スーパーシェルパとトリッカーの違いを比較

バイクを高く売るためにやるべきこと

バイク買取業者は、どこも安く買い取りたいと思っています。
高値でバイクを売るには、業者を競わすのが一番です。

バイク一括査定で月間利用者数NO.1のサイトは、こちら

また、バイクを高く売るためには、必ず知っておいた方がよいことがあります。特に初めてバイク買取業者を利用する方は、バイクを高く売る方法を読んでから無料査定を依頼しましょう。

スーパーシェルパとトリッカーの違いを比較

 

カワサキ スーパーシェルパの歴史

1997年2月に新登場。型式は、KL250G
ローとアップの2種類のフェンダーが用意され、また左右非対称のグラフィックモデルもラインナップされた。
1998年7月に1998年モデルを発売。
2000年7月に2000年モデルを発売。
2001年3月にカラーチェンジして発売。
車体色は、「ライムグリーン×エボニー」と「ファイアクラッカーレッド×エボニー」の2色設定。
2002年2月にカラーチェンジして発売。型式は、BA-KL250G
車体色は、2色(ライムグリーン、ポーラホワイト)の設定。
2004年2月にカラーチェンジして発売。
車体色は、2色(ギャラクシーシルバータイプ2×エボニー、エボニー×ポーラホワイト)の設定。
2004年12月にカラーチェンジして発売。
車体色は、2色(ライムグリーン×エボニー、エボニー×ブレイジングオレンジ)の設定。
2005年12月にカラーチェンジして発売。
車体色は、2色(エボニー、パールソーラーイエロー×エボニー)の設定。
2006年12月にカラーチェンジして発売。
これが日本仕様のスーパーシェルパの最終モデル。車体色は、2色(ライムグリーン×エボニー、キャンディバーントオレンジ×エボニー)の設定。平成18年排出ガス規制を前にキャブレター仕様のまま生産終了。


 

 

ヤマハ トリッカーの歴史

2004年3月30日にヤマハ トリッカーが新登場。型式は、BA-DG10J
車体色は、3色(シルバー3、マットブラック2、ダークパープリッシュブルーメタリック2)の設定。
2005年4月1日にヤマハ トリッカーを発売。
2005年モデルのトリッカーの車体色は、従来モデルと同じマットブラック2とシルバー3の全2色の設定。
2005年4月1日にヤマハ トリッカーSをタイプ追加。
トリッカーSの車体色は、マットブラック2の1色の設定。
トリッカーSには、オレンジ色のピンストライプ入り専用ホイールやメタリック塗装のタンクカバーを採用。
2006年3月30日にヤマハ トリッカーとトリッカーSをカラーチェンジ。
車体色は、トリッカーが新色の2色(シルバー3、ブラックメタリックJ)の設定。トリッカーSが新色の1色(ビビッドオレンジメタリック2)の設定。
2008年1月30日にヤマハ トリッカーとトリッカーSをマイナーチェンジ。型式は、JBK-DG16J
F.I.を採用、吸気ポート形状の変更などで環境性能・トルク感向上。タンク容量が1.2Lアップし7.2Lとなる。
シート形状を変更し、快適性が向上。フロントサスのセッティングを変更し、操縦安定性の最適化。車体色は、トリッカーが新色のマットブルーメタリック3と継続色のビビッドオレンジメタリック2の2色の設定。トリッカーSが新色のマットブラック2の1色の設定。
2010年1月15日にヤマハ トリッカーをカラーチェンジ。
車体色は、新色のマットブラック2と継続色のビビッドオレンジメタリック2の全2色の設定。
2014年1月21日にヤマハ トリッカーをカラーチェンジ。
車体色は、新色の2色(ディープオレンジメタリック7、マットブラック2)の設定。

2018年9月20日にヤマハ トリッカーをフルモデルチェンジ。型式は、2BK-DG32J
平成28年排出ガス規制に適合。環境性能を高めるのにO2フィードバック制御を行うフューエルインジェクションとキャニスターを装備。エンジン出力が少し向上、タンク容量が少し減る。車体色は、2色(ディープオレンジメタリック7、マットブラック2)の設定。

 

 

ここでは、
2004年2月発売のカワサキ スーパーシェルパ(BA-KL250G)と
2004年3月発売のヤマハ トリッカー(BA-DG10J)
の違いを比較しました。

 

 

