CTX700NとCTX700の違いを比較

バイクを高く売るためにやるべきこと

バイク買取業者は、どこも安く買い取りたいと思っています。
高値でバイクを売るには、業者を競わすのが一番です。

バイク一括査定で月間利用者数NO.1のサイトは、こちら

また、バイクを高く売るためには、必ず知っておいた方がよいことがあります。特に初めてバイク買取業者を利用する方は、バイクを高く売る方法を読んでから無料査定を依頼しましょう。

CTX700NとCTX700の違いを比較

 

ホンダ CTX700Nの歴史

2013年7月11日に「CTX700N」と「CTX700N Dual Clutch Transmission」が新登場。型式は、EBL-RC68
エンジンとメインフレームは、ニューミッドコンセプトシリーズと共用だが、新設計のリアサブフレームの採用でCTXシリーズの特徴の低く構えた水平基調のフォルムを実現。CTX700Nには、V字型のマルチリフレクターヘッドライトを採用。DCT(デュアルクラッチトランスミッション)搭載モデルは、クラッチレスで自動変速するイージーライディングが可能。車体色は、どちらも2色(マットガンパウダーブラックメタリック、パールフェイドレスホワイト)。

 

 

ホンダ CTX700の歴史

2013年8月6日に「CTX700」と「CTX700 Dual Clutch Transmission」が新登場。型式は、EBL-RC69
エンジンとメインフレームは、ニューミッドコンセプトシリーズと共用だが、新設計のリアサブフレームの採用でCTXシリーズの特徴の低く構えた水平基調のフォルムを実現。CTX700は、ダイナミックな形状の大型カウルを装着した。DCT(デュアルクラッチトランスミッション)搭載モデルは、クラッチレスで自動変速するイージーライディングが可能。車体色は、どちらも2色(キャンディーアリザリンレッド、パールフェイドレスホワイト)。

 

 

ここでは、
2013年7月11日発売のホンダ CTX700N(EBL-RC68)と
2013年8月6日発売のホンダ CTX700(EBL-RC69)
の違いを比較しました。

 

 

CTX700NとCTX700のスペック表の違い

※数字が大きい方がこの色

タイプグレード名

CTX700N

CTX700

モデルチェンジ区分

新登場

新登場

型式

EBL-RC68

EBL-RC69

発売日

2013年7月11日

2013年8月6日

仕向け・仕様

国内向けモデル

国内向けモデル

全長 (mm)

2255

2255

全幅 (mm)

855

855

全高 (mm)

1155

1165

ホイールベース (mm)

1530

1530

最低地上高(mm)

130

130

シート高 (mm)

720

720

車両重量 (kg)

219

226

最小回転半径(m)

3

3

乗車定員(名)

2

2

燃料消費率 国交省届出(60km/h走行時)(km/L)

38

38

原動機型式

RC68E

RC68E

原動機種類

4ストローク

4ストローク

気筒数

2

2

シリンダ配列

並列(直列)

並列(直列)

冷却方式

水冷

水冷

排気量 (cc)

669

669

カム・バルブ駆動方式

OHC(SOHC)

OHC(SOHC)

気筒あたりバルブ数

4

4

内径(シリンダーボア)(mm)

73

73

行程(ピストンストローク)(mm)

80

80

圧縮比(:1)

10.7

10.7

最高出力(kW)

35

35

最高出力(PS)

48

48

最高出力回転数(rpm)

6250

6250

最大トルク(N・m)

60

60

最大トルク(kgf・m)

6.1

6.1

最大トルク回転数(rpm)

4750

4750

燃料供給方式

フューエルインジェクション

フューエルインジェクション

燃料供給装置形式

PGM-FI

PGM-FI

燃料タンク容量 (L)

12

12

燃料(種類)

レギュラーガソリン

レギュラーガソリン

満タン時航続距離(概算・参考値)

456

456

エンジン始動方式

セルフスターター式

セルフスターター式

点火装置

フルトランジスタ式

フルトランジスタ式

点火プラグ標準搭載・型式

IFR6G-11K

IFR6G-11K

点火プラグ必要本数・合計

2

2

搭載バッテリー・型式

YTZ12S

YTZ12S

バッテリー容量

12V-11Ah10HR

12V-11.0Ah10HR

エンジン潤滑方式

ウェットサンプ式

ウェットサンプ式

エンジンオイル容量※全容量 (L)

3.7

3.7

エンジンオイル量(オイル交換時) (L)

3.1

3.1

エンジンオイル量(フィルタ交換時) (L)

3.4

3.4

推奨エンジンオイル(SAE粘度)

10W-30

10W-30

クラッチ形式

湿式・多板

湿式・多板

変速機形式

リターン式・6段変速

リターン式・6段変速

1次減速比

1.731

1.731

2次減速比

2.687

2.687

変速比

1速 2.812/2速 1.894/3速 1.453/4速 1.200/5速 1.032/6速 0.837

1速 2.812/2速 1.894/3速 1.453/4速 1.200/5速 1.032/6速 0.837

動力伝達方式

チェーン

チェーン

スプロケット歯数・前

16

16

スプロケット歯数・後

43

43

チェーンサイズ

520

520

標準チェーンリンク数

114

114

フレーム型式

ダイヤモンド

ダイヤモンド

キャスター角

27.4

27.4

トレール量 (mm)

114

114

ブレーキ形式(前)

