NC750XとX-ADVの違いを比較

バイクを高く売るためにやるべきこと

バイク買取業者は、どこも安く買い取りたいと思っています。
高値でバイクを売るには、業者を競わすのが一番です。

バイク一括査定で月間利用者数NO.1のサイトは、こちら

また、バイクを高く売るためには、必ず知っておいた方がよいことがあります。特に初めてバイク買取業者を利用する方は、バイクを高く売る方法を読んでから無料査定を依頼しましょう。

NC750XとX-ADVの違いを比較

 

ホンダ NC750Xの歴史

2014年1月24日に新登場。型式は、EBL-RC72
「NC750X」、「NC750X TypeLD」、「NC750X<ABS>」、「NC750X TypeLD<ABS>」、「NC750X DCT<ABS>」、「NC750X TypeLD DCT<ABS>」を発売。今回は、「ニューミッドコンセプト」シリーズとして開発した「NC700X」「NC700S」「インテグラ」それぞれの排気量アップを図りながら、燃費向上と装備の充実を図った。「NC750X」は、新CBシリーズなどで採用の瞬間燃費、および平均燃費などが表示できる機能を持つ燃費計を新たに装備。シート表皮の変更、前後タイヤにオフロードイメージを彷彿させるパターンのタイヤを採用、アジャストタイプのブレーキレバーの採用などが行われた。車体色は、全タイプに新色の3色(マットパールグレアホワイト、パールスペンサーブルー、ソードシルバーメタリック)の設定。
NC700XとNC750Xの違いの比較は、こちら。
NC750XとタイプLDの違いの比較は、こちら。
NC750XとNC750X DCTの違いの比較は、こちら。
NC750XとNC750Sの違いの比較は、こちら。
2014年4月21日に「E Package」タイプを設定し発売。
NC750XのE Packageは、Type LD、DCT搭載車にタイプ設定した。ETC車載器やスポーツグリップヒーター、DCTチェンジぺダルを装備。車体色は、3色(マットパールグレアホワイト、ソードシルバーメタリック、パールスペンサーブルー)の設定。
2016年1月26日にフルモデルチェンジ。型式は、2BL-RC90
NC750Xはスタイリングを一新。LEDヘッドライト、LEDテールランプを採用し、導光タイプのポジションランプをヘッドライト輪郭に縁取った。ラゲッジボックスの容量を拡大した。フロントサスペンションに「デュアルベンディングバルブ」を採用。リアクッションにはプリロード調整機構を追加。DCT搭載モデルは、Sモードに3種類のレベルを設定できる機能を追加。心地のよいパルス感を向上させる異形断面マフラーや防風効果をさらに高めた大型ウインドスクリーンを採用。車体色は、4色(キャンディーアルカディアンレッド、グリントウェーブブルーメタリック、パールグレアホワイト、マットバリスティックブラックメタリック)の設定。
NC750Xの「EBL-RC72」と「2BL-RC90」の違いを比較
2017年2月17日にカラーチェンジ。
新色のキャンディープロミネンスレッドを各タイプに追加。従来色の3色(マットバリスティックブラックメタリック、パールグレアホワイト、グリントウェーブブルーメタリック)とあわせて全4色の設定。
2018年4月20日にマイナーチェンジ。
これまでNC750X Dual Clutch Transmission<ABS>のみの設定だった、グリップヒーターとETC車載器を標準装備したE Packageタイプを、新たにマニュアルトランスミッションタイプのNC750X<ABS>にも設定。またNC750X<ABS>E PackageとNC750X Dual Clutch Transmission<ABS>E Packageに、2段階のトルクコントロールとトルクコントロールを必要としないOFF状態の選択が可能なHonda セレクタブル トルク コントロール(HSTC)を採用。シート高は、全タイプ800mmの設定とした。車体色は、3色(キャンディークロモスフィアレッド(新色)、マットガンパウダーブラックメタリック(新色)、パールグレアホワイト)の設定。
2018年11月22日にマイナーチェンジ。

