MT-07とNC700Xの違いを比較

バイクを高く売るためにやるべきこと

バイク買取業者は、どこも安く買い取りたいと思っています。
高値でバイクを売るには、業者を競わすのが一番です。

バイク一括査定で月間利用者数NO.1のサイトは、こちら

また、バイクを高く売るためには、必ず知っておいた方がよいことがあります。特に初めてバイク買取業者を利用する方は、バイクを高く売る方法を読んでから無料査定を依頼しましょう。

MT-07とNC700Xの違いを比較

 

ヤマハ MT-07の歴史

2014年8月20日に「MT-07」が新登場。型式は、EBL-RM07J
ABS標準装備の「MT-07A」も発売。車体色は、3色(マットグレーメタリック3、ブルーイッシュホワイトカクテル1、ビビッドレッドカクテル1)の設定。
2015年3月10日に「MT-07 ABS」をカラーチェンジして発売。
車体色は、新色の「マットシルバー1」の1色。「MT-07 ABS」はホイールとフレームをレースブルーとした。
2016年2月15日に「MT-07A」と「MT-07」をカラーチェンジして発売。
車体色は、「MT-07A」が新色2色(マットシルバー1、ディープレッドメタリックK)と継続色2色(ブルーイッシュホワイトカクテル1、マットグレーメタリック3)の全4色。「MT-07」が新色1色(ディープレッドメタリックK)と継続色2色(ブルーイッシュホワイトカクテル1、マットグレーメタリック3)の全3色。
2017年2月15日に「MT-07 ABS」、「MT-07」のカラーリングを変更し発売。
車体色は、全て新色で「MT-07 ABS」がブルーイッシュグレーソリッド4とディープパープリッシュブルーメタリックCの2色。「MT-07」がブルーイッシュホワイトパール1とマットダークグレーメタリック6の2色。
2018年4月10日に「MT-07 ABS」をマイナーチェンジし発売。型式は、2BL-RM19J
今回のマイナーチェンジの主な特徴は、バネ定数と減衰力のバランス調整を図って操作に対し、よりリニアに反応する前後サスペンションを装備。ポジションの自由度を高めて、長時間乗車時の疲労を低減する新設計シートの採用。吸排気の流れや塊感を強調し、より力強さを感じさせるスタイリングに変更。車体色は、3色(ディープパープリッシュブルーメタリックC、マットグレーメタリック3、マットダークグレーメタリック6)の設定。
2019年3月1日に「MT-07 ABS」のカラーリングを変更し発売。
車体色は、新色のマットライトグレーメタリック4と継続色のディープパープリッシュブルーメタリックCとマットダークグレーメタリック6をあわせた全3色。

 

 

ホンダ NC700Xの歴史

2012年2月24日に「NC700X」と「NC700X<ABS>」が新登場。型式は、EBL-RC63
車体色は、4色(パールサンビームホワイト、マグナレッド、ダークネスブラックメタリック、デジタルシルバーメタリック)の設定。
2012年6月14日に「NC700X Dual Clutch Transmission<ABS>」と「NC700X TypeLD」をタイプ追加し発売。
「NC700X Dual Clutch Transmission<ABS>」は、変速機構のデュアル・クラッチ・トランスミッションとアンチロックブレーキシステムを採用したモデル。「NC700X TypeLD」は、NC700Xをベースに前・後サスペンションを変更してローダウン化を図り、シート高を30mm低くし、足着き性を良くした。車体色は、どちらも4色(マグナレッド、ダークネスブラックメタリック、パールサンビームホワイト、デジタルシルバーメタリック)の設定。
2013年8月23日に「NC700X TypeLD Dual Clutch Transmission<ABS>」の特別カラーを限定発売。
車体色は、「カムフラージュグリーン」。

 

 

ここでは、
2016年2月発売のヤマハ MT-07(EBL-RM07J)と
2012年2月24日発売のホンダ NC700X(EBL-RC63)
の違いを比較しました。

 

スペック表の違い

※数字が大きい方がこの色

 

