SV650とGSX-S750の違いを比較

バイクを高く売るためにやるべきこと

バイク買取業者は、どこも安く買い取りたいと思っています。
高値でバイクを売るには、業者を競わすのが一番です。

バイク一括査定で月間利用者数NO.1のサイトは、こちら

また、バイクを高く売るためには、必ず知っておいた方がよいことがあります。特に初めてバイク買取業者を利用する方は、バイクを高く売る方法を読んでから無料査定を依頼しましょう。

SV650とGSX-S750の違いを比較

 

スズキ SV650の歴史

2016年8月11日に650cc V型2気筒エンジンを搭載したスリムで軽量なロードスポーツバイク、新型「SV650 ABS」の日本国内仕様が新登場。型式は、2BL-VP55B
車体色は、3色(パールグレッシャーホワイト、パールミラレッド、マットブラックメタリックNo.2)の設定。
2018年1月26日に「SV650 ABS」をマイナーチェンジ。
変更点は、カラーリングの変更、ハンドルレバー色を黒に変更、タイヤの銘柄をDUNLOP ROAD SMART IIIへ変更。車体色は、3色(トリトンブルーメタリック/パールグレッシャーホワイト、グラススパークルブラック、マットブラックメタリックNo.2)の設定。
2018年1月26日に「SV650X ABS」を発売。
「SV650X ABS」は、「SV650 ABS」をベースにしたカフェレーサーカスタムの日本向けモデル。先行した欧州向けモデルと基本的に同じだがカラーグラフィックが異なり、モデル名も「SV650X ABS」とされた。車体色は、1色(オールトグレーメタリックNo.3)の設定。
2019年1月23日に「SV650 ABS」をカラーチェンジ。
車体色は、3色(グラススパークルブラック/パールグレッシャーホワイト、オールトグレーメタリックNo.3、グラススパークルブラック)の設定。
2019年1月29日に「SV650X ABS」をマイナーチェンジ。
ブレーキキャリパーの変更(2ピストンから4ピストンへグレードアップ)、マフラーカバーの変更、シート色の変更(ブラック×グレーからブラウン×ブラック)。車体色は、1色(オールトグレーメタリックNo.3)の設定。
2020年3月18日に「SV650 ABS」と「SV650X ABS」をカラーチェンジ。
車体色は、「SV650 ABS」が3色(ミスティックシルバーメタリック、マットブラックメタリックNo.2、グラススパークルブラック)の設定。「SV650X ABS」がグラススパークルブラックのみ。

 

 

スズキ GSX-S750の歴史

2017年3月30日に「GSX-S750 ABS」の国内仕様が新登場。型式は、2BL-C533F
車体色は、「グラススパークルブラック/トリトンブルーメタリック」、「パールミラレッド」、「マットブラックメタリックNo.2」の3色の設定。
2018年2月15日にマイナーチェンジ。
ハンドルバーをアルミに変更。車体色は、「グラススパークルブラック/トリトンブルーメタリック」、「グラススパークルブラック/キャンディダーリングレッド」の2色の設定。
2018年2月26日に特別色のマットブラックを発売。
「マットブラックメタリックNo.2」(特別色)を追加。
2019年2月21日にカラーチェンジ。
車体色は、「トリトンブルーメタリック」、「パールグレッシャーホワイト」、「マットブラックメタリックNo.2」の3色の設定。
2020年2月20日にカラーチェンジ。
車体色は、「トリトンブルーメタリック」、「パールグレッシャーホワイト×グラススパークルブラック」、「マットブラックメタリックNo.2」の3色の設定。

 

 

ここでは、
2016年8月11日発売のスズキ SV650(2BL-VP55B)と
2017年3月30日発売のスズキ GSX-S750(2BL-C533F)
の違いを比較しました。

 

 

SV650とGSX-S750のスペック表の違い

※数字が大きい方がこの色

タイプグレード名

SV650 ABS

GSX-S750 ABS

モデルチェンジ区分

新登場

新登場

型式

2BL-VP55B

2BL-C533F

発売日

2016年8月11日

2017年3月30日

仕向け・仕様

国内向けモデル

国内向けモデル

全長 (mm)

2140

2125

全幅 (mm)

760

785

全高 (mm)

1090

1055

ホイールベース (mm)

1450

1455

最低地上高(mm)

135

135

シート高 (mm)

785

820

車両重量 (kg)

196

212

最小回転半径(m)

3

3

乗車定員(名)

2

2

燃料消費率 国交省届出(60km/h走行時)(km/L)

