トリッカーとDトラッカーの違いを比較

バイクを高く売るためにやるべきこと

バイク買取業者は、どこも安く買い取りたいと思っています。
高値でバイクを売るには、業者を競わすのが一番です。

バイク一括査定で月間利用者数NO.1のサイトは、こちら

また、バイクを高く売るためには、必ず知っておいた方がよいことがあります。特に初めてバイク買取業者を利用する方は、バイクを高く売る方法を読んでから無料査定を依頼しましょう。

トリッカーとDトラッカーの違いを比較

 

ヤマハ トリッカーの歴史

2004年3月30日にヤマハ トリッカーが新登場。型式は、BA-DG10J
車体色は、3色(シルバー3、マットブラック2、ダークパープリッシュブルーメタリック2)の設定。
2005年4月1日にヤマハ トリッカーを発売。
2005年モデルのトリッカーの車体色は、従来モデルと同じマットブラック2とシルバー3の全2色の設定。
2005年4月1日にヤマハ トリッカーSをタイプ追加。
トリッカーSの車体色は、マットブラック2の1色の設定。
トリッカーSには、オレンジ色のピンストライプ入り専用ホイールやメタリック塗装のタンクカバーを採用。
2006年3月30日にヤマハ トリッカーとトリッカーSをカラーチェンジ。
車体色は、トリッカーが新色の2色(シルバー3、ブラックメタリックJ)の設定。トリッカーSが新色の1色(ビビッドオレンジメタリック2)の設定。
2008年1月30日にヤマハ トリッカーとトリッカーSをマイナーチェンジ。型式は、JBK-DG16J
F.I.を採用、吸気ポート形状の変更などで環境性能・トルク感向上。タンク容量が1.2Lアップし7.2Lとなる。
シート形状を変更し、快適性が向上。フロントサスのセッティングを変更し、操縦安定性の最適化。車体色は、トリッカーが新色のマットブルーメタリック3と継続色のビビッドオレンジメタリック2の2色の設定。トリッカーSが新色のマットブラック2の1色の設定。
2010年1月15日にヤマハ トリッカーをカラーチェンジ。
車体色は、新色のマットブラック2と継続色のビビッドオレンジメタリック2の全2色の設定。
2014年1月21日にヤマハ トリッカーをカラーチェンジ。
車体色は、新色の2色(ディープオレンジメタリック7、マットブラック2)の設定。

2018年9月20日にヤマハ トリッカーをフルモデルチェンジ。型式は、2BK-DG32J
平成28年排出ガス規制に適合。環境性能を高めるのにO2フィードバック制御を行うフューエルインジェクションとキャニスターを装備。エンジン出力が少し向上、タンク容量が少し減る。車体色は、2色(ディープオレンジメタリック7、マットブラック2)の設定。

 

 

カワサキ Dトラッカーの歴史

1998年2月にDトラッカーが新登場。型式は、LX250E
1999年2月にDトラッカーをカラーチェンジ。
2001年2月にDトラッカーをマイナーチェンジ。型式は、BA-LX250E
平成11年排出ガス規制の適合のため、カワサキの排気ガス浄化システム「KLEEN」を搭載。一次減速比を変更。
2002年2月にDトラッカーをカラーチェンジ。
2003年2月にDトラッカーをカラーチェンジ。
バッテリーをユアサ製から古河電池製に変更した。
2004年5月にDトラッカーをマイナーチェンジ。
リヤフェンダー、タンクシュラウド、メーターバイザーなどのデザインを変更。
2004年12月にDトラッカーをカラーチェンジ。
2005年10月に特別・限定仕様のDトラッカースペシャルパッケージを発売。
2005年12月にDトラッカーをカラーチェンジ。
2006年12月にDトラッカーをカラーチェンジ。
これがDトラッカーの最終モデル。
2008年4月にDトラッカーXが新登場。型式は、KLX250V8F
Dトラッカーを平成18年排出ガス規制に適合させるためにモデルチェンジして、DトラッカーXが新登場。KLX250をベースにしたスーパーモタード仕様で前後17インチホイールにオンロードタイヤを採用。サスセッティングをオンロードに最適化。DトラッカーXからは、フロントマスク(KLX250共通)がV型ヘッドライトとなった。

DトラッカーとDトラッカーXの違いを比較
2009年4月にDトラッカーXをマイナーチェンジ。型式は、JBK-LX250V
一部仕様変更とカラーリングと価格を変更。
2010年12月1日にDトラッカーXをカラーチェンジ。
2011年9月1日にDトラッカーXをカラーチェンジ。
2012年11月1日にDトラッカーXをカラーチェンジ。
2013年7月1日にDトラッカーXをカラーチェンジ。
2014年7月1日にDトラッカーXをカラーチェンジ。
2015年8月1日にDトラッカーXをカラーチェンジ。
2016年5月15日に特別・限定仕様のDトラッカーX Final Editionを発売。