車種

ヤマハ MT-07

ホンダ NC700X

発売

2016年2月

2012年2月24日

型式

EBL-RM07J

EBL-RC63

全長

2085mm

2210mm

全幅

745mm

830mm

全高

1090mm

1285mm

ホイールベース

1400mm

1540mm

シート高

805mm

830mm

最低地上高

140mm

165mm

総重量

179kg

214kg

サスペンション形式(前)

テレスコピック

テレスコピック

サスペンション形式(後)

スイングアーム

スイングアーム

キャスター角

24°50′

27°

トレール(mm)

90

110

ブレーキ形式(前)

ダブルディスク

ディスク

ブレーキ形式(後)

ディスク

ディスク

タイヤサイズ(前)

120/70ZR17 M/C 58W

120/70ZR17 M/C 58W

タイヤサイズ(後)

180/55ZR17 M/C 73W

160/60ZR17 M/C 69W

エンジン種類

水冷4ストロークDOHC4バルブ並列2気筒

水冷4ストロークOHC4バルブ並列2気筒

総排気量

689cc

669cc

圧縮比

11.5

10.7

ボア

80mm

73mm

最高出力(kW/rpm)

54(73.4PS)/9000

37(50PS)/6250

最大トルク(N・m/rpm)

68(6.9kgf・m)/6500

61(6.2kgf・m)/4750

始動方式

セル

セル

点火方式

フルトランジスタ

フルトランジスタ

クラッチ形式

湿式多板

湿式多板

変速機形式

6段リターン

6段リターン

燃料供給方式

インジェクション

インジェクション

潤滑方式

強制圧送ウエットサンプ

圧送飛沫併用

燃料タンク容量

13.0L

14.0L

燃料消費率(km/L)

38.4(60km/h)・24.1(WMTCモード)

41(60km/h)

カラー/メーカー小売価格

¥699,840 ディープレッドメタリックK ¥699,840 ブルーイッシュホワイトカクテル1 ¥699,840 マットグレーメタリック3

¥649,950 パールサンビームホワイト ¥649,950 マグナレッド ¥649,950 ダークネスブラックメタリック ¥649,950 デジタルシルバーメタリック

 

 

MT-07とNC700Xの動画

 

 

MT-07

 

ヤマハ MT-07 (2014) バイク試乗レビュー

 

 

YAMAHA MT-07 速攻インプレ in 伊豆SSセンター by 丸山浩

 

 

Yamaha MT07 Top Speed

 

 

 

NC700X

 

ホンダ NC700X バイク試乗レビュー

 

 

やさしいバイク解説:ホンダ NC700X DCT

 

 

NC700X - Top Speed

 

 

MT-07とNC700Xの比較の口コミ

 

 

NC700X乗りだけど、MT-07は、車重がNC700Xより35kg軽くて馬力が23.4psも大きいから魅力的。NCのエンジンは回らなくて、ここ一番でレブに当たって失速する。でもメットインの便利さは凄い。

 

 

バイクを楽しみたいならMT-07にしとけ。NC700Xは、必要以上の部分は、ばっさり切ってるから回す人には、物足りない。

 

 

まずNC700Xに試乗した方がいい。それで不満がなければNCのターゲット層にはまってるってことだから買えばいい。不満があればMT-07に試乗してみればいい。

 

 

俺は、左足に障害があるからNC700Xdtcにした。

 

 

俺は、NC700XとMT-07で迷ってMT-07を買った。似たような排気量の270度パラツインなのに全然違うね。MT-07買って後悔してないけど教習所で乗ったNC750Xの低回転でのボボボボンって鼓動感が恋しいわ。

 

MT-07とNC700Xの中古車価格と買取相場

 

これをやるとバイクが高く売れる

バイクを売る時に何も知らずに無料査定を依頼すると安く買い叩かれるケースがあります。そうならないために無料査定を依頼する前にバイク買取業者がどういう対応をしてくるか知っておきましょう。

バイクを少しでも高く売るために知っておくこと



また、「バイクの一括査定」を利用すれば
業者の買取価格を比較してバイクを売ることができます。
何社も査定してもらう手間はかかりますが
バイクを高く売る一番確実な方法です。


バイク一括査定で月間利用者数NO.1のサイトは、こちら