CRF1000L Africa TwinとMT-09トレーサーの違いを比較

バイクを高く売るためにやるべきこと

バイク買取業者は、どこも安く買い取りたいと思っています。
高値でバイクを売るには、業者を競わすのが一番です。

バイク一括査定で月間利用者数NO.1のサイトは、こちら

また、バイクを高く売るためには、必ず知っておいた方がよいことがあります。特に初めてバイク買取業者を利用する方は、バイクを高く売る方法を読んでから無料査定を依頼しましょう。

CRF1000L Africa TwinとMT-09トレーサーの違いを比較

 

ホンダ CRF1000L Africa Twinの歴史

2016年2月22日に「CRF1000L Africa Twin<ABS>」と「CRF1000L Africa Twin<DCT>」が新登場。型式は、EBL-SD04
2015年12月からヨーロッパで先行発売されたアドベンチャーモデル。日本仕様(EBL-SD04)は、2016年2月22日に発売。トランスミッションは通常のマニュアルトランスミッションとDCT仕様車をラインナップ。CRFシリーズで採用されたユニカムバルブトレインならびに270°位相クランクシャフト・クランクケース内蔵オイルタンク式ドライサンプ構造による998ccのSD04E型水冷4ストローク4バルブSOHC並列2気筒エンジンを搭載。先行発売の欧州仕様とスペックは若干異なる。車体色は、3色(ヴィクトリーレッド、パールグレアホワイト、デジタルシルバーメタリック)の設定。
2017年2月14日に「CRF1000L Africa Twin」と「CRF1000L Africa Twin<DCT>」をマイナーチェンジして発売。型式は、2BL-SD04
国内の平成28年排出ガス規制に適合させ、各部の適正化をはかり、エンジン出力性能を従来モデルから2kW向上。車体色は、4色(キャンディープロミネンスレッド、デジタルシルバーメタリック、ヴィクトリーレッド、パールグレアホワイト)の設定。名称からはABSが抜けたが、ABSは標準搭載。
CRF1000L Africa Twinの「EBL-SD04」と「2BL-SD04」の違いの比較は、こちら。
2018年4月2日に「CRF1000L Africa Twin」と「CRF1000L Africa Twin DCT」をマイナーチェンジして発売。また「CRF1000L Africa Twin Adventure Sports」と「CRF1000L Africa Twin Adventure Sports Type LD」と「CRF1000L Africa Twin Adventure Sports DCT」と「CRF1000L Africa Twin Adventure Sports Type LD DCT」をタイプ追加。
スロットルバルブ開度をモーターで制御する「スロットル・バイ・ワイヤシステム」を採用。吸排系を見直しキャタライザーを分割化しサイレンサーを小型軽量化。マニュアルトランスミッション車には、「クイックシフター」をオプションに設定。「Hondaセレクタブルトルクコントロール」は、7段階のトルクコントロールとそれを必要としないOFF状態が選択可能に。走行状況に応じてエンジンの出力特性を選択できるライディングモードを採用、計4モードから選択可能。「オートキャンセルウインカー」を装備。急ブレーキ時にウインカーランプが高速点滅する「エマージェンシーストップシグナル」と「スポーツグリップヒーター」と「アクセサリーソケット」を装備。鉛バッテリーを小型軽量のリチウムイオンバッテリーに変更。車体色は、3色(グランプリレッド、パールグレアホワイト、マットバリスティックブラックメタリック)。タイプ追加された「CRF1000L Africa Twin Adventure Sports」は、初代アフリカツインのXRV650の30周年を記念して、フューエルタンク上部に専用ステッカー。XRV650のカラーをイメージした専用カラーを採用。容量24Lのシームレス溶接フューエルタンクと専用の大型ウインドスクリーンとリアカウル右側にユーティリティーポケットを採用。タンデムシートとリアキャリアの上面をフラットな配置としたステンレス製リアキャリアを装備。サスペンションストローク量を伸長させた専用サスペンションを採用。最低地上高が250mmから270mmに変更。「Type LD」は、専用サスペンションでシート高を60mm下げた。このマイナーチェンジからドリーム店だけの販売となる。
「CRF1000L Africa Twin」と「CRF1000L Africa Twin Adventure Sports」の違いの比較は、こちら。
2018年12月14日に「CRF1000L Africa Twin」と「CRF1000L Africa Twin DCT」と「CRF1000L Africa Twin Adventure Sports」と「CRF1000L Africa Twin Adventure Sports Type LD」と「CRF1000L Africa Twin Adventure Sports DCT」と「CRF1000L Africa Twin Adventure Sports Type LD DCT」をマイナーチェンジして発売。
ETC2.0車載器の標準装備。「CRF1000L Africa Twin」の車体色は、3色(グリントウェーブブルーメタリック、グランプリレッド、マットバリスティックブラックメタリック)。「CRF1000L Africa Twin Adventure Sports」の車体色は、1色(パールグレアホワイト)。

