WR250RとWR250Xの違いを比較

バイクを高く売るためにやるべきこと

バイク買取業者は、どこも安く買い取りたいと思っています。
高値でバイクを売るには、業者を競わすのが一番です。

バイク一括査定で月間利用者数NO.1のサイトは、こちら

また、バイクを高く売るためには、必ず知っておいた方がよいことがあります。特に初めてバイク買取業者を利用する方は、バイクを高く売る方法を読んでから無料査定を依頼しましょう。

WR250RとWR250Xの違いを比較

 

ヤマハ WR250Rの歴史

2007年11月16日に「WR250R」が新登場。型式は、JBK-DG15J
車体色は、3色(ディープパープリッシュブルーソリッドE、パープリッシュホワイトソリッド1、イエローストロボ)の設定。
2008年12月10日にカラーチェンジ。
車体色は、2色(ディープパープリッシュブルーソリッドE、パープリッシュホワイトソリッド1)の設定。
2009年12月10日にカラーチェンジ。
車体色は、2色(ディープパープリッシュブルーソリッドE、ヤマハブラック)の設定。ゴールド仕上げのフロントフォークアウターチューブと新グラフィックを採用。
2010年9月15日にカラーチェンジ。
車体色は、2色(ディープパープリッシュブルーソリッドE、ヤマハブラック)の設定。ディープパープリッシュブルーソリッドEには、競技用の2011年モデルYZシリーズのイメージを反映した新グラフィックを採用。
2011年9月30日にカラーチェンジ。
車体色は、2色(ディープパープリッシュブルーソリッドE、ヤマハブラック)の設定。ディープパープリッシュブルーソリッドEにはスプラッシュをイメージした新グラフィックとシルバーのマフラーカバーを採用。ヤマハブラックにはWR250Xで好評のカーボンパターンを織り込んだ新グラフィックとブラック&グレーのシートを採用。
2012年8月30日にカラーチェンジ。
車体色は、2色(ディープパープリッシュブルーソリッドE、ヤマハブラック)の設定。ディープパープリッシュブルーソリッドEに2013年モデルのYZシリーズに共通する新グラフィックのエアスクープ、ホワイトリアフェンダーを採用。
2013年8月30日にカラーチェンジ。
車体色は、2色(ディープパープリッシュブルーソリッドE、パープリッシュホワイトソリッド1)の設定。今回は燃料タンク側面のシュラウド部分の新グラフィックが特徴。
2014年9月30日にカラーチェンジ。
車体色は、2色(ディープパープリッシュブルーソリッドE、パープリッシュホワイトソリッド1)の設定。ディープパープリッシュブルーソリッドEは、ガソリンタンク側面のシュラウド周りに新グラフィックを採用。リアフェンダーを車体色と同一とした。WRのロゴもYZシリーズに共通するがっちり感のあるボールド系の書体を採用。その下側にはレーサーのテクニカルスポンサーをイメージするロゴを配置。パープリッシュホワイトソリッド1は、継続設定。

2015年9月30日にカラーチェンジ。
車体色は、2色(ディープパープリッシュブルーソリッドE、パープリッシュホワイトソリッド1)の設定。ディープパープリッシュブルーソリッドEは、2016年モデルのYZシリーズをイメージしたこれまでの流れをくむグラフィック。ディープパープリッシュホワイトソリッド1は、ビッグロゴグラフィックを大胆に採用した印象的なボディグラフィックとなる。
2016年9月12日にカラーチェンジ。これが最終モデル。
車体色は、2色(ディープパープリッシュブルーソリッドE、パープリッシュホワイトソリッド1)の設定。ディープパープリッシュブルーソリッドEは、2017年版のYZシリーズを彷彿させる「Simple & Bold」デザインにクール感を取り入れた新グラフィックを採用。パープリッシュホワイトソリッド1は、継続設定。
2017年に生産終了。
2017年9月から平成28年排出ガス規制が継続生産車にも適用されるのを前に、販売を終了した。

 

 

