CRF250ラリーとセロー250の違いを比較

バイクを高く売るためにやるべきこと

バイク買取業者は、どこも安く買い取りたいと思っています。
高値でバイクを売るには、業者を競わすのが一番です。

バイク一括査定で月間利用者数NO.1のサイトは、こちら

また、バイクを高く売るためには、必ず知っておいた方がよいことがあります。特に初めてバイク買取業者を利用する方は、バイクを高く売る方法を読んでから無料査定を依頼しましょう。

CRF250ラリーとセロー250の違いを比較

 

ホンダ CRF250ラリーの歴史

2017年2月20日に「CRF250ラリー」が新登場。型式は、2BK-MD44
ABS装着モデルの「CRF250ラリー ABS」とシート高を830mmまでローダウンした「CRF250ラリー Type LD」「CRF250ラリー Type LD ABS」も同時に発売。車体色は、1色(エクストリームレッド)の設定。
2018年3月2日にCRF250ラリーABSに新色を追加。
「CRF250ラリーABS」と「CRF250ラリーType LD ABS」に新色のブラックを追加し、従来色のエクストリームレッドと合わせて2色の設定。ABS非搭載のタイプは、エクストリームレッドのみの設定。
2019年3月26日に「CRF250ラリー」と「CRF250ラリー Type LD」がカラーチェンジ。
2019年モデルから、ABSが標準装備され、ABSのタイプ設定がなくなった。車体色は、2色(エクストリームレッド、ブラック)の設定。

 

 

ヤマハ セロー250の歴史

2005年4月1日に「セロー250」が新登場。型式は、BA-DG11J
車体色は、2色(パープリッシュホワイトソリッド1、ダークグレーメタリックE)の設定。
2005年4月1日に特別・限定仕様「SEROW 250 20th Anniversary Special」を発売。
前のモデルのセロー225の登場から20年を記念したアニバーサリーモデル。車体色は、ライトイエローイッシュグレーメタリック9(レッド/ホワイト)。
2006年3月30日に「セロー250」をカラーチェンジ。
車体色は、新色2色(パープリッシュホワイトソリッド1、ヤマハブラック)の設定。
2006年3月30日に「セロー250S」を新たにタイプ追加。
「セロー250S」は、外装に塗装を施し、質感と高級感を醸し出す上級グレード版。車体色は、ブルーイッシュシルバー4の1色。
2007年2月に2006年モデルのカラーのまま2007年モデルの「セロー250」を発売。
2007年3月30日に「セロー250S」をカラーチェンジ。
車体色は、新色のイエローイッシュグレーメタリック9(バイオレット)の1色の設定。
2008年1月30日に「セロー250」と「セロー250S」をマイナーチェンジ。型式は、JBK-DG17J
F.I.を採用、吸気ポート形状変更などによって環境性能・トルク感を向上、フロントフォークアウターチューブの仕様変更によるトレール量の見直しを図る。また、全色に新グラフィックを採用。車体色は、セロー250がパープリッシュホワイトソリッド1(新グラフィック)、ヒートレッド(新色)の2色。 セロー250Sがライトイエローイッシュグレーメタリック9(新色)の1色。
2010年1月15日に「セロー250」をカラーチェンジ。
車体色は、「パープリッシュホワイトソリッド1」をベースカラーとした「ホワイト/グリーン」と 「ホワイト/ブロンズ」の2色の設定。
2010年7月1日に特別・限定仕様「SEROW 250 25th Anniversary Special」を発売。

