GSX-S1000とZ1000の違いを比較

バイクを高く売るためにやるべきこと

バイク買取業者は、どこも安く買い取りたいと思っています。
高値でバイクを売るには、業者を競わすのが一番です。

バイク一括査定で月間利用者数NO.1のサイトは、こちら

また、バイクを高く売るためには、必ず知っておいた方がよいことがあります。特に初めてバイク買取業者を利用する方は、バイクを高く売る方法を読んでから無料査定を依頼しましょう。

GSX-S1000とZ1000の違いを比較

 

スズキ GSX-S1000の歴史

2015年7月6日に海外向けに少し遅れてGSX-S1000の国内仕様の「GSX-S1000 ABS」が新登場。型式は、EBL-GT79A
車体色は、2色(グラススパークルブラック/キャンディダーリングレッド、トリトンブルーメタリック)の設定。
2017年3月30日にマイナーチェンジ。型式は、2BL-GT79B
平成28年国内新排出ガス規制に対応。最高出力が107kW→109kWへアップ、最大トルクが106N・m→107N・mへアップ。新たにスリッパークラッチを採用。ステップ、ステップブラケット、ハンドルレバー等をブラック化し質感を向上。車体色は、特別色マットブラックメタリックNo.2を新たに設定した全3色(マットブラックメタリックNo.2、グラススパークルブラック/トリトンブルーメタリック、グラススパークルブラック/キャンディダーリングレッド)。
2018年2月15日にカラーチェンジ。
新色のパールグレッシャーホワイト×グラススパークルブラック(特別色)を設定。全3色(パールグレッシャーホワイト/グラススパークルブラック、グラススパークルブラック/トリトンブルーメタリック、マットブラックメタリックNo.2)の設定。
2019年2月21日にカラーチェンジ。
車体色は、3色(グラススパークルブラック/トリトンブルーメタリック、パールグレッシャーホワイト、マットブラックメタリックNo.2)の設定。

 

 

カワサキ Z1000の歴史

2003年1月に海外仕様の「Z1000」が新登場。
2004年1月に海外仕様の「Z1000」をカラーチェンジ。
2005年1月に海外仕様の「Z1000」をカラーチェンジ。
2006年1月に海外仕様の「Z1000」をカラーチェンジ。
2007年1月に海外仕様の「Z1000」をフルモデルチェンジ。
2008年1月に海外仕様の「Z1000」をカラーチェンジ。
2009年1月に海外仕様の「Z1000」をカラーチェンジ。
2010年1月に海外仕様の「Z1000」をフルモデルチェンジ。
2011年1月に海外仕様の「Z1000」をカラーチェンジ。
2012年1月に海外仕様の「Z1000」をカラーチェンジ。
2013年1月に海外仕様の「Z1000」をカラーチェンジ。
2014年4月に海外仕様の「Z1000」をフルモデルチェンジ。
「Z1000」、「Z1000 ABS」、「Z1000 Special Edition」、「Z1000 ABS Special Edition」を発売。凄みのあるスタイルをさらに強調した4代目。LED化されたヘッドライト&テールライト。燃料タンクは15Lから17Lに拡大。日本へは、「Z1000 ABS Special Edition」だけが導入(逆輸入)された。
2015年1月に海外仕様の「Z1000」と「Z1000 ABS」をカラーチェンジ。
2016年1月に海外仕様の「Z1000」と「Z1000 ABS」をマイナーチェンジ。
新たにアシスト&スリッパークラッチを搭載。

2017年に海外仕様の「Z1000 ABS」をマイナーチェンジ。
メーターパネルにギアポジション表示とシフトタイミングを知らせるインジケーターを追加。
2017年4月15日に日本国内仕様の「Z1000 ABS」が新登場。型式は、2BL-ZXT00W
2017年モデルから国内向けモデルとして正式に販売開始。メーターパネルにギアポジション表示とシフトタイミングを知らせるインジケーターを追加。
2017年6月に海外仕様の「Z1000 ABS R Edition」を発売。
フロントブレーキにブレンボを採用。リアサスにオーリンズを採用。
2017年に海外仕様の「Z1000」をマイナーチェンジ。
海外仕様の2018年モデルが発売。ウインカーがLEDとなり、灯火類のフルLED化された。車名から「ABS」の文字は消えるもABSは標準搭載。
2017年9月1日に日本国内仕様の「Z1000」をマイナーチェンジ。
国内仕様の2018年モデルが発売。ウインカーがLEDとなり、灯火類がフルLED化された。車名から「ABS」の文字が消えるもABSは標準搭載。
2017年11月に海外仕様の「Z1000 R Edition」をマイナーチェンジ。
海外仕様の2018年モデルが発売。ウインカーがLEDとなり、灯火類のフルLED化された。車名から「ABS」の文字は消えるもABSは標準搭載。
2018年に海外仕様の「Z1000」と「Z1000 R Edition」をカラーチェンジ。
海外仕様の2019年モデルを発売。
2018年12月1日に日本国内仕様の「Z1000」をカラーチェンジ。