ヤマハ WR250Xの歴史

2007年11月30日に「WR250X」が新登場。型式は、JBK-DG15J
車体色は、3色(ディープパープリッシュブルーソリッドE、ヤマハブラック、イエローストロボ)の設定。
2008年12月10日にカラーチェンジ。
車体色は、2色(ディープパープリッシュブルーソリッドE、ヤマハブラック)の設定。新グラフィックを採用。
2009年12月10日にカラーチェンジ。
車体色は、2色(パープリッシュホワイトソリッド1、ヤマハブラック)の設定。両カラーともにグラフィックを刷新。
2010年9月15日にカラーチェンジ。
車体色は、2色(パープリッシュホワイトソリッド1、ヤマハブラック)の設定。
2011年9月30日にカラーチェンジ。
車体色は、2色(パープリッシュホワイトソリッド1、ヤマハブラック)の設定。ヤマハブラックには、カーボンパターンを織り込んだ新グラフィックとブラック&グレーのシートを採用。
2013年8月30日にカラーチェンジ。
車体色は、2色(パープリッシュホワイトソリッド1、ローグロスグレー)の設定。燃料タンク側面のシュラウド部分の新グラフィックが特徴。さらにフロントフォークエンド部と前後ホイールハブがブラック塗装。
2015年9月10日にカラーチェンジ。
車体色は、2色(パープリッシュホワイトソリッド1、ヤマハブラック)の設定。新たな特徴としてタンクサイドからサイドカバーにまたがるビッグロゴグラフィックとゴールドリム。
2016年9月12日にカラーチェンジ。これが最終モデル。
車体色は、2色(パープリッシュホワイトソリッド1、ヤマハブラック)の設定。2016年モデルからの継続カラー設定。2017年に生産終了。

2017年9月から平成28年排出ガス規制が継続生産車にも適用されるのを前に、販売を終了した。

 

 

ここでは、
2016年9月12日発売のヤマハ WR250R(JBK-DG15J)と
2016年9月12日発売のヤマハ WR250X(JBK-DG15J)
の違いを比較しました。

 

 

スペック表の違い

※数字が大きい方がこの色

車種名

WR250R

WR250X

発売年月

2016年9月

2016年9月

仕向け・仕様

国内向けモデル

国内向けモデル

全長 (mm)

2190

2125

全幅 (mm)

810

810

全高 (mm)

1235

1190

軸間距離 (mm)

1425

1435

最低地上高 (mm)

300

260

シート高 (mm)

895

870

車両重量 (kg)

132

134

乗車定員(名)

2

2

原動機種類

4ストローク

4ストローク

気筒数

1

1

シリンダ配列

単気筒

単気筒

冷却方式

水冷

水冷

排気量 (cc)

249

249

4スト・カム駆動方式

DOHC

DOHC

4スト・気筒あたりバルブ数

4

4

内径(シリンダーボア)(mm)

77

77

行程(ピストンストローク)(mm)

53.6

53.6

圧縮比(:1)

11.8

11.8

最高出力(kW)

23

23

最高出力(PS)

31

31

最高出力回転数(rpm)

10000

10000

最大トルク(N・m)

24

24

最大トルク(kgf・m)

2.4

2.4

最大トルク回転数(rpm)

8000

8000

燃料タンク容量 (L)

7.6

7.6

燃料(種類)

ハイオクガソリン

ハイオクガソリン

燃料供給方式

フューエルインジェクション

フューエルインジェクション

エンジン始動方式

セルフスターター式

セルフスターター式

点火装置

フルトランジスタ式

フルトランジスタ式

点火プラグ標準搭載・型式

CR9EK

CR9EK

点火プラグ必要本数・合計

1

1

搭載バッテリー・型式

YTZ7S

YTZ7S

エンジンオイル容量※全容量 (L)

1.5

1.5

クラッチ形式

湿式・多板

湿式・多板

変速機形式

リターン式・6段変速

リターン式・6段変速

1次減速比

3.12

3.12

2次減速比

3.307

3.307

変速比

1速 2.6420/2速 1.8120/3速 1.3180/4速 1.0400/5速 0.8880/6速 0.7850

1速 2.6420/2速 1.8120/3速 1.3180/4速 1.0400/5速 0.8880/6速 0.7850

動力伝達方式

チェーン

チェーン

スプロケット歯数・前

13

13

スプロケット歯数・後

43

42

チェーンサイズ

520

520

標準チェーンリンク数

108

108

フレーム型式

セミダブルクレードル

セミダブルクレードル

キャスター角

27°20

26°00

トレール量 (mm)

