YZF-R25とVTRの違いを比較

バイクを高く売るためにやるべきこと

バイク買取業者は、どこも安く買い取りたいと思っています。
高値でバイクを売るには、業者を競わすのが一番です。

バイク一括査定で月間利用者数NO.1のサイトは、こちら

また、バイクを高く売るためには、必ず知っておいた方がよいことがあります。特に初めてバイク買取業者を利用する方は、バイクを高く売る方法を読んでから無料査定を依頼しましょう。

YZF-R25とVTRの違いを比較

 

ヤマハ YZF-R25歴史

2014年12月15日に「YZF-R25」が新登場。型式は、JBK-RG10J
車体色は、3色(ディープパープリッシュブルーメタリックC、ブラックメタリックX、ビビッドレッドカクテル1)の設定。
2015年4月20日に「YZF-R25ABS」を追加発売。
車体色は、3色(ディープパープリッシュブルーメタリックC、ブラックメタリックX、ビビッドレッドカクテル1)の設定。
2015年7月20日に特別・限定仕様。「YZF-R25 Movistar Yamaha MotoGP Edition」を400台限定発売。
車体色は、ディープパープリッシュブルーメタリックCの1色。
2016年2月1日に「YZF-R25」「YZF-R25ABS」共にカラーチェンジして発売。
2016年7月20日に特別・限定仕様。「YZF-R25 Movistar Yamaha MotoGP Edition」を400台限定発売。
車体色は、ディープパープリッシュブルーメタリックCの1色。
2017年3月15日に「YZF-R25」「YZF-R25ABS」共にカラーチェンジして発売。
どちらも新色3色(マットブラック2、ホワイトメタリック6、ディープパープリッシュブルーメタリックC)の設定。
2017年10月13日に「YZF-R25」Movistar Yamaha MotoGP Editionを発売。
MotoGPマシン“YZR-M1”のカラーイメージを再現した限定モデルでYZF-R25は、国内400台の限定販売。車体色は、ディープパープリッシュブルーメタリックCの1色。
2018年1月20日に「YZF-R25」「YZF-R25ABS」のカラーチェンジして発売。2018年モデルから型式が変更。型式は、2BL-RH13J
車体色は、新色3色(ディープパープリッシュブルーメタリックC、ブラックメタリックX、ホワイトメタリック6)の設定。
2019年3月28日に「YZF-R25」「YZF-R25ABS」共にマイナーチェンジして発売。

LEDヘッドランプが組み合わされた新型のフロントカウルとスクリーン、乗りやすさとサーキットでの扱いやすさを両立させた新デザインのタンク周り、倒立式フロントサスの採用で快適でスポーティな走りにフィットするよう変更されたライディングポジション、メーター周りは視認性が高いフル液晶メーターを採用。車体色は、3色(ディープパープリッシュブルーメタリックC、マットブラック2、マットディープレッドメタリック)の設定。

 

 

