奨エンジンオイル(SAE粘度)

10W-40

10W-30

クラッチ形式

湿式・多板

湿式・多板

変速機形式

リターン式・5段変速

リターン式・6段変速

1次減速比

3.083

2.807

2次減速比

3.066

2.785

変速比

1速 2.845/2速 1.812/3速 1.317/4速 1.034/5速 0.820

1速 3.332/2速 2.117/3速 1.570/4速 1.304/5速 1.103/6速 0.967

動力伝達方式

チェーン

チェーン

スプロケット歯数・前

15

14

スプロケット歯数・後

46

39

チェーンサイズ

428

520

標準チェーンリンク数

128

106

フレーム型式

セミダブルクレードル

セミダブルクレードル

キャスター角

24°55

25.45

トレール量 (mm)

72

71

ブレーキ形式(前)

油圧式ディスク

油圧式ディスク

ブレーキ形式(後)

油圧式ディスク

油圧式ディスク

ブレーキオイル適合規格

DOT 4

DOT 4

懸架方式(前)

テレスコピックフォーク

テレスコピックフォーク

フロントフォークタイプ

正立フォーク

-

懸架方式(後)

スイングアーム式

スイングアーム式

ショックアブソーバ本数(後)

1

-

タイヤ(前)

110/70-17

110/70-17

タイヤ(前)構造名

バイアス

バイアス

タイヤ(前)荷重指数

54

54

タイヤ(前)速度記号

S

S

タイヤ(前)タイプ

チューブタイヤ

チューブタイヤ

タイヤ(後)

130/70-17

130/70-17

タイヤ(後)構造名

バイアス

バイアス

タイヤ(後)荷重指数

62

62

タイヤ(後)速度記号

H

S

タイヤ(後)タイプ

チューブタイヤ

チューブタイヤ

ホイールリム形状(前)

MT

MT

ホイールリム幅(前)

3

2.75

ホイールリム形状(後)

MT

MT

ホイールリム幅(後)

4

3.5

タイヤ標準指定空気圧(乗車定員時・前)

-

2

タイヤ標準指定空気圧(乗車定員時・後)

-

2

ヘッドライト定格(Hi)

60W/55W

60W/55W

ヘッドライトタイプ(Hi)

H4

-

テールライトタイプ

LED

-

テールライト定格(制動/尾灯)

-

21/5W

スピードメーター表示形式

デジタル

デジタル

メーカー小売価格

514,500円

489,300円

 

XT250XとCRF250Mの違いを比較

 

XT250XとCRF250Mの比較の口コミ

 

 

CRF250Mに乗ったけど、重いし、足回りがガチガチだった。XT250Xの軽快さとは比べものにならない。でもCRF250Mのエンジンは良くて、水冷だし、高速でよく伸びる。

 

 

シート高は、
XT250Xが790mm。
CRF250Mが855mm。

 

 

XT250Xは、足つきの良さと国内生産の安心感がいい。

 

 

 

●車両重量と馬力
XT250X 133kg 18ps/7500rpm
CRF250M 146kg 23ps/8500rpm

 

 

以前、XT250Xに乗ってて、今CRF250M乗ってるけど、回した時のパワー感は、カタログの最高出力での5ps差ぐらいの違いは感じる。CRF250Mの方がギア比がクロースしてる感じで少し加速がいいかも。XT250Xの方が低速でトルク感があって、2速でかなり粘るけど、CRF250Mは、それだとガクガクする。

 

 

XT250Xは、非力だけどCRF250Mよりしなやか。

 

 

高速走る時は、車重もパワーがあるCRF250Mの方がいい。XT250Xは、軽いしフロントがフワフワする。XT250Xで135km/h位出したことあるけど、後輪が蛇行するような感じになってかなり怖かったし、俺的には、90km/h巡航ぐらいがちょうどいい。

 

 

●タンク容量
XT250X 9.6L
CRF250M 7.8L

 

●燃料消費率 国交省届出(60km/h走行時)
XT250X 39km/L
CRF250M 44.3km/L

 

●航続距離(60km/h走行時)
XT250X 9.6L × 39km/L =374.4km
CRF250M 7.8L × 44.3km/L =345.54km

 

 

航続距離以外は、XT250XよりCRF250Mの方がいいと思う。

 

XT250XとCRF250Mの中古車価格と買取相場

これをやるとバイクが高く売れる

バイクを売る時に何も知らずに無料査定を依頼すると安く買い叩かれるケースがあります。そうならないために無料査定を依頼する前にバイク買取業者がどういう対応をしてくるか知っておきましょう。

バイクを少しでも高く売るために知っておくこと



また、「バイクの一括査定」を利用すれば
業者の買取価格を比較してバイクを売ることができます。
何社も査定してもらう手間はかかりますが
バイクを高く売る一番確実な方法です。


バイク一括査定で月間利用者数NO.1のサイトは、こちら