「NC750X」の全タイプにABSとグリップヒーターとHondaセレクタブル トルク コントロール(HSTC)を標準装備。「NC750X」全タイプにETC2.0車載器を標準装備。車体色は、3色(マットバリスティックブラックメタリック(新色)、キャンディークロモスフィアレッド、パールグレアホワイト)の設定。
2021年2月25日にフルモデルチェンジ。型式は、8BL-RH09
よりアクティブなイメージを強調したスタイリングに一新。エンジン内部は、令和2年の規制に適合するため、パワーユニットに軽量化された新設計のピストンを採用やエアクリーナー構造の刷新すると共に吸排気系を刷新。フレームは軽量化が図られた。ラゲッジスペースを拡大。新たにスロットルバイワイヤシステムを採用。マニュアルミッション車のみににアシストスリッパークラッチを採用。新デザインの液晶メーターには、バッテリー電圧や平均車速などの表示情報を追加。ETC2.0車載器、グリップヒーターは引き続き搭載。車体色は、3色(グランプリレッド、パールグレアホワイト、マットバリスティックブラックメタリック)。
NC750Xの2021年2月25日のフルモデルチェンジ前後の違いの比較は、こちら。

 

 

ホンダ X-ADVの歴史

2017年4月14日に「X-ADV」が新登場。型式は、2BL-RC95
水冷・4ストローク・OHC・4バルブ直列2気筒745ccエンジンに、デュアル・クラッチ・トランスミッション(DCT)を組み合わせ、アドベンチャーモデルの力強さとコミューターモデルの利便性を高次元で融合させた「X-ADV」を発売。車体色は、2色(デジタルシルバーメタリック、ヴィクトリーレッド)。
2018年4月20日にマイナーチェンジ。
ライダーの好みで2段階のトルクコントロールと、トルクコントロールを必要としないOFF状態の選択が可能なHondaセレクタブル トルク コントロール(HSTC)採用。またアクセル操作に対する駆動力変化をダイレクトに後輪へ伝達するよう、クラッチ制御を変更するGスイッチを新たに採用。車体色は、2色(デジタルシルバーメタリック、キャンディークロモスフィアレッド)。
2019年2月21日にカラーチェンジ。
従来から標準装備のETC車載器がETC2.0車載器へバージョンアップ。車体色は、3色(マットビュレットシルバー、グランプリレッド、マットアーマードグリーンメタリック)。
2021年3月25日にフルモデルチェンジ。型式は、8BL-RH10
エンジン内部パーツを軽量化し、吸排気系をブラッシュアップ。平成32年(令和2年)排出ガス規制に適合。フレームは新設計され、形状の見直しによってラゲッジスペースが22リットルに拡大。電装系にスロットルバイワイヤシステム(TBW)を新採用。これに伴ってライディングモードが導入された。従来モデルのDCソケットがUSBポートに変更。車体色は、2色(パールディープマッドグレー、グラファイトブラック)。
X-ADVの2021年3月25日のフルモデルチェンジ前後の違いの比較は、こちら。
2022年7月28日にカラーチェンジ。
車体色は、3色(グランプリレッド(新色)、マットバリスティックブラックメタリック(新色)、パールディープマッドグレー)。

 

 

ここでは、
2017年2月17日発売のホンダ NC750X Dual Clutch Transmission ABS(型式 2BL-RC90)と
2017年4月14日発売のホンダ X-ADV(型式 2BL-RC95)
の違いを比較しました。

 

 

NC750XとX-ADVのスペック表の違いを比較

※数字が大きい方がこの色

タイプグレード名

NC750X Dual Clutch Transmission ABS

X-ADV

モデルチェンジ区分

カラーチェンジ

新登場

型式

2BL-RC90

2BL-RC95

発売日

2017年2月17日

2017年4月14日

仕向け・仕様

国内向けモデル

国内向けモデル

全長 (mm)

2230

2230

全幅 (mm)

845

910

全高 (mm)

1350

1345

ホイールベース (mm)

1535

1580

最低地上高(mm)

165

135

シート高 (mm)

830

790

車両重量 (kg)

230

238

最小回転半径(m)

3

2.8

乗車定員(名)

2

2

燃料消費率 国交省届出(60km/h走行時)(km/L)

42

40

燃料消費率 WMTCモード値(km/L)

28.3

27

原動機型式

RC88E

RC88E

原動機種類

4ストローク

4ストローク

気筒数

2

2

シリンダ配列

並列(直列)

並列(直列)

冷却方式

水冷

水冷

排気量 (cc)

745

745

カム・バルブ駆動方式

OHC(SOHC)

