W800とエストレヤの違いを比較

バイクを高く売るためにやるべきこと

バイク買取業者は、どこも安く買い取りたいと思っています。
高値でバイクを売るには、業者を競わすのが一番です。

バイク一括査定で月間利用者数NO.1のサイトは、こちら

また、バイクを高く売るためには、必ず知っておいた方がよいことがあります。特に初めてバイク買取業者を利用する方は、バイクを高く売る方法を読んでから無料査定を依頼しましょう。

W800とエストレヤの違いを比較

 

カワサキ W800の歴史

2011年2月1日に「W800」と「W800 Special Edition」が新登場。型式は、EBL-EJ800A
W650のエンジンを773ccに拡大、フューエルインジェクションとして良好な始動性や排出ガスの清浄化を実現して登場した。車体色は、キャンディゴールドスパークとメタリックダークグリーンの2色を設定。また、ブラックのカラーリングにゴールドのホイールリムを組み合わせたスペシャルエディションもラインナップする。
2011年11月1日に「W800」と「W800 Special Edition」をカラーチェンジ。
2012年3月1日に「W800 Special Edition」をカラーチェンジ。
車体色は、キャンディカーディナルレッド。ホイールのリムにはフューエルタンクのカラーリングに合わせてレッド色のアルマイト加工が施される。
2012年8月1日に特別・限定仕様のW800 Chrome Editionを発売。
エボニーのカラーリングをベースに、クロームメッキを施したタンクを装着。エンジン、前後フェンダー、ヘッドライトボディ、ホイールのリムをブラック塗装としたクロームエディションを300台限定で発売。
2012年10月15日に「W800」と「W800 Special Edition」をカラーチェンジ。
車体色は、エボニーとメタリックマグネシウムグレーの2色。キャンディカーディナルレッドのスペシャルエディションは継続販売される。
2013年9月1日に「W800」と「W800 Special Edition」をカラーチェンジ。
車体色は、パールクリスタルホワイトとメタリックノクターンブルーの2色。また、エボニーにキャンディバーントオレンジのラインを入れたスペシャルエディションも同時に発売した。価格の変更も行っている。
2014年4月15日に特別・限定仕様のW800 Chrome Editionをカラーチェンジ。
レーシングフラッグを意識してデザインされた専用のカバーエンブレムにタックロールシート、クロームメッキタンクなど、往年の名車「W1」のクラシカルな雰囲気を現代風に取り入れたChrome Editionを限定販売。
2014年10月1日に「W800」をカラーチェンジ。
車体色は、メタリックダークグリーン×パールアルパインホワイトとキャンディダイヤモンドレッド×パールアルパインホワイトの2色。
2014年10月1日に特別・限定仕様のW800 Black Editionを発売。

シートのパイピングやカワサキロゴに至るまでをグレーとするなど徹底的に黒にこだわったBlack Editionを発売。ベベルギアカバーとフューエルインジェクションカバーにリンクル塗装を施し、高級感を与えている。
2015年4月15日に特別・限定仕様のW800 Limited Editionを発売。
夏場のリゾート地をイメージしたカラーリングのLimited Editionを300台限定で発売。車体カラーに合わせて、エンジンにブラック塗装を施し、サイドカバーには立体エンブレム、シートはホワイト×ブラウンの特別仕様を装備する。
2015年9月1日に「W800」と「W800 Special Edition」をカラーチェンジ。
車体色は、メタリックオーシャンブルー×パールアルパインホワイトの1色とエボニーにホワイトとゴールドのラインを入れたSpecial Editionをラインナップ。フューエルインジェクションカバーとベベルギヤカバーにはリンクル塗装が施され、ホワイトのパイピングを入れた専用シートも装着される。
2016年7月15日に特別・限定仕様のW800 Final Editionを発売。
1973年に登場した650RS W3を彷彿とさせるカラー&グラフィックに専用のエンブレムを採用。塗装段差の少ない4度塗りの高級塗装は塗装工程までW3と同様。カラー&グラフィックの変更(特別塗装)、シートデザインの変更、フューエルタンクに専用のエンブレムを採用、フューエルタンク上面に専用のデカールを採用、フロント、リヤのハブにブラック塗装を採用、エンジン(ヘッドカバー、シリンダーヘッド、クランクケース)にブラック塗装を採用、フューエルインジェクションカバーにハンマートーン塗装を採用。
2019年3月1日に「W800 CAFE」と「W800 STREET」を発売。型式は、2BL-EJ800B
STREETは、Wのスタイルを継承したまさにWのスタイル。CAFEは、カフェレーサー・スタイルを取り入れたネオレトロスポーツ。