113

81

懸架方式(前)

テレスコピックフォーク

テレスコピックフォーク

懸架方式(後)

スイングアーム式

スイングアーム式

燃料消費率 国交省届出(60km/h走行時)(km/L)

34

34

ブレーキ形式(前)

油圧式ディスク

油圧式ディスク

ブレーキ形式(後)

油圧式ディスク

油圧式ディスク

タイヤ(前)

80/100-21

110/70R17

タイヤ(前)構造名

バイアス

ラジアル

タイヤ(前)荷重指数

51

54

タイヤ(前)速度記号

P

H

タイヤ(前)タイプ

チューブタイヤ

チューブタイヤ

タイヤ(後)

120/80-18

140/70R17

タイヤ(後)構造名

バイアス

ラジアル

タイヤ(後)荷重指数

62

66

タイヤ(後)速度記号

P

H

タイヤ(後)タイプ

チューブタイヤ

チューブタイヤ

ホイールリム幅(前)

1.6

3

ホイールリム幅(後)

2.15

4

ヘッドライトタイプ(Hi)

H4

H4

テールライトタイプ

LED

LED

メーター表示

時計 有
ツイントリップ 有

時計 有
ツイントリップ 有

メーカー小売価格

721,440円(税抜き668,000円)

753,840円(税抜き698,000円)

 

 

WR250RとWR250Xの違いを比較

 

 

WR250RとWR250Xの比較の口コミ

 

 

WR250Rは、オフロードモデル。
WR250Xは、モタードモデル。

 

 

俺は、本格的にダートを走らないから、WR250Xにした。WR250Rも迷ったけど、思いっきり走れるダートってなかなか無いし。

 

 

俺は、WR250Xの一択だった。大型からモタに変えたのも、いつもよく走る速度域で街中や郊外のワインディングで楽しむのが目的だったし。WR250Rにしてオン寄りのタイヤを履くよりWR250Xのがいいし、WR250Xでもフラットダート程度なら問題ないし。

 

 

レビュー見るとWR250XとWR250Rは全く別物って書いてる人多いね。

 

 

WR250RとWR250Xで悩んだあげくWR250Xを買った自分の意見としては、WR250Xでなければいけない理由がないのであればWR250Rを買った方がいいと思う。自分は、モタード走行が超カッコイイ!自分もこんな走りがしたいって思ってWR250Xを買ったけど、それが出来るぐらいの技術があればWR250Rに乗っても同じような事が出来るという当たり前のことに気づいた。WR250Xでも林道に行けない事はないが、やっぱりブロックタイヤと比べて思い切りいけないし、WR250XのWR250R化よりWR250RのWR250X化の方が簡単だし、自分としては、WR250Rをオススメする。

 

 

林道行くなら絶対にWR250Rにした方がいい。

 

 

俺は、迷えるほど足が長くないからWR250Xにした。

 

 

WR250Xでも林道行けないことはないからね。林道で俺が下手でもタイヤのせいにできるし。

 

 

俺は、どこでも走れるWR250Rをオススメする。車体バランスが良いのでオフタイヤ&ホイールでもアスファルト上を十分走れるし、林道が楽しい。

 

 

WR250RとWR250Xは、前後ホイールとフロントブレーキキャリパーとリアショックが違う。

 

 

林道をかっ飛びたければWR250Rがいいけど、トコトコ走りでフィトンチッドを楽しむ程度だとWR250Xで問題ない。エクストリームに重要なブレーキの強力さとフロントグリップは、WR250Xでしか得られない。フロントホイールのポン付け交換はできないので、きちんとライディングスタイルを考えてから選んだほうがいい。

 

 

WR250Rにしとけ。絶対砂利道とかも走りたくなるから。

 

 