スペック表の違い

※数字が大きい方がこの色

タイプグレード名

スーパーシェルパ

トリッカー XG250

モデルチェンジ区分

カラーチェンジ

新登場

発売月

2004年2月

2004年3月

型式

BA-KL250G

BA-DG10J

仕向け・仕様

国内向けモデル

国内向けモデル

全長 (mm)

2060

1980

全幅 (mm)

780

800

全高 (mm)

1130

1145

軸間距離 (mm)

1360

1330

最低地上高 (mm)

265

280

シート高 (mm)

810

790

乾燥重量 (kg)

111

111

車両重量 (kg)

-

120

乗車定員(名)

2

2

原動機種類

4ストローク

4ストローク

気筒数

1

1

シリンダ配列

単気筒

単気筒

冷却方式

空冷

空冷

排気量 (cc)

249

249

4スト・カム駆動方式

DOHC

OHC(SOHC)

4スト・気筒あたりバルブ数

4

2

内径(シリンダーボア)(mm)

72

74

行程(ピストンストローク)(mm)

61.2

58

圧縮比(:1)

9.3

9.5

最高出力(kW)

19

16

最高出力(PS)

26

21

最高出力回転数(rpm)

9000

7500

最大トルク(N・m)

24

21

最大トルク(kgf・m)

2.4

2.1

最大トルク回転数(rpm)

7000

6500

燃料タンク容量 (L)

9

6

燃料(種類)

レギュラーガソリン

レギュラーガソリン

燃料供給方式

キャブレター

キャブレター

エンジン始動方式

セルフスターター式

セルフスターター式

点火装置

C.D.I.式

C.D.I.式

点火プラグ標準搭載・型式

CR8E

DR7EA

点火プラグ必要本数・合計

1

1

搭載バッテリー・型式

YTX7L-BS

YTZ7S

エンジンオイル容量※全容量 (L)

1.5

1.4

エンジンオイル量(オイル交換時) (L)

1.3

1.2

エンジンオイル量(フィルタ交換時) (L)

1.4

1.3

推奨エンジンオイル(SAE粘度)

10W-40

10W-40

クラッチ形式

湿式・多板

湿式・多板

変速機形式

リターン式・6段変速

リターン式・5段変速

1次減速比

2.8

3.083

2次減速比

3.071

3

変速比

1速 3.0900/2速 2.1250/3速 1.5000/4速 1.1480/5速 0.9610/6速 0.8150

1速 2.8460/2速 1.8120/3速 1.3180/4速 1.0350/5速 0.8210

動力伝達方式

チェーン

チェーン

スプロケット歯数・前

14

15

スプロケット歯数・後

43

45

チェーンサイズ

520

428

標準チェーンリンク数

102

124

フレーム型式

セミダブルクレードル

セミダブルクレードル

キャスター角

28°00

25°10

トレール量 (mm)

107

92

ブレーキオイル適合規格

DOT 4

DOT 4

懸架方式(前)

テレスコピックフォーク

テレスコピックフォーク

懸架方式(後)

スイングアーム式

スイングアーム式

燃料消費率 国交省届出(60km/h走行時)(km/L)

44.5

50

ブレーキ形式(前)

油圧式ディスク

油圧式ディスク

ブレーキ形式(後)

油圧式ディスク

油圧式ディスク

タイヤ(前)

2.75-21

80/100-19

タイヤ(前)構造名

バイアス

バイアス

タイヤ(前)荷重指数

45

49

タイヤ(前)速度記号

P

P

タイヤ(前)タイプ

チューブタイヤ

チューブタイヤ

タイヤ(後)

4.10-18

120/90-16

タイヤ(後)構造名

バイアス

バイアス

タイヤ(後)荷重指数

59

63

タイヤ(後)速度記号

P

P

タイヤ(後)タイプ

チューブタイヤ

チューブタイヤ

ホイールリム幅(前)

1.6

1.85

ホイールリム幅(後)

2.15

2.15

ヘッドライトタイプ(Hi)

H4

H4

 

スーパーシェルパとトリッカーの違いを比較

 

スーパーシェルパとトリッカーの比較の口コミ

 

 

俺は、スーパーシェルパやセローと迷ったけど、デザインが気に入ってトリッカーにした。

 

 

トリッカー乗ってるけど、友達のスーパーシェルパを見るとホイールサイズ以外は、トリッカーとほとんど同じじゃん。

 

