FJR1300AS/Aの2016年のマイナーチェンジの変更点

バイクを高く売るためにやるべきこと

バイク買取業者は、どこも安く買い取りたいと思っています。
高値でバイクを売るには、業者を競わすのが一番です。

バイク一括査定で月間利用者数NO.1のサイトは、こちら

また、バイクを高く売るためには、必ず知っておいた方がよいことがあります。特に初めてバイク買取業者を利用する方は、バイクを高く売る方法を読んでから無料査定を依頼しましょう。

FJR1300AS/Aの2016年7月のマイナーチェンジでの変更点

 

ヤマハ 「FJR1300AS」と「FJR1300A」の歴史

2013年12月10日
「FJR1300AS」及び「FJR1300A」が日本仕様が新登場。型式は、EBL-RP27J

 

2015年1月7日
新色を設定した「FJR1300AS」及び「FJR1300A」の2015年モデル発売。新色は、「ダークグレーメタリックN」(ダークグレー)。

 

2016年7月25日
「FJR1300AS」及び「FJR1300A」をマイナーチェンジして発売。

 

2018年2月20日
FJR1300AS」及び「FJR1300A」のカラーリングを変更し発売。新色は、「マットダークパープリッシュブルーメタリック1(マットブルー)」。

 

 

2016年7月25日のマイナーチェンジでの主な変更点

 

@6速トランスミッション(旧型が5速→新型が6速)
AA&Sクラッチ(FJR1300Aのみ)
B立体感あるフロントビューとLEDヘッドランプ(旧型がH4→新型がLED)
Cコーナリングランプ(FJR1300ASのみ)
D新デザインマルチファンクションメーターなど。

 

 

スペック表の違い

※数字が大きい方がこの色

車種名

FJR1300AS

FJR1300A

FJR1300AS

FJR1300A

発売年

2013年12月(国内仕様新発売)

2013年12月(国内仕様新発売)

2016年7月(マイナーチェンジ)

2016年7月(マイナーチェンジ)

全長 (mm)

2230

2230

2230

2230

全幅 (mm)

750

750

750

750

全高 (mm)

1325

1325

1325

1325

軸間距離 (mm)

1545

1545

1545

1545

最低地上高 (mm)

125

130

125

130

シート高 (mm)

805

805

805

805

車両重量 (kg)

296

289

296

289

原動機種類

4ストローク

4ストローク

4ストローク

4ストローク

気筒数

4

4

4

4

シリンダ配列

並列(直列)

並列(直列)

並列(直列)

並列(直列)

冷却方式

水冷

水冷

水冷

水冷

排気量 (cc)

1297

1297

1297

1297

4スト・カム駆動方式

DOHC

DOHC

DOHC

DOHC

4スト・気筒あたりバルブ数

4

4

4

4

内径(シリンダーボア)(mm)

79

79

79

79

行程(ピストンストローク)(mm)

66.2

66.2

66.2

66.2

圧縮比(:1)

10.8

10.8

10.8

10.8

最高出力(kW)

108

108

108

108

最高出力(PS)

147

147

147

147

最高出力回転数(rpm)

8000

8000

8000

8000

最大トルク(N・m)

138

138

138

138

最大トルク(kgf・m)

14.1

14.1

14.1

14.1

最大トルク回転数(rpm)

7000

7000

7000

7000

燃料タンク容量 (L)

25

25

25

25

燃料供給方式

フューエルインジェクション

フューエルインジェクション

フューエルインジェクション

フューエルインジェクション

満タン時航続距離(概算・参考値)

615

615

615

615

エンジン始動方式

セルフスターター式

セルフスターター式

セルフスターター式

セルフスターター式

点火装置

フルトランジスタ式

フルトランジスタ式

フルトランジスタ式

フルトランジスタ式

点火プラグ標準搭載・型式

CPR8EA-9

CPR8EA-9

CPR8EA-9

CPR8EA-9

搭載バッテリー・型式

GT14B-4

GT14B-4

GT14B-4

GT14B-4

エンジンオイル容量※全容量 (L)

4.9

4.9

4.9

4.9

エンジンオイル量(オイル交換時) (L)

3.8

3.8

3.8

3.8

エンジンオイル量(フィルタ交換時) (L)

4

4

4

4

推奨エンジンオイル(SAE粘度)

10W-40

10W-40

10W-40

10W-40

クラッチ形式

湿式・多板・遠心

湿式・多板

湿式・多板・遠心

湿式・多板

変速機形式

リターン式・5段変速

リターン式・5段変速

リターン式・6段変速

リターン式・6段変速

フレーム型式

ダイヤモンド

ダイヤモンド

ダイヤモンド

ダイヤモンド

キャスター角

26°00

26°00

26°00

26°00

トレール量 (mm)

109

109

109

109

ブレーキオイル適合規格

DOT 4

DOT 4

DOT 4

DOT 4

懸架方式(前)

テレスコピックフォーク

テレスコピックフォーク

テレスコピックフォーク

テレスコピックフォーク

懸架方式(後)