 

 

カワサキ エストレヤの歴史

2007年2月にフルモデルチェンジ。
型式は、JBK-BJ250A
このフルモデルチェンジでエストレヤRSとエストレヤカスタムの2車種のラインナップから1車種へ統合。
2007年4月にカラー追加。
2007年12月にカラーチェンジ。
2008年4月にカラー追加。
2009年7月にカラーチェンジ。
2010年7月1日にカラーチェンジ。
車体色は、2色(キャンディインペリアルブルー、ポーラホワイト×キャンディバーントオレンジ)の設定。
2011年7月15日にカラーチェンジ。
車体色は、2色(キャンディアラビアンレッド、メタリックミッドナイトサファイアブルー)の設定。
2012年7月1日にカラーチェンジ。
車体色は、2色(パールスターダストホワイト、キャンディミスティックブルー)の設定。
2014年1月20日に「エストレヤ」をマイナーチェンジ。また「エストレヤ スペシャルエディション」を発売。
アイドルスピードコントロールの採用、前後サスペンションのスプリングレートや減衰力設定の最適化を図る。車体色は、2色(キャンディカリビアンブルー、キャンディアイビーグリーン)の設定。また、車体色がメタリックスパークブラックでフェンダー、フロントフォーク、エンジン、エキゾーストシステムなど車体各部をブラック仕上げとした精悍なイメージのスペシャルエディションを発売。
2015年1月20日に「エストレヤ」と「エストレヤ スペシャルエディション」をカラーチェンジ。

車体色は、3色(パールルミナリーブルー、キャンディゴールドスパーク、パールブローニュ)の設定。スペシャルエディションは、2014年モデルのオレンジのパイピングが入った黒のダブルシートから座面部分を赤にしたツートーンのシートへと変更された。
2016年1月15日に「エストレヤ」と「エストレヤ スペシャルエディション」をカラーチェンジ。
車体色は、2色(メタリックスパークブラック、パールアルパインホワイト)の設定。スペシャルエディションの車体色は、キャンディクリムゾンレッドの1色の設定となった。
2017年3月15日に「エストレヤ」と「エストレヤ スペシャルエディション」をカラーチェンジ。
車体色は、2色(キャンディカリビアンブルー×パールクリスタルホワイト、キャンディバーントオレンジ×パールクリスタルホワイト)の設定。スペシャルエディションの車体色は、メタリックスレートブルー×パールクリスタルホワイトの1色の設定となった。
2017年3月15日に「エストレヤ ファイナルエディション」を発売。
ファイナルエディションは、キャンディアラビアンレッドの車体色にフューエルタンクのグラフィックに水転写デカールを取り入れ、専用の「Kawasaki」エンブレム、サイドカバーにも専用のエンブレムを採用。フューエルタンク上部に「Final Eiditon」ロゴ(水転写デカール)も入った。シートも特別なデザインを採用し、フロントフェンダー、リアフェンダー、フォークカバーにクロームメッキを採用。

 

 

ここでは、
2015年9月発売のカワサキ W800(EBL-EJ800A)と
2014年1月発売のカワサキ エストレヤ(JBK-BJ250A)
の違いを比較しました。

 

 

スペック表の違い

※数字が大きい方がこの色

 

車種名

W800

エストレヤ

発売年月

2015年9月

2014年1月

仕向け・仕様

国内向けモデル

国内向けモデル

全長 (mm)

2180

2075

全幅 (mm)

790

755

全高 (mm)

1075

1055

軸間距離 (mm)

1465

1410

最低地上高 (mm)

125

170

シート高 (mm)

790

735

車両重量 (kg)

216

161

乗車定員(名)

2

2

原動機種類

4ストローク

4ストローク

気筒数

2

1

シリンダ配列

並列(直列)

単気筒

冷却方式

空冷

空冷

排気量 (cc)

773

249

4スト・カム駆動方式

OHC(SOHC)

OHC(SOHC)

