シャドウ750の「BC-RC44」と「BC-RC50」の違いを比較

バイクを高く売るためにやるべきこと

バイク買取業者は、どこも安く買い取りたいと思っています。
高値でバイクを売るには、業者を競わすのが一番です。

バイク一括査定で月間利用者数NO.1のサイトは、こちら

また、バイクを高く売るためには、必ず知っておいた方がよいことがあります。特に初めてバイク買取業者を利用する方は、バイクを高く売る方法を読んでから無料査定を依頼しましょう。

シャドウ750の「BC-RC44」と「BC-RC50」の違いを比較

 

ホンダ シャドウ750の歴史

1997月3月21日に「シャドウ750」が新登場。型式は、RC44
シャドウ750のエンジンは、スティード600に搭載されたエンジンのボア・ストロークを変更し、ギアを4段から5段へ変更。
1997月11月にカラーチェンジ。
1998月12月15日にカラーチェンジ。
2000月11月29日にマイナーチェンジ。型式は、BC-RC44
シート形状をスリム化し、サスペンションセッティングでシート高を20mm下げた。二次エア導入装置を採用したメガホン形状2本出しマフラーを装備し、平成11年排出ガス規制に適合。車体色は、2色(パールコロナドブルー×インディグレイメタリック、ブラック)。
シャドウ750の「RC44」と「BC-RC44」の違いの比較は、こちら。
2003月12月25日にフルモデルチェンジ。型式は、BC-RC50
新設計フレームに変更し、ホイールベースを従来よりも30mm延長し、シート高を15mmダウン。キャブレターはこれまでのツイン対応からシングルキャブとなり燃費が向上。駆動方式にシャフトドライブを採用。H・I・S・S装備。外装の変更。車体色は、2色(アキュレイトシルバーメタリック、ブラック)。
2004月11月30日にマイナーチェンジ。
サイドスタンドをメッキ処理。リアホイールハブをバフ仕上げ。タンクサイドに「SPIRIT OF THE PHOENIX」のエンブレムを採用。車体色は、2色(パールフェイドレスホワイト、ブラック)。
2006月2月21日にカラーチェンジ。
車体色は、1色(グラファイトブラック)。
2007月4月25日に特別仕様の「シャドウ750」を発売。
受注期間限定で販売。車体色は、パールフェイドレスホワイト。
2008月1月11日にマイナーチェンジ。型式は、EBL-RC50

キャブレターに代えて、フューエルインジェクションを採用。マフラーに触媒を内蔵し平成19年排出ガス規制に適合。ハンドル形状を見直し、足元はステップボード式に。それによりシフトチェンジペダルにはシーソー式を採用。フロントブレーキ位置が車体右側となる。車体色は、3色(キャンディーグローリーレッド×クラシカルホワイト、グラファイトブラック×クラシカルホワイト、グラファイトブラック)。
シャドウ750の「BC-RC50」と「EBL-RC50」の違いの比較は、こちら。
2008月10月29日にカラーチェンジ。
車体色は、3色(パールサンビームホワイト×サイバーゴールド、アドベンチャーブルーメタリック×クラシカルホワイト、グラファイトブラック)。
2009月11月にカラーチェンジ。
車体色は、2色(パールコスミックブラック、パールサンビームホワイト×サイバーゴールド)。
2009月11月9日に「シャドウ750 ABS」を追加。型式は、EBL-RC56
ABS搭載仕様車を追加。ABSモデルはリアブレーキもディスク式。ABS非搭載の標準仕様車は、これまで通りのドラム式のまま。車体色は、1色(パールコスミックブラック)。
2012月1月13日に「シャドウ750」と「シャドウ750 ABS」をカラーチェンジ。
車体色は、「シャドウ750」がパールコスミックブラック×スパークリングシルバーメタリック。「シャドウ750 ABS」がパールコスミックブラック×スパークリングシルバーメタリック。これがシャドウ750の最終モデル。

 

 

ここでは、上の黄色の部分
2000年11月29日発売のホンダ シャドウ750(BC-RC44)と
2003年12月25日発売のホンダ シャドウ750(BC-RC50)
の違いを比較しました。

 

 

シャドウ750の2003年12月25日のフルモデルチェンジ前後のスペック表の比較

※数字が大きい方がこの色

タイプグレード名

シャドウ750

シャドウ750

モデルチェンジ区分

マイナーチェンジ

フルモデルチェンジ

型式

BC-RC44

BC-RC50

発売日

2000年11月29日

2003年12月25日

仕向け・仕様

国内向けモデル

国内向けモデル

全長 (mm)

