250TRとFTR223の違いを比較

バイクを高く売るためにやるべきこと

バイク買取業者は、どこも安く買い取りたいと思っています。
高値でバイクを売るには、業者を競わすのが一番です。

バイク一括査定で月間利用者数NO.1のサイトは、こちら

また、バイクを高く売るためには、必ず知っておいた方がよいことがあります。特に初めてバイク買取業者を利用する方は、バイクを高く売る方法を読んでから無料査定を依頼しましょう。

250TRとFTR223の違いを比較

 

カワサキ 250TRの歴史

2002年2月に250TRが発売。型式は、BA-BJ250F
1970年発売の2ストオフロードモデル250TRの名前を継いだ2代目が発売。先代はデュアルパーパスタイプで2代目はストリート系のオンロードバイク。エンジンは、249cc空冷4ストロークSOHC2バルブ単気筒で同系エンジンを搭載するエストレヤと兄弟車。フロント19インチ、リア18インチの大径ホイール、キャラメルブロックパターンのタイヤ、7Lの燃料タンク、ブリッジ付のワイドハンドルバーなどを採用。
2003年2月に250TRをカラーチェンジ。
2003年11月に250TRをカラーチェンジ。
2004年12月に250TRをカラーチェンジ。
2005年12月に250TRをカラーチェンジ。
2007年2月に250TRをマイナーチェンジ。型式は、JBK-BJ250F
燃料供給方式にフューエルインジェクションを採用。環境対応と始動性が向上。ハンドルバーの左右幅を30mm短縮させて乗りやすくなった。
2007年12月に250TRをカラーチェンジ。
2009年7月に250TRをカラーチェンジ。
2010年7月に250TRをカラーチェンジ。
2011年7月に250TRをカラーチェンジ。
2012年7月に250TRをカラーチェンジ。
2013年モデルが最終モデルとなる。

 

 

ホンダ FTR223の歴史

2000年9月8日に新登場。
型式は、BA-MC34
2001年6月29日にカラーチェンジ。
燃料タンク、フレーム、フロントフェンダーの3ヶ所に設定した色を組み合わせた70タイプの中から、自分に合った色の組み合わせを選択し注文できるカラーオーダープランを採用。
2002年2月15日にマイナーチェンジとスペシャルモデルの「FTR223D」を限定発売。
スペシャルモデルFTR223Dは、1986年に発売したFTR250を彷彿させる赤白ツートンシートとマグネシウムカラーのクランクケースを採用。マイナーチェンジでは、新たに採用した前後アルミリムにクリアアルマイトを施し、ダートでの走行性能を一段と高めてた。また、盗難抑止システムとして別売の「アラームキット」(ホンダアクセス製)が装備できるプレワイヤリングを装備。
2003年3月24日にマイナーチェンジ。
フラットトラッカーイメージの強いトリコロールカラータイプのスタイリングは継続し、モノトーンタイプのスタイリングをストリートイメージに変更。モノトーンタイプは、これまでのゼッケンプレート型サイドカバーを小型のものに変更。ハンドル幅の短縮とハンドルの形状を見直し、街中での扱いやすさを向上。また全タイプでメーターカバー、ヘッドライトカバー、バックミラー、タンクキャップにシルバークロームメッキを施し、高級感を高めた。標準色には、モノトーンカラータイプ3色にトリコロールカラータイプを併せた4色を設定。さらに、カラーオーダープランも。
2004年1月30日にカラーを追加。
スタンダードプランのカラーリングに、現行色のキャンディタヒチアンブルー、ブーンシルバーメタリック、トリコロールに加え、新たにキャンディブレイズオレンジを採用し、合計4色を設定。さらに、カラーオーダープランで11タイプを設定。
2005年1月28日にカラーリングを変更。
前後ホイールとフロントフォークケースにブラックを採用。トリコロールカラータイプでは、1984年にアメリカのフラットトラックレースに参戦し、シリーズチォンピオンを獲得したHonda「RS750D」イメージのパールヘロンブルーとキャンディルシッドレッド、シャスタホワイトの3色をタンクに配したカラーリングに変更。また、ホワイトのリアフェンダーとブラックのハンドルバーを採用し、スポーティーなイメージを強調。ソリッドカラータイプでは、タンクストライプを廃して、鮮やかなキャンディタヒチアンブルーと精悍なブラック、落ち着きのあるバージンベージュを採用。トリコロールタイプと合わせスタンダードプランとして合計4色を設定。さらに、ソリッドカラータイプには、タンクとサイドカバーの組み合わせとフレームで、カラーリングを9タイプから選択できるカラーオーダープランを採用。合計で13通り(内4タイプはスタンダードプランで設定)のカラーリングから選べる。
2006年11月17日にカラーリングを変更。
ヘッドライトケースとメーターケースをブラックとし、精悍さを強調。さらにトリコロールカラーは、ツートーンカラーのシートを採用し、タンクマークの色をイエローに変更、モノトーンカラーは、フロントフェンダーとバックミラーをブラック、リアサスペンションとプラグキャップをイエローとしてスポーティーなイメージを演出。車体色は、新色のグラファイトブラックとキャンディーブレイズオレンジに加え、現行色のキャンディータヒチアンブルーの3色を設定し、トリコロールカラーと合わせて合計4色を設定。
2007年11月20日にマイナーチェンジ。
型式は、JBK-MC34