 

 

ここでは、
2018年2月15日発売のスズキ GSX-S1000(2BL-GT79B)と
2017年9月1日発売のカワサキ Z1000(2BL-ZXT00W)
の違いを比較しました。

 

 

スペック表の違い

※数字が大きい方がこの色

車種名

GSX-S1000 ABS

Z1000

発売年月

2018年2月

2017年9月

全長 (mm)

2115

2050

全幅 (mm)

795

790

全高 (mm)

1080

1055

軸間距離 (mm)

1460

1440

最低地上高 (mm)

140

125

シート高 (mm)

810

815

車両重量 (kg)

209

221

乗車定員(名)

2

2

原動機種類

4ストローク

4ストローク

気筒数

4

4

シリンダ配列

並列(直列)

並列(直列)

冷却方式

水冷

水冷

排気量 (cc)

998

1043

4スト・カム駆動方式

DOHC

DOHC

4スト・気筒あたりバルブ数

4

4

内径(シリンダーボア)(mm)

73.4

77

行程(ピストンストローク)(mm)

59

56

圧縮比(:1)

12.2

11.8

最高出力(kW)

109

104

最高出力(PS)

148

141

最高出力回転数(rpm)

10000

10000

最大トルク(N・m)

107

111

最大トルク(kgf・m)

10.9

11.3

最大トルク回転数(rpm)

9500

7300

燃料タンク容量 (L)

17

17

燃料(種類)

ハイオクガソリン

ハイオクガソリン

燃料供給方式

フューエルインジェクション

フューエルインジェクション

エンジン始動方式

セルフスターター式

セルフスターター式

点火装置

フルトランジスタ式

フルトランジスタ式

点火プラグ標準搭載・型式

CR9EIA-9

CR9EIA-9

点火プラグ必要本数・合計

4

4

搭載バッテリー・型式

FT12A-BS

YTX9-BS

エンジンオイル容量※全容量 (L)

3.4

4

クラッチ形式

湿式・多板

湿式・多板

変速機形式

リターン式・6段変速

リターン式・6段変速

1次減速比

1.553

1.627

2次減速比

2.588

2.733

変速比

1速 2.5620/2速 2.0520/3速 1.7140/4速 1.5000/5速 1.3600/6速 1.2690

1速 2.6000/2速 1.9500/3速 1.6000/4速 1.3880/5速 1.2380/6速 1.1070

動力伝達方式

チェーン

チェーン

スプロケット歯数・前

17

15

スプロケット歯数・後

44

41

チェーンサイズ

525

525

標準チェーンリンク数

116

112

フレーム型式

ダイヤモンド

ダイヤモンド

キャスター角

25.00°

24.5°

トレール量 (mm)

100

101

懸架方式(前)

テレスコピックフォーク

テレスコピックフォーク

懸架方式(後)

スイングアーム式

スイングアーム式

燃料消費率 国交省届出(60km/h走行時)(km/L)

25.3

23

燃料消費率 WMTCモード値(km/L)

18.7

17.5

ブレーキ形式(前)

油圧式ダブルディスク

油圧式ダブルディスク

ブレーキ形式(後)

油圧式ディスク

油圧式ディスク

タイヤ(前)

120/70ZR17

120/70ZR17

タイヤ(前)構造名

ラジアル

ラジアル

タイヤ(前)荷重指数

58

58

タイヤ(前)速度記号

(W)

(W)

タイヤ(前)タイプ

チューブレス

チューブレス

タイヤ(後)

190/50ZR17

190/50ZR17

タイヤ(後)構造名

ラジアル

ラジアル

タイヤ(後)荷重指数

73

73

タイヤ(後)速度記号

(W)

(W)

タイヤ(後)タイプ

チューブレス

チューブレス

ホイールリム形状(前)

MT

MT

ホイールリム幅(前)

3.5

3.5

ホイールリム形状(後)

MT

MT

ホイールリム幅(後)

6

6

ヘッドライトタイプ(Hi)

H4

LED

テールライトタイプ

LED

LED

メーター表示

ギアポジション 有
燃料計 有
エンジン回転計 有
時計 有
ツイントリップ 有

ギアポジション 有
燃料計 有
エンジン回転計 有
時計 有
ツイントリップ 有

車両装備

アンチロックブレーキ(ABS)有
トラクションコントロール 有

アンチロックブレーキ(ABS) 有
スリッパークラッチ 有

メーカー希望小売価格(税込み)

1,131,840円(消費税抜き 1,048,000円)

1,150,200円(消費税抜き 1,065,000円)

 

