GOOSE250とGOOSE350の違いを比較

バイクを高く売るためにやるべきこと

バイク買取業者は、どこも安く買い取りたいと思っています。
高値でバイクを売るには、業者を競わすのが一番です。

バイク一括査定で月間利用者数NO.1のサイトは、こちら

また、バイクを高く売るためには、必ず知っておいた方がよいことがあります。特に初めてバイク買取業者を利用する方は、バイクを高く売る方法を読んでから無料査定を依頼しましょう。

GOOSE250とGOOSE350の違いを比較

 

スズキ GOOSE250の歴史

1992年1月に「GOOSE250」が新登場。型式は、NJ46A
レプリカブームで4気筒モデルが全盛期の時にスズキが単気筒スーパースポーツの可能性を示そうとしたモデル。ワインディングを軽快に走り抜ける事を追求して作られた。快適性や積載性は低く、玄人好みのバイク。エンジンは、油冷4ストOHC4バルブ単気筒で高回転維持を求めるエンジン特性。ハンドル位置が低く、レーサーレプリカ並のきつめのライポジでシートは、タンデムや荷載を考慮しないセパレートシートを採用。

 

 

スズキ GOOSE350の歴史

1991年12月に「Goose350」が新登場。型式は、NK42A
「Goose350」は、輸出用エンデューロレーサーであるスズキDR350をベースとするエンジンを搭載したシングルスーパースポーツ。キャッチコピーは、「直線は退屈だ」。スチールパイプのトラス形状ダイヤモンドフレームにDR350のエンジンをより高回転型にチューンした、油冷4ストロークSOHC4バルブ単気筒エンジンを搭載。他にもフロントは、インナー39Φの倒立フォーク、前後油圧シングルブレーキ、丸目ヘッドライト、砲丸メーター、トップブリッジ下に付くセパレートハンドル、シングルシート風のテールカウルなどを装備。車体色は、青、赤、銀。
1993年12月に「Goose350」を発売。
1996年2月に「Goose350」を発売。
1999年3月に「Goose350」をカラーチェンジ。
車体色は、「黄×黒」と「黒」。このモデルが最終型となった。

 

 

ここでは、
1992年1月発売のスズキ GOOSE250(型式 NJ46A)と
1991年12月発売のスズキ GOOSE350(型式 NK42A)
の違いを比較しました。

 

 

GOOSE250とGOOSE350のスペック表の違い

※数字が大きい方がこの色

タイプグレード名

GOOSE 250

GOOSE 350

型式

NJ46A

NK42A

発売日

1992年1月

1991年12月

仕向け・仕様

国内向けモデル

国内向けモデル

全長 (mm)

1995

1995

全幅 (mm)

710

710

全高 (mm)

1055

1055

ホイールベース (mm)

1350

1350

最低地上高(mm)

135

150

車両重量 (kg)

157

160

乗車定員(名)

2

2

原動機型式

J422

K406

原動機種類

4ストローク

4ストローク

気筒数

1

1

シリンダ配列

単気筒

単気筒

排気量 (cc)

249

348

カム・バルブ駆動方式

OHC(SOHC)

OHC(SOHC)

内径(シリンダーボア)(mm)

73

79

行程(ピストンストローク)(mm)

69.6

71.2

圧縮比(:1)

10.1

9.5

最高出力(PS)

30

33

最高出力回転数(rpm)

9000

8000

最大トルク(kgf・m)

2.6

3.3

最大トルク回転数(rpm)

7500

6500

燃料供給方式

キャブレター

キャブレター

燃料タンク容量 (L)

15

15

エンジン始動方式

セルフスターター式

セルフスターター式

点火装置

C.D.I.式

C.D.I.式

点火プラグ標準搭載・型式

CR8EK

CR8EK

搭載バッテリー・型式

YTX9-BS

YTX12-BS

エンジンオイル容量※全容量 (L)

2.2

2.2

クラッチ形式

湿式・多板

湿式・多板

変速機形式

リターン式・6段変速

リターン式・6段変速

変速機・操作方式

フットシフト

フットシフト

1次減速比

2.818

2.818

2次減速比

3.142

2.571

変速比

1速 2.500/2速 1.733/3速 1.332/4速 1.110/5速 0.952/6速 0.825

1速 2.500/2速 1.733/3速 1.332/4速 1.110/5速 0.952/6速 0.825

動力伝達方式

チェーン

チェーン

スプロケット歯数・前

14

14

スプロケット歯数・後

44

36

チェーンサイズ

520

520

標準チェーンリンク数

106

102

フレーム型式

ダイヤモンド

ダイヤモンド

キャスター角

25°00

25°00

トレール量 (mm)