 

 

ヤマハ MT-09トレーサーABSの歴史

2015年2月10日に「MT-09」をベースに開発した「MT-09 トレーサー ABS」を新発売。型式は、EBL-RN36J
「MT-09 トレーサー ABS」の主な特徴は、滑らかな発進性・走行性をサポートするトラクションコントロールシステム。レイヤー構造を取り入れたフロントカウルやハンドルカバー等によるツーリング時の快適性の向上。高さの調整ができるハンドル・シート・フロントスクリーン。視認性の高い多機能メーターパネル。フルLEDヘッドライトなど。
2016年4月15日に「MT-09 トレーサー ABS」に新色を設定して発売。
新色は、「ダークブルーイッシュグレーメタリック8」。
2017年2月15日に「MT-09 トレーサー ABS」に新たにA&S(アシスト&スリッパー)クラッチを搭載し、新色を設定して発売。型式は、2BL-RN51J
2018年4月20日に「MT-09 トレーサー ABS」をマイナーチェンジし、「トレーサー900 ABS」を発売。
マイナーチェンジを行った「トレーサー900 ABS」の主な特徴は、形状変更と表面積を拡大した新型フロントスクリーンを装備。新設計ハンドルバー/ブラッシュガードの装備。快適性に貢献する新しい前後シートの設定。サイドケースの装着に配慮しつつ、サイドカバー形状と調和したサイドケース用マウントの設定。新設計の高剛性リアアームの設定。優れた整流効果など快適なツーリング性能を生み出しつつ、質感を高めた新しいスタイリングなど。
MT-09トレーサーとトレーサー900の違いを比較は、こちら。
2018年6月15日に上級バリエーションとして走行性能や装備充実を図った「トレーサー900 GT ABS」を追加設定し発売。
「トレーサー900 GT ABS」は標準モデルをベースにサスペンション性能の向上と調整範囲を広げるフルアジャスタブルフロントフォークの搭載。プリロード調整可能なリモート操作機構採用のリアサスペンションの搭載。フルカラーTFT液晶マルチファンクションディスプレイの採用。クルーズコントロールシステムの採用。グリップウォーマーの搭載など。
トレーサー900とトレーサー900GTの違いの比較は、こちら。
2020年2月25日に「トレーサー900 GT ABS」と「トレーサー900 ABS」をカラーチェンジして発売。
「トレーサー900 GT ABS」は、3色(マットダークグレーメタリック 6(新色)、ブラックメタリック X(継続)、マットダークパープリッシュブルーメタリック 1(継続)。「トレーサー900 ABS」は、2色(マットダークグレーメタリック 6(新色)、マットブルーイッシュグレーメタリック 3(新色))。
2021年7月28日に「TRACER9 GT ABS」が新登場。型式は、8BL-RN70J
「TRACER900」がフルモデルチェンジされ「TRACER9」を発売。平成32年(令和2年)規制に適合。エンジンは、ピストンストロークを59→62.1mmへ延長し、排気量が888ccに拡大。アルミ製デルタボックスの新型フレームを採用。日本市場では、電子制御式のセミアクティブサスペンションを搭載した上級グレードの「GT」を導入。「TRACER9 GT」のシートは、海外のベースモデルと異なり厚さのあるタンデムシートを採用。車体色は、3色(ブルーイッシュホワイトメタリック2、ビビッドレッドソリッドK、マットダークグレーメタリック A)。
トレーサー900GTとトレーサー9GTの違いの比較は、こちら。