GSX-S1000とZ1000の違いを比較

 

左がGSX-S1000  右がZ1000
GSX-S1000とZ1000の装備の違いを比較

 

GSX-S1000とZ1000の比較の口コミ

 

 

速さでは、Z1000よりGSX-S1000の方が勝ってる。先代からZ1000は、NINJA1000などに使われるツーリングマシン系統だし、そもそもバンク角が無い。でもZ1000は、パワー特性とかでおもしろさがあるからそれが楽しめる人には、良いバイクと思う。

 

実用域ならZ1000が勝ってる。

 

 

GSX-S1000 vs Z1000 1/4マイル対決

 

 

 

車重は、GSX-S1000の方が12kg軽い。

 

 

俺は、Z1000のがカッコイイと思ったけど、結局、値段と軽さでGSX-S1000にした。

 

 

足回りでは、Z1000のが魅力的。

 

 

Z1000とGSX-S1000で迷ってZ1000にしようと思ってたけど、実物みたらZ1000の方がコンパクトで写真より迫力がなかったから急に冷めた。それにZ1000は、ギアポジションが無いのと重い。まあ、国内仕様からギアボジションは付いたらしいけど。

 

 

GSX-S1000は、トラコンついてるし、コスパいいけど、デザインが微妙なんだよな。

 

 

スペックが良くても見た目が気に入らないならやめたほうがいいよ。後で後悔するから。見た目が気に入った方を買えばいい。

 

 

俺は、メーターは、GSX-S1000の方が好きだな。Z1000は、タコメーターがダサい。

 

 

トラクションコントロール付きが欲しければGSX-1000Sを買えばいい。Z1000は、操る楽しみを失って欲しくないからトラクションコントロールは、無しでいい。

 

 

トラコンあった方が攻めた走りが出来る。

 

 

トラコンは、あってもいいと思うけど、走行モード切替が要らないんだよな。

 

 

Z1000とGSX-S1000で悩んでる。ある比較のインプレだとGSX-S1000の方が凄い曲がり方するし、峠では速いと言ってた。

 

 

俺は、両方試乗したけど、乗ってて楽しかったのは、GSX-S1000だった。Z1000は、なんか扱いずらかった。

 

ハンドルの振動は、Z1000よりGSX-S1000のが酷い。ファットバーをアッパーステムにダイレクトマウントで直接ハンドルに路面状況が伝わるようになってる。前後サスの設定もGSX-S1000のがギャップでハネ気味。車体が12kg軽いのもあいまってGSX-S1000のが気を使う。GSX-S1000のハンドリングは、ハイペースで楽しい。Z1000は、バイク任せにできるけど、ペースを上げたらプッシュしなきゃいけない。楽なのはZ1000だけど、バイクを積極的に操りたいならGSX-S1000。車で言えばZ1000がベンツでGSX-S1000がBMW。

 

 

俺は、GSX-S1000よりZ1000の方が面白いと思った。それをガサツと感じる人もいると思うけど。

 

 

サスは、Z1000の方がいいサス使ってる。GSX-S1000は、値段なり。

 

 

Z1000の顔つきは、悪者って感じ。
GSX-S1000の顔つきは、正義の味方って感じ。

 

 

Z1000に試乗してた後でGSX-S1000に試乗したけど、Z1000は、なんかギクシャクした走りだった。街中のストップ&ゴーが多いとこでは、少し煩わしいと思った。でも見た目は、Z1000の方がカッコイイ。

 

 

Z1000のデザインが好きでイジるのが面倒でGSX-S1000の新機能が気になって迷ってる人は、Z1000を買ったほうがいい。普通に運転してたらトラコンは、起動しない。

 

 

GSX-S1000とZ1000は、バンク角が全然違うからサーキット走るならGSX-S1000の方がいいよ。Z1000だとマフラー擦る。

 

 

「Z1000 R EDITION」だったらZ1000の方に軍配が上がると思うけど、「無印のZ1000」よりは、GSX-S1000のがいいと思う。

 

 

積極的に走る場合、Z1000はフロント周りをプッシュしなきゃ、旋回性がいまひとつ良くなかったけど、GSX-S1000は、本当に素直にレスポンス良く曲がってくれる。

 

 

GSX-S1000とZ1000の中古車価格と買取相場

これをやるとバイクが高く売れる

バイクを売る時に何も知らずに無料査定を依頼すると安く買い叩かれるケースがあります。そうならないために無料査定を依頼する前にバイク買取業者がどういう対応をしてくるか知っておきましょう。

バイクを少しでも高く売るために知っておくこと



また、「バイクの一括査定」を利用すれば
業者の買取価格を比較してバイクを売ることができます。
何社も査定してもらう手間はかかりますが
バイクを高く売る一番確実な方法です。


バイク一括査定で月間利用者数NO.1のサイトは、こちら