バリオス2とバンディット250の違いの比較

バイクを高く売るためにやるべきこと

バイク買取業者は、どこも安く買い取りたいと思っています。
高値でバイクを売るには、業者を競わすのが一番です。

バイク一括査定で月間利用者数NO.1のサイトは、こちら

また、バイクを高く売るためには、必ず知っておいた方がよいことがあります。特に初めてバイク買取業者を利用する方は、バイクを高く売る方法を読んでから無料査定を依頼しましょう。

バリオス2とバンディット250の違いの比較

 

カワサキ バリオスの歴史

1991年4月にバリオスが新登場。型式は、ZR250A
カワサキのレーサーレプリカ「ZXR250」の249ccの水冷4スト直列4気筒DOHC4バルブエンジンを中低速重視にリセッティング、シリンダーに空冷風のフィンを加え、左右のクランクケースカバーの形状などを変更。最高回転数は19000rpmで甲高い排気音が特徴。ネイキッドで軽量な車体と低いシート高、高いハンドルポジション、大径ディスクブレーキを採用、モノショック式リアサスペンションを採用、メッキされた砲弾型のメーターを採用。
1992年3月にバリオスをカラーチェンジ。
1993年2月にバリオスをマイナーチェンジ。
エンジンの出力が43psから40psに変更。
1994年3月にバリオスをマイナーチェンジ。
ハザードランプが追加されるなどした。
1995年3月にバリオスをマイナーチェンジ。
メーターに燃料計が追加された。
1996年3月にバリオスをカラーチェンジ。
赤白のツートーンカラーが1000台限定で販売。翌年の1997年には、後継モデルのバリオス2が発売。
1997年2月にバリオス2が新登場。型式は、ZR250B
バリオスの発展モデルとして1997年にバリオス2が登場。バリオスとの違いは、リヤサスペンションがモノショックから2本ショックへ変更された。この変更で外観のトラッドさがより強調。新たにスロットルポジションセンサー付きのキャブレターを採用し、エンジンレスポンスが向上した。
バリオスとバリオス2の違いの比較は、こちら。
1998年7月にバリオス2をカラーチェンジ。
2000年4月にバリオス2をマイナーチェンジ。型式は、BA-ZR250B

平成11年排出ガス規制に対応し、タンク容量が14Lとなった。
バリオス2の「ZR250B」と「BA-ZR250B」の違いの比較は、こちら。
2001年12月にバリオス2をカラーチェンジ。
2002年12月にバリオス2をカラーチェンジ。
2003年12月にバリオス2をカラーチェンジ。
2004年12月にバリオス2をカラーチェンジ。
2005年3月に特別・限定仕様のバリオス2イモビアラームセレクションを発売。
イモビライザー付き盗難抑止アラームがつき、200台限定で発売された。
2005年12月にバリオス2をマイナーチェンジ。
マルチリフレクターヘッドランプを採用。
2007年3月にバリオス2をカラーチェンジ。
自動車排出ガス規制の強化で2007年8月末に生産を終了。

 

 

