フォルツァsiとマジェスティSの違いを比較

バイクを高く売るためにやるべきこと

バイク買取業者は、どこも安く買い取りたいと思っています。
高値でバイクを売るには、業者を競わすのが一番です。

バイク一括査定で月間利用者数NO.1のサイトは、こちら

また、バイクを高く売るためには、必ず知っておいた方がよいことがあります。特に初めてバイク買取業者を利用する方は、バイクを高く売る方法を読んでから無料査定を依頼しましょう。

フォルツァsiとマジェスティSの違いを比較

 

フォルツァsiの歴史

2013年7月より新登場。

 

ヤマハ マジェスティSの歴史

2013年10月30日に新登場。型式は、JBK-SG28J
2015年9月10日にマイナーチェンジ。
2016年モデルの主な変更点は、クッション厚を増加した柔らかいタンデムシートを採用、快適な乗り心地を実現する前後サスペンション、ポジションランプの質感向上(LED片側6個→10個へ、レンズカット織り込み)などを施した。車体色には、新色の「ディープレッドメタリックK(レッド)」を追加。
2015年11月10日に特別・限定仕様「60th Anniversary」を発売。
2017年2月10日に特別・限定仕様「MAJESTY S SPECIAL EDITION」を発売。
2018年1月25日にマイナーチェンジして発売。型式は、2BK-SG52J
2018年モデルの主な変更点は、LEDヘッドランプおよびLED導光ポジションランプ採用によって精悍なフロントフェイスへデザインを一新、フロントポケットへの12V DC電源ジャックの採用。車体色は、スポーティなツートーンカラー2色を含む4色を設定。

 

 

ここでは、
2013年7月発売のフォルツァsi(JBK-MF12)と
2015年9月発売のマジェスティS(JBK-SG28J)の違いを比較しました。

 

スペック表の違い

※数字が大きい方がこの色

車種

ホンダ フォルツァSi

ヤマハ マジェスティS

発売

2013年7月

2015年9月

型式

JBK-MF12

JBK-SG28J

全長

2165mm

2030mm

全幅

755mm

715mm

全高

1185mm

1115mm

ホイールベース

1545mm

1405mm

シート高

715mm

795mm

最低地上高

135mm

90mm

総重量

192kg

145kg

サスペンション形式(前)

テレスコピック

テレスコピック

サスペンション形式(後)

ユニットスイング

ユニットスイング

キャスター角

27°

26°

トレール(mm)

89

82

ブレーキ形式(前)

ディスク

ディスク

ブレーキ形式(後)

ディスク

ディスク

タイヤサイズ(前)

120/70-14 M/C 55P

120/70-13 M/C 53P

タイヤサイズ(後)

140/70-13 M/C 61P

130/70-13 M/C 57P

エンジン種類

水冷4ストロークOHC4バルブ単気筒

水冷4ストロークSOHC4バルブ単気筒

総排気量

248cc

155cc

圧縮比

10.2

11.0

ボア

68mm

58mm

最高出力(kW/rpm)

17(23PS)/7500

11(15PS)/7500

最大トルク(N・m/rpm)

23(2.3kgf・m)/6000

14(1.4kgf・m)/6000

始動方式

セル

セル

点火方式

フルトランジスタ

フルトランジスタ

クラッチ形式

自動乾式多板シュー

乾式自動遠心シュー

変速機形式

Vベルト自動無段変速

Vベルト自動無段変速

燃料供給方式

インジェクション

インジェクション

潤滑方式

圧送飛沫併用

強制圧送ウエットサンプ

燃料タンク容量

11.0L

7.4L

燃料消費率(km/L)

41(60km/h)

40(60km/h)・37.1(WMTCモード)

カラー/メーカー小売価格

¥539,700 パールヒマラヤズホワイト ¥539,700 グローイングレッド ¥539,700 アステロイドブラックメタリック

¥349,920 ディープレッドメタリックK ¥349,920 シルキーホワイト ¥349,920 ブラックメタリックX ¥360,720 マットチタン1(SP) ¥360,720 ダークグレーイッシュマゼンタメタリック1(SP)

 


 

フォルツァsi(JBK-MF12)とマジェスティS(JBK-SG28J)の比較の口コミ

 

フォルツァSiを見積もってもらったが自賠責2年で50万円程。マジェスティSと15万円差は、結構迷うな。

 

シート下の収納は、フォルツァsi が53Lでフルフェイスヘルメットが2個入る。マジェスティSは、32Lでフルフェイス1個+αという感じ。ただし、マジェスティSのシート下トランクの前方にバックルを掛けて使うメットホルダーが左右に1個づつ付いているのでタンデムの時も大丈夫。

 

通勤メインならマジェスティS。ツーリングにも結構行く予定ならフォルツァsiでいいと思う。自分は、ほぼ通勤で使うからマジェスティSにして正解だったと思ってる。

 

フォルツァsiの快適さは、素晴らしい。マジェスティSのような腰高感がなく、小柄な人でも無理なく乗れる安定感がありました。

 