 

 

ここでは、
2016年2月22日発売のホンダ CRF1000L Africa Twin(型式 EBL-SD04)と
2015年2月10日発売のヤマハ MT-09トレーサー ABS(型式 EBL-RN36J)
の違いを比較しました。

 

 

「CRF1000L Africa Twin」と「MT-09トレーサー ABS」のスペック表の違い

※数字が大きい方がこの色

タイプグレード名

CRF1000L Africa Twin ABS

MT-09 TRACER ABS

モデルチェンジ区分

新登場

新登場

型式

EBL-SD04

EBL-RN36J

発売日

2016年2月22日

2015年2月10日

仕向け・仕様

国内向けモデル

国内向けモデル

全長 (mm)

2335

2160

全幅 (mm)

930

950

全高 (mm)

1475

1345

ホイールベース (mm)

1575

1440

最低地上高(mm)

250

135

シート高 (mm)

870

845

シート幅補足

ローポジション850

-

車両重量 (kg)

232

210

最小回転半径(m)

2.6

3

乗車定員(名)

2

2

燃料消費率 国交省届出(60km/h走行時)(km/L)

32

27

燃料消費率 WMTCモード値(km/L)

21.6

19.3

原動機型式

SD04E

N703E

原動機種類

4ストローク

4ストローク

気筒数

2

3

シリンダ配列

並列(直列)

並列(直列)

冷却方式

水冷

水冷

排気量 (cc)

998

846

カム・バルブ駆動方式

OHC(SOHC)

DOHC

気筒あたりバルブ数

4

4

内径(シリンダーボア)(mm)

92

78

行程(ピストンストローク)(mm)

75.1

59

圧縮比(:1)

10

11.5

最高出力(kW)

68

81

最高出力(PS)

92

110

最高出力回転数(rpm)

7500

9000

最大トルク(N・m)

95

88

最大トルク(kgf・m)

9.7

9

最大トルク回転数(rpm)

6000

8500

燃料供給方式

フューエルインジェクション

フューエルインジェクション

燃料供給装置形式

PGM-FI

-

燃料タンク容量 (L)

18

18

燃料(種類)

レギュラーガソリン

ハイオクガソリン

満タン時航続距離(概算・参考値)

576

486

エンジン始動方式

セルフスターター式

セルフスターター式

点火装置

フルトランジスタ式

フルトランジスタ式

点火プラグ標準搭載・型式

SILMAR8A9S

CPR9EA-9

点火プラグ必要本数・合計

4

3

搭載バッテリー・型式

YTZ14S

YTZ10S

バッテリー容量

12V-11.2Ah10HR

12V-8.6Ah

エンジン潤滑方式

ドライサンプ式

ウェットサンプ式

エンジンオイル容量※全容量 (L)

4.9

3.4

エンジンオイル量(オイル交換時) (L)

3.9

2.4

エンジンオイル量(フィルタ交換時) (L)

4.1

2.7

推奨エンジンオイル(SAE粘度)

10W-30

10W-40

ドレンボルト呼び径(mm)