スズキ バンディット250の歴史

1989年12月に「バンディット250」の日本国内仕様が新登場。型式は、GJ74A
バンディット250は、バンディット400と共通の車体構成を持つ。純正仕様でセパレートハンドルとバーハンドルを選択できた。車体色は、5色(ブラック、マーブルアドリアティックブルー、パールコスメーティホワイト、マーブルピュアーレッド、レスターテイタリアーノグリーン)。マーブルピュアーレッドとレスターテイタリアーノグリーンは、ホイールが白色。他は銀色。
1990年4月に「バンディット250」をマイナーチェンジ。
パイプハンドル仕様車(アップポジションのバーハンドル)となった。車体色は、1色(ブラック)。ホイールは銀色。
1991年5月に「バンディット250LTD(リミテッド)」をタイプ追加。
「バンディット250LTD(リミテッド)」は、ハーフタイプのロケットカウルを装備。ハンドルはセパレートタイプ。ツートーンのグラフィックカラーとボディ別色のフレーム塗装に専用のホイールカラーを用意。車体色は、2色(スペースブラック× レガートゴールドNo.2※フレーム黒色。ホイール金色 、 キャンディジプシーレッドNo.3×トラディショナルシルバーメタリック※フレームが銀色。ホイールが黒色。)。
1992年9月に「バンディット250」をマイナーチェンジ。
250ccクラスのエンジン出力の自主規制値が45ps→40psに変更され、40psとなった。セパレートハンドル仕様車。車体色は、4色(ルージュレッドNo.2、プライムグリーン※ホイール白色 、 ブラック、キャンディースターリットブルーメタリック※ホイール銀色)。
1993年5月に「バンディット250LTD(リミテッド)」をマイナーチェンジ。
1992年に250ccクラスのエンジン出力の自主規制値が45ps→40psに変更され、40psとなった。出力特性の変更にあわせて変速比などを変更。車体色は、1色(ルージュレッドNo.2)。ボディは、ツートンから単色塗装となった。ホイールは銀色。ハンドルはセパレートタイプ。
1993年10月に「バンディット250」をカラーチェンジ。
車体色は、2色(パールノベルティブラック、キャンディアンタレスレッド)。ホイールは銀色。セパレートハンドル仕様車。
1995年1月に「バンディット250」をフルモデルチェンジ。また「バンディット250V」をタイプ追加。型式は、GJ77A
ほとんど全ての外装を変更。スイングアームなどがアルミ製となり、約10kg軽量化された。エキパイの取り回しがバンディット400と似たものとなり、シート下のスペースも設けられた。車体色は、7色(パールノベルティブラック、フロリーナイエロー、キャンディアンタレスレッド、マーブルイタリアンレッド、ディープパープルメタリック、キャンディーアカデミーマルーン、アーバンミディアムグレーメタリック)。フロリーナイエローとマーブルイタリアンレッドは、フレームが「チャコールグレーメタリックNo.2」の別色塗装。他はフレームがボディと同色塗装。「バンディット250V」は、バルブタイミングがエンジン回転によって可変するVCエンジン搭載モデル。VCエンジンは、エンジンヘッドカバーとディスクブレーキのインナーローター(ディスクローターの内側)が赤色で塗装された。車体色は、4色(パールノベルティブラック、フロリーナイエロー、キャンディアンタレスレッド、マーブルイタリアンレッド)。フロリーナイエローとマーブルイタリアンレッドは、フレームが「チャコールグレーメタリックNo.2」の別色塗装。他はフレームがボディと同色塗装。ハンドルは、どちらもコンチネンタルタイプで共通。
1996年5月に「バンディット250」と「バンディット250V」をカラーチェンジ。
車体色は、どちらも4色(パールノベルティブラック、キャンディアンタレスレッド、フロリーナイエロー、マーブルイタリアンレッド)。フロリーナイエローとマーブルイタリアンレッドは、フレームが「チャコールグレーメタリックNo.2」の別色塗装。他は、フレームがボディと同色塗装。ハンドルはコンチネンタルタイプでどちらも共通仕様。

1997年2月28日に「バンディット250」と「バンディット250V」をカラーチェンジ。また「バンディット250VZ」をタイプ追加。
車体色は、どちらも4色(パールノベルティブラック、フラッシュシルバーメタリック、キャンディアンタレスレッド、キャンディダスクブルー
)。フレームはボディと同色塗装。ハンドルはコンチネンタルタイプでどちらも共通仕様。「バンディット250VZ」は、可変バルブタイミング機構付きのVCエンジンを搭載し、ビキニカウル(メーターバイザー)を装備。ハンドルは、バータイプのハンドルからセパレートタイプに変更。車体色は、4色(パールノベルティブラック、フラッシュシルバーメタリック、マーブルイタリアンレッド、マーブルアステカオレンジ×パールノベルティブラック)。「マーブルアステカオレンジ×パールノベルティブラック」は、フレームが「パールノベルティブラック」。他は、フレームがボディと同色塗装。
2000年にバンディット250シリーズは、生産終了。
バンディット250の後継モデルは、カワサキ バリオス2がスズキへOEM供給され、「GSX250FX」の名称で販売されたモデル。
バンディット250とGSX250FXの違いの比較は、こちら。

 

 

