シルバーウイング600とスカイウェイブ650の違いを比較

バイクを高く売るためにやるべきこと

バイク買取業者は、どこも安く買い取りたいと思っています。
高値でバイクを売るには、業者を競わすのが一番です。

バイク一括査定で月間利用者数NO.1のサイトは、こちら

また、バイクを高く売るためには、必ず知っておいた方がよいことがあります。特に初めてバイク買取業者を利用する方は、バイクを高く売る方法を読んでから無料査定を依頼しましょう。

シルバーウイング600とスカイウェイブ650の違いを比較

 

ホンダ シルバーウイング600の歴史

2001年4月20日に「シルバーウイング」が新登場。型式は、BC-PF01
発売時の2001年4月当時は、「シルバーウイング」というモデル名。2001年11月に400ccモデルが発売され、シルバーウイング600となった。新開発の排気量582cc並列2気筒DOHCエンジンを搭載。燃料噴射はインジェクション(PGM-FI)、ヘルメット2個収納可能なトランク、電源ソケット付き大型フロントボックス、前14後13インチタイヤ、バックレスト付き大型シート、スイングアームのみが動くリアサスペンション、コンビブレーキ、メーターパネル右下にパーキングブレーキなどを採用。車体色は、2色(フォースシルバーメタリック、プレシャスグレイメタリック)。
2002年2月28日に「シルバーウイング600」をマイナーチェンジ。
車体色に2色追加し、4色(フォースシルバーメタリック、プレシャスグレイメタリック、ピュアブラック、パールミルキーホワイト)となった。
2003年3月25日に「シルバーウイング600」をマイナーチェンジ。また「シルバーウイング600 ABS」をタイプ追加。
マイナーチェンジでは、エンジンマウントのゴムブッシュを見直し(高速走行時のハンドリング向上)。左右のポケットリッドを厚みのある形状に変更。トランクスペース内ランプスイッチなどを改良。ABS(アンチロックブレーキ)搭載モデルを追加(5万円高)。車体色は、シルバーウィング600が2色(パールミルキーホワイト、フォースシルバーメタリック)。シルバーウィング600ABSが2色(ピュアブラック×ムーンストーンシルバーメタリック、パールミルキーホワイト×スパークリングシルバーメタリック)。ABS搭載モデルの車体色はツートーンカラー。非搭載のスタンダードモデルは、単色ボティとなった。
2004年3月25日に「シルバーウイング600」と「シルバーウイング600 ABS」をマイナーチェンジ。
シルバーウイング400に採用されていた、坂道を登る際や二人乗りの際にトルクアップを図る「Tモード」が、シルバーウイング600にも採用され燃費が向上。シート形状も見直され、シート高は10mm低くなった。ABS非搭載モデルは、フロントブレーキディスク径が拡大された。ABS搭載モデルは、メーターパネルデザインやセンタースタンド形状も変更。車体色は、シルバーウィング600が2色(キャンディグローリーレッド、トラッドブルーメタリック)。シルバーウィング600ABSが2色(フォースシルバーメタリック×シールシルバーメタリック、パールミルキーホワイト×スパークリングシルバーメタリック)。
2005年1月21日に「シルバーウイング600」と「シルバーウイング600 ABS」をカラーチェンジ。
シリーズ全モデルで、前後ホイールをブラックに統一。車体色は、シルバーウィング600が2色(キャンディグローリーレッド、パールサイバーブラック)。シルバーウィング600ABSが2色(デジタルシルバーメタリック×ヘビーグレーメタリック、パールミルキーホワイト×デジタルシルバーメタリック)。
2007年2月19日に「シルバーウイング600」と「シルバーウイング600 ABS」をカラーチェンジ。
2007年モデルは、ABS搭載/非搭載モデルともに同じカラーリングとなり、これまでのABS搭載はツートンカラーというのもなくなった。ABS搭載仕様のみ、フロントブレーキキャリパーがゴールド。車体色は、2色(パールサンビームホワイト、パールサイバーブラック)。
2007年12月25日に「シルバーウイング600」と「シルバーウイング600 ABS」をカラーチェンジ。
エンブレム色がゴールドに変更され、ハンドルエンドはクロームメッキとなった。ABS仕様は、 前後ブレーキキャリパーがゴールドになった。
2009年6月5日に「シルバーウイング600」がフルモデルチェンジされ、「シルバーウイングGT600」が発売された。
シルバーウイング600とシルバーウイングGT600の違いの比較は、こちら。

2016年に生産終了。
シルバーウイングの日本仕様全モデルの生産終了が公表された。

 

 

