Ninja ZX-12Rと隼(GSX1300Rハヤブサ)の違いを比較

バイクを高く売るためにやるべきこと

バイク買取業者は、どこも安く買い取りたいと思っています。
高値でバイクを売るには、業者を競わすのが一番です。

バイク一括査定で月間利用者数NO.1のサイトは、こちら

また、バイクを高く売るためには、必ず知っておいた方がよいことがあります。特に初めてバイク買取業者を利用する方は、バイクを高く売る方法を読んでから無料査定を依頼しましょう。

Ninja ZX-12Rと隼(GSX1300Rハヤブサ)の違いを比較

 

カワサキ NINJA ZX-12Rの歴史

2000年モデルのNinja ZX-12Rの海外仕様が新発売。
Ninja ZX-12Rの初期型(ZX1200-A1)。スーパースポーツZX-Rシリーズと、最高速ツアラーZX-11の後継とを複合したモデル。
2001年モデルのNinja ZX-12Rの海外仕様がカラーチェンジ。
2001年モデルのNinja ZX-12R(ZX1200-A2)。A型は、ここまで。
2002年モデルのNinja ZX-12Rの海外仕様がフルモデルチェンジ。
ここからB型。2002年モデルは、ZX1200-B1。エンジン特性がニュートラルに。ハンドリングが改善。峠道などのワインディング走行も楽しめるセッティングとなった。エンジンのクランクマスが20%増、インジェクション特性の変更で扱いやすくなる。フロントのエアダクトの形状がカウルの延長形状に変更。
2003年モデルのNinja ZX-12Rの海外仕様がカラーチェンジ。
車体色は、3色(ライムグリーン、ムーンライトシルバー、パールミスティックブラック×メタリッククレセントゴールド)。
2004年モデルのNinja ZX-12Rの海外仕様がマイナーチェンジ。
フロントのブレーキキャリパーをラジアルマウントに変更。ECUのビット数が倍になって高所でのアイドリングが安定、300km/hまでの速度域での快適性が改善された。車体色は、2色(ギャラクシーシルバータイプU、メタリックスパークブラック)。
2005年モデルのNinja ZX-12Rの海外仕様がカラーチェンジ。
車体色は、2色(メタリックスパークブラック、キャンディプラズマブルー)。
2006年モデルのNinja ZX-12Rの海外仕様がカラーチェンジ。
車体色は、1色(パールミスティックブラック×メタリッククレセントゴールド)。
2006年モデルを最後に生産終了。

 

 

スズキ 隼(GSX1300Rハヤブサ)の歴史

1999年に新登場。
GSX1300R Hayabusaの車名で発表。
2000年にマイナーチェンジ。
インジェクションセッティングや燃料系の目詰まり対策を施した。
2001年にマイナーチェンジ。
速度規制の対応で300km/hリミッターを装着、スピードメーター表示は280km/hまでとなった。これまで外付けだったフューエルポンプがガソリンタンク内蔵に。
2002年にマイナーチェンジ。
エキパイの黒塗装を廃止。排気系内部にO2フィードバッグ機構を装備。
2003年にカラーチェンジ。
フロントサスの倒立フォークにチタンコートを施し、キャリパーが黒から金になるなど足回りの色を変更。
2004年にカラーチェンジ。
2005年にバッテリー負担を軽減するセルモータ稼動時にヘッドライトを自動で消灯する機能が追加、タンクロゴがSUZUKIからSのエンブレムへ変更、ウインカーレンズがクリアタイプに変更などのマイナーチェンジ。
2006年に限定仕様が発売。
2007年にカラーチェンジ。
2008年にフルモデルチェンジ。
2代目のハヤブサ。エンジンのストロークが2mm延長、排気量が1,299cc→1,340ccに。最高出力が175ps→197psに。SDTV (Suzuki Dual Throttle Valve)、ツインフューエルインジェクター、チタン製吸排気バルブやエンジン制御マップを切り替えられるS-DMSも新たに導入。サイレンサーは特徴的なトライアングル形状となり、フロントブレーキがラジアルマウントとなり、車体も各部改良された。

2009年にカラーチェンジ。
2010年にカラーチェンジ。
2011年にカラーチェンジ。
2012年にカラーチェンジ。
2013年にブレンボ製フロントブレーキキャリパー、ABSを装備などのマイナーチェンジ。
2014年2月10日に日本仕様が発売。型式は、EBL-GX72B
平成26年騒音規制が施行され、騒音の数値基準が欧州と同等になったことから欧州仕様車の正規発売が可能に。、2014年2月10日から日本国内でも正式に発売。車両は2013年の欧州モデルと同一のスペックで、エンジン出力は日本メーカーが正規で発売する車両としては最大の197PS。なお日本向け仕様としてETCが国内二輪車としては初めて標準装備された。日本国内での車名は 隼(ハヤブサ)。
2015年2月18日にカラーチェンジ。
2016年2月24日にカラーチェンジ。
2017年2月27日にカラーチェンジ。

 

 

ここでは、
2006年モデルのカワサキ Ninja ZX-12R(海外仕様)と
2008年モデルのスズキ ハヤブサ(海外仕様)
の違いを比較しました。

 

 

スペック表の違い

※数字が大きい方がこの色

タイプグレード名

Ninja ZX-12R

HAYABUSA 1300

モデルチェンジ区分

カラーチェンジ

フルモデルチェンジ

年式

2006年モデル

2008年モデル

仕向け・仕様

海外向けモデル

海外向けモデル

全長 (mm)

2085

2190

全幅 (mm)

740

735

全高 (mm)

1200

1165

軸間距離 (mm)

1450

1480

最低地上高 (mm)

120

120

シート高 (mm)

-

805

乾燥重量 (kg)

210

220

乗車定員(名)