前のモデルのセロー225の登場から25年を記念したアニバーサリーモデル。車体色は、Realtree AP HD/Yamaha Black (Realtree/ブラック)。
2012年1月30日に「セロー250」をカラーチェンジ。
車体色は、「パープリッシュホワイトソリッド1」をベースカラーとした「ホワイト/グリーン」と「ホワイト/レッド」の2色の設定。
2012年8月30日に「ツーリングセロー」を新たにタイプ追加。
セロー250に、専用アクセサリーをパッケージ装着した販売店特装車。主な専用装備として大型リアキャリア、エンジン下アルミガード、ハンドルグリップ部のブラッシュガード、フロントガードを備えたアドベンチャースクリーンの4点。
2014年1月21日に「セロー250」をカラーチェンジ。
車体色は、新色のベージュとパープリッシュホワイトソリッド1の2色の設定。
2015年4月15日に特別・限定仕様「SEROW 250 30th Anniversary Special Edition」を発売。
前のモデルのセロー225の登場から30年を記念したアニバーサリーモデル。車体色は、新色のマットグレーメタリック3(マットグレー)の1色。
2016年2月5日に「セロー250」をカラーチェンジ。
車体色は、新色のパープリッシュホワイトソリッド1(ホワイト/グリーン)とベージュ(ベージュ)の2色の設定。
2016年3月22日に「セロー250」をカラーの追加。
1ヶ月遅れて、新色のパープリッシュホワイトソリッド1(ホワイト/オレンジ)を追加。
2017年2月に「セロー250」をカラーチェンジ。
2018年8月31日に「セロー250」をマイナーチェンジ。型式は、2BK-DG31J
平成28年排出ガス規制をクリアして登場。規制の対象となった蒸発ガソリンの外気排出を低減するためのキャニスター(容器)を備えるなどの環境対策が施された。3kgほど車重がアップし、混合気の圧縮比が若干上がり、出力が向上、タンク容量は、少し減ったが燃費は大きく向上。外観上の違いは、リアフェンダーがロングタイプになり、テールランプがLED化された。車体色は、「パープリッシュホワイトソリッド1」をベースカラーとした「ホワイト/グリーン」「ホワイト/オレンジ」「ホワイト/ブルー」の3色の設定。

2018年9月13日に「ツーリングセロー」をタイプ追加。
平成28年排出ガス規制をクリアしたセロー250にも「ツーリングセロー」がタイプ設定された。ツーリングセローは、大型のアドベンチャースクリーンや、ハンドルガード、積載性を向上させるアドベンチャーリアキャリア、アルミダンダーガードの4点を標準装備したアクセサリーパッケージ。

 

 

ここでは、
2017年2月20日発売のホンダ CRF250ラリー(2BK-MD44)と
2018年8月31日発売のヤマハ セロー250(2BK-DG31J)
の違いを比較しました。

 

 

スペック表の違い

※数字が大きい方がこの色

 

車種名

セロー250

ツーリングセロー

CRF250ラリー

CRF250ラリー Type LD

発売年月

2018年8月

2018年9月

2017年2月

2017年2月

仕向け・仕様

国内向けモデル

国内向けモデル

国内向けモデル

国内向けモデル

全長 (mm)

2100

2100

2210

2175

全幅 (mm)

805

805

900

900

全高 (mm)

1160

1160

1425

1360

軸間距離 (mm)

1360

1360

1455

1430

最低地上高 (mm)

285

285

270

205

シート高 (mm)

830

830

895

830

車両重量 (kg)

133

133

155

154

乗車定員(名)

2

2

2

2

原動機種類

4ストローク

4ストローク

4ストローク

4ストローク

気筒数

1

1

1

1

シリンダ配列

単気筒

単気筒

単気筒

単気筒

冷却方式

空冷

空冷

水冷

水冷

排気量 (cc)

249

249

249

249

4スト・カム駆動方式

OHC(SOHC)

OHC(SOHC)

DOHC

DOHC

4スト・気筒あたりバルブ数

2

2

4

4

内径(シリンダーボア)(mm)

74

74

76

76

行程(ピストンストローク)(mm)

58

58

55

55

圧縮比(:1)

9.7

9.7

10.7

10.7

最高出力(kW)

14

14

18

18

最高出力(PS)

20

20

24

24

最高出力回転数(rpm)

7500

7500

8500

8500

最大トルク(N・m)

20

20

23

23

最大トルク(kgf・m)

2.1

2.1

2.3

2.3

最大トルク回転数(rpm)

6000

6000

6750

6750

燃料タンク容量 (L)

9.3

9.3

10

10

燃料供給方式

フューエルインジェクション

フューエルインジェクション

フューエルインジェクション

フューエルインジェクション

エンジン始動方式

セルフスターター式

セルフスターター式

セルフスターター式

セルフスターター式

点火装置

フルトランジスタ式

フルトランジスタ式

フルトランジスタ式

フルトランジスタ式

搭載バッテリー・型式

YTZ7S

YTZ7S

YTZ8V

YTZ8V

エンジンオイル容量※全容量 (L)

