GSX-S1000FとGSX-S1000GTの違いを比較

バイクを高く売るためにやるべきこと

バイク買取業者は、どこも安く買い取りたいと思っています。
高値でバイクを売るには、業者を競わすのが一番です。

バイク一括査定で月間利用者数NO.1のサイトは、こちら

また、バイクを高く売るためには、必ず知っておいた方がよいことがあります。特に初めてバイク買取業者を利用する方は、バイクを高く売る方法を読んでから無料査定を依頼しましょう。

GSX-S1000FとGSX-S1000GTの違いを比較

 

スズキ GSX-S1000とGSX-S1000Fの歴史

2015年7月6日に海外向けに少し遅れてGSX-S1000の国内仕様「GSX-S1000 ABS」、「GSX-S1000F ABS」が新登場。「GSX-S1000F ABS」には高速走行や長距離ツーリング時の快適性を高めるフルカウル(風防)を装着。型式は、EBL-GT79A
車体色は、どちらも2色(トリトンブルーメタリック、グラススパークルブラック×キャンディダーリングレッド)。
2017年3月30日にマイナーチェンジ。排出ガス規制(平成28年)に適合。型式は、2BL-GT79B
[GSX-S1000 ABS]は、3色(グラススパークルブラック×トリトンブルーメタリック、グラススパークルブラック×キャンディダーリングレッド、マットブラックメタリックNo.2)。
[GSX-S1000F ABS]は、2色(グラススパークルブラック×トリトンブルーメタリック、グラススパークルブラック×キャンディダーリングレッド)。
2018年2月15日にカラーチェンジ。
[GSX-S1000 ABS]は、新色として 「パールグレッシャーホワイト/グラススパークルブラック」を設定。
[GSX-S1000F ABS]は、新色として 「グラススパークルブラック」を設定。
2019年2月21日にカラーチェンジ。
[GSX-S1000 ABS]は、3色(グラススパークルブラック×トリトンブルーメタリック、パールグレッシャーホワイト、マットブラックメタリックNo.2)。
[GSX-S1000F ABS]は、2色(トリトンブルーメタリック、グラススパークルブラック)。
2020年2月20日にカラーチェンジ。
[GSX-S1000 ABS]は、3色(トリトンブルーメタリック、マットブラックメタリック No.2×オールトグレーメタリック No.3、マットブラックメタリック No.2)。
[GSX-S1000F ABS]は、3色(パールグレッシャーホワイト、グラススパークルブラック×トリトンブルーメタリック、グラススパークルブラック)。
2021年8月4日にフルモデルチェンジした「GSX-S1000」を発売。型式は、8BL-EK1AA
初めてのモデルチェンジで2代目となった。従来モデルから、さらにストリートファイターとしての特徴を強化。アグレッシブかつ前衛的なデザインを採用。ハンドル幅が広くなった。エンジンは、平成32年(令和2年)排出ガス規制に適合しながら、最高出力が向上(148→150ps)。電子制御システムS.I.R.S.を新たに搭載し、扱いやすさと利便性が向上。従来のABSやトラクションコントロールに加え、電子制御スロットル(ライドバイワイヤ)、ドライブモード選択(3タイプから)、クイックシフター(アップ/ダウン対応)などを採用。車体色は、3色(トリトンブルーメタリック、グラスマットメカニカルグレー、グラススパークルブラック)の設定。このモデルチェンジから車名の「ABS」の表記が消えた。

GSX-S1000の「2BL-GT79B」と「8BL-EK1AA」の違いの比較は、こちら。

 

 

スズキ GSX-S1000GTの歴史

2022年2月17日に「GSX-S1000GT」が新登場。型式は、8BL-EK1AA
日本仕様の「GSX-S1000GT」。欧州モデルと同じ仕様、装備に加えて、日本仕様専用装備としてETC2.0車載器を標準装備。
欧州ユーロ5相当の平成32年(令和2年)国内排出ガス規制をクリアした4スト並列4気筒DOHC4バルブ998ccは、最高出力150psを発生。装備としては、電子制御システム S.I.R.S.(スズキ・インテリジェント・ライド・システム)やスマートフォン連携機能付のフルカラーTFTを装備。車体色は、3色(トリトンブルー、リフレクティブブルー、グラススパークルブラックのメタリック)。

 

 

ここでは、
2020年2月20日発売のスズキ GSX-S1000F(型式 2BL-GT79B)と
2022年2月17日発売のスズキ GSX-S1000GT(型式 8BL-EK1AA)
の違いを比較しました。

 

 