 

トリッカーは、20〜50km/hぐらいで走れる曲がりくねった道を走るのが一番楽しい。でも80km/h以上の速度域になるとアクセル戻したらすぐ減速が始まるから流れの速いバイパスとかでは煽られそう。それが嫌ならスーパーシェルパの方がいい。

 

 

下りのワインディングはトリッカーの方が面白いよ。

 

 

タンク容量は、スーパーシェルパが9L。トリッカーが6L。俺は、スーパーシェルパを買ったけど、トリッカーのタンク容量がもう2Lあったらトリッカーにしてた。

 

 

装備がスーパーシェルパのが良かったけど、友達と同じ車種になるのが嫌だったからトリッカーにした。

 

 

トリッカーで快適なのは、せいぜい90km/hぐらいかな。下道ツーリングなら楽しいけど、高速道路も走るつもりならスーパーシェルパの方がオススメ。

 

 

装備と値段で考えたら俺は、スーパーシェルパかな。でもトリッカーは、スーパーシェルパよりも小回りが効く。オンメインならトリッカーがいいと思う。オフも重視するならスーパーシェルパがいい。

 

 

オフをやり込むつもりならスーパーシェルパ。たまに林道行くぐらいならトリッカーでも十分。トリッカーとスーパーシェルパは、よく比較されるけど基本が違うからね。ガレ場での走りは、スーパーシェルパの方がいいと思う。

 

 

トリッカーとスーパーシェルパの一番の違いは、オイルが漏れるか漏れないか。

 

 

2006年3月時点
A=超凄い B=凄い C=250単気筒平均 D=苦手 E=超苦手

 

●カワサキ スーパーシェルパ
パワー B
積載性 B
足付き B
街乗り A
オフ走破性 B
タンデム C

 

●ヤマハ トリッカー
パワー C
積載性 D
足付き A
街乗り A
オフ走破性 C
タンデム D

 

 

一応全車乗って見た印象。※2006年3月時点
A=超凄い B=凄い C=250単気筒平均 D=苦手 E=超苦手

 

●カワサキ スーパーシェルパ
林道高速走行 D(車体のバランス、サスの味付けから向かない)
オフ含むロングツーリング A(楽だった)
トライアルごっこ C(車体のバランス+重い)
アタック・トレック C(足つき良い)
オフも含むツーリングバイクって感じ。

 

●ヤマハ トリッカー
林道高速走行 E(全体的にセローみたいな感じだった。ホイールが小さいからかな。ガレたコーナーが怖かった。)
オフ含むロングツーリング E(タンク容量と搭載能力が低い)
トライアルごっこ C(ハンドル切角度、車体が重く、リアが重い)
アタック・トレック D(車体が重く、ホイールの大きさで走破性がいまひとつ。沢とかのガレ・ゲロが特に弱い。)
形が個性的でカッコイイ。街乗りでは良いがオフで使うのは、いまひとつ。
※アタック・トレックはエンデューロ的な走行でトライアルごっこはそのまま。

 

 

トリッカー → スタイリッシュな街乗り用
スーパーシェルパ → ツーリング

 

 

街乗りメイン + 郊外で遊ぶ → トリッカー
林道織り混ぜた遠出を考えてるなら → スーパーシェルパ

 

 

トリッカーは、足つき性を除いて全ての面でスーパーシェルパに劣る。トリッカーは、スタイリングに惚れて買うバイク。

 

 

トリッカーは、好き嫌いが分かれるバイク。友達に貸してあげたらみんな面白いって言いうけど、実際に買った友達はいない。トリッカーをメインにするのは、微妙かな。

 

 

俺は、両方試乗してトリッカー買ったけど、たしかにスーパージェルパには、劣るけど、そこまでの差はないよ。

 

スーパーシェルパとトリッカーの中古車価格と買取相場

これをやるとバイクが高く売れる

バイクを売る時に何も知らずに無料査定を依頼すると安く買い叩かれるケースがあります。そうならないために無料査定を依頼する前にバイク買取業者がどういう対応をしてくるか知っておきましょう。

バイクを少しでも高く売るために知っておくこと



また、「バイクの一括査定」を利用すれば
業者の買取価格を比較してバイクを売ることができます。
何社も査定してもらう手間はかかりますが
バイクを高く売る一番確実な方法です。


バイク一括査定で月間利用者数NO.1のサイトは、こちら