CB223Sとエストレヤの違いを比較

バイクを高く売るためにやるべきこと

バイク買取業者は、どこも安く買い取りたいと思っています。
高値でバイクを売るには、業者を競わすのが一番です。

バイク一括査定で月間利用者数NO.1のサイトは、こちら

また、バイクを高く売るためには、必ず知っておいた方がよいことがあります。特に初めてバイク買取業者を利用する方は、バイクを高く売る方法を読んでから無料査定を依頼しましょう。

CB223Sとエストレヤの違いを比較

 

ホンダ CB223Sの歴史

2008年04月11日に新登場。型式は、JBK-MC40
CBシリーズのレトロ系ネイキッドモデル。実質的にはFTR223をベースにした姉妹車でホイールなど共通部品。本来はSL230用に開発されたMD33E型空冷4ストローク2バルブSOHC単気筒エンジンを搭載。フレーム剛性・サスペンションセッティング・オンロード用タイヤ装着など本モデル向けに設計変更も実施。車体色は、ストライプタイプが3色(クラシカルホワイト、グラファイトブラック、キャンディータヒチアンブルー)とツートーンタイプが2色(キャンディールビジウムレッド、デジタルシルバーメタリック)を合わせた全5色。
2010年02月18日にカラーチェンジ。
シンプルなスタイルをより強調するソリッドタイプ2色と存在感を際立たせるストライプタイプ1色。ソリッドタイプは、新色のコルチナホワイトと、グラファイトブラックを採用。シートには燃料タンクにマッチしたカラーのパイピングを施した。グラファイトブラックは、前後ホイールとフロントサスペンションのボトムケースにブラック塗装を施した。ストライプタイプには、新色のキャンディーグレイスフルレッドを採用。燃料タンクにはシルバーのストライプが入り、シート表皮はグレーとブラックのツートーンに。
2016年に生産終了を公表。

 

 

カワサキ エストレヤの歴史

1992年5月11日に「エストレヤ」が新登場。型式は、BJ250A
新設計の249cc空冷4スト単気筒SOHC2バルブエンジンを「直立」させて搭載し、キャブトンタイプのマフラーを採用したレトロスポーツモデル。ESTRELLAは、スペイン語で星。
1993年3月15日に「エストレヤ」をマイナーチェンジ。
タンクのエンブレムが立体エンブレムに変更。
1994年2月1日に「エストレヤ」をカラーチェンジ。
1995年3月1日に「エストレヤ」をマイナーチェンジ。
リアショックがリザーバータンク付きからリザーバータンクがないシンプルなタイプに変更。
1995年3月1日に「エストレアRS」をラインナップに追加。
「エストレアRS」は、ロングシートを装着。シート高は、770mmから735mmに低下。専用工具の収納場所は、キー付ツールボックスからシート下への収納に変更。車体色の「エボニー×ファイアクラッカーレッド」は、メッキフェンダーを装着。形状変更された立体型タンクエンブレムは、エストレヤだけに装着。
1996年3月20日に「エストレヤカスタム」をタイプ追加。
「エストレヤカスタム」は、フロントブレーキをドラム式(ダブルリーディング式)に変更し、フォークブーツを装備し、セパレート式のサドルシートを採用し、よりクラシカルモダンイメージを高めた。
1996年3月20日に「エストレヤRSカスタム」をタイプ追加。
「エストレヤRSカスタム」は、フロントブレーキをドラム式(ダブルリーディング式)に変更し、フォークブーツを装備し、ロングシートを採用。立体エンブレムはエストレヤとカスタムだけに装着された。
1997年2月15日に「エストレヤ」と「エストレヤカスタム」と「エストレヤRS」と「エストレヤRSカスタム」をカラーチェンジ。
前年までは、各バリエーションにそれぞれの車体色が用意されていたが、1997年モデルからは、「エストレヤ」と「エストレヤカスタム」、「エストレヤRS」と「エストレヤRSカスタム」の車体色を共通化。ただし「エストレヤRSカスタム」はシートにホワイトパイピングが無いなどの細かい相違点はある。
1998年2月10日に「エストレヤ」と「エストレヤカスタム」と「エストレヤRS」と「エストレヤRSカスタム」をカラーチェンジ。