GSX-S1000FとGSX-S1000GTのスペック表の違い

※数字が大きい方がこの色

タイプグレード名

GSX-S1000F ABS

GSX-S1000GT

モデルチェンジ区分

カラーチェンジ

新登場

型式

2BL-GT79B

8BL-EK1AA

発売日

2020年2月20日

2022年2月17日

仕向け・仕様

国内向けモデル

国内向けモデル

全長 (mm)

2115

2140

全幅 (mm)

795

825

全高 (mm)

1180

1215

ホイールベース (mm)

1460

1460

最低地上高(mm)

140

140

シート高 (mm)

810

810

車両重量 (kg)

214

226

最小回転半径(m)

3.1

3.1

乗車定員(名)

2

2

燃料消費率 国交省届出(60km/h走行時)(km/L)

23.8

-

燃料消費率 WMTCモード値(km/L)

18.7

-

原動機型式

T719

DTB1

原動機種類

4ストローク

4ストローク

気筒数

4

4

シリンダ配列

並列(直列)

並列(直列)

冷却方式

水冷

水冷

排気量 (cc)

998

998

カム・バルブ駆動方式

DOHC

DOHC

気筒あたりバルブ数

4

4

内径(シリンダーボア)(mm)

73.4

73.4

行程(ピストンストローク)(mm)

59

59

圧縮比(:1)

12.2

12.2

最高出力(kW)

109

110

最高出力(PS)

148

150

最高出力回転数(rpm)

10000

11000

最大トルク(N・m)

107

105

最大トルク(kgf・m)

10.9

10.7

最大トルク回転数(rpm)

9500

9250

燃料供給方式

フューエルインジェクション

フューエルインジェクション

燃料タンク容量 (L)

17

19

燃料(種類)

ハイオクガソリン

ハイオクガソリン

満タン時航続距離(概算・参考値)

404.6

-

エンジン始動方式

セルフスターター式

セルフスターター式

点火装置

フルトランジスタ式

フルトランジスタ式

点火プラグ標準搭載・型式

CR9EIA-9

CR9EIA-9

点火プラグ必要本数・合計

4

4

搭載バッテリー・型式

FT12A-BS

FT12A-BS

バッテリー容量

12V-10Ah(10HR)

12V-10Ah(10HR)

エンジン潤滑方式

ウェットサンプ式

ウェットサンプ式

エンジンオイル容量※全容量 (L)

3.4

3.4

エンジンオイル量(オイル交換時) (L)

2.8

2.8

エンジンオイル量(フィルタ交換時) (L)

3.2

3.2

推奨エンジンオイル(SAE粘度)

10W-40

10W-40

クラッチ形式

湿式・多板

湿式・多板

変速機形式

リターン式・6段変速

リターン式・6段変速

変速機・操作方式

フットシフト

フットシフト

1次減速比

1.553

1.553

2次減速比

2.588

2.588

変速比

1速 2.562/2速 2.052/3速 1.713/4速 1.500/5速 1.360/6速 1.269

1速 2.562/2速 2.052/3速 1.713/4速 1.500/5速 1.360/6速 1.269

動力伝達方式

チェーン

チェーン

スプロケット歯数・前

17

-

スプロケット歯数・後

44

-

チェーンサイズ

525

525

標準チェーンリンク数

116

-

フレーム型式

ダイヤモンド

ダイヤモンド

キャスター角

25°00

25°00

トレール量 (mm)

100

100

ブレーキ形式(前)

油圧式ダブルディスク

油圧式ダブルディスク

ブレーキ形式(後)

油圧式ディスク

油圧式ディスク

ブレーキオイル適合規格

DOT 4

DOT 4

懸架方式(前)

テレスコピックフォーク

テレスコピックフォーク

フロントフォークタイプ

倒立フォーク

倒立フォーク

フロントフォーク径(φ)

43

43

懸架方式(後)

スイングアーム式

スイングアーム式

ショックアブソーバ本数(後)

1

1

タイヤ(前)

120/70ZR17

120/70ZR17

タイヤ(前)構造名

ラジアル

ラジアル

タイヤ(前)荷重指数

58

58

タイヤ(前)速度記号

(W)

(W)

タイヤ(前)タイプ

チューブレス

チューブレス

タイヤ(後)

190/50ZR17

190/50ZR17

タイヤ(後)構造名

ラジアル

ラジアル

タイヤ(後)荷重指数

73

73

タイヤ(後)速度記号

(W)

(W)

タイヤ(後)タイプ

チューブレス

チューブレス

ホイールリム形状(前)

MT

-

ホイールリム幅(前)

3.5

-

ホイールリム形状(後)

MT

-

ホイールリム幅(後)

6

-

タイヤ標準指定空気圧(乗車定員時・前)

2.5

2.5

タイヤ標準指定空気圧(乗車定員時・後)

2.9

2.9

ヘッドライト定格(Hi)

55W

-

ヘッドライトタイプ(Hi)

