ホンダ NC750Xの「EBL-RC72」と「EBL-RC90」の違いを比較

バイクを高く売るためにやるべきこと

バイク買取業者は、どこも安く買い取りたいと思っています。
高値でバイクを売るには、業者を競わすのが一番です。

バイク一括査定で月間利用者数NO.1のサイトは、こちら

また、バイクを高く売るためには、必ず知っておいた方がよいことがあります。特に初めてバイク買取業者を利用する方は、バイクを高く売る方法を読んでから無料査定を依頼しましょう。

ホンダ NC750Xの「EBL-RC72」と「EBL-RC90」の違いを比較

 

ホンダ NC750Xが2016年1月26日にフルモデルチェンジされました。

 

ホンダ NC750Xの歴史

2014年1月24日に新登場。型式は、EBL-RC72
「NC750X」、「NC750X TypeLD」、「NC750X<ABS>」、「NC750X TypeLD<ABS>」、「NC750X DCT<ABS>」、「NC750X TypeLD DCT<ABS>」を発売。車体色は、全タイプに新色の3色(マットパールグレアホワイト、パールスペンサーブルー、ソードシルバーメタリック)の設定。
NC750XとタイプLDの違いの比較は、こちら。
2014年4月21日に「E Package」タイプを設定し発売。
NC750XのE Packageは、Type LD、DCT搭載車にタイプ設定した。ETC車載器やスポーツグリップヒーター、DCTチェンジぺダルを装備。車体色は、3色(マットパールグレアホワイト、ソードシルバーメタリック、パールスペンサーブルー)の設定。
2016年1月26日にフルモデルチェンジ。型式は、2BL-RC90
NC750Xはスタイリングを一新。LEDヘッドライト、LEDテールランプを採用し、導光タイプのポジションランプをヘッドライト輪郭に縁取った。ラゲッジボックスの容量を拡大した。フロントサスペンションに「デュアルベンディングバルブ」を採用。リアクッションにはプリロード調整機構を追加。DCT搭載モデルは、Sモードに3種類のレベルを設定できる機能を追加。心地のよいパルス感を向上させる異形断面マフラーや防風効果をさらに高めた大型ウインドスクリーンを採用。車体色は、4色(キャンディーアルカディアンレッド、グリントウェーブブルーメタリック、パールグレアホワイト、マットバリスティックブラックメタリック)の設定。
2017年2月17日にカラーチェンジ。
新色のキャンディープロミネンスレッドを各タイプに追加。従来色の3色(マットバリスティックブラックメタリック、パールグレアホワイト、グリントウェーブブルーメタリック)とあわせて全4色の設定。
2018年4月20日にマイナーチェンジ。
これまでNC750X Dual Clutch Transmission<ABS>のみの設定だった、グリップヒーターとETC車載器を標準装備したE Packageタイプを、新たにマニュアルトランスミッションタイプのNC750X<ABS>にも設定。またNC750X<ABS>E PackageとNC750X Dual Clutch Transmission<ABS>E Packageに、2段階のトルクコントロールとトルクコントロールを必要としないOFF状態の選択が可能なHonda セレクタブル トルク コントロール(HSTC)を採用。シート高は、全タイプ800mmの設定とした。車体色は、3色(キャンディークロモスフィアレッド(新色)、マットガンパウダーブラックメタリック(新色)、パールグレアホワイト)の設定。
2018年11月22日にマイナーチェンジ。
「NC750X」の全タイプにABSとグリップヒーターとHondaセレクタブル トルク コントロール(HSTC)を標準装備。「NC750X」全タイプにETC2.0車載器を標準装備。車体色は、3色(マットバリスティックブラックメタリック(新色)、キャンディークロモスフィアレッド、パールグレアホワイト)の設定。

 

 

ここでは、上の黄色の部分
2014年1月24日発売のホンダ NC750X(EBL-RC72)と
2016年1月26日発売のホンダ NC750X(EBL-RC90)
の違いを比較しました。

 

 

今回のフルモデルチェンジでNC750Xは、スタイリングを一新し、快適な走行が体感できる装備とライダーの感性に訴える官能性能を向上させました。

 

 

ホンダ NC750Xの「EBL-RC72」と「EBL-RC90」のスペック表の違い

※数字が大きい方がこの色

タイプグレード名

NC750X

NC750X

モデルチェンジ区分

新登場

フルモデルチェンジ

型式

EBL-RC72

2BL-RC90

発売日

2014年1月24日

2016年1月26日

仕向け・仕様

国内向けモデル

国内向けモデル

全長 (mm)