1999年2月1日に「エストレヤ」と「エストレヤカスタム」と「エストレヤRS」と「エストレヤRSカスタム」をカラーチェンジ。
1999年7月15日に「エストレヤ」と「エストレヤカスタム」と「エストレヤRS」と「エストレヤRSカスタム」をモデルチェンジ。型式は、BA-BJ250A
平成11年度排出ガス規制の適合のために、エンジンの排気ポートにエアクリーナーから空気を導入し排出ガスを再燃焼させるKCA(Kawasaki Clean Air)とパイプ触媒を組み合わせたKLEEN(Kawasaki Low Exhaust Emission system)を搭載。
エストレヤの「BJ250A」と「BA-BJ250A」の違いの比較は、こちら。
2000年1月10日に「エストレヤRS」と「エストレヤカスタム」をカラーチェンジ。
2000年モデルから4種類あったバリエーションがロングシート+ディスクブレーキの「エストレヤRS」とセパレートシート+ドラムブレーキの「エストレヤカスタム」の2車種となった。エストレヤRSはメッキフェンダー、エストレヤカスタムは立体エンブレムを装備。
2001年1月10日に「エストレヤRS」と「エストレヤカスタム」をカラーチェンジ。
サイドカバーにKLEENマークを追加。「エストレヤカスタム」は、タンクエンブレムが小型のデザインに変更。
2001年10月10日に特別・限定仕様の「エストレヤカスタム Limited edition」と「エストレヤRS Limited edition」を発売。
2002年の10周年記念として、クロームメッキのピンストライプを配したパールアルペンホワイトのフューエルタンク、クロームメッキ仕上げのヘッドライトボディとサイドカバー、ブラウンとホワイトのツートーンカラーシートなどの特別な装備を施した。500台の限定で発売。
2002年1月10日に「エストレヤカスタム」と「エストレヤRS」をカラーチェンジ。
2003年2月1日に「エストレヤカスタム」と「エストレヤRS」をカラーチェンジ。
2003年6月1日に特別・限定仕様の「エストレヤRS Chrome Version」を発売。
「エストレヤRS」をベースに、専用色のパールブレイジングオレンジ×クロームメッキの燃料タンク、ヘッドライトボディ、サイドカバー、フロント&リアフェンダーがクロームメッキで、ツートーンカラーのシート、メタリックグレイのメーターカバー、丸形タンクマークなどを装備し500台限定で発売。
2003年12月15日に「エストレヤカスタム」と「エストレヤRS」をカラーチェンジ。
2004年4月15日に特別・限定仕様の「エストレヤ RS Chrome Version」を発売。

今回の限定仕様の車体色は、クロームメッキ×ポーラホワイト。基本的に2003年の限定車と同等の装備。今回は、3月1日〜5月31日受注期間限定で発売。
2004年12月25日に「エストレヤカスタム」と「エストレヤRS」をカラーチェンジ。
「エストレヤRS」は、サイドカバーに車名が入り、タンクマークが大きなKマークのニューデザインとなった。カスタムは立体エンブレムになった。


2005年4月10日に特別・限定仕様の「エストレヤRS Chrome Version」を発売。
今回の限定仕様の車体色は、クロームメッキ/カスタムクリームイエロー。3月10日?5月31日の受注期間限定で発売。
2005年12月15日に「エストレヤカスタム」と「エストレヤRS」をカラーチェンジ。
2006年4月20日に「エストレヤRS Chrome Version」を発売。
今回の車体色は、クロームメッキ×メタリックオーシャンブルー。ディスクブレーキ内側が黒塗りとなり、各部のメッキやツートーンシートも引き続き採用。
2007年2月14日にフルモデルチェンジ。型式は、JBK-BJ250A
このフルモデルチェンジでエストレヤRSとエストレヤカスタムの2車種のラインナップから1車種へ統合。キャブレターからフューエルインジェクションへ変更し排出ガス規制に適応。これまでスピードメーターのみから、タコメーター内臓の電気式二眼メーターに変更。ハンドルロック一体式イグニッションスイッチ、プッシュキャンセル式ターンシグナルの採用などの変更があった。
エストレヤのキャブとFIの違いの比較は、こちら。
2007年4月にカラー追加。
2007年12月24日にカラーチェンジ。
2008年4月にカラー追加。
2009年7月15日にカラーチェンジ。
2010年7月15日にカラーチェンジ。
立体エンブレムと仕上がりが美しい水転写デカールを採用。車体色は、2色(キャンディインペリアルブルー、ポーラホワイト×キャンディバーントオレンジ)の設定。
2011年7月15日にカラーチェンジ。
車体色は、2色(キャンディアラビアンレッド、メタリックミッドナイトサファイアブルー)の設定。