スズキ スカイウェイブ650の歴史

2002年6月1日に「スカイウェイブ650」が新登場。型式は、BC-CP51A
エンジンは、排気量638ccDOHC直列2気筒を搭載。トランスミッションには、二輪車初となる電子制御CVTのSECVTを搭載し、ドライブモードとパワーモード、5速MTモード(後に6速化)との切り換えが可能。フロント15インチ、リヤ14インチの大径ホイールに量産スクーター初のラジアルタイヤを採用。前後ディスクブレーキを採用し、フロントブレーキはダブルディスクを採用。ハンドル下部の収納スペースにはDC電源ソケットを備えた。車体色は、2色(パールグラスホワイト、バリアブルシルバーメタリック)。
2003年3月に特別・限定仕様の「スカイウェイブ650 50周年記念車」
スズキが二輪事業に進出して50周年のアニバーサリーモデル。クリアコート塗装の高級感のあるソリッドクリアブラックを車体色に採用し、クロムメッキのマフラーカバー、ライトスモークのスクリーンなどを採用。通常モデルより9万円高で200台限定発売。
2003年8月21日に「スカイウェイブ650」をマイナーチェンジ。
シート形状を少し細めに変更し、足つき性を向上。フロントフォークなど、足回りをチューニングして走行安定性を高めた。車体色は、2色(ソニックシルバーメタリック、パールネブラーブラック)。
2004年11月に「スカイウェイブ650 リミテッド」を追加。
グリップヒーターを標準装備した「冬季仕様モデル」。ブラックとグレーのツートーンカラーを採用。
スカイウェイブ650とスカイウェイブ650リミテッドの違いの比較は、こちら。
2005年2月に「スカイウェイブ650」をマイナーチェンジ。
CVTのマニュアルモードを6速設定に変更。あらかじめ登録された鍵以外では始動できない、鍵と車体が通信して照合するイモビライザーを装備。マニュアルモードにオーバードライブを追加し、6段変速化、メーターパネルに外気温計、平均燃費を確認できる燃費計を追加。価格は1万円アップ。車体色は、2色(パールグラスホワイト、ソニックシルバーメタリック)。
スカイウェイブ650の2005年2月のマイナーチェンジ前後の違いの比較は、こちら。
2006年1月に「スカイウェイブ650」をカラーチェンジ。
車体色は、角度によってグレーから黒へと色合いを変えるファントムブラックメタリックとオールトグレーメタリックを採用。
2007年1月に「スカイウェイブ650」をカラーチェンジ。
車体色は、オールドグレーメタリック。

2007年12月に「スカイウェイブ650」をカラーチェンジ。
スタンダードのスカイウェイブ650は、このモデルまでとなった。2008年にラインナップが整理され、「スカイウェイブ650LX」に統一された。
スカイウェイブ650とスカイウェイブ650LXの違いの比較は、こちら。

 

 

ここでは、
2001年4月20日発売のホンダ シルバーウイング600(型式 BC-PF01)と
2002年6月1日発売のスズキ スカイウェイブ650(型式 BC-CP51A)
の違いを比較しました。

 

 

シルバーウイング600とスカイウェイブ650のスペック表の違い

※数字が大きい方がこの色

タイプグレード名

シルバーウイング600

スカイウェイブ650

モデルチェンジ区分

新登場

新登場

型式

BC-PF01

BC-CP51A

発売日

2001年4月20日

2002年6月1日

仕向け・仕様

国内向けモデル

国内向けモデル

全長 (mm)

2275

2260

全幅 (mm)

770

810

全高 (mm)

1430

1430

ホイールベース (mm)

1595

1595

最低地上高(mm)

140

125

シート高 (mm)

740

750

乾燥重量 (kg)

215

238

車両重量 (kg)

236

270

最小回転半径(m)

2.8

-

乗車定員(名)

2

2

燃料消費率 国交省届出(60km/h走行時)(km/L)

25

27

原動機型式

PF01E

P506

原動機種類

4ストローク

4ストローク

気筒数

2

2

シリンダ配列

並列(直列)

並列(直列)

冷却方式

水冷

水冷

排気量 (cc)

582

638

カム・バルブ駆動方式

DOHC

DOHC

気筒あたりバルブ数

-

4

内径(シリンダーボア)(mm)

72

75.5

行程(ピストンストローク)(mm)

71.5

71.3

圧縮比(:1)

10.2

11.2

最高出力(kW)

36

37

最高出力(PS)

49

50

最高出力回転数(rpm)

7000

7000

最大トルク(N・m)

53

60

最大トルク(kgf・m)

5.4

6.1

最大トルク回転数(rpm)