OHC(SOHC)

気筒あたりバルブ数

4

4

内径(シリンダーボア)(mm)

77

77

行程(ピストンストローク)(mm)

80

80

圧縮比(:1)

10.7

10.7

最高出力(kW)

40

40

最高出力(PS)

54

54

最高出力回転数(rpm)

6250

6250

最大トルク(N・m)

68

68

最大トルク(kgf・m)

6.9

6.9

最大トルク回転数(rpm)

4750

4750

燃料供給方式

フューエルインジェクション

フューエルインジェクション

燃料供給装置形式

PGM-FI

PGM-FI

燃料タンク容量 (L)

14

13

燃料(種類)

レギュラーガソリン

レギュラーガソリン

満タン時航続距離(概算・参考値)

588

520

エンジン始動方式

セルフスターター式

セルフスターター式

点火装置

フルトランジスタ式

フルトランジスタ式

点火プラグ標準搭載・型式

IFR6G-11K

IFR6G-11K

点火プラグ必要本数・合計

2

2

搭載バッテリー・型式

YTZ14S

YTZ14S

バッテリー容量

12V-11.2Ah10HR

12V-11.2Ah

エンジン潤滑方式

ウェットサンプ式

ウェットサンプ式

エンジンオイル容量※全容量 (L)

4.1

4.1

エンジンオイル量(オイル交換時) (L)

3.2

3.2

エンジンオイル量(フィルタ交換時) (L)

3.4

3.4

推奨エンジンオイル(SAE粘度)

10W-30

10W-30

クラッチ形式

湿式・多板

湿式・多板

変速機形式

電子式・6段自動変速

電子式・6段自動変速

1次減速比

1.921

1.921

2次減速比

2.294

2.235

変速比

1速 2.665/2速 1.904/3速 1.453/4速 1.200/5速 1.032/6速 0.864

1速 2.665/2速 1.904/3速 1.453/4速 1.200/5速 1.032/6速 0.837

動力伝達方式

チェーン

チェーン

スプロケット歯数・前

17

17

スプロケット歯数・後

39

39

チェーンサイズ

520

520

標準チェーンリンク数

112

118

フレーム型式

ダイヤモンド

ダイヤモンド

キャスター角

27°00

27°00

トレール量 (mm)

110

104

ブレーキ形式(前)

油圧式ディスク

油圧式ダブルディスク

ブレーキ形式(後)

油圧式ディスク

油圧式ディスク

ブレーキオイル適合規格

DOT 4

DOT 4

懸架方式(前)

テレスコピックフォーク

テレスコピックフォーク

フロントフォークタイプ

正立フォーク

倒立フォーク

懸架方式(後)

スイングアーム式

スイングアーム式

ショックアブソーバ本数(後)

1

1

タイヤ(前)

120/70ZR17

120/70R17

タイヤ(前)構造名

ラジアル

ラジアル

タイヤ(前)荷重指数

58

58

タイヤ(前)速度記号

(W)

H

タイヤ(前)タイプ

チューブレス

チューブレス

タイヤ(後)

160/60ZR17

160/60R15

タイヤ(後)構造名

ラジアル

ラジアル

タイヤ(後)荷重指数

69

67

タイヤ(後)速度記号

(W)

H

タイヤ(後)タイプ

チューブレス

チューブレス

ホイールリム形状(前)

MT

MT

ホイールリム幅(前)

3.5

3.5

ホイールリム形状(後)

MT

MT

ホイールリム幅(後)

4.5

4.5

ヘッドライトタイプ(Hi)

LED

LED

テールライトタイプ

LED

LED

スピードメーター表示形式

デジタル

デジタル

メーター表示

ギアポジション 有
燃料計 有
エンジン回転計 有
時計 有
ツイントリップ 有

ギアポジション 有
燃料計 有
エンジン回転計 有
時計 有
ツイントリップ 有

車両装備

ハザードランプ 有
アンチロックブレーキ(ABS) 有
パーキングブレーキ 有
走行モード切り替え 有
盗難防止装置 有

アンチロックブレーキ(ABS) 有
走行モード切り替え 有
グリップヒーター 有
ETC 有
DCソケット 有
可変スクリーン 有
シート下収納(シート下トランク) 有

