ニンジャ650とニンジャ1000の違いを比較

バイクを高く売るためにやるべきこと

バイク買取業者は、どこも安く買い取りたいと思っています。
高値でバイクを売るには、業者を競わすのが一番です。

バイク一括査定で月間利用者数NO.1のサイトは、こちら

また、バイクを高く売るためには、必ず知っておいた方がよいことがあります。特に初めてバイク買取業者を利用する方は、バイクを高く売る方法を読んでから無料査定を依頼しましょう。

Ninja650とNinja1000の違いを比較

 

カワサキ Ninja650の歴史

2012年1月に「Ninja650」が海外で新登場。
欧州で「ER-6n」のフルカウル版が「ER-6f」。その北米仕様のネーミングが「Ninja650R」。2012年にフルモデルチェンジし、よりスポーティな外観となってエンジンやフレームなどのパッケージングが進化し、北米仕様の車名を「Ninja650」に変更。
2013年1月に「Ninja650」をカラーチェンジ。
2014年1月に「Ninja650」をカラーチェンジ。
2015年1月に「Ninja650」をカラーチェンジ。
2016年1月に「Ninja650」をカラーチェンジ。
2017年5月15日に「Ninja650 ABS」をフルモデルチェンジして日本国内で発売。型式は、2BL-ER650H
日本国内で2017年の新型モデルが発売。これまでの海外向け「Ninja650」と同じく並列2気筒エンジンを搭載するがフレームなどは、異なる。多機能メーターにギアポジションも表示。ETC車載器キットを標準装備。
2017年5月15日に「Ninja 650 ABS KRT Edition」を発売。
「Ninja 650 ABS KRT Edition」は、KRTのカラーリングレプリカ。ワールドスーパーバイク選手権の「Ninja ZX-10RR」のイメージをモチーフにしたもの。
2017年8月1日に「Ninja650」をカラーチェンジ。
この年から車名表記からABSの文字が消えたがABSは標準装備。
2017年10月1日に「Ninja 650 KRT Edition」を発売。
「Ninja 650 KRT Edition」もABSが標準装備となり、車名表記からABSの文字がなくなった。
2019年2月1日に「Ninja650」と「Ninja650 KRT EDITON」をカラーチェンジ。

 

 

カワサキ NINJA1000の歴史

2011年1月に新登場。Z1000(3代目)をベースに、ツアラーモデルとして誕生。海外市場専用モデルだったが日本国内でも「逆輸入」で販売。ABS搭載モデルも発売。
2012年1月にカラーチェンジ。
2013年1月にカラーチェンジ。
2014年1月フルモデルチェンジした2代目モデルを発売。
パワーモード選択が可能になり、トラクションコントロールも搭載。専用アクセサリーとしてパニアケース(GIVI製)が設定され、左右それぞれにフルフェイスヘルメットが収納できる。
2015年1月にカラーチェンジ。
2016年1月マイナーチェンジ
アシスト&スリッパークラッチを新搭載し、急激なシフトダウンやシフトミスによる過度のエンジンブレーキを抑え、リアタイヤを安定させた。ABS搭載モデルだけになる。
2017年3月15日に国内仕様の「Ninja1000 ABS」を発売。
型式は、2BL-ZXT00W。ETC車載器を標準装備、パニアケースなどの純正オプションを豊富に用意するなどした。海外仕様の2016年モデルからマイナーチェンジし、カウル形状の変更、LEDヘッドライトに変更。欧州向けモデルの基本構成も日本向けの2017年モデルと同様。車体色は、2色(キャンディライムグリーン×メタリックカーボングレー、メタリックスパークブラック×メタリックグラファイトグレー)。
2017年9月1日にカラーチェンジ。
ABSが標準装備となり、2018年モデルから車名表記からABSの表記を外した。車体色は、2色(メタリックスパークブラック×メタリックグラファイトグレー、メタリックマットフュージョンシルバー×メタリックフラットスパークブラック)。
2018年8月1日にカラーチェンジ。
車体色は、2色(エメラルドブレイズドグリーン×メタリックマットグラファイトグレー、メタリックスパークブラック×メタリックマットカーボングレー)。

 

 

ここでは、
2013年1月発売のカワサキ ニンジャ650と
2013年1月発売のカワサキ ニンジャ1000
の違いを比較しました。

 

 