2210

2230

全幅 (mm)

840

845

全高 (mm)

1285

1350

ホイールベース (mm)

1540

1535

最低地上高(mm)

165

165

シート高 (mm)

830

830

車両重量 (kg)

217

218

最小回転半径(m)

3

3

乗車定員(名)

2

2

燃料消費率 国交省届出(60km/h走行時)(km/L)

40

42

燃料消費率 WMTCモード値(km/L)

29

28.3

原動機型式

RC70E

RC88E

原動機種類

4ストローク

4ストローク

気筒数

2

2

シリンダ配列

並列(直列)

並列(直列)

冷却方式

水冷

水冷

排気量 (cc)

745

745

カム・バルブ駆動方式

OHC(SOHC)

OHC(SOHC)

気筒あたりバルブ数

4

4

内径(シリンダーボア)(mm)

77

77

行程(ピストンストローク)(mm)

80

80

圧縮比(:1)

10.7

10.7

最高出力(kW)

40

40

最高出力(PS)

54

54

最高出力回転数(rpm)

6250

6250

最大トルク(N・m)

68

68

最大トルク(kgf・m)

6.9

6.9

最大トルク回転数(rpm)

4750

4750

燃料供給方式

フューエルインジェクション

フューエルインジェクション

燃料供給装置形式

-

PGM-FI

燃料タンク容量 (L)

14

14

燃料(種類)

レギュラーガソリン

レギュラーガソリン

満タン時航続距離(概算・参考値)

560

588

エンジン始動方式

セルフスターター式

セルフスターター式

点火装置

フルトランジスタ式

フルトランジスタ式

点火プラグ標準搭載・型式

IFR6G-11K

IFR6G-11K

点火プラグ必要本数・合計

2

2

搭載バッテリー・型式

YTZ14S

YTZ14S

バッテリー容量

12V-11.2Ah 10HR

12V-11.2Ah10HR

エンジン潤滑方式

ウェットサンプ式

ウェットサンプ式

エンジンオイル容量※全容量 (L)

3.7

3.7

エンジンオイル量(オイル交換時) (L)

3.1

3.1

エンジンオイル量(フィルタ交換時) (L)

3.7

3.4

推奨エンジンオイル(SAE粘度)

10W-30

10W-30

クラッチ形式

湿式・多板

湿式・多板

変速機形式

リターン式・6段変速

リターン式・6段変速

1次減速比

1.731

1.731

2次減速比

2.529

2.529

変速比

1速 2.812/2速 1.894/3速 1.453/4速 1.200/5速 1.032/6速 0.837

1速 2.812/2速 1.894/3速 1.453/4速 1.200/5速 1.032/6速 0.837

動力伝達方式

チェーン

チェーン

スプロケット歯数・前

17

17

スプロケット歯数・後

43

43

チェーンサイズ

520

520

標準チェーンリンク数

114

114

フレーム型式

ダイヤモンド

ダイヤモンド

キャスター角

27°00

27°00

トレール量 (mm)

110

110

ブレーキ形式(前)

油圧式ディスク

油圧式ディスク

ブレーキ形式(後)

油圧式ディスク

油圧式ディスク

ブレーキオイル適合規格

DOT 4

DOT 4

懸架方式(前)

テレスコピックフォーク

テレスコピックフォーク

フロントフォークタイプ

正立フォーク

正立フォーク

懸架方式(後)

スイングアーム式

スイングアーム式

ショックアブソーバ本数(後)

1

1

タイヤ(前)

120/70ZR17

120/70ZR17

タイヤ(前)構造名

ラジアル

ラジアル

タイヤ(前)荷重指数

58

58

タイヤ(前)速度記号

(W)

(W)

タイヤ(前)タイプ

チューブレス

チューブレス

タイヤ(後)

160/60ZR17

160/60ZR17

タイヤ(後)構造名

ラジアル

ラジアル

タイヤ(後)荷重指数

69

69

タイヤ(後)速度記号

(W)

(W)

タイヤ(後)タイプ

チューブレス

チューブレス

ホイールリム形状(前)

MT

MT

ホイールリム幅(前)

3.5

3.5

ホイールリム形状(後)

MT

MT

ホイールリム幅(後)