2

2

原動機種類

4ストローク

4ストローク

気筒数

4

4

シリンダ配列

並列(直列)

並列(直列)

冷却方式

水冷

水冷

排気量 (cc)

1199

1340

4スト・カム駆動方式

DOHC

DOHC

4スト・気筒あたりバルブ数

4

4

内径(シリンダーボア)(mm)

83

81

行程(ピストンストローク)(mm)

55.4

65

圧縮比(:1)

12.2

12.5

最高出力(kW)

128

145

最高出力(PS)

174

197

最高出力回転数(rpm)

9500

9500

最大トルク(N・m)

130

155

最大トルク(kgf・m)

13.3

15.8

最大トルク回転数(rpm)

7500

7200

燃料タンク容量 (L)

19

21

燃料(種類)

ハイオクガソリン

ハイオクガソリン

燃料供給方式

-

フューエルインジェクション

エンジン始動方式

セルフスターター式

セルフスターター式

点火装置

フルトランジスタ式

フルトランジスタ式

点火プラグ標準搭載・型式

CR9EKPA

CR9EIA-9

点火プラグ必要本数・合計

4

4

搭載バッテリー・型式

YTX14-BS

YTX12-BS

エンジンオイル容量※全容量 (L)

3.6

4

エンジンオイル量(オイル交換時) (L)

2.5

3.1

エンジンオイル量(フィルタ交換時) (L)

2.8

3.3

推奨エンジンオイル(SAE粘度)

10W-40

10W-40

クラッチ形式

湿式・多板

湿式・多板

変速機形式

リターン式・6段変速

リターン式・6段変速

1次減速比

1.596

1.596

2次減速比

2.556

2.388

変速比

1速 2.4290/2速 1.8240/3速 1.4400/4速 1.2500/5速 1.1300/6速 1.0330

1速 2.6150/2速 1.9370/3速 1.5260/4速 1.2850/5速 1.1360/6速 1.0430

動力伝達方式

チェーン

チェーン

スプロケット歯数・前

18

18

スプロケット歯数・後

46

43

チェーンサイズ

530

530

標準チェーンリンク数

116

114

フレーム型式

-

ダイヤモンド

キャスター角

-

23°25

トレール量 (mm)

-

93

ブレーキオイル適合規格

DOT 4

DOT 4

懸架方式(前)

テレスコピックフォーク

テレスコピックフォーク

懸架方式(後)

スイングアーム式

スイングアーム式

ブレーキ形式(前)

油圧式ダブルディスク

油圧式ダブルディスク

ブレーキ形式(後)

油圧式ディスク

油圧式ディスク

タイヤ(前)

120/70ZR17

120/70ZR17

タイヤ(前)構造名

ラジアル

ラジアル

タイヤ(前)荷重指数

58

58

タイヤ(前)速度記号

(W)

(W)

タイヤ(前)タイプ

チューブレス

チューブレス

タイヤ(後)

200/50ZR17

190/50ZR17

タイヤ(後)構造名

ラジアル

ラジアル

タイヤ(後)荷重指数

75

73

タイヤ(後)速度記号

(W)

(W)

タイヤ(後)タイプ

チューブレス

チューブレス

ホイールリム形状(前)

MT

MT

ホイールリム幅(前)

3.5

3.5

ホイールリム形状(後)

MT

MT

ホイールリム幅(後)

6

6

ヘッドライトタイプ(Hi)

H4

H9

ヘッドライトタイプ(Lo)

-

H7

テールライトタイプ

-

LED

 

Ninja ZX-12Rと隼(GSX1300Rハヤブサ)の違いを比較

 

Ninja ZX-12Rとハヤブサの比較の口コミ

 

 

ハヤブサは、元々速さだけを狙って作ったバイクじゃなくて、ドライバビリティや快適性に凄く気を配ってある。一見レコードブレイカーに見えるけど、攻め過ぎてない余裕がロングセラーの要因。宣伝もうまいけど。一方、ZX-12Rは、ハヤブサに対抗して攻め過ぎたから短命に終わった。

 

 

ZX-12R乗ってる人は、隼に乗り換えてもガッカリするらしいね。

 

 

ZX-12Rの7000rpmぐらいからの加速はハヤブサを引き離すって2001年11月にどこかのサイトで書いてた。

 

 

ZX-12Rは、運動性を高めるために車高を上げたから足つき性が悪いよ。

 

 

ZX-12Rより隼の方が売れた理由は、速くて乗りやすいからでしょ。これは、乗り比べたらすぐわかる。ZX-12Rは、スパルタンな作りと言ったら聞こえがいいけど、要は、完成品が低いってことでしょ。よくリコールが出てたし。

 

 

俺は、ZX-12R(A1)乗りだけど、下からトルクあるし飛ばさなきゃ全然普通だよ。でもきっちり回したら目と脳が全然ついていかない。友達の隼に乗せてもらった時は、小さくて軽くて良いバイクと思ったけどあまりおもしろそうではなかった。

 

 

俺は、ZX-12R(A1)から隼に乗り換えたけど、210km/hは、ZX-12R(A1)の方が安心できる感じ。

 

Ninja ZX-12Rと隼(GSX1300Rハヤブサ)の中古車価格と買取相場

 

これをやるとバイクが高く売れる

バイクを売る時に何も知らずに無料査定を依頼すると安く買い叩かれるケースがあります。そうならないために無料査定を依頼する前にバイク買取業者がどういう対応をしてくるか知っておきましょう。

バイクを少しでも高く売るために知っておくこと



また、「バイクの一括査定」を利用すれば
業者の買取価格を比較してバイクを売ることができます。
何社も査定してもらう手間はかかりますが
バイクを高く売る一番確実な方法です。


バイク一括査定で月間利用者数NO.1のサイトは、こちら