12

-

クラッチ形式

湿式・多板

湿式・多板

変速機形式

リターン式・6段変速

リターン式・6段変速

変速機・操作方式

フットシフト

フットシフト

1次減速比

1.733

1.68

2次減速比

2.625

2.812

変速比

1速 2.865/2速 1.888/3速 1.480/4速 1.230/5速 1.100/6速 0.967

1速 2.665/2速 2.000/3速 1.618/4速 1.379/5速 1.190/6速 1.036

動力伝達方式

チェーン

チェーン

スプロケット歯数・前

16

16

スプロケット歯数・後

42

45

チェーンサイズ

525

525

標準チェーンリンク数

124

110

フレーム型式

セミダブルクレードル

ダイヤモンド

キャスター角

27°30

24°00

トレール量 (mm)

113

100

ブレーキ形式(前)

油圧式ダブルディスク

油圧式ダブルディスク

ブレーキ形式(後)

油圧式ディスク

油圧式ディスク

ブレーキオイル適合規格

DOT 4

DOT 4

懸架方式(前)

テレスコピックフォーク

テレスコピックフォーク

フロントフォークタイプ

倒立フォーク

倒立フォーク

フロントサスペンションストローク(mm)

230

-

懸架方式(後)

スイングアーム式

スイングアーム式

ショックアブソーバ本数(後)

1

1

リアサスペンションストローク(mm)

220

-

タイヤ(前)

90/90-21

120/70ZR17

タイヤ(前)構造名

バイアス

ラジアル

タイヤ(前)荷重指数

54

58

タイヤ(前)速度記号

H

(W)

タイヤ(前)タイプ

チューブタイヤ

チューブレス

タイヤ(後)

150/70R18

180/55ZR17

タイヤ(後)構造名

ラジアル

ラジアル

タイヤ(後)荷重指数

70

73

タイヤ(後)速度記号

H

(W)

タイヤ(後)タイプ

チューブタイヤ

チューブレス

ホイールリム形状(前)

MT

MT

ホイールリム幅(前)

2.15

3.5

ホイールリム形状(後)

MT

MT

ホイールリム幅(後)

4

5.5

タイヤ標準指定空気圧(乗車定員時・前)

2

2.5

タイヤ標準指定空気圧(乗車定員時・後)

2.8

2.9

ヘッドライト定格(Hi)

17W/17W

-

ヘッドライトタイプ(Hi)

LED

LED

テールライト定格(制動/尾灯)

13/10.5W

-

テールライトタイプ

LED

LED

スピードメーター表示形式

デジタル

デジタル

メーター表示

ギアポジション 有
燃料計 有
エンジン回転計 有
時計 有
ツイントリップ 有

ギアポジション 有
燃料計 有
エンジン回転計 有
時計 有
ツイントリップ 有

車両装備

ハザードランプ 有
アンチロックブレーキ(ABS) 有
トラクションコントロール 有
スリッパークラッチ 有
キャリア 有

ハザードランプ 有
アンチロックブレーキ(ABS) 有
走行モード切り替え 有
トラクションコントロール 有
バックトルクリミッター機構 有
盗難防止装置 有
DCソケット 有
センタースタンド 有

メーカー希望小売価格/カラーバリエーション

1,350,000円(消費税抜き本体価格 1,250,000円)デジタルシルバーメタリック

1,382,400円(消費税抜き本体価格 1,280,000円)ヴィクトリーレッド/パールグレアホワイト

1,047,600円(本体価格970,000円、消費税77,600円)
マットシルバー1(マットシルバー)、
ディープレッドメタリックK(レッド)、
マットグレーメタリック3(マットグレー)

販売計画台数(国内・年間)

シリーズ合計2,200台(「CRF1000L Africa Twin ABS」と「CRF1000L Africa Twin DCT」の合計)

2,000台

 

CRF1000L Africa TwinとMT-09トレーサーの違いを比較

 

CRF1000L Africa TwinとMT-09トレーサーの違いを比較

 

 

オフでの使用はなしでオンのみだけど、アフリカツインが欲しい自分がいる。周りの人は、MT-09トレーサーにしたら?と言うけど、アフリカツインが欲しい。

 

 

デザインが好きなら好きな方を買えばいいと思うけど、舗装路だけならMT-09トレーサーの方が楽で楽しくて速いと思うよ。

 

