スカイウェイブ250 タイプの違い(S、M、SS、リミテッド)

バイクを高く売るためにやるべきこと

バイク買取業者は、どこも安く買い取りたいと思っています。
高値でバイクを売るには、業者を競わすのが一番です。

バイク一括査定で月間利用者数NO.1のサイトは、こちら

また、バイクを高く売るためには、必ず知っておいた方がよいことがあります。特に初めてバイク買取業者を利用する方は、バイクを高く売る方法を読んでから無料査定を依頼しましょう。

スカイウェイブ250 タイプの違い(S、M、SS、リミテッド)

 

スズキ スカイウェイブ250タイプSの歴史

2001年11月に新登場。型式は、BA-CJ42A
「スカイウェイブ250タイプS」は、ショートスクリーンやパイプハンドルの採用でカスタムテイストを高めたモデル。水冷4サイクル単気筒エンジンを搭載。大容量トランクを確保し、シート裏側に照明を装備。スピードメーターを中央に燃料計・水温計・デジタル時計などを配したホワイトパネルを採用。車体色は、2色(サターンブラックメタリック、パールグラスホワイト)。
2002年12月にフルモデルチェンジ。型式は、BA-CJ43A
フューエルインジェクション採用。ヘッドライトがデュアル化。シガソケ搭載。車体色は、2色(サターンブラックメタリック、パールグラスホワイト)。
2003年3月に新色を追加。
車体色は、3色(バーニングカッパーメタリック、サターンブラックメタリック、パールグラスホワイト)。
2003年5月に新色を追加。
車体色は、4色(ソニックシルバーメタリック、バーニングカッパーメタリック、サターンブラックメタリック、パールグラスホワイト)。
2004年7月にマイナーチェンジ。
盗難抑止効果が高い「イモビライザー」を標準で装備。イモビライザーは、「トランスポンダー式」で、オリジナルのキー以外で不正に始動しようとしても、エンジン点火回路が作動しない。シートにパイピング処理を施しカスタム感を強調。車体色は、4色(パールネブラーブラック、パールグラスホワイト、パールクリスタルレッド、キャンディグランブルー)。
2005年6月にカラーチェンジ。
車体色は、3色(パールネブラーブラック、キャンディグランブルー、パールグラスホワイト)。
2006年4月にフルモデルチェンジ。型式は、BA-CJ44A
新型の水冷4サイクルDOHC4バルブ単気筒エンジンの採用でよりパワフルになった。キーレスシステムを採用。メットイン容量が拡大。車体色は、3色(パールネブラーブラック、パールクリスタルレッド、パールビガーブルー、パールグラスホワイト)。
2007年11月にマイナーチェンジ。型式は、JBK-CJ46A
車体色は、3色(ミスティックシルバーメタリック、パールネブラーブラック、パールミラージュホワイト)。

2008年10月にカラーチェンジ。
車体色は、3色(パールネブラーブラック、アクアブルーメタリック、パールミラージュホワイト)。
2011年1月にカラーチェンジ。
車体色は、3色(グラススパークルブラック、サンダーグレーメタリック、パールミラージュホワイト)。

 

スズキ スカイウェイブ250タイプSベーシックの歴史

2008年12月に新登場。型式は、JBK-CJ46A
「スカイウェイブ250タイプSベーシック」は、「スカイウェイブ250タイプS」からキーレススタートシステムを省いた代わりにICチップ内蔵のキーとイモビライザーシステムを採用して、メーカー希望小売価格を21000円安くした。車体色は、パールネブラーブラックとパールミラージュホワイトの2色の設定。
2011年1月27日にカラーチェンジ。
車体色は、新色のグラススパークルブラックと従来色のパールミラージュホワイトをあわせた全2色の設定。
2012年1月31日にマイナーチェンジ。
ブレーキレバー部のゴムカバーを廃止。車載工具の内容を変更。トランスポンダイモビライザーを変更。車体色は、新色のサンダーグレーメタリックと従来色のグラススパークルブラック、パールミラージュホワイトをあわせた全3色の設定。
2013年4月2日にカラーチェンジ。
マフラーリヤカバー・メーターアッパーパネルの色を変更。車体色は、新色のトリトンブルーメタリック、パールブレーシングホワイトと従来色のグラススパークルブラックの全3色の設定と。
2014年4月18日にマイナーチェンジ。
シートにグレーのステッチを施した。Sエンブレムを変更。車体色は、新色のアルバブルーメタリックと従来色のパールブレーシングホワイト、グラススパークルブラックの全3色の設定。

 