ここでは、
1997年2月発売のカワサキ バリオス2(ZR250B)と
1997年2月28日発売のスズキ バンディット250(GJ77A)
の違いを比較しました。

 

 

スペック表の違い

※数字が大きい方がこの色

タイプグレード名

バリオス2

バンディット250

モデルチェンジ区分

新登場

カラーチェンジ

型式

ZR250B

GJ77A

発売日

1997年2月

1997年2月28日

仕向け・仕様

国内向けモデル

国内向けモデル

全長 (mm)

2070

2050

全幅 (mm)

735

730

全高 (mm)

1055

1055

ホイールベース (mm)

1400

1415

最低地上高(mm)

150

140

シート高 (mm)

745

-

乾燥重量 (kg)

147

144

車両重量 (kg)

-

169

乗車定員(名)

2

2

燃料消費率 国交省届出(60km/h走行時)(km/L)

42

41

原動機型式

ZX250CE

J708

原動機種類

4ストローク

4ストローク

気筒数

4

4

シリンダ配列

並列(直列)

並列(直列)

冷却方式

水冷

水冷

排気量 (cc)

249

248

カム・バルブ駆動方式

DOHC

DOHC

気筒あたりバルブ数

4

4

内径(シリンダーボア)(mm)

49

49

行程(ピストンストローク)(mm)

33.1

33

圧縮比(:1)

12.2

12.5

最高出力(PS)

40

40

最高出力回転数(rpm)

15000

14000

最大トルク(kgf・m)

2.4

2.5

最大トルク回転数(rpm)

10000

10000

燃料供給方式

キャブレター

キャブレター

燃料供給装置形式

CVK30×4

-

燃料タンク容量 (L)

15

15

燃料タンク・リザーブ容量 (L)

3.8

-

燃料(種類)

レギュラーガソリン

レギュラーガソリン

エンジン始動方式

セルフスターター式

セルフスターター式

点火装置

フルトランジスタ式

フルトランジスタ式

点火プラグ標準搭載・型式

CR9E

CR7E

点火プラグ必要本数・合計

4

4

搭載バッテリー・型式

YTX7L-BS

YTX7A-BS

バッテリー容量

12V-6Ah

12V-6Ah

エンジン潤滑方式

ウェットサンプ式

ウェットサンプ式

エンジンオイル容量※全容量 (L)

2.6

3.4

エンジンオイル量(オイル交換時) (L)

2.1

-

エンジンオイル量(フィルタ交換時) (L)

2.55

-

推奨エンジンオイル(SAE粘度)

10W-40

-

ドレンボルト呼び径(mm)

12

-

クラッチ形式

湿式・多板

湿式・多板

変速機形式

リターン式・6段変速

リターン式・6段変速

変速機・操作方式

フットシフト

フットシフト

1次減速比

3.291

2.285

2次減速比

3.428

3.615

変速比

1速 2.599/2速 1.789/3速 1.409/4速 1.159/5速 1.000/6速 0.892

1速 3.082/2速 2.200/3速 1.722/4速 1.450/5速 1.284/6速 1.149

動力伝達方式

チェーン

チェーン

スプロケット歯数・前

14

13

スプロケット歯数・後

48

47

チェーンサイズ

520

520

標準チェーンリンク数

112

116

フレーム型式

ダブルクレードル

ダイヤモンド

キャスター角

25°00

26°30

トレール量 (mm)

93

103

ブレーキ形式(前)

油圧式ディスク

油圧式ディスク

ブレーキ形式(後)

油圧式ディスク

油圧式ディスク

ブレーキオイル適合規格

DOT 4

DOT 4

懸架方式(前)

テレスコピックフォーク

テレスコピックフォーク

フロントフォークタイプ

正立フォーク

正立フォーク

懸架方式(後)

スイングアーム式

スイングアーム式

ショックアブソーバ本数(後)

2

1

タイヤ(前)

110/70-17

110/70R17

タイヤ(前)構造名

バイアス

ラジアル

タイヤ(前)荷重指数

54

54

タイヤ(前)速度記号

H

H

タイヤ(前)タイプ

チューブレス

チューブレス

タイヤ(後)