 

俺は、アフリカツインかなMT-09トレーサーのサスペンションは、コストダウン丸出しだから。

 

 

オンロードは、MT-09トレーサーの方がアフリカツインより刺激的だけど、アフリカツインのパワーでもなんの不自由もないんだよね。パラツインだからトレーサーみたいな10000rpm超えの吹け上がりの気持ち良さは無いけど、トルクに乗って「ブモモモモー」と牛のように加速するアフリカツインもいい味出してて捨てがたい。

 

 

●MT-09トレーサー
ワインディングメインのツーリング。

 

●アフリカツイン
オフロードも走るツーリング。

 

 

2気筒が好きか3気筒が好きかを試乗して決めればいい。
もし3気筒のアドベンチャーが良かったらトライアンフのタイガーという選択肢もある。

 

 

MT-09トレーサーとアフリカツインで迷う人は、おそらくアフリカツインでオフ走る人ではないと思う。オフ走らないならMT-09トレーサーとの方が使いやすい。

 

 

MT-09トレーサーは、リミッターが効く速度でもずっと走ってられるし、積載性能も変わらず、燃費は21km/L程度はいく。車重も軽いしオンロードである限りアフリカツインより良い。でもそれだけで決めるわけじゃないから好きなの買えばいい。

 

 

アフリカツインは、ライディングスタイルがオフ車そのものだし、パワーが穏やかだから雰囲気で買うと後悔するよ。オンロードで刺激求めて元気に走りたい人は、MT-09トレーサーを買った方がいい。

 

 

俺は、オンロードの幸せに飽きたからアフリカツインに買い換えた。

 

 

同じアドベンチャーカテゴリーでもアフリカツインとMT-09トレーサーでは、開発の出発点から違う。自分も予算の範囲で色々検討したけど、総合的にみてアフリカツインに軍配が上がって買うことにした。

 

 

アフリカツインは、ここ一発の瞬発力がMT-09トレーサーに負ける。やはり100馬力は欲しい。まあアフリカツインでも十分早いと言えば早いけど、オンロードでは、刺激が足りない。でもバイクに急かされることがないから、結果的に疲労度は少ないけど。

 

 

MT-09トレーサーは、パンチがあって良いけど、アフリカツインは大人の乗り味で奥が深い。

 

 

MT-09トレーサーのマルチのスムーズさを取るか。アフリカツインのツインの鼓動感を求めるか。車体の質感は圧倒的にアフリカツインの方が上質。あとは予算、130万円ならMT-09トレーサー。170万円ならアフリカツイン。

 

 

MT-09トレーサーは、前後17インチだし、サスストロークが135mmでMT-09と変わらないしでアフリカツインとは見た目が似てる以外比較対象にならないな。

 

 

アフリカツインの試乗は、まだだけど、とりあえずMT-09トレーサーに試乗してきた。姿勢が凄くいい感じで乗りやすくて気持ち良く乗れた。3気筒の独特なサウンドも悪くなかった。ヤマハの上質さを感じられるバイクだった。

 

 

アフリカツインとMT-09トレーサーとは少しジャンルが違う気がする。オフロード車がほしい人は、アフリカツイン一択。オンロードツーリングバイクとして考えてるから迷う。

 

「CRF1000L Africa Twin」と「MT-09トレーサー」の買取相場をチェック

これをやるとバイクが高く売れる

バイクを売る時に何も知らずに無料査定を依頼すると安く買い叩かれるケースがあります。そうならないために無料査定を依頼する前にバイク買取業者がどういう対応をしてくるか知っておきましょう。

バイクを少しでも高く売るために知っておくこと



また、「バイクの一括査定」を利用すれば
業者の買取価格を比較してバイクを売ることができます。
何社も査定してもらう手間はかかりますが
バイクを高く売る一番確実な方法です。


バイク一括査定で月間利用者数NO.1のサイトは、こちら