スズキ スカイウェイブ250タイプMの歴史

2007年3月15日に新登場。型式は、JBK-CJ45A
「タイプM」は、7段変速マニュアルモードを搭載したモデル。車体色は、4色(パールネブラーブラック、マーブルデイトナイエロー、パールビガーブルー、パールグラスホワイト)の設定。
2007年10月に特別・限定仕様発売。
車体色は、マーブルエラキスレッド。
2008年3月にマイナーチェンジ。
電子制御式CVTによる5つの走行モードを設定。ブレーキとスロットル操作によりシフトダウンが可能な「スロットルシフト」を採用。車体色は、4色(トリトンブルーメタリック、パールネブラーブラック、マーブルデイトナイエロー、パールミラージュホワイト)の設定。
2009年5月にカラーチェンジ。
車体色は、4色(パールセルリアンブルー、キャンディマックスオレンジ、パールネブラーブラック、パールミラージュホワイト)の設定。
2011年1月18日にカラーチェンジ。
車体色は、新色のグラススパークルブラックとアルバブルーメタリックと既存色のパールミラージュホワイトの3色の設定。
2012年1月31日にマイナーチェンジ。
ブレキーレバー部のゴムカバーを廃止。車載工具の内容変更。スタートスイッチリングの照明色をオレンジに変更。車体色は、3色(グラススパークルブラック、アルバブルーメタリック、パールミラージュホワイト)の設定を継続。
2013年4月30日にマイナーチェンジ。
マフラーリヤカバー・メーターアッパーパネルの色を変更。車体色は、新色の「パールブレーシングホワイト/マットフィブロイングレーメタリック」と「パールミラレッド/マットブラックメタリックNo.2」、既存色の「グラススパークルブラック」の3色の設定。
2014年4月18日にマイナーチェンジ。
シートに赤のステッチを施し、「S」エンブレムを変更。車体色は、新色の「グラススパークルブラック/マットブラックメタリックNo.2」、「パールブレーシングホワイト/マットブラックメタリックNo.2」と既存色の「パールミラレッド/マットブラックメタリックNo.2」の3色の設定。

 

スズキ スカイウェイブ250SSの歴史

2005年1月に「スカイウェイブ250SS」が新登場。型式は、BA-CJ43A
「スカイウェイブ250SS」は、「スカイウェイブ250タイプS」をベースにスクリーンレスのフロントマスク、インチバーハンドル、スムージングシートが与えられたメーカーカスタム仕様。車体色は、3色(キャンディナポレオンブルー、パールネブラーブラック、パールグラスホワイト)。
2005年6月にカラー追加。
車体色にキャンディソノマレッドを追加。
2006年3月に特別・限定仕様のスカイウェイブ250SSを発売。
パールバイオレットブルーを採用し500台限定で発売。
2008年1月にフルモデルチェンジ。型式は、JBK-CJ46A
エンジンは、従来のSOHCからDOHCになり、燃料供給方式は、フューエルインジェクションを採用。平成18年排出ガス規制に適合した。車体色は、4色(キャンディルビーマゼンタ、パールビガーブルー、パールネブラーブラック、パールミラージュホワイト)。
2008年12月にカラーチェンジ。
車体色は、4色(トリトンブルーメタリック、キャンディルビーマゼンタ、パールネブラーブラック、パールミラージュホワイト)。
2011年1月にカラーチェンジ。
車体色は、2色(グラスミッドナイトブラウン、グラススパークルブラック)。
2012年1月にマイナーチェンジ。
車体色は、2色(グラスミッドナイトブラウン、グラススパークルブラック)。
2013年4月にカラーチェンジ。
マフラーリアカバー・メーターアッパーパネルの色を変更。車体色は、2色(パールグレッシャーホワイト、グラスミッドナイトブラウン)。

2014年4月にマイナーチェンジ。
Sエンブレムだけ変更。これがスカイウェイブ250SSの最終仕様となった。車体色は、2色(パールグレッシャーホワイト、グラスミッドナイトブラウン)。

 

スズキ スカイウェイブ250リミテッドの歴史

1999年11月に「スカイウェイブ250 TypeU リミテッド」が新登場。型式は、BA-CJ42A
2002年11月に「スカイウェイブ250 リミテッド」を発売。型式は、BA-CJ43A
2003年10月に「スカイウェイブ250 リミテッド」を発売。
2004年10月に「スカイウェイブ250 リミテッド」をマイナーチェンジ。
2005年9月に「スカイウェイブ250 リミテッド」をマイナーチェンジ。
2006年10月に「スカイウェイブ250 リミテッド」をフルモデルチェンジ。型式は、BA-CJ44A
2007年9月に「スカイウェイブ250 リミテッド」をマイナーチェンジ。型式は、JBK-CJ46A
2008年12月に「スカイウェイブ250 リミテッド」をマイナーチェンジ。
2011年1月に「スカイウェイブ250 リミテッド」をマイナーチェンジ。
2012年1月に「スカイウェイブ250 リミテッド」をマイナーチェンジ。
2013年3月に「スカイウェイブ250 リミテッド」をカラーチェンジ。
マフラーリアカバー・メーターアッパーパネルの色を変更。新色のグラススパークルブラックを採用。
2014年4月に「スカイウェイブ250 リミテッド」をマイナーチェンジ。
シートにグレーのステッチが施した。車体色に変更無し。