 

 

ここでは、まず最初に
2004年3月30日発売のヤマハ トリッカー(BA-DG10J)と
2004年5月発売のカワサキ Dトラッカー(BA-LX250E)
の違いを比較しました。

 

 

スペック表の違い

※数字が大きい方がこの色

タイプグレード名

トリッカーXG250

Dトラッカー

モデルチェンジ区分

新登場

マイナーチェンジ

発売月

2004年3月

2004年5月

型式

BA-DG10J

BA-LX250E

仕向け・仕様

国内向けモデル

国内向けモデル

全長 (mm)

1980

2065

全幅 (mm)

800

790

全高 (mm)

1145

1175

軸間距離 (mm)

1330

1435

最低地上高 (mm)

280

265

シート高 (mm)

790

865

乾燥重量 (kg)

111

119

車両重量 (kg)

120

-

乗車定員(名)

2

2

原動機種類

4ストローク

4ストローク

気筒数

1

1

シリンダ配列

単気筒

単気筒

冷却方式

空冷

水冷

排気量 (cc)

249

249

4スト・カム駆動方式

OHC(SOHC)

DOHC

4スト・気筒あたりバルブ数

2

4

内径(シリンダーボア)(mm)

74

72

行程(ピストンストローク)(mm)

58

61.2

圧縮比(:1)

9.5

11

最高出力(kW)

16

21

最高出力(PS)

21

29

最高出力回転数(rpm)

7500

9000

最大トルク(N・m)

21

25

最大トルク(kgf・m)

2.1

2.5

最大トルク回転数(rpm)

6500

7000

燃料タンク容量 (L)

6

7.5

燃料(種類)

レギュラーガソリン

レギュラーガソリン

燃料供給方式

キャブレター

キャブレター

エンジン始動方式

セルフスターター式

セルフスターター式

点火装置

C.D.I.式

C.D.I.式

点火プラグ標準搭載・型式

DR7EA

CR8E

点火プラグ必要本数・合計

1

1

搭載バッテリー・型式

YTZ7S

FTX7L-BS

エンジンオイル容量※全容量 (L)

1.4

1.5

エンジンオイル量(オイル交換時) (L)

1.2

1.3

エンジンオイル量(フィルタ交換時) (L)

1.3

1.4

推奨エンジンオイル(SAE粘度)

10W-40

10W-40

クラッチ形式

湿式・多板

湿式・多板

変速機形式

リターン式・5段変速

リターン式・6段変速

1次減速比

3.083

2.8

2次減速比

3

2.785

変速比

1速 2.8460/2速 1.8120/3速 1.3180/4速 1.0350/5速 0.8210

1速 3.0000/2速 2.0000/3速 1.5000/4速 1.2500/5速 1.0500/6速 0.9040

動力伝達方式

チェーン

チェーン

スプロケット歯数・前

15

14

スプロケット歯数・後

45

39

チェーンサイズ

428

520

標準チェーンリンク数

124

104

フレーム型式

セミダブルクレードル

セミダブルクレードル

キャスター角

25°10

25°30

トレール量 (mm)

92

74

ブレーキオイル適合規格

DOT 4

DOT 4

懸架方式(前)

テレスコピックフォーク

テレスコピックフォーク

懸架方式(後)

スイングアーム式

スイングアーム式

燃料消費率 国交省届出(60km/h走行時)(km/L)

50

40

ブレーキ形式(前)

油圧式ディスク

油圧式ディスク

ブレーキ形式(後)

油圧式ディスク

油圧式ディスク

タイヤ(前)

80/100-19

110/70-17

タイヤ(前)構造名

バイアス

バイアス

タイヤ(前)荷重指数

49

54

タイヤ(前)速度記号

P

H

タイヤ(前)タイプ

チューブタイヤ

チューブタイヤ

タイヤ(後)

120/90-16

130/70-17

タイヤ(後)構造名

バイアス

バイアス

タイヤ(後)荷重指数

63

62

タイヤ(後)速度記号

P

H

タイヤ(後)タイプ

チューブタイヤ

チューブタイヤ

ホイールリム幅(前)

1.85

3

ホイールリム幅(後)

2.15

4

ヘッドライトタイプ(Hi)

H4

H4

 

2004年モデルのトリッカーとDトラッカーの違いを比較

 

トリッカー(BA-DG10J)とDトラッカー(BA-LX250E)の比較の口コミ

 

 

俺ならトリッカーにする。Dトラッカーは自分には三角木馬だから。それに多分乗ってておもしろいのは、トリッカーだと思う。

 