H7

LED

テールライトタイプ

LED

LED

スピードメーター表示形式

デジタル

デジタル

メーター表示

ギアポジション 有
燃料計 有
エンジン回転計 有
時計 有
ツイントリップ 有

ギアポジション 有
燃料計 有
エンジン回転計 有
時計 有
ツイントリップ 有

車両装備

アンチロックブレーキ(ABS) 有
トラクションコントロール 有

ハザードランプ 有
アンチロックブレーキ(ABS) 有
走行モード切り替え 有
トラクションコントロール 有
シフトアシスト機構(クイックシフター) 有
ETC 有
USBポート 有

メーカー希望小売価格/カラーバリエーション

1,207,800円(消費税抜き1,098,000円)
パールグレッシャーホワイト(YWW)、
グラススパークルブラック/トリトンブルーメタリック(KEL)、
グラススパークルブラック(YVB)

1,595,000円(消費税抜き1,450,000円)
トリトンブルーメタリック(YSF)、
リフレクティブブルーメタリック(QT8)、
グラススパークルブラック(YVB)

販売計画台数(国内・年間)

-

900台

 

GSX-S1000FとGSX-S1000GTの違いを比較

 

GSX-S1000FとGSX-S1000GTの違いを比較

 

 

●GSX-S1000F
「GSX-S1000F」は、スーパーバイク「GSX-R1000(K5)」ベースのエンジンを搭載したストリートスポーツとして登場。「GSX-R1000」と同じフルカウルだったが、「GSX-S1000F」はサーキット走行を前提としたモデルじゃないので高いハンドル位置や、一般公道での走行に適したエンジンセッティングなど、「GSX-R1000」とはキャラクターは全く違う。「GSX-S1000F」が発売されたのは、2015年の春に海外向けのみ発売されたが、2015年7月6日に国内向けモデルとして、ネイキッド仕様の「GSX-S1000」と一緒に発売された。

 

●GSX-S1000GT
「GSX-S1000GT」は、スポーツツアラーで、2020年までの「GSX-S1000F」の後継モデル。2021年10月から世界各国で発売され、日本市場は2022年2月17日から発売。ベースは、2021年8月4日にフルモデルチェンジされたネイキッドスポーツの「GSX-S1000」で、社名にGT(グランドツアラー)が付いてロングツーリング仕様なのは、前身の「GSX-S1000F」から受け継いだ部分。998ccの並列4気筒エンジンも受け継がれて、スーパーバイク「GSX-R1000(K5)」をベースに最適化されたものが搭載された。「GSX-S1000GT」は、欧州規制のユーロ5にも適合。ベースモデルの「GSX-S1000」が2021年8月4日のフルモデルチェンジで電子制御システムを多く取り入れたのと同様に、「GSX-S1000GT」にもスズキインテリジェントライドシステム(S.I.R.S.)、電子制御スロットル(ライドバイワイヤ)、ドライブモード選択(3タイプ)、クルーズコントリール、クイックシフター(アップ/ダウン対応)などが標準採用され、日本向けモデルにはETC2.0車載器も標準装備された。

 

 

GSX-S1000GTは、GSX-S1000Fの後継じゃなく別ジャンルだからGTに車名を変更したんだろね。

 

 

GSX-S1000Fは、ツアラーではない。
GSX-S1000GTは、ツアラー。

 

 

正面からのデザインがGSX-S1000Fはビクスクみたい。俺は、GSX-S1000GTの方がカッコいいと思う。

 

 

スズキがGSX-S1000GTは、GSX-S1000Fよりハンドルが近づいて乗車姿勢が楽になってるって言ってた。

 

 

GSX-S1000FからGSX-S1000GTに乗り換えた。納車されて高速が90%くらいで250qくらい走ってきた。燃費は、17km/LちょいでGSX-S1000Fの時より1割程度落ちた。いちを慣らし中だから5,500rpm以下を守って走った。5,000rpmで117km/hなのは、GSX-S1000Fの時とほぼ同じかな。少し気になったのは5,000rpmより少し低いとこでの軽めの振動があった。これは、GSX-S1000Fの時には、感じなかった。

 

GSX-S1000FとGSX-S1000GTの中古車価格と買取相場

これをやるとバイクが高く売れる

バイクを売る時に何も知らずに無料査定を依頼すると安く買い叩かれるケースがあります。そうならないために無料査定を依頼する前にバイク買取業者がどういう対応をしてくるか知っておきましょう。

バイクを少しでも高く売るために知っておくこと



また、「バイクの一括査定」を利用すれば
業者の買取価格を比較してバイクを売ることができます。
何社も査定してもらう手間はかかりますが
バイクを高く売る一番確実な方法です。


バイク一括査定で月間利用者数NO.1のサイトは、こちら