フェイズとバーグマン200の違いを比較

バイクを高く売るためにやるべきこと

バイク買取業者は、どこも安く買い取りたいと思っています。
高値でバイクを売るには、業者を競わすのが一番です。

バイク一括査定で月間利用者数NO.1のサイトは、こちら

また、バイクを高く売るためには、必ず知っておいた方がよいことがあります。特に初めてバイク買取業者を利用する方は、バイクを高く売る方法を読んでから無料査定を依頼しましょう。

フェイズとバーグマン200の違いを比較

 

ホンダ フェイズの歴史

2009年7月10日より「フェイズ」と「フェイズ ABS」を新発売。型式は、JBK-MF11
車体色は、「フェイズ」が3色(グリントウェーブブルーメタリック、グラファイトブラック、パールサンビームホワイト)の設定。「フェイズ ABS」が1色(パールサンビームホワイト)の設定。
2009年11月26日より「フェイズ TYPE-S」をタイプ追加。
「フェイズ TYPE-S」は、オートマチックシステム電子制御7速「Honda Sマチック Evo」を新たに搭載。カラーリングにTYPE-S専用ボディカラーのコルチナホワイトを採用。ツートーンシートやゴールド塗装のフロントブレーキキャリパー、グレー塗装の前・後ホイールなどの専用装備を施し、よりスポーティー感を高めた。車体色は、1色(コルチナホワイト)の設定。
2011年2月24日より「フェイズ」シリーズの仕様を一部変更と「フェイズ TYPE-S」のカラーリングを変更し発売。
車体色は、「フェイズ」が2色(グラファイトブラック、パールサンビームホワイト)の設定。「フェイズ ABS」が1色(パールサンビームホワイト)の設定。「フェイズ TYPE-S」が2色(ヴィクトリーレッド、グラファイトブラック)の設定。「フェイズ」シリーズの外装部品のロアカウルとサイドカバーのカラーをボディと同色とし、ホイールとマフラープロテクターのカラーをグレーメタリックへ変更。また「フェイズ ABS」は、フロントブレーキキャリパーのカラーを新たにゴールドとした。
2012年2月3日より「フェイズ」シリーズのカラーバリエーションを変更し発売。
車体色は、「フェイズ」が2色(ヴィクトリーレッド、パールサンビームホワイト)の設定。「フェイズ ABS」が1色(グラファイトブラック)の設定。「フェイズ TYPE-S」が2色(パールサンビームホワイト、グラファイトブラック)の設定。
2015年に全てのモデルが生産終了。

 

 

スズキ バーグマン200の歴史

2014年2月28日より新登場。型式は、JBK-CH41A
車体色は、4色(ホワイト、シルバー、マットグレー、マットブラック)の設定。
2015年7月31日よりカラー追加。
新色の「マットムーンシルバーメタリック」を追加。フロントカバーを車体色と同色にし、シート表皮を全面革シボにした。
2016年4月27日よりカラーチェンジ。
フロントカバーが車体色と同色に。ホイール色とインナーカバー色を黒に変更。
車体色は、3色(ホワイト、マットグレー、マットブラック)の設定。
2017年4月17日にマイナーチェンジ。型式は、2BK-CH41A
平成28年国内排出ガス規制に対応。
車体色は、3色(ホワイト、マットグレー、マットシルバー)の設定。
2018年4月26日よりカラーチェンジ。
新色の「マットプラチナムシルバーメタリック」(銀)、「マットブラックメタリックNo.2」(黒)と継続色のホワイトの3色の設定。
2019年4月11日よりカラーチェンジ。
車体色は、新色の「マットフィブロイングレーメタリック」と継続色の「マットブラックメタリックNo.2」と「ブリリアントホワイト」の3色の設定。

 

 

ここでは、
2012年2月発売のフェイズ(JBK-MF11)と
2014年2月発売のバーグマン200(JBK-CH41A)の違いを比較しました。

 

 

スペック表の違い

※数字が大きい方がこの色

車種

ホンダ フェイズ

スズキ バーグマン200

発売

2012年2月

2015年7月

型式

JBK-MF11

JBK-CH41A

全長

2180mm

2055mm

全幅

750mm

740mm

全高

1150mm

1355mm

ホイールベース

1540mm

1465mm

シート高

755mm

735mm

最低地上高

130mm

130mm

総重量

180kg

161kg

サスペンション形式(前)

テレスコピック

テレスコピック

サスペンション形式(後)

ユニットスイング

ユニットスイング

キャスター角

26°30′

27°

トレール(mm)

89

93

ブレーキ形式(前)

ディスク

ディスク

ブレーキ形式(後)