キャブレターのセッティング変更により、より適正な混合気の供給を可能とし、排気ガスを浄化する触媒装置をエキゾーストパイプ内とマフラー内にそれぞれ採用し、平成18年国内二輪車排出ガス規制に適合。排出ガスのクリーン化とより低・中速域を重視した出力特性とし、市街地において力強い走りを実現。タイプ設定は、ソリッドカラーのスタンダードタイプ、燃料タンクにストライプを配しメッキヘッドライトケースなどを採用したデラックスタイプ、大型のサイドカバーや幅広のハンドルなどで、フラットトラッカースタイルを強調したトリコロールカラータイプの3つのバリエーション。スタンダードとデラックスタイプには、車体色とコーディネートさせたツートーンカラーのシートを新たに採用し、よりスポーティーなスタイリングとした。
2016年に生産終了を公表。

 

 

ここでは、
2007年2月発売のカワサキ 250TR(JBK-BJ250F)と
2007年11月20日発売のホンダ FTR223(JBK-MC34)
の違いを比較しました。

 

 

スペック表の違い

※数字が大きい方がこの色

車種名

250TR

FTR トリコロールタイプ

モデルチェンジ区分

マイナーチェンジ

マイナーチェンジ

発売年月

2007年2月

2007年11月

型式

JBK-BJ250F

JBK-MC34

仕向け・仕様

国内向けモデル

国内向けモデル

全長 (mm)

2100

2080

全幅 (mm)

870

910

全高 (mm)

1095

1115

軸間距離 (mm)

1420

1395

最低地上高 (mm)

165

175

シート高 (mm)

775

780

乾燥重量 (kg)

136

-

車両重量 (kg)

-

128

乗車定員(名)

2

2

原動機種類

4ストローク

4ストローク

気筒数

1

1

シリンダ配列

単気筒

単気筒

冷却方式

空冷

空冷

排気量 (cc)

249

223

4スト・カム駆動方式

OHC(SOHC)

OHC(SOHC)

4スト・気筒あたりバルブ数

2

2

内径(シリンダーボア)(mm)

66

65.5

行程(ピストンストローク)(mm)

73

66.2

圧縮比(:1)

9

9

最高出力(kW)

14

16

最高出力(PS)

19

16

最高出力回転数(rpm)

7500

7000

最大トルク(N・m)

19

18

最大トルク(kgf・m)

1.9

1.8

最大トルク回転数(rpm)

6000

5500

燃料タンク容量 (L)

6.6

7.2

燃料供給方式

フューエルインジェクション

キャブレター

エンジン始動方式

セルフスターター式

セルフスターター式

点火装置

-

C.D.I.式

点火プラグ標準搭載・型式

DR8EA

DPR8EA-9

搭載バッテリー・型式

YTX7L-BS

YTZ7S

エンジンオイル容量※全容量 (L)

2

1.2

クラッチ形式

湿式・多板

湿式・多板

変速機形式

リターン式・5段変速

リターン式・5段変速

1次減速比

3.363

3.09

2次減速比

2.533

3.23

変速比

1速 2.6360/2速 1.7330/3速 1.3000/4速 1.0500/5速 0.8330

1速 2.7690/2速 1.7220/3速 1.2630/4速 0.9600/5速 0.8140

動力伝達方式

チェーン

チェーン

スプロケット歯数・前

15

13

スプロケット歯数・後

38

42

チェーンサイズ

520

520

標準チェーンリンク数

104

110

フレーム型式

-

セミダブルクレードル

キャスター角

-

25°45

トレール量 (mm)

-

84

懸架方式(前)

テレスコピックフォーク

テレスコピックフォーク

懸架方式(後)

スイングアーム式

スイングアーム式

燃料消費率 国交省届出(60km/h走行時)(km/L)

41

43

ブレーキ形式(前)

油圧式ディスク

油圧式ディスク

ブレーキ形式(後)

機械式リーディングトレーリング

機械式リーディングトレーリング

タイヤ(前)

90/90-19

120/90-18

タイヤ(前)構造名

バイアス

バイアス

タイヤ(前)荷重指数

52

65

タイヤ(前)速度記号

P

P

タイヤ(前)タイプ

チューブタイヤ

チューブタイヤ

タイヤ(後)