4.5

4.5

ヘッドライト(Hi)

60W/55W

LED

ヘッドライトタイプ(Hi)

H4

-

テールライト

21W/5W

LED

スピードメーター表示形式

デジタル

デジタル

メーター表示

燃料計 有
エンジン回転計 有
時計 有
ツイントリップ 有

ギアポジション 有
燃料計 有
エンジン回転計 有
時計 有
ツイントリップ 有

車両装備

ハザードランプ 有

ハザードランプ 有
盗難防止装置 有

メーカー希望小売価格/カラーバリエーション

¥701,400 パールスペンサーブルー ¥701,400 ソードシルバーメタリック ¥701,400 マットパールグレアホワイト

¥743,040 キャンディーアルカディアンレッド ¥743,040 グリントウェーブブルーメタリック ¥743,040 パールグレアホワイト ¥743,040 マットバリスティックブラックメタリック

販売計画台数(国内・年間)

2,500台

2,200台

 

ホンダ NC750Xの「EBL-RC72」と「EBL-RC90」の違いを比較

 

下記がマイナーチェンジで変更されて箇所です。

 

ホンダ NC750Xの「EBL-RC72」と「EBL-RC90」の違い

  • 視認性に優れた配光のLEDヘッドライトを採用し、存在感を主張。
  •  

  • 導光タイプのポジションランプをヘッドライト輪郭に縁取り個性を演出。
  •  

  • LEDテールランプの採用。
  •  

  • 従来より一段とアドベンチャーイメージを高めたシャープなスタイリングになった。
  •  

  • ラゲッジボックスの容量拡大(21L→22L)
  •  

  • タンクバックなどの取り付けを考慮した、ユーティリティーレールをボックスリッド上面に設定。
  •  

  • フロントサスペンションに「デュアルベンディングバルブ」を採用し、従来のフロントサスペンションに比べ、ピストンスピードに比例させた減衰力を発生させ、乗り心地の向上と制動時のノーズダイブを軽減。
  •  

  • グレーアルマイト処理を施したフォークキャップを採用し、ハンドル周りの高級感を演出。
  •  

  • リアサスペンションには、新たにプリロード調整機構を追加し、タンデム走行時や積載量の状況に応じた調整が可能に。
  •  

  • 新形状の異型断面マフラーは、小型・軽量化を図り運動性能の向上に寄与するとともに、心地のよいパルス感を向上。
  •  

  • 防風効果をさらに高めた大型ウインドスクリーンの採用。従来モデルに比べ上方に70mm高くした。
  •  

  • 液晶メーター表示面積を拡大し「表示色可変新メーター」を採用すると共に、反転液晶の採用により精悍なイメージのメーター表示デザインとなる。他にも、DCT搭載モデルでは、DCTモード表示。Eパッケージタイプでは、グリップヒーターのレベル表示が追加された。
  •  

  • DCT搭載モデルは、デュアル・クラッチ・トランスミッション(DCT)のSモードに3種類のレベルを設定できる機能を追加。好みに合ったギア選択が可能。
  •  

 

 

2016年1月26日にフルモデルチェンジ前後のスペック表の違う部分

 

●発売日
2014年1月24日 → 2016年1月26日

 

●タイプグレード名
NC750X → NC750X

 

●モデルチェンジ区分
新登場 → フルモデルチェンジ

 

●型式
EBL-RC72 → 2BL-RC90

 

●全長 (mm)
2210 → 2230

 

●全幅 (mm)
840 → 845

 

●全高 (mm)
1285 → 1350

 

●ホイールベース (mm)
1540 → 1535

 

●車両重量 (kg)
217 → 218

 

●燃料消費率 国交省届出(60km/h走行時)(km/L)
40 → 42

 

●燃料消費率 WMTCモード値(km/L)
29 → 28.3

 

●原動機型式
RC70E → RC88E

 

●満タン時航続距離(概算・参考値)
560 → 588

 

●エンジンオイル量(フィルタ交換時) (L)
3.7 → 3.4

 

●ヘッドライト定格(Hi)
60W/55W → LED

 

●テールライトタイプ
21W/5W → LED

 

●メーカー希望小売価格
701,400円 → 743,040円

 

●販売計画台数(国内・年間)
2,500台 → 2,200台

 

 

ホンダ NC750Xの「EBL-RC72」と「EBL-RC90」の外観の違いを比較

 