ホンダ VTRの歴史

1998年1月16日に新登場。型式は、MC33
車体色は、3色(イタリアンレッド、フォースシルバーメタリック、ブラック)の設定。
2000年2月2日にマイナーチェンジ。型式は、BA-MC33
国内の排出ガス規制に適合。ユーザーの好みに応じて106タイプの組み合わせが可能な「カラーオーダープラン」を設定。
2002年12月19日にマイナーチェンジ。
シート形状の変更やサスペンションセッティングの見直しなどで従来のモデルより20mm低いシート高に。また、新しくタコメーター、ハザードランプと強化コンビロックを装備し、メーターケース、バックミラーにはクロームメッキを施した。車体色は、スタンダードがキャンディタヒチアンブルーとフォースシルバーメタリックの2色。カラーオーダープランは、54タイプ(内2パターンは、スタンダードカラー)。
2007年1月24日にカラーチェンジ。
車体色は、新色のパールコスミックブラックと継続色の3色(キャンディータヒチアンブルー、イタリアンレッド、パールシャイニングイエロー)をあわせた全4色の設定。
2009年3月6日にフルモデルチェンジ。型式は、JBK-MC33
新たにPGM-FIを採用。排気系に2つの触媒装置を配置し、O2センサーの採用などにより国内二輪車排出ガス規制に適合。リアカウルをシルバーとし、ブラックのホイールとブレーキキャリパーを組み合わせるSTYLE Iと、リアカウルを車体色と同色にし、ゴールドのホイールとブレーキキャリパーを採用するSTYLE IIを設定。車体色は、5色(イタリアンレッド、グラファイトブラック、パールサンビームホワイト、グリントウェーブブルーメタリック、パール
フラッシュイエロー)の設定。
2010年7月16日に存在感あふれるカラーリングを施したB-STYLEを新たに追加。
B-STYLEは、燃料タンクやフロントフェンダー、テールカウルのカラーリングに光沢感のあるパールコスミックブラックを採用、足回りもブラックで統一。トラスフレームとスイングアームはレッドとした。VTRの車体色は、B-STYLEのパールコスミックブラックの他、従来のパールサンビームホワイトとグリントウェーブブルーメタリックの全3色の設定。
2012年2月16日にカラーチェンジ。
車体色は、新色2色(キャンディーブレイジングレッド、デジタルシルバーメタリック)とパールコスミックブラック(B-STYLE)の全3色の設定。
2013年2月14日にマイナーチェンジ。

電子制御燃料噴射装置(PGM-FI)と前後のサスペンションのセッティングを変更。今回からエンジンのシリンダーとシリンダーヘッドにもブラック塗装が施された。前・後ホイール、フロントサスペンションのボトムケース、スイングアームをブラックで統一した。車体色は、新色の3色(マグナレッド、グラファイトブラック、パールフェイドレスホワイト)の設定。
2014年7月18日にマイナーチェンジ。
グリップ力と剛性に優れるラジアルタイヤを採用し、コーナリングやブレーキング時のフィーリング向上を図る。また、リアタイヤの偏平率を従来モデルの70%から60%に変更し、トランスミッションのローレシオ化と同様の効果を得ることで、加速フィーリングを向上。リアサスペンションのセッティングにより、乗り心地も向上。車体色は、新色の2色(デジタルシルバーメタリック、パールサンビームホワイト)と継続色のグラファイトブラックをあわせた全3色の設定。フレームには、レッドを施し、ホイールはゴールドカラーを採用。
2016年10月21日にカラーチェンジ。更に特別仕様のVTR Special Editionを発売。
VTRの車体色は、全2色(パールサンビームホワイト、キャンディープロミネンスレッド)の設定。VTR Special Editionは、マットビュレットシルバーの車体色、フレームやヘッドライトリムなど各部のパーツをブラックとし、ホイールをマットグレー、燃料タンクの左右側面にストライプパターンのグラフィックデザインを採用、燃料タンクの立体エンブレムやブラウンのシート表皮。
2017年8月31日に生産終了。

 

 

ここでは、
2016年2月発売のヤマハ YZF-R25(JBK-RG10J)と
2014年7月発売のホンダ VTR(JBK-MC33)
の違いを比較しました。

 

 

スペック表の違い

※数字が大きい方がこの色

車種

ヤマハ YZF-R25

ホンダ VTR

発売

2016年2月

2014年7月

型式

JBK-RG10J

JBK-MC33

全長

2090mm

2080mm

全幅

720mm

725mm

全高

1135mm

1055mm

ホイールベース

1380mm

1405mm

シート高

780mm

755mm

最低地上高

160mm

155mm

総重量

166kg

160kg

サスペンション形式(前)

テレスコピック

テレスコピック

サスペンション形式(後)

スイングアーム

スイングアーム

キャスター角

25°

25°30´

トレール(mm)

95

96

ブレーキ形式(前)

ディスク

ディスク

ブレーキ形式(後)

ディスク

ディスク

タイヤサイズ(前)

110/70-17 M/C 54S

110/70R17 M/C 54H

タイヤサイズ(後)