4スト・気筒あたりバルブ数

4

2

内径(シリンダーボア)(mm)

77

66

行程(ピストンストローク)(mm)

83

73

圧縮比(:1)

8.4

9

最高出力(kW)

35

13

最高出力(PS)

48

18

最高出力回転数(rpm)

6500

7500

最大トルク(N・m)

62

18

最大トルク(kgf・m)

6.3

1.8

最大トルク回転数(rpm)

2500

5500

燃料タンク容量 (L)

14

13

燃料供給方式

フューエルインジェクション

フューエルインジェクション

エンジン始動方式

セルフスターター式

セルフスターター式

点火装置

フルトランジスタ式

フルトランジスタ式

点火プラグ標準搭載・型式

CR8E

DR8EA

搭載バッテリー・型式

YTX12-BS

YTX9-BS

エンジンオイル容量※全容量 (L)

3.2

2

クラッチ形式

湿式・多板

湿式・多板

変速機形式

リターン式・5段変速

リターン式・5段変速

1次減速比

2.095

3.363

2次減速比

2.466

2.666

変速比

1速 2.3520/2速 1.5900/3速 1.2400/4速 1.0000/5速 0.8510

1速 2.6360/2速 1.7330/3速 1.3000/4速 1.0500/5速 0.8330

動力伝達方式

チェーン

チェーン

スプロケット歯数・前

15

15

スプロケット歯数・後

37

40

チェーンサイズ

520

520

標準チェーンリンク数

104

104

フレーム型式

ダブルクレードル

セミダブルクレードル

キャスター角

27°

27°

トレール量 (mm)

108

96

懸架方式(前)

テレスコピックフォーク

テレスコピックフォーク

懸架方式(後)

スイングアーム式

スイングアーム式

燃料消費率 国交省届出(60km/h走行時)(km/L)

33

39

ブレーキ形式(前)

油圧式ディスク

油圧式ディスク

ブレーキ形式(後)

機械式リーディングトレーリング

機械式リーディングトレーリング

タイヤ(前)

100/90-19

90/90-18

タイヤ(前)構造名

バイアス

バイアス

タイヤ(前)荷重指数

57

51

タイヤ(前)速度記号

H

P

タイヤ(前)タイプ

チューブタイヤ

チューブタイヤ

タイヤ(後)

130/80-18

110/90-17

タイヤ(後)構造名

バイアス

バイアス

タイヤ(後)荷重指数

66

60

タイヤ(後)速度記号

H

P

タイヤ(後)タイプ

チューブタイヤ

チューブタイヤ

ホイールリム幅(前)

2.15

1.85

ホイールリム幅(後)

2.75

2.15

ヘッドライトタイプ(Hi)

H4

H4

メーカー小売価格

906,120円

518700円

 

W800とエストレヤの違いを比較

 

W800とエストレヤの比較の口コミ

 

 

妥協したら車検の無いエストレヤになるよな。

 

 

オールドスタイルに似てカッコイイ新車となると、大型だとW800、400cc以下だとSR400かエストレヤぐらいしかないね。

 

 

俺は、最初、普通二輪免許とってエストレヤかSR400を買うつもりだったけど、バイク屋でW800見て、カッコよさに一目惚れして大型免許取ることにした。

 

 

俺は、エストレヤからW800に乗り換えた。エストレヤと比較したらエンジンがだいぶスムーズだった。車体も大きいから安定感がある。でも身軽な感じはなくなった。俺は、エストレヤ乗ってる時に、もう少しだけパワーと安定感が欲しかったから希望通りだった。でもW800は、特にエンジンが割と普通なんでそこだけは、試乗してから買ったほうがいい。

 

 

W800の方が購入時に30万円高くて維持費も車検があるから高くなる。週末ライダーや街乗りオンリーの人は、エストレヤで十分かも。

 

 

俺は、逆にエストレヤの方が高く感じるけどな。あのクラスで50万円は、高いわ。排気量524ccの差で30万円ぐらいの違いならW800買う。

 

 

エストレヤは、良いバイクだが所詮250だからな。W800とは、全く違うよ。それに800ccのバイクで90万円は、そこまで高くない。ABS付き400ccでも70万円以上するのに。

 

 

W800は、2気筒だからシングルのエストレヤのトコトコ感と全く違うから買う前に試乗してみた方がいい。

 