ニンジャ650とニンジャ1000のスペック表の違い

※数字が大きい方がこの色

車種

カワサキ ニンジャ650

カワサキ ニンジャ1000

発売

2013年

2013年

全長

2110mm

2105mm

全幅

770mm

790mm

全高

1180mm

1170mm

ホイールベース

1410mm

1445mm

シート高

805mm

820mm

最低地上高

130mm

135mm

総重量

209kg

228kg

サスペンション形式(前)

テレスコピック

テレスコピック

サスペンション形式(後)

スイングアーム

スイングアーム

キャスター角

25°

24.5°

トレール(mm)

110

102

ブレーキ形式(前)

ダブルディスク

ダブルディスク

ブレーキ形式(後)

ディスク

ディスク

タイヤサイズ(前)

120/70ZR17 M/C 58W

120/70ZR17 M/C 58W

タイヤサイズ(後)

160/60ZR17 M/C 69W

190/50ZR17 M/C 73W

エンジン種類

水冷4ストロークDOHC4バルブ並列2気筒

水冷4ストロークDOHC4バルブ並列4気筒

総排気量

649cc

1043cc

圧縮比

10.8

11.8

ボア

83mm

77mm

最高出力(kW/rpm)

52(70.7PS)/8000

101.5(138PS)/9600

最大トルク(N・m/rpm)

64(6.5kgf・m)/7000

110(11.2kgf・m)/7800

始動方式

セル

セル

点火方式

フルトランジスタ

デジタル

クラッチ形式

湿式多板

湿式多板

変速機形式

6段リターン

6段リターン

燃料供給方式

インジェクション

インジェクション

潤滑方式

セミドライサンプ

ウエットサンプ

燃料タンク容量

16.0L

19.0L

燃料消費率(km/L)

 

 

カラー/メーカー小売価格

¥819,000 キャンディライムグリーン ¥819,000 パーススターダストホワイト

¥1,239,000 キャンディライムグリーン/メタリックスパークブラック ¥1,239,000 パールスターダストホワイト/メタリックスパークブラック

 

 

 

 

ニンジャ650とニンジャ1000の動画

 

ニンジャ650

 

やさしいバイク解説:カワサキ Ninja 650

 

カワサキ ニンジャ650 バイク試乗ショートレビュー

 

 

ニンジャ1000

 

やさしいバイク解説:カワサキ Ninja 1000

 

KAWASAKI NINJA 1000 インプレ&雑談モトブログ

 

ninja1000 top speed meter278km GPS260

 

 

ニンジャ650とニンジャ1000の比較の口コミ

 

 

ニンジャ650とニンジャ1000って同じシリーズネームだけどコンセプトからして全く違う関連性がないバイク。
どっちが自分の用途に合うか判断できない状態でニンジャ1000を買える金があるならニンジャ1000を買わない理由は無いでしょ。

 

 

ニンジャ650とニンジャ1000は、スポーツツアラーってところだけ同じ。あとは、まったく違うバイク。

 

 

ニンジャ1000は、アクセルを開けなければ重いだけでニンジャ650と変わらない。

 

 

 

ninja1000のエンジンは4気筒。ninja650のエンジンは2気筒。ninja650のパラツインは意外とおもしろい。

 

ニンジャ1000の良い所
650の70PSと比較して138PSの圧倒的なパワー。
調整できるスクリーン(冬や高速巡航で役立つ)。
見た目がカッコいい。

 

ニンジャ650の良い所
1000よりポジションが楽。1000は、ステップが結構後ろにあってがきつい。
1000より約20kg軽くて取り回しが楽だし、乗りこなしやすい。
1000には、劣るがそれでも十分な加速とトルク。

 

 

ライディングポジションは、NINJA650の方がアップライトで楽。燃費も650の方が少し良い。

 

 

普段は、発進加速で全開にすることは、ほぼ無いのでニンジャ650でもニンジャ1000についていける。さすがに高速道路でドカンと開けられると差がでるがニンジャ650でも180km/hは出るし無茶な走りをしなければ十分。

 

 

俺は、NINJA1000よりNINJA650の方がカッコ良く見える。リッタークラスは、どれも太っちょに見えてイマイチ。

 

 

男は、一度リッターに乗らないと気が済まないみたいでリッターを経験してまた下りてくる。そして最後は、650〜750クラスと一生の付き合うことになる。日本の道は、600〜750クラスが一番あってるし、このクラスが万能。乗ればわかる。

 