5500

5000

燃料供給方式

フューエルインジェクション

フューエルインジェクション

燃料供給装置形式

PGM-FI

-

燃料タンク容量 (L)

16

15

燃料(種類)

レギュラーガソリン

レギュラーガソリン

満タン時航続距離(概算・参考値)

400

405

エンジン始動方式

セルフスターター式

セルフスターター式

点火装置

フルトランジスタ式

フルトランジスタ式

点火プラグ標準搭載・型式

CR8EH-9

CR7E

点火プラグ必要本数・合計

2

2

搭載バッテリー・型式

YTZ12S

FTX14-BS

バッテリー容量

12V-10Ah

12V-43.2kC(12Ah)/10HR

エンジン潤滑方式

ウェットサンプ式

ウェットサンプ式

エンジンオイル容量※全容量 (L)

2.6

3.4

エンジンオイル量(オイル交換時) (L)

2

2.6

エンジンオイル量(フィルタ交換時) (L)

2.2

2.9

推奨エンジンオイル(SAE粘度)

10W-30

10W-40

クラッチ形式

乾式・多板

湿式・多板・遠心

変速機形式

Vベルト式・無段変速

Vベルト式・無段変速

1次減速比

-

1.333

フレーム型式

バックボーン

パイプアンダボーン

キャスター角

28°30

26°10

トレール量 (mm)

105

102

ブレーキ形式(前)

油圧式ディスク

油圧式ダブルディスク

ブレーキ形式(後)

油圧式ディスク

油圧式ディスク

ブレーキオイル適合規格

DOT 4

DOT 4

懸架方式(前)

テレスコピックフォーク

テレスコピックフォーク

フロントフォークタイプ

-

正立フォーク

懸架方式(後)

スイングアーム式

ユニットスイング式

タイヤ(前)

120/80-14

120/70R15

タイヤ(前)構造名

バイアス

ラジアル

タイヤ(前)荷重指数

58

56

タイヤ(前)速度記号

S

H

タイヤ(前)タイプ

チューブレス

チューブレス

タイヤ(後)

150/70-13

160/60R14

タイヤ(後)構造名

バイアス

ラジアル

タイヤ(後)荷重指数

64

65

タイヤ(後)速度記号

S

H

タイヤ(後)タイプ

チューブレス

チューブレス

ホイールリム形状(前)

MT

MT

ホイールリム幅(前)

2.75

3.5

ホイールリム形状(後)

MT

MT

ホイールリム幅(後)

4.5

4.5

タイヤ標準指定空気圧(乗車定員時・前)

2

-

タイヤ標準指定空気圧(乗車定員時・後)

2.5

-

ヘッドライト定格(Hi)

55W

60W/55W

ヘッドライトタイプ(Hi)

H7

-

ヘッドライト定格(Lo)

55W

-

ヘッドライトタイプ(Lo)

H7

-

テールライト定格(制動/尾灯)

21/5W ×2

21/5W ×2

メーター表示

燃料計 有
エンジン回転計 有
時計 有
ツイントリップ 有

燃料計 有
エンジン回転計 有
時計 有
ツイントリップ 有

車両装備

ハザードランプ 有
前後連動式ブレーキ 有
パーキングブレーキ 有
ヘルメット収納 有
シート下収納(シート下トランク) 有
センタースタンド 有

パーキングブレーキ 有
走行モード切り替え 有
DCソケット 有
ヘルメット収納 有
シート下収納(シート下トランク) 有

メーカー希望小売価格/カラーバリエーション

749,000円 フォースシルバーメタリック、プレシャスグレイメタリック

859,000円 バリアブルシルバーメタリック、パールグラスホワイト

販売目標台数

3,000台(年間/国内)

20,000台(年間/国内・海外合計)

 

シルバーウイング600とスカイウェイブ650の違いを比較

 

シルバーウイング600とスカイウェイブ650の違いを比較

 

 

2001年4月20日に「シルバーウイング600」が発売された。ビッグスクーターの人気が高まった2000年3月にフォルツァを発売したホンダが、さらに排気量の大きいスクーターを投入してきた。「シルバーウイング600」のエンジンは、水冷4スト並列2気筒、582ccで、当時スクーターとして世界最大の排気量だった。しかし、2002年6月にスズキが「スカイウェイブ650」を発売。排気量は638ccで当時の量産スクーターとしては世界最大の排気量となった。さらに「スカイウェイブ650」の自動変速機には、量産車として初の電子制御式のCVTを採用し、走行状況に応じて変速パターンを切り替えられた。手動5段変速機構も選択可能だった。

 