 

この前、友達にエストレヤ借りて2週間程乗ったけど、W800とは比べものにならないぐらい遅いし、トルクが細い。でもギア変えながら6000〜7000rpmぐらいで走ってたら結構楽しかった。

 

 

シート高は、エストレヤが735mm。W800が790mm。足が短い人は、エストレヤの方がいい。

 

 

高速使うならエストレヤでは、非力だよ。高速走ると本当にギリギリで感じで走ってる感覚。あと山登りとかも余裕は無い。まあ、下道でゆっくり走ってる時は、楽しいけど。それから車体が軽くて小さいから身体が大きい人は、W800買ったほうがいいと思う。極端に言えば大きいカブってイメージかな。

 

 

W800は、60〜70km/hくらいからバイブのような振動が発生する。これが気になる人か心地よいと感じるかは、その人次第。振動が気になる人や常用速度域がもっと低い人は、エストレヤで十分。

 

 

エストレヤは、250ccだから車検が無くてイジリ放題なのがいいし、エストレヤのが良い音してる。

 

 

エストレヤに乗っていた時は、40km/hくらいで流すのが一番トコトコ感があって気持ち良かった。W800だと2000回転ぐらいの60〜80km/hで流すのが一番気持ちいい。

 

 

エストレヤに乗ってるとW800に憧れる人多いよね。でも大型免許もいるし、車検もあるしで結構金かかるから敷居が高い。

 

 

W800乗ってるけど、エストレヤがもう少し全長が長ければそっちにしてたかもしれない。エストレヤに成人男性が乗ると、なんか長さが足りない気がする。

 

 

身長170cmの彼女にエストレヤとW800を跨がらせてみたらW800のがかなり似合ってた。

 

 

W800は、大型にしては、小さ過ぎるよね。180cmのデブの自分が乗るとエストレヤに見える。

 

 

俺は、エストレヤ買ったけど、大型免許持ってたらW800買ってた。W800だったら普段の足としても楽に乗れるし。

 

 

俺は、エストレヤもW800も2台とも乗ってたけど、W800は大型の括りでは、つまらないよ。

 

 

どっちか迷ってるなら
よく高速使うならW800。
そうでないならエストレヤ。

 

 

ツーリングでも1人で走るならエストレヤでいいと思うけど、ツーリング仲間がいるならW800買っといたほうが後で後悔しない。

 

 

エストレヤは、膝が窮屈だから足が長い人には、おすすめできない。

 

 

自分は、ほぼ街乗りだからエストレヤで十分。
高速よく使う人は、W800がオススメ。

 

 

エストレヤは、かっこいいし、お洒落だけど小さいから女の子が乗る方があってる気がする。男は、やっぱりW800。

 

 

W800は、360度パラツインでエストレヤと乗り味が全然違うから試乗した方がいい。

 

 

エストレヤとW800は、サイズ的にはそこまで変わらないよ。横に並べたらさすがにボリューム感は、W800の方が大きいけど。

 

 

俺は、W800買ってエストレヤを売った。エストレヤを残す事も考えたけど、W800は、大型の中じゃ小さい方になるし、エストレヤと取り回しも大差ないし、チョイ乗りもいけて用途が被るからW800一台だけにした。

 

 

エストレヤとW800は、排気量が3倍違うから走ると明らかに違う。

 

 

のんびり乗るならエストレヤでいいと思うけど、そのうち、でかいのに乗りたくなると思うよ。大型免許あるならW800がいいと思う。

 

 

W800で長距離走ったら腰が痛くなった。エストレヤに乗ってる時は、同じぐらいの距離でも問題なかったのになんでだろう?

 

W800とエストレヤの中古車価格と買取相場

 

これをやるとバイクが高く売れる

バイクを売る時に何も知らずに無料査定を依頼すると安く買い叩かれるケースがあります。そうならないために無料査定を依頼する前にバイク買取業者がどういう対応をしてくるか知っておきましょう。

バイクを少しでも高く売るために知っておくこと



また、「バイクの一括査定」を利用すれば
業者の買取価格を比較してバイクを売ることができます。
何社も査定してもらう手間はかかりますが
バイクを高く売る一番確実な方法です。


バイク一括査定で月間利用者数NO.1のサイトは、こちら