 

俺は、ランナバウトで荒地も少し走りたくてDトラッカーとトリッカーで悩んで試乗してみたらトリッカーの方が圧倒的におもしろかった。タンク容量はDトラッカーより1.5L小さい6Lしかないけど。

 

 

トリッカーは、5速。
Dトラッカーは、6速。

 

 

トリッカーの魅力は、低速で走る楽しさかな。Dトラッカーとは楽しむスピードレンジが違う。高速乗ってツーリングに行く人は、Dトラッカーと思う。街中メインの人は、トリッカーがオススメ。

 

 

パワーリフトという意味なら、Dトラッカーのがやりやすい。ウイリーという意味ならトリッカーのがやりやすい前を持ち上げるだけならどちらも変わらないと思う。ちなみに俺は、両方持ってる。でもリアタイヤが股座を通り越していく感覚が身につくまでは、トリッカーのが断然やりやすかったのを覚えてる。

 

 

背の低い女性なら小振りなトリッカーをおすすめする。以前、友達の女性が「見た目が好きだから」って理由で無理してバイク買ったけど、結局乗り切れなくて嫌になって売ったケースを知ってるから。バイクの楽しさは、コントロールする事だから操れるサイズの車両にしたほうがいい。

 

 

パワーに頼れないのがトリッカーのネガティブな部分だけど、その分、体やサスペンションの使い方が覚えられる。フロントタイヤを浮かすだけならエンジンかかってなくても出来るし。ちゃんと体とサスペンションを使ったらトリッカーでもDトラッカーでもあまり変わらない。でもDトラッカーのやりやすさは異常。

 

 

トリッカーとDトラッカーで迷ってる。タイヤの上にある泥除けが、トリッカーはタイヤのすぐ上についてるけど、Dトラッカーは上の方に付いてるね。あと最高出力がDトラッカーの方がカタログ値で8psも上だね。

 

 

Dトラッカーのフェンダーの位置が高いのは、オフ車の名残でフェンダーに泥が詰まるのを避けるための工夫。あと雨の日に乗ると街乗りでもバイクからの水跳ねは、スクーターより多いし、結局バイクからの水跳ねより、並走・対向車両からの水跳ねがあるからどのバイクでも同じくらい汚れる。だからフェンダーは、飾りみたいなもん。

 

 

俺は、Dトラッカーにしたけど、トリッカー死ぬほど遅かったよ。

 

 

トリッカーの良いところは、エンジンやその他の整備性だよ。ある程度自分で整備する人には、楽。それから車格が小さいからオフの取り回しが圧倒的に楽。Dトラッカーの方が上なのは、やっぱりパワー。トリッカーと比べるとパワーフィールが全く別物。70km/hぐらいまでなら250ビクスクにも負けない。

 

 

エクストリームには、トリッカーの方が向いてると思う。トリッカー乗ってる人にDトラッカーに乗ってもらったら、ウィリーは、トリッカーのがやりやすかったって言ってた。あと「パワーがあるね」とも言ってた。

 

 

 

次に、
2008年1月30日発売のヤマハ トリッカー(JBK-DG16J)と
2008年4月発売のカワサキ DトラッカーX(KLX250V8F)
の違いを比較しました。

 

 

スペック表の違い

※数字が大きい方がこの色

タイプグレード名

トリッカーXG250

DトラッカーX

モデルチェンジ区分

マイナーチェンジ

新登場

発売年

2008年1月

2008年4月

発売月

JBK-DG16J

KLX250V8F

仕向け・仕様

国内向けモデル

国内向けモデル

全長 (mm)

1980

2130

全幅 (mm)

800

795

全高 (mm)

1145

1125

軸間距離 (mm)

1330

1420

最低地上高 (mm)

280

225

シート高 (mm)

810

860

乾燥重量 (kg)

117

129

車両重量 (kg)

125

-

乗車定員(名)

2

2

原動機種類

4ストローク

4ストローク

気筒数

1

1

シリンダ配列

単気筒

単気筒

冷却方式

空冷

水冷

排気量 (cc)

249

249

4スト・カム駆動方式

OHC(SOHC)

DOHC

4スト・気筒あたりバルブ数

2

4

内径(シリンダーボア)(mm)

74

72

行程(ピストンストローク)(mm)

58

61.2

圧縮比(:1)

9.5

11

最高出力(kW)

16

18

最高出力(PS)

21

24

最高出力回転数(rpm)

7500

9000

最大トルク(N・m)

19

21

最大トルク(kgf・m)

1.9

2.1

最大トルク回転数(rpm)

6500

7000

燃料タンク容量 (L)

7.2

7.7

燃料(種類)