 

Ninja1000とNinja650で迷って、ほとんどNinja1000に決めてたけど、知人の話では、ツーリングに行くとどこもNinja1000が多いらしい。バイク屋で聞いても、Ninja1000がよく売れるみたいでNinja650の方が希少と言われた。周りと同じなのは嫌だからNinja650に傾きつつある。

 

 

Ninja250、400、650は、比較的似てる方だけど、Ninja1000だけは、キャラが違う。

 

 

ツーリングで渋滞にはまった時は、Ninja650の方が楽。

 

 

Ninja1000に試乗しまくったけど驚くほどの加速。余裕があるのはやっぱりNinja1000。でもパラレルツインがお気に入りだし、どうも4気筒に慣れないから自分にはNinja1000のパワーを使い切れない気がする。それにNinja650でもツーリングでリッターに十分ついていけそうだし、コスパの面からも考えてNinja650にしようと思う。検討し始めたばかりの頃は、「Ninja400から買い換えるならNinja1000だ!650なんか買わない」って思ってたけど実際乗ってみたらNinja650が丁度良かった。

 

 

ワインディングで攻める時、650のツインでもリッターバイクに十分ついていける。でも高速道路で150km/h以上開けた時は、全然違うけど、それやるとすぐ免停になる。リッターは。下があるのでズボラ運転ができるのは、メリット。まあ、サーキットいかない限り650のツインで十分。

 

 

ninja650は、カッコイイけどあまり人気出ないね。大型までは必要ないという人は、ninja400にするし、大型免許取るとninja1000買うからな。

 

 

ninja650と1000は、2発か4発かどっちが好きかで選べばいい。ninja400と違って、ギア比もトルクもパワーも段違いだから、どっちにしても満足は得られるはず。数百kmの長距離ツーリングでは、少しninja1000の方が楽。ただし、ninja650は、車検対応マフラーが無いことと、ninja650に乗ってる仲間に会える可能性が低い。仲間と思って話しかけてもninja400だったりするし、ninja650から400乗りには話しかけづらい。

 

 

2017年3月にモーターサイクルショーで日本仕様のNinja1000のシートを揉んでみたけど硬くなかった。Ninja650と同等か若干硬いくらいかな。

 

日本国内仕様のNinja650とNinja1000の違いを比較

 

ここでは、
2017年5月発売のカワサキ Ninja 650 ABSと
2017年3月発売のカワサキ Ninja 1000 ABS
の違いを比較しました。

 

 

スペック表の違い

※数字が大きい方がこの色

車種名

Ninja 650 ABS

Ninja 1000 ABS

発売年

2017年5月

2017年3月

仕向け・仕様

国内向けモデル

国内向けモデル

全長 (mm)

2055

2100

全幅 (mm)

740

790

全高 (mm)

1135

1185

軸間距離 (mm)

1410

1440

最低地上高 (mm)

130

130

シート高 (mm)

790

815

車両重量 (kg)

193

235

乗車定員(名)

2

2

原動機種類

4ストローク

4ストローク

気筒数

2

4

シリンダ配列

並列(直列)

並列(直列)

冷却方式

水冷

水冷

排気量 (cc)

649

1043

4スト・カム駆動方式

DOHC

DOHC

4スト・気筒あたりバルブ数

4

4

内径(シリンダーボア)(mm)

83

77

行程(ピストンストローク)(mm)

60

56

圧縮比(:1)

10.8

11.8

最高出力(kW)

50

104

最高出力(PS)

68

141

最高出力回転数(rpm)

8000

10000

最大トルク(N・m)

65

111

最大トルク(kgf・m)

6.6

11.3

最大トルク回転数(rpm)

6500

7300

燃料タンク容量 (L)

15

19

燃料(種類)

レギュラーガソリン

ハイオクガソリン

燃料供給方式

フューエルインジェクション

フューエルインジェクション

満タン時航続距離(概算・参考値)

481.5

437

エンジン始動方式

セルフスターター式

セルフスターター式

点火装置

フルトランジスタ式

フルトランジスタ式

点火プラグ標準搭載・型式

CR9EIA-9

CR9EIA-9

点火プラグ必要本数・合計

2

4

搭載バッテリー・型式

YTZ10S

YTX9-BS

エンジンオイル容量※全容量 (L)

2.3

4

エンジンオイル量(オイル交換時) (L)