「シルバーウイング600」は、2003年3月にABSを搭載したモデルが追加設定され、2004年3月に「シルバーウイング600」にスイッチ操作で中低速域のトルクを増加させる「Tモード」が装備された。

 

「スカイウェイブ650」は、2004年1月に上級モデルの「スカイウェイブ650LX」をタイプ追加。ABSが標準装備となり、サイドミラーが電動格納式となり、タンデムライダー用の背もたれも装備された。

 

 

シルバーウイング600
2001年(新登場)-2016年(生産終了)
シルバーウイングGT600
2009年(新登場)-2016年(生産終了)

 

スカイウェイブ650
2002年(新登場)-2008年(生産終了)
スカイウェイブ650LX
2004年(新登場)-2018年(生産終了)

 

 

スカイウェイブ650には、量産二輪車で世界で初採用の電子制御CVTシステムが装備されてる。走行状況に応じて、オートマチックの変速パターンを「パワーモード」 or 「ノーマルモード」に選択できるほか、手動変速モードにより5段階のマニュアル変速操作も選択でき、下り坂でのエンジンブレーキの使用や、手動変速によるスポーティーな走りを楽しめる。

 

 

シルバーウイング600
前輪に14インチ、後輪に13インチ

 

スカイウェイブ650
前輪に15インチ、後輪に14インチ

 

 

シルバーウイング600は、フロントブレーキがディスク。
スカイウェイブ650は、フロントブレーキがダブルディスク。

 

 

俺は、スカイウェイブ650より車重が20kg軽くて、タンク容量が1リットル大きいシルバーウイング600にした。

 

 

シルバーウイング600は、
B4サイズのアタッシェケースや、フルフェイスヘルメット2個を収納できる大容量55リットルのシート下スペースを装備。さらにインストルメントパネル左右に使い勝手の良い収納スペースを装備。左側は、キーロック付きでレインコートなどを収納できる大容量6L。右側は、チケットなど小物を収納できる1.5L容量。インストルメントパネル右下に、操作性の良いパーキングブレーキレバーを装備。

 

スカイウェイブ650は、
A3サイズのアタッシュケースも収納可能な容量56リットルのシート下スペースを装備。さらにハンドル下部のダッシュボードに3箇所の独立した収納スペースを設け、センターの収納スペース中には、DC電源ソケットを装備。ダッシュボード右下に操作性の高いブレーキロックを装備した。

 

 

国内仕様をノーマルで比較するとこんな感じじゃなかったかな。

 

スカイウェイブ650(Mモード) > シルバーウイング600 > スカイウェイブ650(Mモード以外)

 

 

俺は、普段スカイウェイブ650LXに乗ってて、以前レンタルでシルバーウィングGT600を借りて横浜から名古屋に行ったことある。感想としては、どっちもどっちって感じ。スカイウェイブ650LXよりシルバーウィングGT600の方が軽い。シート下トランクは、大して変わらない印象だったけど、スカイウェイブ650LXの方が少し使いやすいと思った。スカイウェイブ650LXは、ホイールが大きいから最高速時ハンドルは安定してた。シルバーウィングGT600よりフロントが少し重いためのグリップ力かな。シルバーウィングGT600は、最高速あたりになるとハンドルがブルブル震える。フロントが少し浮いてる感じ。シルバーウィングGT600のTモードは、スカイウェイブ650LXのパワーモードとなんら変わらなかった。シルバーウィングGT600は、シンプルにTモードだけ搭載。スカイウェイブ650LXは、ミッションモード付。フロントブレーキは、シルバーウィングGT600がシングルディスク、スカイウェイブ650LXがダブルディスクで最高速からの制動力はスカイウェイブ650LXの方が良かった。車体サイズは、フォルツァを一回り大きくしたシルバーウィングGT600よりスカイウェイブ650LXの方が圧倒的に大きい。押し歩きは、ギア満載のスカイウェイブ650LXはかなり重い。シルバーウィングGT600は至って普通。価格は、シルバーウィングGT600は、安いけど、スカイウェイブ650LXは、凄く高い。

 

シルバーウイング600とスカイウェイブ650の中古車価格と買取相場

これをやるとバイクが高く売れる

バイクを売る時に何も知らずに無料査定を依頼すると安く買い叩かれるケースがあります。そうならないために無料査定を依頼する前にバイク買取業者がどういう対応をしてくるか知っておきましょう。

バイクを少しでも高く売るために知っておくこと



また、「バイクの一括査定」を利用すれば
業者の買取価格を比較してバイクを売ることができます。
何社も査定してもらう手間はかかりますが
バイクを高く売る一番確実な方法です。


バイク一括査定で月間利用者数NO.1のサイトは、こちら