 

 

ここでは、
2014年4月発売スカイウェイブ250タイプSベーシック(JBK-CJ46A)と
2014年4月発売スカイウェイブ250タイプM(JBK-CJ45A)と
2014年4月発売スカイウェイブSS(JBK-CJ46A)と
2014年4月発売スカイウェイブ250リミテッド(JBK-CJ46A)
の違いを比較しました。

 

 

スペック表の違い

※数字が大きい方がこの色

車種

スズキ スカイウェイブ250タイプSベーシック

スズキ スカイウェイブ250タイプM

スズキ スカイウェイブSS

スズキ スカイウェイブ250リミテッド

発売

2014年4月

2014年4月

2014年4月

2014年4月

型式

JBK-CJ46A

JBK-CJ45A

JBK-CJ46A

JBK-CJ46A

全長

2270mm

2270mm

2270mm

2270mm

全幅

760mm

760mm

810mm

825mm

全高

1225mm

1225mm

1140mm

1385mm

ホイールベース

1585mm

1585mm

1585mm

1585mm

シート高

710mm

710mm

710mm

710mm

最低地上高

125mm

125mm

125mm

125mm

総重量

214kg

221kg

215kg

218kg

サスペンション形式(前)

テレスコピック

テレスコピック

テレスコピック

テレスコピック

サスペンション形式(後)

ユニットスイング

ユニットスイング

ユニットスイング

ユニットスイング

キャスター角

25°20′

25°20′

25°20′

25°20′

トレール(mm)

102

102

102

102

ブレーキ形式(前)

ディスク

ディスク

ディスク

ディスク

ブレーキ形式(後)

ディスク

ディスク

ディスク

ディスク

タイヤサイズ(前)

120/80-14 M/C 58S

120/80-14 M/C 58S

120/80-14 M/C 58S

120/80-14 M/C 58S

タイヤサイズ(後)

150/70-13 M/C 64S

150/70-13 M/C 64S

150/70-13 M/C 64S

150/70-13 M/C 64S

エンジン種類

水冷4ストロークDOHC4バルブ単気筒

水冷4ストロークDOHC4バルブ単気筒

水冷4ストロークDOHC4バルブ単気筒

水冷4ストロークDOHC4バルブ単気筒

総排気量

249cc

249cc

249cc

249cc

圧縮比

11.3

11.3

11.3

11.3

ボア

69mm

69mm

69mm

69mm

最高出力(kW/rpm)

19(26PS)/7500

19(26PS)/7500

19(26PS)/7500

19(26PS)/7500

最大トルク(N・m/rpm)

25(2.5kgf・m)/6000

25(2.5kgf・m)/6000

25(2.5kgf・m)/6000

25(2.5kgf・m)/6000

始動方式

セル

セル

セル

セル

点火方式

フルトランジスタ

フルトランジスタ

フルトランジスタ

フルトランジスタ

クラッチ形式

乾式自動遠心

乾式自動遠心

乾式自動遠心

乾式自動遠心

変速機形式

Vベルト自動無段変速

Vベルト自動無段変速

Vベルト自動無段変速

Vベルト自動無段変速

燃料供給方式

インジェクション

インジェクション

インジェクション

インジェクション

潤滑方式

圧送

圧送

圧送

圧送

燃料タンク容量

13.0L

13.0L

13.0L

13.0L

燃料消費率(km/L)

39(60km/h)

39(60km/h)

39(60Km/h)

39(60km/h)

カラー/メーカー小売価格

\658,800 アルバブルーメタリック \658,800 グラススパークルブラック \658,800 パールブレーシングホワイト

\734,400 グラススパークルブラック/マットブラックメタリックNo.2 \734,400 パールブレーシングホワイト/マットブラックメタリックNo.2 \734,400 パールミラレッド/マットブラックメタリックNo.2

\702,000 グラスミッドナイトブラウン \702,000 パールグレッシャーホワイト

\691,200 グラススパークルブラック

 

 

 

スカイウェイブ250タイプM

 

タイプMの専用装備

 

タイプMの専用装備として電子制御式CVT[SECVT]があります。
5つの走行モードを選べるのでライダーの好みや状況によって使い分けられます。

 