140/70-17 M/C 66S

140/60R17 M/C 63H

エンジン種類

水冷4ストロークDOHC4バルブ並列2気筒

水冷4ストロークDOHC4バルブV型2気筒

総排気量

249cc

249cc

圧縮比

11.6

11.0

ボア

60mm

60mm

最高出力(kW/rpm)

27(36PS)/12000

22(30PS)/10500

最大トルク(N・m/rpm)

23(2.3kgf・m)/10000

22(2.2kgf・m)/8500

始動方式

セル

セル

点火方式

トランジスタ

フルトランジスタ

クラッチ形式

湿式多板

湿式多板

変速機形式

6段リターン

5段リターン

燃料供給方式

インジェクション

インジェクション

潤滑方式

強制圧送ウエットサンプ

圧送飛沫併用

燃料タンク容量

14.0L

12.0L

燃料消費率(km/L)

33.5(60km/h)・26.2(WMTCモード)

40(60km/h)

カラー/メーカー小売価格

¥556,200 マットグレーメタリック3 ¥556,200 ホワイトメタリック6 ¥556,200 ディープパープリッシュブルーメタリックC

¥598,320 グラファイトブラック ¥598,320 デジタルシルバーメタリック ¥598,320 パールサンビームホワイト

 

YZFR25とVTRの違いを比較

 

 

YZF-R25とVTRの比較の口コミ

 

 

 

VTRとYZF-R25で悩んでてどっちも2回試乗した。見た目は、YZF-R25の方が好きだが乗った感じだとVTRの方が良かった。YZF-R25は、高回転のパワーは凄いけどおそらく自分が常用する6000〜7000回転くらいに明確な谷があって明らかにアクセルレスポンス鈍かった。そこを超えて9000回転以上回せば爽快なレスポンスとパワー感が得られるけどその回転域を使うことは、あまり無いと思う。一方でVTRは、どの回転数でもレスポンスが良く、谷も無くスムーズに拭け上がりストレスが全く無い。

 

 

ハンドルの高さと乗車ポジションは、VTRの方がいいな。

 

 

積載性もあるしVTRの方がいい。

 

 

250の中では、最高速は、YZF-R25が一番。燃費は、CBR250。足付きの良さは、VTR。

 

 

運転が下手な人は、VTR。
運転が上手い人は、YZF-R25。

 

 

YZF-R25が丸目だったらVTRから乗り換えるんだけどね。

 

 

VTRは、足つきが良くて乗りやすいから初心者、女性、短足の人に向いてる。それに飽きたらYZF-R25やNinjaに乗り換えればいい。大型免許あるなら車重と価格がVTRと似ていて2.5倍のパワーがあるMT-7がおすすめ。

 

 

VTRは、国産だし、YZF-R25の約16年前からあるバイクだからね。信頼性が違うよ。

 

 

簡単な選び方は、高速乗るならYZF-R25。下道だけなら乗り易いVTR。カウルも防風もないVTRで高速とかやめた方がいい。

 

 

俺はYZF-R25のエンジンは、街乗りで使いにくいそうだからVTRにした。

 

 

次はYZF-R25にしようかと思ったけど音を聞いたらやっぱりVTRのVツインの方が好きだな。

 

 

VTRは、コンセプトからやる気出して走るバイクではない。エンジン出力もわざわざ街中で多く使う中速域重視にしているし、すごく乗りやすい。でも値段は、市場から見ると割高感があるね。攻めたいならYZF-R25かニンジャの2択だと思う。

 

 

YZF-R25とVTRの中古車価格と買取相場

 

 

これをやるとバイクが高く売れる

バイクを売る時に何も知らずに無料査定を依頼すると安く買い叩かれるケースがあります。そうならないために無料査定を依頼する前にバイク買取業者がどういう対応をしてくるか知っておきましょう。

バイクを少しでも高く売るために知っておくこと



また、「バイクの一括査定」を利用すれば
業者の買取価格を比較してバイクを売ることができます。
何社も査定してもらう手間はかかりますが
バイクを高く売る一番確実な方法です。


バイク一括査定で月間利用者数NO.1のサイトは、こちら