ディスク

ディスク

タイヤサイズ(前)

110/90-13 M/C 55P

110/90-13 M/C 55P

タイヤサイズ(後)

140/70-13 M/C 61P

130/70-12 56L

エンジン種類

水冷4ストロークOHC4バルブ単気筒

水冷4ストロークSOHC4バルブ単気筒

総排気量

248cc

199cc

圧縮比

10.2

11.0

ボア

68mm

69mm

最高出力(kW/rpm)

17(23PS)/7500

14(19PS)/8000

最大トルク(N・m/rpm)

23(2.3kgf・m)/6000

17(1.7kgf・m)/6000

始動方式

セル

セル

点火方式

フルトランジスタ

フルトランジスタ

クラッチ形式

自動乾式多板シュー

乾式自動遠心

変速機形式

Vベルト自動無段変速

Vベルト自動無段変速

燃料供給方式

インジェクション

インジェクション

潤滑方式

圧送飛沫併用

圧送

燃料タンク容量

12.0L

10.0L

燃料消費率(km/L)

41(60km/h)

41(60km/h)・30.1(WMTCモード)

カラー/メーカー小売価格


¥577,500 ヴィクトリーレッド
¥577,500 パールサンビームホワイト


¥523,800 マットムーンシルバーメタリック
¥523,800 ブリリアントホワイト
¥523,800 クールシルバー
¥523,800 マットフィブロイングレーメタリック
¥523,800 マットブラックメタリックNo.2

 


 

フェイズ(JBK-MF11)とバーグマン200(JBK-CH41A)の比較の口コミ

 

 

高速使う場合は、250のフェイズの方がいいけど、通勤街乗りメインならバーグマン200でもいいな。

 

 

フェイズの方が加速、最高速共に勝っています。しかし使い勝手は、軽くてコンパクトなバーグマンの方が良いです。フェイズは、 2015年に生産終了となりましたがメーカーは生産終了してから8年は部品の供給が義務付けられていますし、8年を過ぎてもすぐに欠品になる事はないです。

 

 

フェイズの加速も最高速もバーグマン200より速いよ。

 

 

 

フェイズは、ほとんど振動が無い。
バーグマン200は、振動が気になる。

 

 

バーグマン200のスタートダッシュは、遅いよ。少なくともフェイズよりかなり劣る。

 

 

全長 全幅 軸間 シート高 タイヤ タンク 最高出力 最大トルク 重量(*=乾燥)
mm mm mm mm inch L kW[PS]/rpm Nm[kgf]/rpm kg
2,180 750 1,540 755 13_13 12.0 17.0[23]/7,500 23[2.3]/6,000 180 フェイズ
2,055 740 1,465 735 13_12 10.0 14.0[19]/8,000 17[1.7]/6,000 161 バーグマン200

 

 

収納面では、フロントにフェイズが左右に容量3Lづつ。バーグマン200が左に容量6Lと右に容量1L。シート下スペースには、フェイズが容量50Lでフルフェイス1個とハーフキャップ1個が入る。バーグマン200が容量41Lだけどフルフェイスが2個入る。

 

 

高速だとフェイズは、風防無しだと80km/h、付いてれば100km/hくらいが快適な速度。バーグマン200は、ロングタイプのスクリーンが標準装備だから100km/hでも快適。

 

 

足つきは、シート高が20mm低いバーグマン200の方が良い。車重もバーグマンの方が19kgも軽いから取り回しも楽。

 

 

フェイズタイプSは、モード切替でキビキビだけどモードがあると故障した時、修理代が高いよ。

 

 

俺は、バーグマン200とフェイズで迷ってバーグマン200にした。理由は、フェイズがキャリア、スクリーンが絶版でツーリングには、向いてないし、シート下スペースが凸凹。あと足の置き方が教習所のポジションしかない。それにtypeSはまだマシだけど、無印は駆動系セッティングが絶望的。高速で長い下りの直線でもないかぎりピークパワーに届かない。これらが理由で速さ以外は、不満点が多そうだからバーグマン200を買った。

 

フェイズとバーグマン200の中古車価格と買取相場

これをやるとバイクが高く売れる

バイクを売る時に何も知らずに無料査定を依頼すると安く買い叩かれるケースがあります。そうならないために無料査定を依頼する前にバイク買取業者がどういう対応をしてくるか知っておきましょう。

バイクを少しでも高く売るために知っておくこと



また、「バイクの一括査定」を利用すれば
業者の買取価格を比較してバイクを売ることができます。
何社も査定してもらう手間はかかりますが
バイクを高く売る一番確実な方法です。


バイク一括査定で月間利用者数NO.1のサイトは、こちら