2012年7月1日にカラーチェンジ。
車体色は、2色(パールスターダストホワイト、キャンディミスティックブルー)の設定。
2014年1月20日に「エストレヤ」をマイナーチェンジ。また「エストレヤ スペシャルエディション」を発売。
エンジンの出力特性が見直され最高出力が「15kW/20ps」→「13kW/18ps」へ下がったが低中速の回転域でのトルクを重視したセッティングとなった。アイドルスピードコントロールの採用、前後サスペンションのスプリングレートや減衰力設定の最適化を図る。外装や塗装なども変更。車体色は、2色(キャンディカリビアンブルー、キャンディアイビーグリーン)の設定。また、車体色がメタリックスパークブラックでフェンダー、フロントフォーク、エンジン、エキゾーストシステムなど車体各部をブラック仕上げとした精悍なイメージのスペシャルエディションを発売。
2015年1月20日に「エストレヤ」と「エストレヤ スペシャルエディション」をカラーチェンジ。
車体色は、3色(パールルミナリーブルー、キャンディゴールドスパーク、パールブローニュ)の設定。スペシャルエディションは、2014年モデルのオレンジのパイピングが入った黒のダブルシートから座面部分を赤にしたツートーンのシートへと変更された。
2016年1月15日に「エストレヤ」と「エストレヤ スペシャルエディション」をカラーチェンジ。
車体色は、2色(メタリックスパークブラック、パールアルパインホワイト)の設定。スペシャルエディションの車体色は、キャンディクリムゾンレッドの1色の設定となった。
2017年3月15日に「エストレヤ」と「エストレヤ スペシャルエディション」をカラーチェンジ。
車体色は、2色(キャンディカリビアンブルー×パールクリスタルホワイト、キャンディバーントオレンジ×パールクリスタルホワイト)の設定。スペシャルエディションの車体色は、メタリックスレートブルー×パールクリスタルホワイトの1色の設定となった。
2017年3月15日に「エストレヤ ファイナルエディション」を発売。
ファイナルエディションは、キャンディアラビアンレッドの車体色にフューエルタンクのグラフィックに水転写デカールを取り入れ、専用の「Kawasaki」エンブレム、サイドカバーにも専用のエンブレムを採用。フューエルタンク上部に「Final Eiditon」ロゴ(水転写デカール)も入った。シートも特別なデザインを採用し、フロントフェンダー、リアフェンダー、フォークカバーにクロームメッキを採用。
2017年のファイナルエディションをもって生産終了を発表。

 

 

ここでは、
2010年2月発売のホンダ CB223S(JBK-MC40)と
2010年7月発売のカワサキ エストレヤ(JBK-BJ250A)
の違いを比較しました。

 

 

スペック表の違い

※数字が大きい方がこの色

車種名

CB223S

エストレヤ

発売年

2010年2月

2010年7月

全長 (mm)

2100

2075

全幅 (mm)

780

755

全高 (mm)

1110

1030

軸間距離 (mm)

1395

1400

最低地上高 (mm)

175

150

シート高 (mm)

780

735

車両重量 (kg)

135

160

エンジン種類

空冷4ストロークOHC単気筒

空冷4ストローク単気筒 SOHC 2バルブ

排気量 (cc)

223

249

内径(シリンダーボア)(mm)

65.5

66

行程(ピストンストローク)(mm)

66.2

73

圧縮比(:1)

9

9

最高出力(kW)

12

15

最高出力(PS)

16

20

最高出力回転数(rpm)

7000

8000

最大トルク(N・m)

18

20

最大トルク(kgf・m)

1.8

2

最大トルク回転数(rpm)

5500

6500

燃料タンク容量 (L)

11

13

燃料供給方式

キャブレター

フューエルインジェクション

満タン時航続距離(概算・参考値)

451

533

エンジン始動方式

セルフスターター式

セルフスターター式

点火装置

C.D.I.式

フルトランジスタ式

点火プラグ標準搭載・型式

DPR8EA-9

DR8EA

搭載バッテリー・型式

YTZ7S

YTX9-BS

エンジンオイル容量※全容量 (L)

1.2

2

エンジンオイル量(オイル交換時) (L)

1

1.8

推奨エンジンオイル(SAE粘度)

10W-30

10W-40

クラッチ形式

湿式・多板

湿式・多板

変速機形式

リターン式・5段変速

リターン式・5段変速

スプロケット歯数・前

13

15

スプロケット歯数・後

42

38

チェーンサイズ

520

520

標準チェーンリンク数

110

102

キャスター角

25.45

27

トレール量 (mm)

84

96

懸架方式(前)

テレスコピックフォーク

テレスコピックフォーク

懸架方式(後)

スイングアーム式

スイングアーム式

燃料消費率(km/L) 60km/h走行時

41

41

ブレーキ形式(前)

油圧式ディスク

油圧式ディスク

ブレーキ形式(後)

機械式リーディングトレーリング

油圧式ディスク

タイヤ(前)

110/90-18

90/90-18

タイヤ(前)構造名

バイアス

バイアス

タイヤ(前)荷重指数

61

51

タイヤ(前)速度記号

H

P

タイヤ(前)タイプ

チューブタイヤ

チューブタイヤ

タイヤ(後)