1.4

1.4

1.8

1.8

クラッチ形式

湿式・多板

湿式・多板

湿式・多板

湿式・多板

変速機形式

リターン式・5段変速

リターン式・5段変速

リターン式・6段変速

リターン式・6段変速

1次減速比

3.083

3.083

2.807

2.807

2次減速比

3.2

3.2

2.857

2.857

変速比

1速 2.8460/2速 1.8120/3速 1.3180/4速 1.0350/5速 0.8210

1速 2.8460/2速 1.8120/3速 1.3180/4速 1.0350/5速 0.8210

1速 3.3330/2速 2.1170/3速 1.5710/4速 1.3040/5速 1.1030/6速 0.9670

1速 3.3330/2速 2.1170/3速 1.5710/4速 1.3040/5速 1.1030/6速 0.9670

動力伝達方式

チェーン

チェーン

チェーン

チェーン

スプロケット歯数・前

15

15

14

14

スプロケット歯数・後

48

48

40

40

チェーンサイズ

428

428

520

520

標準チェーンリンク数

128

128

106

106

フレーム型式

セミダブルクレードル

セミダブルクレードル

セミダブルクレードル

セミダブルクレードル

キャスター角

26°40

26°40

28°05

27°35

トレール量 (mm)

105

105

114

113

懸架方式(前)

テレスコピックフォーク

テレスコピックフォーク

テレスコピックフォーク

テレスコピックフォーク

懸架方式(後)

スイングアーム式

スイングアーム式

スイングアーム式

スイングアーム式

燃料消費率 国交省届出(60km/h走行時)(km/L)

48.4

48.4

44.3

44.3

燃料消費率 WMTCモード値(km/L)

38.7

38.7

33.1

33.1

ブレーキ形式(前)

油圧式ディスク

油圧式ディスク

油圧式ディスク

油圧式ディスク

ブレーキ形式(後)

油圧式ディスク

油圧式ディスク

油圧式ディスク

油圧式ディスク

タイヤ(前)

2.75-21

2.75-21

3.00-21

3.00-21

タイヤ(前)構造名

バイアス

バイアス

バイアス

バイアス

タイヤ(前)荷重指数

45

45

51

51

タイヤ(前)速度記号

P

P

P

P

タイヤ(前)タイプ

チューブタイヤ

チューブタイヤ

チューブタイヤ

チューブタイヤ

タイヤ(後)

120/80-18

120/80-18

120/80-18

120/80-18

タイヤ(後)構造名

バイアス

バイアス

バイアス

バイアス

タイヤ(後)荷重指数

62

62

62

62

タイヤ(後)速度記号

P

P

P

P

タイヤ(後)タイプ

チューブレス

チューブレス

チューブタイヤ

チューブタイヤ

ホイールリム幅(前)

1.6

1.6

1.6

1.6

ホイールリム幅(後)

2.15

2.15

2.15

2.15

ヘッドライトタイプ(Hi)

H4

H4

LED

LED

テールライトタイプ

LED

LED

-

-

メーター表示

時計 有
ツイントリップ 有

時計 有
ツイントリップ 有

燃料計 有
時計 有

燃料計 有
時計 有

車両装備

ハザードランプ 有

ハザードランプ 有

-

-

メーカー小売価格(税込)

564,840円

651996

648,000円

648,000円

 

CRF250ラリーとセロー250の違いを比較

 

CRF250ラリーとセロー250の比較の口コミ

 

 

CRF250ラリーは、砂利道や軽いオフで快適に走りたいし、オンロードでも快適に走りたい人にあってる。 アドベンチャー系だと重過ぎるからオフが不安だし、WR250Rやセロー250だと軽過ぎてオンロードでの高速域が不安という中途半端な部分をうまくついた。

 

 

短足の俺は、諦めてセロー250にする。

 

 

CRF250ラリーのローダウン仕様がセロー250と同じシート高だね。

 

 

CRF250ラリーのシート高は、895mmでLDが830mm。セロー250も830mm。

 

 

CRF250ラリーには、短足のセロー250にはない実用快適性とかっこよさがある。

 

 

CRF250ラリーは、ある程度の場所なら気軽な感じで行けるツーリングマシン。セロー250は、河川敷や林道で放り投げる用。

 

 

セロー250は、ローが使いやすい。CRF250ラリーで歩くぐらいのスピードは、少しつらい。

 

 

CRF250ラリーは、アドベンチャー。
ツーリングセローは、なんちゃってアドベンチャー。
カテゴリーが違う。

 

 

セロー250は、林道なら輝くけど、それ以外だとただの鈍足バイク。ツーリングセローが出た時、「は?」ってなった。ツーリングなら絶対CRF250ラリーの方がいい。

 

 