37.5

29.3

燃料消費率 WMTCモード値(km/L)

26.6

20.1

原動機型式

P511

R749

原動機種類

4ストローク

4ストローク

気筒数

2

4

シリンダ配列

V型(L型)

並列(直列)

シリンダバンク角(°)

90

-

冷却方式

水冷

水冷

排気量 (cc)

645

749

カム・バルブ駆動方式

DOHC

DOHC

気筒あたりバルブ数

4

4

内径(シリンダーボア)(mm)

81

72

行程(ピストンストローク)(mm)

62.6

46

圧縮比(:1)

11.2

12.3

最高出力(kW)

56

83

最高出力(PS)

76.1

112

最高出力回転数(rpm)

8500

10500

最大トルク(N・m)

64

80

最大トルク(kgf・m)

6.5

8.2

最大トルク回転数(rpm)

8100

9000

燃料供給方式

フューエルインジェクション

フューエルインジェクション

燃料タンク容量 (L)

13

16

燃料(種類)

レギュラーガソリン

ハイオクガソリン

エンジン始動方式

セルフスターター式

セルフスターター式

点火装置

フルトランジスタ式

フルトランジスタ式

点火プラグ標準搭載・型式

MR8E-9

CR9EIA-9

点火プラグ必要本数・合計

4

4

搭載バッテリー・型式

FT12A-BS

FT12A-BS

バッテリー容量

12V 36.0kC(10 Ah)/10 HR

12V 36.0kC(10Ah)

エンジン潤滑方式

ウェットサンプ式

ウェットサンプ式

エンジンオイル容量※全容量 (L)

3

3.9

エンジンオイル量(オイル交換時) (L)

2.4

3.2

エンジンオイル量(フィルタ交換時) (L)

2.75

3.6

推奨エンジンオイル(SAE粘度)

10W-40

10W-40

クラッチ形式

湿式・多板

湿式・多板

変速機形式

リターン式・6段変速

リターン式・6段変速

変速機・操作方式

フットシフト

フットシフト

1次減速比

2.088

1.857

2次減速比

3.066

-

変速比

1速 2.460/2速 1.776/3速 1.379/4速 1.125/5速 0.961/6速 0.851

1速 2.529/2速 2.785/3速 2.052/4速 1.680/5速 1.450/6速 1.148

動力伝達方式

チェーン

チェーン

スプロケット歯数・前

15

17

スプロケット歯数・後

46

43

チェーンサイズ

520

525

標準チェーンリンク数

112

114

フレーム型式

スチール製トラスパイプフレーム

ダイヤモンド

キャスター角

25°00

25°00

トレール量 (mm)

106

100

ブレーキ形式(前)

油圧式ダブルディスク

油圧式ダブルディスク

ブレーキ形式(後)

油圧式ディスク

油圧式ディスク

ブレーキオイル適合規格

DOT 4

DOT 4

懸架方式(前)

テレスコピックフォーク

テレスコピックフォーク

フロントフォークタイプ

正立フォーク

倒立フォーク

フロントフォーク径(φ)

41

41

懸架方式(後)

スイングアーム式

スイングアーム式

ショックアブソーバ本数(後)

1

1

タイヤ(前)

120/70ZR17

120/70ZR17

タイヤ(前)構造名

ラジアル

ラジアル

タイヤ(前)荷重指数

58

58

タイヤ(前)速度記号

(W)

(W)

タイヤ(前)タイプ

チューブレス

チューブレス

タイヤ(後)

160/60ZR17

180/55ZR17

タイヤ(後)構造名

ラジアル

ラジアル

タイヤ(後)荷重指数

69

73

タイヤ(後)速度記号

(W)

(W)

タイヤ(後)タイプ

チューブレス

チューブレス

ホイールリム形状(前)

MT

MT

ホイールリム幅(前)

3.5

3.5

ホイールリム形状(後)

MT

MT

ホイールリム幅(後)

5

5.5

タイヤ標準指定空気圧(乗車定員時・前)

2.25

2.5

タイヤ標準指定空気圧(乗車定員時・後)

2.5

2.9

ヘッドライト定格(Hi)

60W/55W

55W

ヘッドライトタイプ(Hi)

H4

H4

ヘッドライト定格(Lo)