130/80-18

110/90-17

タイヤ(後)構造名

バイアス

バイアス

タイヤ(後)荷重指数

66

60

タイヤ(後)速度記号

H

P

タイヤ(後)タイプ

チューブタイヤ

チューブタイヤ

ホイールリム幅(前)

2.5

1.85

ホイールリム幅(後)

3

2.15

ヘッドライトタイプ(Hi)

H4

H4

 

 

CB223Sとエストレヤの違いを比較

 

CB223Sとエストレヤの比較の口コミ

 

 

2008年にCB223S、ST250,エストレアのレトロな外観のバイクで迷ってCB223Sを買った。決めては、価格とホンダ。CB223Sは、手抜きの割りに価格が高いけど、新車現行車で比べたらCB223Sの見積もりが一番安かった。

 

 

見た目では、クラッシック系のエストレアとスタンダード系のCB223だね。

 

 

CB223Sの特徴は、軽いし、ハンドリング性能が高くて旋回性能が高い。あとトコトコ感がある。欠点は、カスタムパーツが無い。
エストレヤの特徴は、出足はモッサリしてるけど、回転数が上がればよく走る。あと車重が重いから安定感がある。欠点は、ハンドルが重い。

 

 

CB223Sは、FTRをクラシック風にしただけだからスタイル的には断然エストレヤがいい。

 

 

CB223Sは、エストレアより25kgも軽いけど存在感まで軽いわ。

 

 

CB223Sは、質感でエストレヤに勝てない。

 

 

エストレヤの方がタコメーターがあって、リアブレーキがディスク。それからインジェクションだから標高が高い場所でのパワーダウンが少なそう。あとタイヤサイズがCB223Sより細いからタイヤ交換の時安い。あとメーカー純正のキャリアやセンスタとかがいろいろ出てるからツーリングには向いていると思う。

 

 

CB223Sは、タイヤさえ替えればオフやダートをFTR並に走れそう。他のST250やエストレヤは無理でしょ。まあ無理すれば走れないことはないけど。

 

 

身長177cmだけどエストレヤは、窮屈だった。CB223Sに乗ってみたら、凄くしっくりくるシート高だった。

 

 

CB223S 16馬力 135kg
エストレヤ 20馬力 160kg

 

 

街乗りで乗るならCB223Sの方が走りがいい。
あと耐久性もCB223Sだね。

 

 

中低速での加速は、CB223Sの方が上。最高速は、エストレヤの方が上で120km/h前後出る。CB223Sは、若干劣る。

 

 

走行性能は、似たようなものだから見た目と値段で選べばいい。

 

 

ダートでは、CB223の方が若干楽だと思う。

 

 

250ccクラスでエストレヤがある。わざわざ性能の低いCB223sを選ぶ必要はない。もし250ccクラスにたいして期待してないし、CB223sの見た目が好きなら迷わずCB223sを買えばいい。CB223sでもいちを高速走れるし、80kgの自分でも150kmぐらいならノンストップで尻のダメージもなく走れる。

 

 

ロンツーで使うなら、単気筒はやめたほうがよくない?俺としては、最低でもツインかな。それにエストレアの方が社外品が豊富。CB223Sはほぼ純正op品だけ。

 

 

最低地上高
・CB223S 175mm
・エストレヤ 150mm

 

 

CB223sは、この不人気さからくるレア感がいいんだよ。

 

 

エストレアは、タイヤをいろいろ選べる。CB223Sは、ほぼ専用品だけ。

 

 

●エストレヤ、st250、cb223のそれぞれの特徴

 

★馬力
エストレヤ > st250 > cb223
CB223が最も非力で遅い。

 

★重量
エストレヤ > cb223 > st250
エストレヤが重く、st250が軽い。

 

★足付き
エストレヤとst250は、たぶん両足ベッタリ。
cb223は、この2車に比べ、シート位置は少し高め。

 

★見た目
cb223は、少しプラスチック感がある部分が多い。
エストレヤが車体自体の質感が1番高い。次にst250。
以上個人的な意見でした。

 

 

CB223Sは、エストレヤよりメッキが少ないから綺麗な状態を保つのが楽

 

 

エストレヤとCB223Sで迷ってる。どちらもレトロ系だがエストレヤは60年代風でCB223Sは70年代風。

 

CB223Sとエストレヤの中古車価格と買取相場

これをやるとバイクが高く売れる

バイクを売る時に何も知らずに無料査定を依頼すると安く買い叩かれるケースがあります。そうならないために無料査定を依頼する前にバイク買取業者がどういう対応をしてくるか知っておきましょう。

バイクを少しでも高く売るために知っておくこと



また、「バイクの一括査定」を利用すれば
業者の買取価格を比較してバイクを売ることができます。
何社も査定してもらう手間はかかりますが
バイクを高く売る一番確実な方法です。


バイク一括査定で月間利用者数NO.1のサイトは、こちら