1.6

3.2

エンジンオイル量(フィルタ交換時) (L)

1.8

3.8

推奨エンジンオイル(SAE粘度)

10W-40

10W-40

ドレンボルトサイズ(呼び径)

12

12

クラッチ形式

湿式・多板

湿式・多板

変速機形式

リターン式・6段変速

リターン式・6段変速

1次減速比

2.095

1.627

2次減速比

3.066

2.733

変速比

1速 2.4370/2速 1.7140/3速 1.3330/4速 1.1110/5速 0.9650/6速 0.8510

1速 2.6000/2速 1.9500/3速 1.6000/4速 1.3880/5速 1.0450/6速 0.9230

動力伝達方式

チェーン

チェーン

スプロケット歯数・前

15

15

スプロケット歯数・後

46

41

チェーンサイズ

520

525

標準チェーンリンク数

114

112

フレーム型式

ダイヤモンド

ダイヤモンド

キャスター角

24°

24.5°

トレール量 (mm)

100

102

ブレーキオイル適合規格

DOT 4

DOT 4

懸架方式(前)

テレスコピックフォーク

テレスコピックフォーク

懸架方式(後)

スイングアーム式

スイングアーム式

燃料消費率 国交省届出(60km/h走行時)(km/L)

32.1

23

燃料消費率 WMTCモード値(km/L)

24

17.5

ブレーキ形式(前)

油圧式ダブルディスク

油圧式ダブルディスク

ブレーキ形式(後)

油圧式ディスク

油圧式ディスク

タイヤ(前)

120/70ZR17

120/70ZR17

タイヤ(前)構造名

ラジアル

ラジアル

タイヤ(前)荷重指数

58

58

タイヤ(前)速度記号

(W)

(W)

タイヤ(前)タイプ

チューブレス

チューブレス

タイヤ(後)

160/60ZR17

190/50ZR17

タイヤ(後)構造名

ラジアル

ラジアル

タイヤ(後)荷重指数

69

73

タイヤ(後)速度記号

(W)

(W)

タイヤ(後)タイプ

チューブレス

チューブレス

ホイールリム形状(前)

MT

MT

ホイールリム幅(前)

3.5

3.5

ホイールリム形状(後)

MT

MT

ホイールリム幅(後)

4.5

6

ヘッドライトタイプ(Hi)

H7

LED

テールライトタイプ

LED

LED

メーター表示

ギアポジション 有

燃料計 有

エンジン回転計 有

時計 有

ツイントリップ 有

 

ギアポジション 有

燃料計 有

エンジン回転計 有

時計 有

ツイントリップ 有

 

車両装備

ハザードランプ 有

アンチロックブレーキ(ABS)有

バックトルクリミッター機構 有

ETC 有

ハザードランプ 有

アンチロックブレーキ(ABS)有

走行モード切り替え 有

トラクションコントロール 有

スリッパークラッチ 有

盗難防止装置 有

 

ニンジャ650とニンジャ1000の日本仕様の違いを比較

 

日本国内仕様のNinja650とNinja1000の比較の口コミ

 

 

Ninja650とNinja1000でNinja1000を買った。Ninja1000にした一番の理由は、1度はリッターに乗ってみたかったし所有感がある。他にもパワー、ハードパニア、多数の電子制御、豊富なカスタムパーツなど。Ninja650のが良かった点は、レギュラーガソリン、コスト(特にタイヤ)、車重の軽さ、足つき。

 

 

Ninja650買って物足りなくなってNinja1000が欲しくなるかもしれないし、Ninja1000買った後に重すぎてNinja650にしとけば良かったってなるかもしれないし悩むね。

 

 

金の問題がなければNinja1000にしたほうがいい。Ninja650乗ってて、Ninja1000に並ばれたらNinja1000が欲しくなるよ。

 

ニンジャ650とニンジャ1000の中古車価格と買取相場

これをやるとバイクが高く売れる

バイクを売る時に何も知らずに無料査定を依頼すると安く買い叩かれるケースがあります。そうならないために無料査定を依頼する前にバイク買取業者がどういう対応をしてくるか知っておきましょう。

バイクを少しでも高く売るために知っておくこと



また、「バイクの一括査定」を利用すれば
業者の買取価格を比較してバイクを売ることができます。
何社も査定してもらう手間はかかりますが
バイクを高く売る一番確実な方法です。


バイク一括査定で月間利用者数NO.1のサイトは、こちら