油圧式ディスク

油圧式ディスク

ブレーキ形式(後)

油圧式ディスク

油圧式ディスク

ブレーキオイル適合規格

DOT 4

DOT 4

懸架方式(前)

テレスコピックフォーク

テレスコピックフォーク

フロントフォークタイプ

正立フォーク

正立フォーク

懸架方式(後)

スイングアーム式

スイングアーム式

ショックアブソーバ本数(後)

1

1

タイヤ(前)

120/70R17

120/70R17

タイヤ(前)構造名

ラジアル

ラジアル

タイヤ(前)荷重指数

58

58

タイヤ(前)速度記号

(W)

(W)

タイヤ(前)タイプ

チューブレス

チューブレス

タイヤ(後)

160/60R17

160/60R17

タイヤ(後)構造名

ラジアル

ラジアル

タイヤ(後)荷重指数

69

69

タイヤ(後)速度記号

(W)

(W)

タイヤ(後)タイプ

チューブレス

チューブレス

ホイールリム形状(前)

MT

MT

ホイールリム幅(前)

3.5

3.5

ホイールリム形状(後)

MT

MT

ホイールリム幅(後)

4.5

4.5

ヘッドライト定格(Hi)

60W/55W

60W/55W

テールライトタイプ

LED

LED

スピードメーター表示形式

デジタル

デジタル

メーター表示

燃料計 有
エンジン回転計 有
時計 有
ツイントリップ 有

燃料計 有
エンジン回転計 有
時計 有
ツイントリップ 有

車両装備

ハザードランプ 有
アンチロックブレーキ(ABS) 有
盗難防止装置 有

ハザードランプ 有
アンチロックブレーキ(ABS) 有
盗難防止装置 有

メーカー希望小売価格/カラーバリエーション

745,500円(消費税抜き本体価格 710,000円) マットガンパウダーブラックメタリック、パールフェイドレスホワイト

836,850円(消費税抜き本体価格 797,000円)キャンディーアリザリンレッド、パールフェイドレスホワイト

 

CTX700NとCTX700の違いを比較

 

CTX700NとCTX700の違いを比較

 

 

CTX700Nは、2013年7月11日に新発売されたクルーザーモデル。2013年8月6日にはカウルを装着したCTX700がタイプ追加された。型式名は、CTX700がEBL-RC68。CTX700NがEBL-RC69。CTX700シリーズは、この2つのモデルで形成された。エンジンは、排気量669ccのRC68E型水冷4ストローク270°クランク2バルブSOHC2気筒を搭載。このエンジンとスチール製ツインチューブダイヤモンドフレームは、2012年に発表された「ニューミッドコンセプトシリーズ(NC700X/NC700S/インテグラ)」と共用で姉妹車となるが、CTX700シリーズのエンジンは、ECUのセッティング変更などにより、低中速域でのトルク特性を重視したクルーザーらしい仕様で、リアのサブフレームはCTX700/N専用に設計され、720mmの低シート高を実現(※NC700Xシートは高830mm)。トランスミッションは、6速マニュアルと、クラッチ操作が不要な有段式自動変速機であるDCT(デュアルクラッチトランスミッション)の2種類を設定。これはカウル付きのCTX700も同様で、同じようにサスペンションは前輪がインナーチューブ径41mm・ストローク120mmの正立式テレスコピック、後輪がスイングアーム。ブレーキは前後ともにディスクブレーキを装着し、ABSを標準装備。テールランプにはLEDが採用された。なお、登場後にモデルチェンジされることはなかった。

 

 

CTX700NとCTX700のスペック表の違う部分

 

●タイプグレード名
CTX700N → CTX700

 

●発売日
2013年7月11日 → 2013年8月6日

 

●モデルチェンジ区分
新登場 → 新登場

 

●型式
EBL-RC68 → EBL-RC69

 

●全高 (mm)
1155 → 1165

 

●車両重量 (kg)
219 → 226

 

●メーカー希望小売価格
745,500円 → 836,850円

 

 

カウル付きのCTX700は、カウルの横幅がボリュームあるからメーターが小さく見える。

 

 

画像見たけど、思ってたよりカウルが横に広いね。横から見るとカッコイイけど、斜め前からだと顔デカに見える。

 

 

価格差を見たらカウル代が約9万円ってことか。

 

 

CTX700Nの白と艶消し黒は、どっちも地味だね。メッキパーツ無しのブラックアウトはいいと思うけど、もう少しタンクに華が欲しかった。

 

 

俺は、カウル付きのCTX700 DCTにした。もう見栄とかどうでもいい。ただ楽に楽しく走りたいだけ。悟りの境地、極楽バイクにたどり着いた。

 

 

カウル有り無しだと特にツーリング快適性は雲泥の差だよ。

 

CTX700NとCTX700の中古車価格と買取相場

これをやるとバイクが高く売れる

バイクを売る時に何も知らずに無料査定を依頼すると安く買い叩かれるケースがあります。そうならないために無料査定を依頼する前にバイク買取業者がどういう対応をしてくるか知っておきましょう。

バイクを少しでも高く売るために知っておくこと



また、「バイクの一括査定」を利用すれば
業者の買取価格を比較してバイクを売ることができます。
何社も査定してもらう手間はかかりますが
バイクを高く売る一番確実な方法です。


バイク一括査定で月間利用者数NO.1のサイトは、こちら