レギュラーガソリン

レギュラーガソリン

燃料供給方式

フューエルインジェクション

フューエルインジェクション

エンジン始動方式

セルフスターター式

セルフスターター式

点火プラグ標準搭載・型式

DR7EA

CR8E

点火プラグ必要本数・合計

1

1

搭載バッテリー・型式

YTZ7S

FTX7L-BS

エンジンオイル容量※全容量 (L)

1.4

1.3

エンジンオイル量(オイル交換時) (L)

1.2

1

エンジンオイル量(フィルタ交換時) (L)

1.3

1.1

推奨エンジンオイル(SAE粘度)

10W-40

10W-40

クラッチ形式

湿式・多板

湿式・多板

変速機形式

リターン式・5段変速

リターン式・6段変速

1次減速比

3.083

2.8

2次減速比

3

2.785

変速比

1速 2.8460/2速 1.8120/3速 1.3180/4速 1.0350/5速 0.8210

1速 3.0000/2速 2.0000/3速 1.5000/4速 1.1900/5速 1.0500/6速 0.9520

動力伝達方式

チェーン

チェーン

スプロケット歯数・前

15

14

スプロケット歯数・後

45

39

チェーンサイズ

428

520

標準チェーンリンク数

124

104

フレーム型式

セミダブルクレードル

セミダブルクレードル

キャスター角

25°10

25.5°

トレール量 (mm)

92

73

ブレーキオイル適合規格

DOT 4

DOT 4

懸架方式(前)

テレスコピックフォーク

テレスコピックフォーク

懸架方式(後)

スイングアーム式

スイングアーム式

燃料消費率 国交省届出(60km/h走行時)(km/L)

39

40

ブレーキ形式(前)

油圧式ディスク

油圧式ディスク

ブレーキ形式(後)

油圧式ディスク

油圧式ディスク

タイヤ(前)

80/100-19

110/70-17

タイヤ(前)構造名

バイアス

バイアス

タイヤ(前)荷重指数

49

54

タイヤ(前)速度記号

P

S

タイヤ(前)タイプ

チューブタイヤ

チューブタイヤ

タイヤ(後)

120/90-16

130/70-17

タイヤ(後)構造名

バイアス

バイアス

タイヤ(後)荷重指数

63

62

タイヤ(後)速度記号

P

S

タイヤ(後)タイプ

チューブタイヤ

チューブタイヤ

ホイールリム幅(前)

1.85

3

ホイールリム幅(後)

2.15

4

ヘッドライトタイプ(Hi)

H4

-

 

2008年モデルのトリッカーとDトラッカーの違いを比較

 

トリッカーとDトラッカーの比較の口コミ

 

 

攻めるときの安心感はDトラッカーの方が上。トリッカーは、オンロードを長時間走ると股関節が痛くなる。

 

 

ガッツリ走るならDトラッカーかな。俺は、トリッカーの方が身の丈にあってるからトリッカーにした。

 

 

Dトラッカー乗りでトリッカーに試乗してきた。車が多くてあまりスピード出せなかったけど、トリッカーの発進時の加速はカタログスペックを見て想像した通りだった。スピード出したらツライね。あとブレーキは、プアだね。

 

 

Dトラッカー乗った後、トリッカー乗るとフロントブレーキがプアに感じた。Dトラッカーより全開にした時、伸びない。

 

 

全体的にDトラッカーの方が出来が良い。でも自分はデザインだけでトリッカーにしたけど。

 

 

トリッカーは、80km/hまでの加速なら特に不満はないけど、追い越しはちょっと厳しい。最高速は120km/hくらい出るけど、そこまでは出したくない感じ。フロントブレーキは、最初効き具合が悪くて不安だったけど、乗ってれば慣れるし、オフロード走行も考えたらこれで丁度良いと思う。でもどうみてもDトラッカーの方がコスパは良いと思う。あえてトリッカーを買う人は、デザインや独特のハンドリングに惚れこんだ人だろうね。

 

 

トリッカーは、あまりスピードでないけど、逆に40km/hでも辛くないのがいい。一般道でトコトコと走っても全然いい。

 

トリッカーとDトラッカーの中古車価格と買取相場

これをやるとバイクが高く売れる

バイクを売る時に何も知らずに無料査定を依頼すると安く買い叩かれるケースがあります。そうならないために無料査定を依頼する前にバイク買取業者がどういう対応をしてくるか知っておきましょう。

バイクを少しでも高く売るために知っておくこと



また、「バイクの一括査定」を利用すれば
業者の買取価格を比較してバイクを売ることができます。
何社も査定してもらう手間はかかりますが
バイクを高く売る一番確実な方法です。


バイク一括査定で月間利用者数NO.1のサイトは、こちら