メーカー希望小売価格/カラーバリエーション

859,680円(消費税抜き本体価格 796,000円)
パールグレアホワイト、
キャンディプロミネンスレッド、
グリントウェーブブルーメタリック、
マットバリスティックブラックメタリック

1,209,600円(税抜き本体価格 1,120,000円)
デジタルシルバーメタリック、
1,242,000円(税抜き本体価格 1,150,000円)ヴィクトリーレッド

販売計画台数(国内・年間)

1,100台

400台

 

NC750XとX-ADVの違いを比較

 

NC750XとX-ADVの違いを比較

 

 

俺は、X-ADVの見た目が凄く気に入ってるとかない限り、価格の差でNC750Xの方がいいと思う。動力性能の差は、体感できる程ないかもしれないけど、NC750Xは、しっかりバイク的に跨がってニーグリップもできて、リヤタイヤも一般的なサイズの17インチだし、高速もワインディングでもX-ADVに劣る要素はないと思う。俺は、メインバイクがあって通勤用途としてX-ADVを買ったけど、一台でいくならNC750Xの方がいいと思う。

 

 

NC750XとX-ADVの比較だとサスストロークは150mmで同じだが、X-ADVは重量が9kg重いし、後輪は小径だし、ここぞという時にニーグリップできないから軽めのオフ性能だとNC750が100に対しX-ADVは70くらいかな。

 

 

DCTは、NC750XとX-ADVも第三世代の最新型。
汎用性では、NC750Xの方が上だね。

 

 

X-ADVは、NC750Xのメットイン減らして、可変スクリーンとスマートキー、豪華なフロントの足まわりといったところかな?

 

 

NC750が大型のスーパーカブと言われるなら
X-ADVは大型のハンターカブだね。

 

 

イタリアで2017年6月末まで販売台数が2017年7月4日に発表された。
X-ADVの2017年6月の販売台数は756台で、4月〜6月までの合計販売台数は1924台。
NC750Xの1月〜6月の販売台数が1664台。

 

 

オフロードを走ることないならNC750X DCT Eパッケージの方が値段安いし、サイドパニアも付けられるし、タイヤが選び放題だし、パーツも沢山ある。価格が割高でパーツも少ないX-ADVを選ぶ理由はない。X-ADVは唯一無二のバイクだからX-ADVに一目惚れした人が買うバイク。

 

 

●メーカー希望小売価格(消費税込み)

 

X-ADV デジタルシルバーメタリック
1,209,600円(消費税抜き本体価格 1,120,000円)

 

X-ADV ヴィクトリーレッド
1,242,000円(消費税抜き本体価格 1,150,000円)

 

NC750X、NC750X Type LD
743,040円(消費税抜き本体価格 688,000円)

 

NC750X<ABS>、NC750X Type LD<ABS>
793,800円(消費税抜き本体価格 735,000円)

 

NC750X DCT<ABS>、NC750X Type LD DCT
859,680円(消費税抜き本体価格 796,000円)

 

NC750X DCT<ABS>Eパッケージ、NC750X Type LD DCT<ABS>Eパッケージ
924,480円(消費税抜き本体価格 856,000円)

 

 

収納: NC750Xが優位(フルフェイスがすっぽり入る)
ケツ痛&腰痛懸念: X-ADVは、足前だししか出来ないから腰を痛めやすい。
高速での防風性: ほぼ同じだけど大型スクリーンはNC750Xの方が揃ってる。
連続走行距離: 燃費差とタンク容量差でNC750Xdctが400km。X-ADVが350km。

 

 

見た目とスマートキーでX-ADVの方がいい。

 

 

NC750Xには、チェンジペダルキットなどX-ADVに無いオプションがある。

 

NC750XとX-ADVの中古車価格と買取相場

これをやるとバイクが高く売れる

バイクを売る時に何も知らずに無料査定を依頼すると安く買い叩かれるケースがあります。そうならないために無料査定を依頼する前にバイク買取業者がどういう対応をしてくるか知っておきましょう。

バイクを少しでも高く売るために知っておくこと



また、「バイクの一括査定」を利用すれば
業者の買取価格を比較してバイクを売ることができます。
何社も査定してもらう手間はかかりますが
バイクを高く売る一番確実な方法です。


バイク一括査定で月間利用者数NO.1のサイトは、こちら