140/70-17

150/60R17

タイヤ(後)構造名

バイアス

ラジアル

タイヤ(後)荷重指数

66

66

タイヤ(後)速度記号

H

H

タイヤ(後)タイプ

チューブレス

チューブレス

ホイールリム形状(前)

MT

MT

ホイールリム幅(前)

3

3

ホイールリム形状(後)

MT

MT

ホイールリム幅(後)

4

4

タイヤ標準指定空気圧(乗車定員時・前)

2

-

タイヤ標準指定空気圧(乗車定員時・後)

2.25

-

ヘッドライト定格(Hi)

60W/55W

60W/55W

ヘッドライトタイプ(Hi)

H4

H4

テールライト定格(制動/尾灯)

21W/5W

18W/5W

スピードメーター表示形式

アナログ

アナログ

メーター表示

燃料計 有
エンジン回転計 有

燃料計 有
エンジン回転計 有

車両装備

ハザードランプ 有

-

メーカー小売価格

509,000円

499,000円

 

バリオスとバンディット250の違いの比較

 

バリオス2とバンディット250の比較の口コミ

 

 

最近バンディット250に乗り始めたけど、音が大きいね。ノーマル同士でバリオスよりかなり音が大きい気がした。

 

 

バンディット250は、整備しやすい、盗まれにくい、値段が安い。バリオスは、バンディット250より乗ってる人が多い。盗まれやすい、値段が高い。

 

 

バンディット250もバリオスもノーマルで180km/hまで出る。

 

 

バンディット250乗りだけど、友達のバリオスに乗らせてもらったけど、クラッチミートが容易で、半クラ発進も問題無かった。俺のバンディット250は、クラッチスプリングが強い感じで、半クラしにくい。

 

 

バンディット250に慣れたら、バリオスが逆にマイルド過ぎるって思うようになる。

 

 

バイク屋でバリオス、バンディット、ホーネット、VTRに跨がってみた。バンディット250が最も前傾だった。もちろんSSと比べたら楽だけど。

 

 

初めてバンディット250に跨ってみたけど、バリオスよりかなり軽く感じた。

 

 

バンディット250は、Vありでも以外と低速がない。バリオス2に試乗したらモーターみたいで乗りやすかったけど、あまりおもしろくなかった。

 

 

バンディット250に跨ってみたらハンドルが近く感じた。バリオスは車格大きいから窮屈感を感じなかった。

 

 

バリオスとバンディット250じっくり見比べたけど、バリオスは、ありきたりなデザインと思って俺は、バンディット250にした。

 

 

スズキがバンディット250の後継にカワサキからバリオス2のOEMでGSX250FX出した時、バンディット250の敗北を感じた。

 

 

俺は、F1みたいなバリオスの音が気に入ってる。ホーネットの音は、結構嫌いな人がいる。でも音の激しさは、バンディット250が一番。

 

 

ホーネットの音は、モーターみたいな感じ。
バンディット250は、一番ワルな音。
バリオス2は、この2つの中間の音

 

 

俺は、バリオス2は、音が軽いと思う。バンディット250Vは、アイドリングからそれなりに音が低くて大型みたいだし、VCを発動するとF1サウンド。

 

 

バリオスは、ガキに人気がある。俺は、あまりそういう奴らが乗ってない美しいバンディット250が気に入ってる。

 

 

友達のバリオス乗りがバンディット250の4発音に惚れてバンディット250を探してるって言ってた。でも状態の良いのが見つからないんだって。

 

 

バリオスと比較するとバンディット250は、12000回転以上の振動多くて、回しても気持ち良くなかった。

 

バリオス2とバンディット250の中古車価格と買取相場

これをやるとバイクが高く売れる

バイクを売る時に何も知らずに無料査定を依頼すると安く買い叩かれるケースがあります。そうならないために無料査定を依頼する前にバイク買取業者がどういう対応をしてくるか知っておきましょう。

バイクを少しでも高く売るために知っておくこと



また、「バイクの一括査定」を利用すれば
業者の買取価格を比較してバイクを売ることができます。
何社も査定してもらう手間はかかりますが
バイクを高く売る一番確実な方法です。


バイク一括査定で月間利用者数NO.1のサイトは、こちら