「ホンダ モンキー」と「ホンダ エイプ50」の違いを比較

バイクを高く売るためにやるべきこと

バイク買取業者は、どこも安く買い取りたいと思っています。
高値でバイクを売るには、業者を競わすのが一番です。

バイク一括査定で月間利用者数NO.1のサイトは、こちら

また、バイクを高く売るためには、必ず知っておいた方がよいことがあります。特に初めてバイク買取業者を利用する方は、バイクを高く売る方法を読んでから無料査定を依頼しましょう。

「ホンダ モンキー」と「ホンダ エイプ50」の違いを比較

スペックの比較

 

車種

ホンダ モンキー

ホンダ エイプ50

発売

2009年2月

2008年11月

型式

JBH-AB27

JBH-AC16

全長

1365mm

1710mm

全幅

600mm

770mm

全高

850mm

970mm

ホイールベース

895mm

1185mm

シート高

660mm

715mm

最低地上高

145mm

155mm

乾燥重量

- kg

- kg

総重量

68kg

84kg

サスペンション形式(前)

テレスコピック

テレスコピック

サスペンション形式(後)

スイングアーム

スイングアーム

キャスター角

25°

28°30′

トレール(mm)

42

89

ブレーキ形式(前)

ドラム

ドラム

ブレーキ形式(後)

ドラム

ドラム

タイヤサイズ(前)

3.50-8 35J

120/80-12 55J

タイヤサイズ(後)

3.50-8 35J

120/80-12 55J

エンジン種類

空冷4ストロークOHC単気筒

空冷4ストロークOHC単気筒

総排気量

49cc

49cc

圧縮比

10.0

9.2

ボア

39mm

42mm

最高出力(kW/rpm)

2.5(3.4PS)/8500

2.7(3.7PS)/8000

最大トルク(N・m/rpm)

3.4(0.35kgf・m)/5000

3.6(0.37kgf・m)/6000

始動方式

キック

キック

点火方式

フルトランジスタ

フルトランジスタ

クラッチ形式

湿式単板

湿式多板

変速機形式

4段リターン

5段リターン

燃料供給方式

インジェクション

インジェクション

潤滑方式

圧送飛沫併用

圧送飛沫併用

燃料タンク容量

4.3L

5.5L

燃料消費率(km/L)

100(30km/h)

93(30km/h)

カラー/メーカー小売価格

\289,800
モンツァレッド

289,800
セイシェルナイトブルー

\262,500
リバーサイドブルー

\262,500
クラシカルホワイト

\262,500
グラファイトブラック

 

  • エイプの方が全長34.5cm、全幅は17cm、全高は12cm長い。
  • ホイールベースは、エイプの方が29cm長い。
  • シート高は、エイプの方が5.5cm長い。
  • 総重量は、エイプの方が16kg重い。
  • タイヤは、モンキー方がタイヤ幅3.5インチ リム径8インチ。エイプの方がタイヤ幅120mm リム径12インチ。
  • 最高出力は、モンキーが「2.5(3.4PS)/8500」、エイプが「2.7(3.7PS)/8000」。
  • 最大トルクは、モンキーが「3.4(0.35kgf・m)/5000」、エイプが「3.6(0.37kgf・m)/6000」。
  • 燃費は、30km/h走行でモンキーが100km/L、エイプが93km/L。

 

動画

 

ホンダ モンキー

 

ホンダ モンキー HONDA MONKEY 50cc

 

Honda Monkey Bike 50cc 2014 Fi

 

ホンダ エイプ50

 

HONDA Ape50 (ホンダ エイプ50)

 

ホンダ エイプ50

 

 

口コミレビューの比較
  • モンキーは、年配者が乗っても馬鹿にされない傾向があります。エイプは、どっちかというと若者向けなので年配者は、あまり乗ってないです。
  • エイプの長所は、5速でモンキーより粘りがあるエンジンです。ボアUPは、モンキーの方が安くできます。
  • エイプもモンキーも最高速度は50〜60キロくらい。
  • 発売がエイプは2001年。モンキーは1974年。歴史が違うのでモンキーの方が部品が豊富で改造が楽しい。実用性を取るなら楽で性能が良いエイプ。
  • モンキーは、歴史が古いので知ってる人が多くて年配の人と会話が弾みますよ。
  • 改造しないで普通に乗るつもりならエイプ、改造を楽しみながら乗るんならモンキーがおすすめ。
  • 改造するならモンキーで決まり。モンキーは、年取っても乗れるのがいいです。
  • モンキーのエンジンは燃費と耐久性重視。モンキーをボアアップなしで改造してもノーマルのエイプに負けるくらい遅い。
  • いじるのを趣味として買うならモンキー。通勤通学で使うつもりならある程度の実用性があるエイプ。ツーリングで使うならエイプの方が楽だと思います。
  • 峠などではエイプの方がモンキーよりタイヤも大きく安定して走れます。モンキーは、タイヤが小さくて車体が全然倒れないので峠では不安定になります。
  • 両方持っています。モンキーは、エイプと比較すると峠では走りにくいと感じたのでエイプを勧めます。
  • モンキーをエイプレベルに走らせらせようと思ったらエイプをもう一台買うだけのお金が必要です。
  • どちらも盗難被害が多いので盗難対策にもお金と手間を掛けた方がいいですよ。
  • カスタムする予定がないなら新車でエイプを買うのがいいよ。
  • モンキーは車体が小さいの乗りにくく感じることがあります。エイプは、モンキーより大きいのでふら付くことは、少ないです。
  • 私は、エイプ派。カスタムパーツも豊富だし、カッコイイ。モンキーは、小さいから大柄な人が乗るとかっこ悪い。
  • モンキーの良さは、性能じゃないよ。乗り手の価値観で選んだほうが良いよ。
  • エイプは、大きな車体と大径ホイールのおかげでモンキーより安定性に優れています。
  • モンキーの安定性を高めたいだけならタイヤをノーマルのブロックパターンからハイグリップタイプに換えるだけで結構変わります。
  • モンキーは横型エンジン、エイプは縦型エンジン。縦型エンジンの方が最終的にパワーがでるらしい。でも横型の方メンテナンス性に優れています。
  • モンキーは盗難率が高いのでセキュリティ対策必須!
  • モンキーに乗ってますがすごく目立ちますよ。盗難も心配だけど。
  • お気楽で実用的なのは、エイプだね。どっちも面白いしいじればキリがない。
  • 売ることも考えて買うならモンキーの方が高く売れるよ。
  • 両方乗ったけど断然エイプの方が速いし安定感あった。
  • 体格が大きい人は、モンキーだと乗車姿勢が厳しくなります。
  • カスタムするならモンキー。外見はそんなに変えずに速く走りたいならエイプ。
  • 改造しやすいのはモンキーだけどかなりお金がかかるよ。
  • 速さは、改造なしでも改造してもエイプ。

 

 

モンキーとエイプの中古車価格と買取相場

これをやるとバイクが高く売れる

バイクを売る時に何も知らずに無料査定を依頼すると安く買い叩かれるケースがあります。そうならないために無料査定を依頼する前にバイク買取業者がどういう対応をしてくるか知っておきましょう。

バイクを少しでも高く売るために知っておくこと



また、「バイクの一括査定」を利用すれば
業者の買取価格を比較してバイクを売ることができます。
何社も査定してもらう手間はかかりますが
バイクを高く売る一番確実な方法です。


バイク一括査定で月間利用者数NO.1のサイトは、こちら