スイングアーム式

スイングアーム式

スイングアーム式

スイングアーム式

燃料消費率 60km/h走行時(km/L)

24.6

24.6

24.6

24.6

燃料消費率 WMTCモード値(km/L)

16.3

16.3

16.6

16.6

ブレーキ形式(前)

油圧式ダブルディスク

油圧式ダブルディスク

油圧式ダブルディスク

油圧式ダブルディスク

ブレーキ形式(後)

油圧式ディスク

油圧式ディスク

油圧式ディスク

油圧式ディスク

タイヤ(前)

120/70ZR17

120/70ZR17

120/70ZR17

120/70ZR17

タイヤ(前)構造名

ラジアル

ラジアル

ラジアル

ラジアル

タイヤ(前)荷重指数

58

58

58

58

タイヤ(前)速度記号

W

W

W

W

タイヤ(前)タイプ

チューブレス

チューブレス

チューブレス

チューブレス

タイヤ(後)

180/55ZR17

180/55ZR17

180/55ZR17

180/55ZR17

タイヤ(後)構造名

ラジアル

ラジアル

ラジアル

ラジアル

タイヤ(後)荷重指数

73

73

73

73

タイヤ(後)速度記号

W

W

W

W

タイヤ(後)タイプ

チューブレス

チューブレス

チューブレス

チューブレス

ホイールリム形状(前)

MT

MT

MT

MT

ホイールリム幅(前)

3.5

3.5

3.5

3.5

ホイールリム形状(後)

MT

MT

MT

MT

ホイールリム幅(後)

5.5

5.5

5.5

5.5

ヘッドライトタイプ(Hi)

H4

H4

LED

LED

メーカー希望小売価格(税込)

1,732,500円

1,417,500円

1,836,000円

1,512,000円

 

 

FJR1300AS/Aの2016年7月のマイナーチェンジでの変更点に関する口コミ

 

 

14年式のFJR1300Aに乗ってるけど、このクラッチが軽ければ、ツーリングがどれだけ楽になるかと思ったら、新型のA&Sクラッチは羨ましい。

 

 

俺は、FJR1300Aのクラッチは、酷い渋滞に巻き込まれない限り、でそこまで苦じゃない。でもA&Sクラッチで少しでも軽くなるならそれに越したことはないけど。

 

 

2016年式のFJR1300Aが納車された。A&Sクラッチのお陰で凄くスムーズにギアチェンジできる。中低速メインのワインディングが凄く楽しい。

 

 

2016年モデルは、6速がロングで4速、5速がショートになるらしい。街乗りだとこれまでよりは楽かも。

 

 

マイナーチェンジされて、メーカー希望小売価格は、ASとAともに5万円ぐらいアップ。6速化、FJR1300Aはスリーパークラッチ、FJR1300ASはコーナーライトが追加されたからまあ許容範囲かな。

 

 

これまでトップギアがもうちょっとハイギアードでもいいと思ってたから、このマイナーチェンジでそうなって良かった。

 

 

街中をトップギアで流すのには、5速では少し厳しかったから、多少クロスミッションになった2016モデルは嬉しい。

 

これ凄くわかりやすいインプレ

 

●2016 FJR1300 コーナーリングライトの実力!丸山浩の速攻インプレ

 

 

2016年8月にバイク屋で走行距離300kmの15年モデルが乗り出し価格が130万円。16年モデルの新車なら乗り出し価格が173万円。43万円の差でLEDライトと6速か。

 

 

マイナーチェンジでリアも格好良くなったし、6速化もされた。

 

 

16年モデルに乗る前は、5速でいいやと思ってたけど、16年モデルの6速で走って明らかに巡航時の振動が少なくなって更に楽ちんになってた。悪い言い方をすれば退屈になったかも。でも90km/h位でマッタリと景色を楽しみながら巡航するのが凄く楽しい。

 

 

2016年モデルに乗ってると6速の燃費向上と振動が減ったのは、ロンツーで助かるけど、その分下のギアがクロスになってるから街乗りの燃費が従来のモデルより落ちてる気がする。

 

 

2013までの5速と2016の6速では、燃費が10%ぐらい違う印象。騒音も振動も減って疲れにくくなったし、下のトルクが落ちたわけでもない。もともと十分過ぎるトルクがあるから6速にしても全く問題無い。2016モデルは、おすすめできる。

 

FJR1300ASとFJR1300Aの中古車価格と買取相場

これをやるとバイクが高く売れる

バイクを売る時に何も知らずに無料査定を依頼すると安く買い叩かれるケースがあります。そうならないために無料査定を依頼する前にバイク買取業者がどういう対応をしてくるか知っておきましょう。

バイクを少しでも高く売るために知っておくこと



また、「バイクの一括査定」を利用すれば
業者の買取価格を比較してバイクを売ることができます。
何社も査定してもらう手間はかかりますが
バイクを高く売る一番確実な方法です。


バイク一括査定で月間利用者数NO.1のサイトは、こちら