白のWR250Rに一目惚れしたけど、RとXの両方試乗したらWR250Xの方が良かった。フォルムは、断然WR250Rの方が良いけど、自分の用途と乗り心地では、WR250Xの方が良かった。結局1時間近く悩んで09年式のWR250Xの黒にした。全部で736000円だった。

 

 

普段は、街乗りメインで週1で林道行く用途ならWR250Rと予備ホイールを買ってタイヤだけ交換すればいい。WR250Xは、WR250R化しにくいし。

 

 

WR250RとWR250Xは、ブレーキが違う。WR250Xの方がオン寄りのブレーキだからWR250Rをそのままモタ化すると、制動力弱くてブレーキが負ける。

 

 

WR250RとWR250Xで迷う。どこにでも行けて万能なのは、やはりWR250R。オンロードも走れるし、少し速いバイクにもついて行ける。いろいろ考えたらWR250Rの方が後悔しないと思う。でもWR250Xの方が足回りがカッコイイ。

 

 

WR250RとWR250Xに試乗してきたけど、WR250Xの方が乗りやすかった。WR250Rは、120km/hぐらいで風に煽られて車体のブレを強く感じた。だからWR250Xにしようと思う。

 

 

初心者でWR250RとWR250Xで迷ってて普段の街乗りとたまに首都高を軽く流すぐらいで遠出はほとんどしないって言ったらWR250Xをすすめられた。

 

 

2013年モデルは、WR250RとWR250Xは、プロテクターASSY(マフラーのサイレンサーカバー)の品番が違ってて、2014年モデルから共通になってるみたい。店員に質問したらWR250Xの塗装がWR250Rと共通になって色違い4台とも同じになったんじゃない?と言ってた。厳密に言ったら2012年、2013年モデルのWR250X(白/黒)とWR250Rの(黒)だけ専用色らしい。スリップオンを入れるから関係ないと言われたらそれまでだけど、やはりコストダウンって思う。

 

 

WR250RとWR250Xでリアスプロケが1枚違う。WR250Rが43でWR250Xが42。

 

 

WR250RとWR250Xは、フォークカバー以外は外装は同じだよ。

 

 

WR250RとWR250Xは、フロントフォークの長さが違うよ。

 

 

WR250XとWR250Rは、ピストン径が違う。φ1/2inとφ11mm。

 

 

WR250Xでも多少のダートなら問題ないけど、通勤メインならWR250Rのがタイヤ代が安い。

 

 

WR250XとWR250Rの違いは、タイヤホイール・前後サス・スプロケ・ECUかな?でもタイヤだけなんとすればブレーキ・サス・ECUがそのままでもそれなりにガレ場も走れる。もちろん競争すれば完全WR250R仕様の方が有利だけど、それなり走れたらいいという人も多い。

 

 

たしか雑誌にWR250XとWR250Rは、コンピューター(ECUのセッティング?)が違うと書いてあった。

 

 

高速道路を巡航するのは、
WR250X > WR250R > セロー250

 

 

WR250RにオンタイヤとWR250XにオフタイヤだったらWR250Rにオンタイヤのが無難。WR250Rのが車体も若干安いし、ホイールがそのままでもGPー210とかのオン寄りのタイヤも選択できる。ツルシのタイヤでもWR250Rは絶対的な速ささえ気にしなければそれなりにオンロードも走れる。オンとオフを1台で楽しみたい人は、WR250Rにした方が利口。でも俺は、それを承知でWR250Xにした。ヤマハが専用パーツを作ってオンロード用に仕立ててくれて約3万円プラスで買えるんだからお得でしょ。

 

WR250RとWR250Xの中古車価格と買取相場

これをやるとバイクが高く売れる

バイクを売る時に何も知らずに無料査定を依頼すると安く買い叩かれるケースがあります。そうならないために無料査定を依頼する前にバイク買取業者がどういう対応をしてくるか知っておきましょう。

バイクを少しでも高く売るために知っておくこと



また、「バイクの一括査定」を利用すれば
業者の買取価格を比較してバイクを売ることができます。
何社も査定してもらう手間はかかりますが
バイクを高く売る一番確実な方法です。


バイク一括査定で月間利用者数NO.1のサイトは、こちら