フォルツァsiには、フロントカバーの手前右側にパーキングブレーキがあるね。ちょっとした坂道で停車する時に便利。

 

高速を結構乗る予定で250ccを買いたい人は、フォルツァSi。ここぞという時に高速を走れたらいいという人は、マジェスティS。

 

 

フォルツァsiは、買いたかったけど置き場所が狭いからマジェスティSにした。

 

 

マジェスティsは、Amazonの箱が入った形状はフォルツァよりマシ。

 

シート高は、フォルツァsiが715mm。マジェスティSが795mm。足つきは、フォルツァsiの方が良いね。フォルツァsiは、シート幅は、広いがバイクの中に座りこむスタイルのポジションで足つき性は良い。一方、マジェスティSは、またがった時にすぐに高いと感じる。シート幅もあるし背の低い女性などは、足つきに不安があると思う。ただし、車重がフォルツァsiより47kg軽いから足つきが悪くても支えられるし、走りだしてしまえば視界が高くていい。

 

軽二輪でPCX150やマジェスティSがブレイクして150ccが売れるようになったけどその影響で売れなくなったのがフォルツァsiなんだよな。

 

 

マジェスティSは、100km/h巡行は可能だけど高速では、最弱だよ。頻繁に高速乗る人やロンツーとかで長時間乗るなら250ccのフォルツァSiの方がいいよ。

 

マジェスティSを買おうとしてたけどそれに10万円位足せばフォルツァsi買えるんだよね。155ccと250ccじゃパワーが全然違う。でもフォルツァsiにすると約50kg重くなるのは、悩むな。

 

フロントの収納を比べるとフォルツァsiは、右にはリッド式の収納ポケットがある。そして左には、メインキーのスイッチで開閉可能なロック付きのボックスが装備されているのでETCなどを入れることもできる。またここには、アクセサリーソケットも装備しているのでスマホの充電も可能です。一方、マジェスティSは、約2.7Lの容量の幅が広いフロントポケットがあり500mlペットボトルが入る。また中央に開閉式のアルミ製コンビニフックがついてるので買い物に便利。

 

他の250スクーターと比べたら、フォルツァsiは、とても安いですが自分の用途考えたら、おそらく無駄なお金にいなりそうです。安い価格で一台でちょい乗りも多少の遠出も出来るなマジェスティSにしました。

 

燃料給油口を見るとフォルツァsiは、ハンドルのすぐ下にあるシャッター付きメインスイッチの右側にフューエルリッドのスイッチがあり、それを押して、そのすぐ下にあるフューエルリッドのカバーを開けて給油する。マジェスティSの燃料給油口は、ハンドル左下に配置されていてカギを差し込み、リッドオープンする。どちらも燃料給油口がシート下じゃないのが便利。

 

メーターを見るとフォルツァsiは、5連式。左から燃料計、速度計、中央に液晶の平均燃費計やオド/トリップメーター、回転計、水温計が表示される。マジェスティSは、3連タイプ。左に指針式燃料計、中央に9500回転からレッドゾーンとなる指針式タコメーター、右の液晶パネルに速度計、時計、オド、トリップ、オイル交換時期を表示できる。

 

マジェスティSやPCX150は、バイパスや高速乗れて、押し引きも楽でリーズナブルな価格の乗り物が欲しい層に支持されています。それ以上を望むけどビグスクは、値段が高すぎて無理という層は、フォルツァsiやバーグマンになるでしょう。

 

主に都内の通勤でたまに高速乗りたいぐらいだからマジェスティSがピッタリ。フォルツァSiと比較すると乗り心地、長距離、収納、タンデムを優先したらフォルツァSiの方が楽だけどその他は、マジェスティSの方がいい。

 

2014年度軽二輪(126〜250cc)車種別年間販売台数
参照:二輪新聞

 

第1位 マジェスティS(-Since2013-) 販売台数7220台
第2位 Ninja250(-Since2013-) 販売台数5641台
第3位 GSR250/S/F(-Since2012-) 販売台数3334台
第4位 PCX150(-Since2014-) 販売台数3313台
第5位 CBR250R(-Since2011-) 販売台数2716台
第6位 セロー(-Since2008-) 販売台数2573台
第7位 PCX150(-Since2012-) 販売台数2508台
第8位 Z250(-Since2013-) 販売台数2054台
第9位 フォルツァSi(-Since2013-) 販売台数1950台
第10位 CRF250L/M(-Since2012-) 販売台数1873台

 

 

フォルツァsiとマジェスティSの中古車価格と買取相場

これをやるとバイクが高く売れる

バイクを売る時に何も知らずに無料査定を依頼すると安く買い叩かれるケースがあります。そうならないために無料査定を依頼する前にバイク買取業者がどういう対応をしてくるか知っておきましょう。

バイクを少しでも高く売るために知っておくこと



また、「バイクの一括査定」を利用すれば
業者の買取価格を比較してバイクを売ることができます。
何社も査定してもらう手間はかかりますが
バイクを高く売る一番確実な方法です。


バイク一括査定で月間利用者数NO.1のサイトは、こちら