 

画像の黄色いボタンが走行モード切替スイッチです。押すたびに「CVTモード」「7ATモード」「7MTアシストモード」へ切り替わります。

 

 

高速クルージングから街乗りまでスムーズで爽快な走りを楽しむ場合。
「CVTドライブモード」
「CVTパワーモード」(登坂、タンデム時など)

 

メリハリの効いた変速によって爽快でキビキビした走りを楽しむ場合。
「7ATドライブモード」
「7ATパワーモード」(登坂、タンデム時など)

 

自らの意思でシフトチェンジができ、スポーティな走りが楽しむ場合。
「7MTアシストモード」
※画像のオレンジのボタンでシフトアップとシフトダウンができます。

 

 

スカイウェイブ SS

 

SSの専用装備

 

エアロマスク

ボディ同色一体型のスクリーンレスエアロマスクを標準装備。

 

 

カラードメーターカバー

夜間は青紫色の艶のある発光がブラックパネルに浮かび上がり、ボディ同色カラードメーターカバーが個性を際立たせてます。他のタイプは、青紫色ではありません。

 

 

ブリッジ付インチバーハンドル

ハンドルがメッキ仕様でグリップが太い。アルミ削り出しのハンドルブリッジが標準装備。

 

スムージングシート

理想のライディングポジションを獲得した形状のスムージングシート。適度なホールド感やパッセンジャーとの一体感を叶える一方、ローダウンイメージをいっそう強調。背もたれが調整出来ずに固定されています。他のタイプは、スライドアジャスタ式のバックレストはワンタッチのレバー操作だけで前後50mm、5段階の調節が可能。スライドアジャスタ式のバックレストでワンタッチのレバー操作で前後50mm、5段階の調節が可能です。。

 

クリアテールランプ

テールランプのリフレクターにメッキタイプ、テールレンズにクリアタイプを採用。

 

オーバルメッキミラー

オーバル形状のメッキミラーをはじめ、バフ仕上げブレーキマスターシリンダー、5段階アジャスター付ブレーキレバー、クロームメッキのハンドルスイッチやクランプカバーなどを標準装備。

クロームメッキサイドスタンド

サイドスタンドがクロームメッキ仕様。

 

 

スカイウェイブ250リミテッド

 

リミテッドの専用装備

 

 

グリップヒーター

指先の寒さを和らげるグリップヒーターを装備。グローブをした状態でもオンとオフの切替操作や温度調節がしやすいプッシュボタン式を採用。

 

ナックルバイザー

防風効果を高めた、車体同色のナックルバイザーを標準装備。

 

 

大型バックレスト

パッセンジャーの腰をきちんとホールドし走行時の快適性を高めます。背面には「Limited」の専用エンブレムを装着。

 

ロングスクリーン

高い整流効果で高速走行時の風圧や雨や虫などからライダーを守ります。スカイウェイブのシャープなスタイリングにもマッチ。

 

 

スカイウェイブ250 タイプの違い(S、M、SS、リミテッド)の口コミ

 

 

スカイウェイブ250の型式は、「CJ41A」、「CJ42A」、「CJ43A」、「CJ44A」、「CJ45A」、「CJ46A」とある。
「CJ41A」は、無印のスカイウェイブ250だけで、
「CJ42A」になって、無印の他にタイプSとリミテッドが加わった。
「CJ43A」になって、無印、タイプS、リミテッドにSSが加わった。
「CJ44A」は、無印、タイプS、リミテッド。
「CJ45A」は、タイプMだけ。
「CJ46A」は、無印、タイプS、タイプSベーシック、リミテッド、SS。
ちなみに型式の「CJ」は、250ccのことでスカイウェイブ400ccは、「CK」になってる。

 

 

「CJ42A」は、キャブのワンカム。
「CJ43A」は、インジェクションで、ワンカム。
「CJ44A」は、インジェクションのツインカムでライト片方だけつく。
「CJ45A」、「CJ46A」は、インジェクションのツインカムで両方ライトつく。

 

スカイウェイブの中古車価格と買取相場

これをやるとバイクが高く売れる

バイクを売る時に何も知らずに無料査定を依頼すると安く買い叩かれるケースがあります。そうならないために無料査定を依頼する前にバイク買取業者がどういう対応をしてくるか知っておきましょう。

バイクを少しでも高く売るために知っておくこと



また、「バイクの一括査定」を利用すれば
業者の買取価格を比較してバイクを売ることができます。
何社も査定してもらう手間はかかりますが
バイクを高く売る一番確実な方法です。


バイク一括査定で月間利用者数NO.1のサイトは、こちら