ホンダ NC750Xの「EBL-RC72」と「EBL-RC90」のサイドの違いを比較

 

 

 

ホンダ NC750Xの「EBL-RC72」と「EBL-RC90」の違いに関する口コミ

 

 

シルエットを見るとメットインの蓋の高さがハンドルと同じ高さなってるからここで容量を稼いだな。

 

 

メットインの容量が1L増えた位だといずれにしろXLは入らないだろう。

 

 

俺がカスタムした箇所ばかり変わってる。おそらく以前と変わった所は要望が多かったんだろうね。とはいってもメーターの変更は羨ましい。今載ってるNCのメーターとタイヤはかなり宜しくない。

 

 

外観とメーターが羨ましいな。スクリーンはフラップ無しの70mmアップじゃ足りないし、サスは、どうせ外人仕様だろうし。

 

 

フレームとスイングアーム変わり無し。インナーフェンダー無し。リアフェンダーレス風。メットインは上方向に容量アップ。

 

 

マフラーが今風になったね。メットインの蓋の造形が少し微妙だな。メーターは反転液晶になったがかえって見にくそうな気がする。 ヘッドライトとマフラーが互換性あるのなら積み替えたい。

 

 

インナーフェンダーは欲しかった。リアサスに泥カバーは必要だよ。

 

 

うちのはインテのスイングアーム流用とマフラー交換済みなんで、新型ニュースにさほどショックは受けなかった。デザイン一新してマフラー、メーター、ミッション、サスも変更してってエンジンが同じだけのフルチェンジじゃないのか?

 

 

銀色ホイールが全て台無しにしてる。

 

 

新型は旧型と比較して質感と言うよりは、のっぺり感が減って若干かっこよくなってる感じだ。虫が突っ込むダミーエアーインテークを無くしたのは評価できる。

 

 

どちらかといえば見た目やセッティング見直しレベル。っていいうか廉価で省いてたサスの装備とかを一般レベルにしただけでしょ。だからマイナーチェンジって感じ。デザイン一新って言っても基本的なとこは変わってないし。買い代える程のマイナーチェンジでもないな。

 

 

マフラーだけは良いがまあ、モデルチェンジまで待てばよかったと思わずに済んでよかった。

 

 

外装デザイン変えて見た目良くなったと思ったらホイールが初期インテグラのシルバーのやつになってる。バイクのホイールは黒でなければダメよ。

 

 

Sは現状維持でとことん安く 、Xはある程度上級移行させてツアラーとして価値を上げるっていうので住み分けできて良いと思う。

 

 

モーターショーで実物見てきたけどそばにあったVFR800Xと比べても見劣りしない出来だった。とはいえ近くでよく見たら外装の形状やデザインを複雑にして見栄えを良くしただけで今回も無塗装の樹脂を結構いっぱい使用してるし、生産コスト自体があまり上がってるように見えなかった。

 

 

銀ホイール良いね。シールなり塗るなり個性出しやすい。

 

 

純正オプションにタンクバッグがないけど新型の黒いラインに磁石つけれる。磁石埋め込むDIYは、しなくていい。

 

 

新型のキャリア変わりすぎだろ。

 

 

新型のサスは、調整できる。柔らかいセッティングにすれば少しは高さもマシになるかも。

 

 

新型の標準スクリーンは現行から7cm伸びてる。

 

 

現行の純正ロングスクリーンが14cm高くなってるので新型のスクリーンはそれより7cm低い。現行のやつは、低位置と高位置選べて高位置ロングと比べると10cm低い。

 

 

新型で安っぽい外装は直してきたね。

 

 

新型NCはローでLED3個だな。

 

 

新型は、100キロ巡航で回転数はちょうど3000。150kmで4500。

 

 

旧型の純正ロングスクリーンは、新型に付けられない。

 

NC750Xの中古車価格と買取相場

これをやるとバイクが高く売れる

バイクを売る時に何も知らずに無料査定を依頼すると安く買い叩かれるケースがあります。そうならないために無料査定を依頼する前にバイク買取業者がどういう対応をしてくるか知っておきましょう。

バイクを少しでも高く売るために知っておくこと



また、「バイクの一括査定」を利用すれば
業者の買取価格を比較してバイクを売ることができます。
何社も査定してもらう手間はかかりますが
バイクを高く売る一番確実な方法です。


バイク一括査定で月間利用者数NO.1のサイトは、こちら