104

104

ブレーキ形式(前)

油圧式ディスク

油圧式ディスク

ブレーキ形式(後)

油圧式ディスク

油圧式ディスク

懸架方式(前)

テレスコピックフォーク

テレスコピックフォーク

懸架方式(後)

スイングアーム式

スイングアーム式

タイヤ(前)

100/70-17

110/70-17

タイヤ(前)構造名

バイアス

バイアス

タイヤ(前)荷重指数

54

54

タイヤ(前)速度記号

H

H

タイヤ(後)

130/70-17

140/70-17

タイヤ(後)構造名

バイアス

バイアス

タイヤ(後)荷重指数

62

66

タイヤ(後)速度記号

H

H

ホイールリム形状(前)

MT

MT

ホイールリム幅(前)

3

3

ホイールリム形状(後)

MT

MT

ホイールリム幅(後)

4

4

ヘッドライト定格(Hi)

60W/55W

60W/55W

テールライト定格(制動/尾灯)

18W/5W

18W/5W

 

GOOSE250とGOOSE350の違いを比較

 

Goose250とGoose350の違いを比較

 

 

Goose350が先に発売されて、その約1ヶ月後に排気量ダウン版のGoose250が発売された。

 

 

生産時期は
Goose350が1991〜1999年
Goose250が1992〜1993年
カタログ上はその後数年間掲載が続いた。

 

 

エンジンは、どちらも油冷4ストロークSOHC4バルブ単気筒エンジン。
Goose350のエンジンは、輸出用エンデューロレーサーであるスズキの「DR350」のエンジンをより高回転型にチューンしたもの。
Goose250のエンジンは、「DR350」の排気量ダウンモデルの「DR250」を更に公道走行車とした「DR250S(SJ44A)」のエンジンを流用。

 

 

Goose350からGoose250になっての主な変更点

 

  • Goose350のフロントはインナー39Φの倒立フォークだったが、Goose250は、フォークが正立(インナー41Φ)となった。
  •  

  • Goose250は、オイルクーラーがオミットされた。
  •  

  • Goose250は、チェーンアジャスターが一般的な引き型になった。
  •  

  • Goose250は、リアタイヤが1サイズダウンした。
  •  

  • Goose250の車体色は黒(フレーム&スイングアーム&サイドプレート=同色)のみ。

 

※他は、ほぼ同一コンポーネントとなっている。

 

 

GOOSE250とGOOSE350のスペック表の違う部分

 

●タイプグレード名
GOOSE 250 → GOOSE 350

 

●型式
NJ46A → NK42A

 

●発売日
1992年1月 → 1991年12月

 

●最低地上高(mm)
135 → 150

 

●車両重量 (kg)
157 → 160

 

●原動機型式
J422 → K406

 

●排気量 (cc)
249 → 348

 

●内径(シリンダーボア)(mm)
73 → 79

 

●行程(ピストンストローク)(mm)
69.6 → 71.2

 

●圧縮比(:1)
10.1 → 9.5

 

●最高出力(PS)
30 → 33

 

●最高出力回転数(rpm)
9000 → 8000

 

●最大トルク(kgf・m)
2.6 → 3.3

 

●最大トルク回転数(rpm)
7500 → 6500

 

●搭載バッテリー・型式
YTX9-BS → YTX12-BS

 

●2次減速比
3.142 → 2.571

 

●スプロケット歯数・後
44 → 36

 

●標準チェーンリンク数
106 → 102

 

●タイヤ(前)
100/70-17 → 110/70-17

 

●タイヤ(後)
130/70-17 → 140/70-17

 

●タイヤ(後)荷重指数
62 → 66

 

GOOSE250とGOOSE350の買取相場

これをやるとバイクが高く売れる

バイクを売る時に何も知らずに無料査定を依頼すると安く買い叩かれるケースがあります。そうならないために無料査定を依頼する前にバイク買取業者がどういう対応をしてくるか知っておきましょう。

バイクを少しでも高く売るために知っておくこと



また、「バイクの一括査定」を利用すれば
業者の買取価格を比較してバイクを売ることができます。
何社も査定してもらう手間はかかりますが
バイクを高く売る一番確実な方法です。


バイク一括査定で月間利用者数NO.1のサイトは、こちら