110/90-18

120/90-18

タイヤ(後)構造名

バイアス

バイアス

タイヤ(後)荷重指数

61

65

タイヤ(後)速度記号

P

P

タイヤ(後)タイプ

チューブタイヤ

チューブタイヤ

ホイールリム幅(前)

1.85

2.5

ホイールリム幅(後)

2.15

3

メーカー小売価格

388000円

430500円

 

250TRとFTR223の違いを比較

 

250TRとFTR223の比較の口コミ

 

 

林道や山道を楽しむならオフ車が良いけどオフ車のデザインが嫌って人には、FTR223がおすすめ。エンジンが元気で足回りもオフでも結構いけるし軽快で楽しい。250TRは、ロングストロークの鼓動感を感じつつ、景色見ながら田舎の舗装道路をのんびり走るのが快適。

 

 

FTR223は、250TRとエンジン特性が全く異なる。FTR223は、エイプのように回して乗るエンジン。

 

 

FTR223は、回すと気持ちいいからブンブン回したくなる。250TRは、回すと不快な振動が出るだけで全然速くないから回さずにマッタリ乗るのがいい。

 

 

二人乗り時での快適性
ST250 > エストレヤ > FTR223 >> 250TR

 

 

FTR223は、2007年11月の規制前は、19馬力あったけど、規制後に16馬力になった。今は、250TRが19馬力だからパワーが上だけど250TRの方が車重が重くて燃費が悪い。まあ、キャブレターとフューエルインジェクションの感覚の差もあるし、自分の好みにあうほうを買えばいい。

 

 

250TRとFTR223で決め手になったのが店長の「うちはカワサキは扱ってないよ。」って一言だった。

 

 

250TR乗りだけど、友達のFTR223に乗らせてもらった。250TRより低回転のトルクが無くて回転を上げるほどパワーが出る感じだった。振動も少なくスムーズだから回して乗ったら楽しい。でも逆に回さなきゃ楽しくないとも思った。250TRは、回しても楽しくないが中低回転でドコドコ加速して鼓動感を感じるのが気持ち良いから回さなくても楽しい。まあこれは、好みの問題だと思うけど、自分には250TRがあってた。

 

 

オフごっこをしたけりゃFTR223のがいい。足回りもいいし、エンジンが気持ちよく吹け上がる。250TRは、オンロードを低回転でのんびり流すバイクだよ。

 

 

250TRは、低回転で走るとタタタタって加速して気持ち良い。でも回したら振動だけで気持ち良く伸びない。FTR223は、回すほどパワーが出るし振動もそんなに無いから高回転が気持ち良く使える。でもFTR223は、低回転のトコトコ感が少ない。

 

 

250TRは、見た目としては、ビンテージオフなんで軽快に走りそうだけど、250TRのエンジンは、元々が低回転でトコトコ走る用のエストレヤのエンジンだから見た目とエンジン特性にギャップがある。車体も重いし。FTR223は、250ccの時よりかなり性能が落ちたけど250TRと比べれば元気な方。河川敷や林道を楽しく走りたい人は、FTR223買った方が幸せになれるよ。

 

 

振動マニアの人には、バランサーが付いてないFTR223がおすすめ。

 

 

250TRもいいけど、タンク容量が6.6Lしかないからな。FTR223の7.2Lでも少ないのに。

 

 

タイヤ
●250TR
前90/90-19
後110/90-18
●FTR223
前120/90-18
後120/90-18

 

 

タイヤは、250TRの方がかなり細い。

 

●タイヤが細いことによるデメリット
タイヤのお接地面積が少ない分、タイヤの絶対的グリップが少なくなる。

 

●タイヤが細いことによるメリット
タイヤの接地面積が小さいので転がり抵抗が低くなる。駆動輪の場合、エンジンパワーがタイヤのグリップにくわれる率が減るので小馬力車の場合有利。また、グリップが強くないのでチェーンやスプロケなどの駆動系の消耗が少ない。幅が小さい分、同じ倒しこみでも中心から端までの距離が短いので速く倒れる。

 

 

俺は、250TRに試乗して、とにかく曲がりにくかったからFTR223を買った。

 

250TRとFTR223の中古車価格と買取相場

これをやるとバイクが高く売れる

バイクを売る時に何も知らずに無料査定を依頼すると安く買い叩かれるケースがあります。そうならないために無料査定を依頼する前にバイク買取業者がどういう対応をしてくるか知っておきましょう。

バイクを少しでも高く売るために知っておくこと



また、「バイクの一括査定」を利用すれば
業者の買取価格を比較してバイクを売ることができます。
何社も査定してもらう手間はかかりますが
バイクを高く売る一番確実な方法です。


バイク一括査定で月間利用者数NO.1のサイトは、こちら