2018年10月時点
ツーリングセロー  20ps/7500rpm 20Nm/6000rpm 133kg
CRF250ラリー   24ps/8500rpm 23Nm/6750rpm 155kg

 

 

オンオフ問わずにセロー250は、本当に侮れないバイクだよ。セロー250のおかげで「CRF250ラリーは、24psもあるんだ」って素直に思える。

 

 

セロー250は、空冷で5速。
CRF250ラリーは、水冷で6速。

 

 

草が生い茂った林道を走りたいならセロー250の方がいい。ガレぬたは、捨てて高速やツーリングに振りたければCRF250ラリーでもいいけど、CRF250ラリーは、本気でオフロードに興味ある人には、向かないと思う。

 

 

ジェベルの代わりにツーリングセローを買った人は、CRF250ラリーの方が圧倒的に向いてると思うけど、 セロー250が買いたくてせっかくだからオプションも付けるかって人は、CRF250ラリーは買わないと思う。

 

 

身長175cmでCRF250ラリーに跨ってみた。ノーマルのやつは、両足共に踵がつかないぐらい。シート高が65mm低いローダウン仕様の方は、沈み込むからセロー250みたいに両足べったり。

 

 

身長170cm体重70kgでCRF250ラリーに跨がってみた。親指の付け根しか地面に着かない。俺は、ローダウン仕様かセロー250にするつもり。

 

 

車に例えたらセロー250がジムニーで、CRF250ラリーがエスクードって感じか。

 

 

CRF250ラリーだとコケたくないからオフ車なのにダート行きたくなくなりそう。セロー250は、コケてナンボって感じで入っていけるけど。

 

 

ツーリングセローとCRF250ラリーの比較動画見た。当たり前だけどオンは、CRF250ラリー、オフは、セロー250 が向いてるみたいだね。

 

 

CRF250ラリーの実車を見てきた。ローダウン仕様だったら足つきの問題は、なかったけど、デカいし、重いね。自分には、セロー250が良いと思った。

 

 

CRF250ラリーのシートは、お尻に優しいとは言えないがオフ車としてだと楽な方。セロー250のシートと比較してもCRF250ラリーのが幅も前下がりも楽だから日帰り300kmでも快適ではないがなんとかなりそう。

 

 

CRF250ラリーは、トレールにしては、少し重すぎる。ツーリングメインの人には、良さそう。でもこれで積極的に林道に行こうとは思わない。

 

 

このタイプのバイクを買う人は、実際オフを走れないレベルの人が多い。だからセロー250は、初心者でも乗れるようにリアタイヤがチューブレスになってる。ちなみにCRF250ラリーは、リアタイヤがチューブタイヤ。

 

 

セロー250がリアをチューブレスにしてるのは、トライアル意識でしょ。

 

 

CRF250ラリーでは、パンクしたくないな。CRF250ラリーもセロー250みたいにリアだけでもチューブレスにしてくれればよかったのに。

 

 

セロー250と比べると高速道路ツーリングは、CRF250ラリーのがめちゃ楽。 馬力の差よりも車重が重いのとカウルが大きいのがでかい。

 

 

CRF250ラリーのローダウン仕様は、最低地上高が205mmなのが微妙。ちなみにCRF250ラリーのノーマルは、270mm。俺ならTYPE LD買うぐらいならツーリングセロー買う。

 

 

カッコ良さでは、CRF250ラリーだったけど、いつか登山道みたいなとこに挑戦したかったからセロー250にした。

 

 

CRF250ラリーでガチのオフは、キツイ。ツーリングセローでもそれは同じだけど、ツーリングセローは、ツーリング装備を外したらノーマルセローになるのがでかいと思うよ。

 

 

高速走るならCRF250ラリーの方がいい。セロー250は、5速しかなから巡航回転数が高めで長距離巡航は向いてない。CRF250ラリーは6速あるしツインカムだからか振動が少なめだから長距離はそれなりに快適。

 

CRF250ラリーとセロー250の中古車価格と買取相場

これをやるとバイクが高く売れる

バイクを売る時に何も知らずに無料査定を依頼すると安く買い叩かれるケースがあります。そうならないために無料査定を依頼する前にバイク買取業者がどういう対応をしてくるか知っておきましょう。

バイクを少しでも高く売るために知っておくこと



また、「バイクの一括査定」を利用すれば
業者の買取価格を比較してバイクを売ることができます。
何社も査定してもらう手間はかかりますが
バイクを高く売る一番確実な方法です。


バイク一括査定で月間利用者数NO.1のサイトは、こちら