2450

2510

全幅 (mm)

925

940

全高 (mm)

1085

1090

ホイールベース (mm)

1610

1640

最低地上高(mm)

130

130

シート高 (mm)

675

660

乾燥重量 (kg)

228

235

車両重量 (kg)

245

252

最小回転半径(m)

3.1

3.3

乗車定員(名)

2

2

燃料消費率 国交省届出(60km/h走行時)(km/L)

32.9

37

原動機型式

RC50E

RC50E

原動機種類

4ストローク

4ストローク

気筒数

2

2

シリンダ配列

V型(L型)

V型(L型)

シリンダバンク角(°)

45

45

冷却方式

水冷

水冷

排気量 (cc)

745

745

カム・バルブ駆動方式

OHC(SOHC)

OHC(SOHC)

気筒あたりバルブ数

3

3

内径(シリンダーボア)(mm)

79

79

行程(ピストンストローク)(mm)

76

76

圧縮比(:1)

9

9.6

最高出力(kW)

33

32

最高出力(PS)

45

44

最高出力回転数(rpm)

5500

5500

最大トルク(N・m)

66

62

最大トルク(kgf・m)

-

6.3

最大トルク回転数(rpm)

3000

4500

燃料供給方式

キャブレター

キャブレター

燃料タンク容量 (L)

14

14

燃料タンク・リザーブ容量 (L)

3.3

3.3

燃料(種類)

レギュラーガソリン

レギュラーガソリン

満タン時航続距離(概算・参考値)

460.6

518

エンジン始動方式

セルフスターター式

セルフスターター式

点火装置

フルトランジスタ式

フルトランジスタ式

点火プラグ標準搭載・型式

DPR7EA-9

DPR7EA-9

点火プラグ必要本数・合計

4

4

搭載バッテリー・型式

YTX14-BS

YTZ12S

バッテリー容量

12V-11Ah

12V-10A

エンジン潤滑方式

ウェットサンプ式

ウェットサンプ式

エンジンオイル容量※全容量 (L)

2.9

3.2

エンジンオイル量(オイル交換時) (L)

2.2

2.5

エンジンオイル量(フィルタ交換時) (L)

2.4

2.6

推奨エンジンオイル(SAE粘度)

10W-30

10W-30

クラッチ形式

湿式・多板

湿式・多板

変速機形式

リターン式・5段変速

リターン式・5段変速

変速機・操作方式

フットシフト

フットシフト

1次減速比

1.666

1.763

2次減速比

2.411

-

変速比

1速 3.165/2速 2.000/3速 1.500/4速 1.172/5速 1.041

1速 2.400/2速 1.549/3速 1.172/4速 0.959/5速 0.851

動力伝達方式

チェーン

シャフト

スプロケット歯数・前

17

-

スプロケット歯数・後

41

-

チェーンサイズ

525

-

標準チェーンリンク数

122

-

フレーム型式

ダブルクレードル

ダブルクレードル

キャスター角

34°00

34°00

トレール量 (mm)

157

161

ブレーキ形式(前)

油圧式ディスク

油圧式ディスク

ブレーキ形式(後)

機械式リーディングトレーリング

機械式リーディングトレーリング

ブレーキオイル適合規格

DOT 4

DOT 4

懸架方式(前)

テレスコピックフォーク

テレスコピックフォーク

フロントフォークタイプ

正立フォーク

正立フォーク

懸架方式(後)

スイングアーム式

スイングアーム式

ショックアブソーバ本数(後)

2

2

タイヤ(前)

120/90-17

120/90-17

タイヤ(前)構造名

バイアス

バイアス

タイヤ(前)荷重指数

64

64

タイヤ(前)速度記号

S

S

タイヤ(前)タイプ

チューブタイヤ

チューブタイヤ

タイヤ(後)

170/80-15

160/80-15

タイヤ(後)構造名

バイアス

バイアス

タイヤ(後)荷重指数

77

74

タイヤ(後)速度記号

S

S

タイヤ(後)タイプ

チューブタイヤ

チューブタイヤ

ホイールリム形状(前)

-

MT

ホイールリム幅(前)

-

3

ホイールリム形状(後)

-

MT

ホイールリム幅(後)

-

3.5

タイヤ標準指定空気圧(乗車定員時・前)

-

2

タイヤ標準指定空気圧(乗車定員時・後)

-

2.5

ヘッドライト定格(Hi)

60W/55W

60W/55W

ヘッドライトタイプ(Hi)

H4

H4

テールライト定格(制動/尾灯)