-

55W

テールライトタイプ

LED

LED

スピードメーター表示形式

デジタル

デジタル

メーター表示

ギアポジション 有
燃料計 有
エンジン回転計 有
時計 有
ツイントリップ 有

ギアポジション 有
燃料計 有
エンジン回転計 有
時計 有
ツイントリップ 有

車両装備

アンチロックブレーキ(ABS) 有

アンチロックブレーキ(ABS) 有
トラクションコントロール 有

メーカー小売価格/カラーバリエーション

738,720円 パールグレッシャーホワイト
738,720円 パールミラレッド
738,720円 マットブラックメタリックNo.2

969,840円 グラススパークルブラック/トリトンブルーメタリック
969,840円 パールミラレッド
969,840円 マットブラックメタリックNo.2

国内年間目標販売台数

800台

400台

 

SV650とGSX-S750の違いを比較

 

SV650とGSX-S750の外観のサイドの比較のGIF動画

 

SV650とGSX-S750の違いを比較

 

 

 

●車両重量と最高出力と最大トルク
SV650 ABS 196kg | 76.1ps/8500rpm | 64N・m/8100rpm
GSX-S750 ABS 212kg | 112ps/10500rpm | 80N・m/9000rpm

 

 

SV650は、2気筒。
GSX-S750は、4気筒。

 

 

2気筒の方がトルクがあるけど、取り回しの時とかの極低回転時は、プラグの爆発数が2倍になる4気筒のがエンストしにくい。

 

 

自分は、低速で扱いやすく、高速で伸びがあるGSX-S750にした。Vツインのドコドコ感が好きな人は、SV650。

 

 

SV650よりGSX-S750の方が装備が良い。SV650は、フロントフォークが正立だし、ブレーキがラジアルマウントじゃないし、トラクションコントロールもついてない。

 

 

GSX-S750は、モードセレクトができる。雨の日や不整地や濡れた枯葉が落ちてる道で役立つ。

 

 

SV650は、丸目で鉄製のトレリスフレームにVツインエンジン。流行りを追いかけてないオーソドックスな感じがいい。自分は、峠を含めたツーリングをするから使い方もSV650があってる気がする。GSX-S750は、四発の高回転の音が魅力。

 

 

直線でヨーイドンしたらSV650は、GSX-S750にボロ負けする。でも負けても悔しくない。燃費が良いのとコーナリングの身のこなしが軽いのと安いのがSV650の魅力。

 

 

SV650に乗った後でGSX-S750に乗ったら発進でエンストさせて恥ずかしかった。

 

 

SV650乗りだけど、GSX-S750試乗したら小柄な自分には、足つきがキツかった。

 

 

●シート高
SV650 ABS 785mm
GSX-S750 ABS 820mm

 

 

ピークパワーを求めるなら4発のGSX-S750。120km/h以上の伸びで差が出る。燃費は、悪いけど。

 

 

●タンク容量
SV650 ABS 13L
GSX-S750 ABS 16L

 

●燃費WMTCモード値
SV650 ABS 26.6km/L
GSX-S750 ABS 20.1km/L

 

●航続距離
SV650 ABS 13L × 26.6km/L =345.8km
GSX-S750 ABS 16L × 20.1km/L =321.6km

 

 

SV650とGSX-S750で迷ってGSX-S750にした。理由は、GSX-S750の外見と回転数上げた時の音が良すぎて乗ってて楽しかった。SV650は、価格は、魅力的だけど、外見が普通で惹かれる部分が無かった。

 

 

ツインやカスタムに拘りがない人は、普通にGSX-S750買うでしょ。

 

 

自分がSV650にしたのは、V2のエンジンフィーリングが全て。自分は、4発は無理。まあ好みの問題だけど。

 

 

俺も何回も直4試乗したけどダメだった。未だに乗り方がわからない。

 

 

SV650のV2は、アクセルを開けただけトルクがでる。フラットトルクでコントロールしやすい。俺は、どっちも試乗したけど、SV650の方が加速感や倒し込みが楽しかった。

 

 

ファンライドでGSX-S750に乗ったけどいいね。
SV650は、振動がきついしシートが固いしイマイチだった。

 

SV650とGSX-S750の中古車価格と買取相場

これをやるとバイクが高く売れる

バイクを売る時に何も知らずに無料査定を依頼すると安く買い叩かれるケースがあります。そうならないために無料査定を依頼する前にバイク買取業者がどういう対応をしてくるか知っておきましょう。

バイクを少しでも高く売るために知っておくこと



また、「バイクの一括査定」を利用すれば
業者の買取価格を比較してバイクを売ることができます。
何社も査定してもらう手間はかかりますが
バイクを高く売る一番確実な方法です。


バイク一括査定で月間利用者数NO.1のサイトは、こちら