21W/5W

21W/5W

スピードメーター表示形式

アナログ

アナログ

メーカー希望小売価格

699,000円

754,950円

 

シャドウ750の「BC-RC44」と「BC-RC50」の違いを比較

 

シャドウ750の2003年12月25日のフルモデルチェンジ前後の違いを比較

 

 

シャドウ750の2003年12月25日のフルモデルチェンジでの変更点

 

  • フレームを新設計。ホイールベースを30mm伸ばし、シート高を15mm下げて、ボリューム感と重厚感を高め、低重心化と足着き性を向上。
  •  

  • エンジンの基本は変わらないが従来のツインキャブレターからシングルキャブレターに変更し、燃費が12%(60km/h定地走行テスト値)向上。
  •  

  • 外観は、両輪を深々と覆う前後ディープフェンダーを採用し、ヘッドライトケースやエアクリーナーケースカバー形状を一新し、よりクラシカルで重厚なスタイリングに。
  •  

  • 駆動方式を従来のチェーン方式からより耐久性の優れたシャフトドライブ方式に変更し、メンテナンスフリー化を図った。
  •  

  • Honda独自の盗難抑止機構H・I・S・S(Honda Ignition Security System)をアメリカンカスタムバイクとしては初採用。純正キー以外でのエンジン始動を不可能とし、ボタン操作で24時間インジケーターランプを点滅させ盗難抑止効果を向上。
  •  

 

 

シャドウ750の2003年12月25日のフルモデルチェンジ前後のスペック表の変更部分

 

●型式
BC-RC44 → BC-RC50

 

●発売日
2000年11月29日 → 2003年12月25日

 

●全長 (mm)
2450 → 2510

 

●全幅 (mm)
925 → 940

 

●全高 (mm)
1085 → 1090

 

●ホイールベース (mm)
1610 → 1640

 

●シート高 (mm)
675 → 660

 

●乾燥重量 (kg)
228 → 235

 

●車両重量 (kg)
245 → 252

 

●最小回転半径(m)
3.1 → 3.3

 

●燃料消費率 国交省届出(60km/h走行時)(km/L)
32.9 → 37

 

●圧縮比(:1)
9 → 9.6

 

●最高出力(kW)
33 → 32

 

●最高出力(PS)
45 → 44

 

●最大トルク(N・m)
66 → 62

 

●最大トルク回転数(rpm)
3000 → 4500

 

●満タン時航続距離(概算・参考値)
460.6 → 518

 

●搭載バッテリー・型式
YTX14-BS → YTZ12S

 

●バッテリー容量
12V-11Ah → 12V-10A

 

●エンジンオイル容量※全容量 (L)
2.9 → 3.2

 

●エンジンオイル量(オイル交換時) (L)
2.2 → 2.5

 

●エンジンオイル量(フィルタ交換時) (L)
2.4 → 2.6

 

●1次減速比
1.666 → 1.763

 

 

●変速比
1速 3.165 → 2.400
2速 2.000 → 1.549
3速 1.500 → 1.172
4速 1.172 → 0.959
5速 1.041 → 0.851

 

 

●動力伝達方式
チェーン → シャフト

 

●トレール量 (mm)
157 → 161

 

●タイヤ(後)
170/80-15 → 160/80-15

 

●タイヤ(後)荷重指数
77 → 74

 

●メーカー希望小売価格
699,000円 → 754,950円

 

 

●発売日
2000年11月29日

 

●型式
BC-RC44

 

●販売計画台数(国内・年間)
500台

 

●車体色(2色)
・ブラック
・パールコロナドブルー×インディグレイメタリック

 

●メーカー希望小売価格
699,000円

 

●発売日
2003年12月25日

 

●型式
BC-RC50

 

●販売計画台数(国内・年間)
800台

 

●車体色(2色)
・アキュレイトシルバーメタリック
・ブラック

 

●メーカー希望小売価格
ツートーンカラータイプ
729,000円

 

ソリッドカラータイプ
719,000円

 

シャドウ750の買取価格の相場

これをやるとバイクが高く売れる

バイクを売る時に何も知らずに無料査定を依頼すると安く買い叩かれるケースがあります。そうならないために無料査定を依頼する前にバイク買取業者がどういう対応をしてくるか知っておきましょう。

バイクを少しでも高く売るために知っておくこと



また、「バイクの一括査定」を利用すれば
業者の買取価格を比較してバイクを売ることができます。
何社も査定してもらう手間はかかりますが
バイクを高く売る一番確実な方法です。


バイク一括査定で月間利用者数NO.1のサイトは、こちら