XMAX250とPCX150の違いを比較

バイクを高く売るためにやるべきこと

バイク買取業者は、どこも安く買い取りたいと思っています。
高値でバイクを売るには、業者を競わすのが一番です。

バイク一括査定で月間利用者数NO.1のサイトは、こちら

また、バイクを高く売るためには、必ず知っておいた方がよいことがあります。特に初めてバイク買取業者を利用する方は、バイクを高く売る方法を読んでから無料査定を依頼しましょう。

XMAX250とPCX150の違いを比較

 

ヤマハ XMAX250の歴史

2018年1月25日に「XMAX ABS」を国内仕様が新登場。型式は、2BK-SG42J
車体色は、3色(イエローメタリック6、ホワイトメタリック6、マットグレーメタリック3)の設定。
2019年4月1日にカラーチェンジして発売。
車体色は、一新され、新色の4色(マットブルーメタリック3、マットディープレッドメタリック3、マットブラック2、マットシルバー1)の設定。

 

 

ホンダ PCX150

2012年6月7日に新登場。型式は、JBK-KF12
車体色は、ミレニアムレッドとパールヒマラヤズホワイトの2色。
2013年1月17日にカラーの追加。
車体色は、新色のマットガンパウダーブラックメタリックと従来色の2色をあわせて全3色。
2014年5月16日にフルモデルチェンジ。型式は、JBK-KF18
全灯火器にLEDを採用。新設計のフロント・リアカウルを採用。燃料タンク容量がアップ。車体色は、新色のポセイドンブラックメタリックとマットテクノシルバーメタリックとバールジャスミンホワイトの3色。
2015年5月22日にカラーの追加。
車体色は、新色のキャンディーノーブルレッドと従来色の3色をあわせて全4色。
2016年4月22日にカラーチェンジと「PCX150 Special Edition」の発売。
「PCX」の車体色は、新色のパールダークアッシュブルーと従来色のパールホワイト、ブラック、マットシルバーをあわせた全4色の設定。
「PCX150 Special Edition」は、白か黒の車体色をベースに、それぞれフロントカバーからボディカバー、グラブレールにかけて赤のストライプを配し、リアサススプリング、シートのステッチ、ボディカバー側面の立体エンブレムなどに赤でアクセントをつけた期間限定モデル。
2017年2月10日にカラーチェンジ。
車体色は、新色のクリッパーイエローとキャンディーロージーレッド(ツートーン)とポセイドンブラックメタリック(ツートーン)と従来色のパールホワイト、ブラック、ダークブルーをあわせた全6色。
2018年4月6日にフルモデルチェンジ。型式は、2BK-KF30
エンジンは、eSPの仕様を変更し、静粛性、耐久性、燃費性能を向上。フレームが新設計のダブルクレードルに変更。フロントの顔回りを変更。タイヤをワイド化した。スマートキーを採用。PCX150は、ABS仕様も選択可能となった。車体色は、キャンディラスターレッドとポセイドンブラックメタリックとパールジャスミンホワイトとブライトブロンズメタリックの全4色。

 

 

ここでは、
2018年1月25日発売のヤマハ XMAX(2BK-SG42J)と
2018年4月20日発売のホンダ PCX150(2BK-KF30)
の違いを比較しました。

 

 

スペック表の違い

※数字が大きい方がこの色

車種名

XMAX 250ABS

PCX150 ABS

発売年月

2018年1月

2018年4月

全長 (mm)

2185

1925

全幅 (mm)

775

745

全高 (mm)

1415

1105

軸間距離 (mm)

1540

1315

最低地上高 (mm)

135

137

シート高 (mm)

795

764

車両重量 (kg)

179

131

乗車定員(名)

2

2

原動機種類

4ストローク

4ストローク

気筒数

1

1

シリンダ配列

単気筒

単気筒

冷却方式

水冷

水冷

排気量 (cc)

249

149

4スト・カム駆動方式

OHC(SOHC)

OHC(SOHC)

4スト・気筒あたりバルブ数

4

-

内径(シリンダーボア)(mm)

70

57.3

行程(ピストンストローク)(mm)

64.9

57.9

圧縮比(:1)

10.5

10.6

最高出力(kW)

17

11

最高出力(PS)

23

15

最高出力回転数(rpm)

7000

8500

最大トルク(N・m)

24

14

最大トルク(kgf・m)

2.4

1.4

最大トルク回転数(rpm)

5500

6500

燃料タンク容量 (L)

13

8

燃料供給方式

フューエルインジェクション

フューエルインジェクション

エンジン始動方式

セルフスターター式

セルフスターター式

点火装置

フルトランジスタ式

フルトランジスタ式

搭載バッテリー・型式

GTZ8V

GTZ8V

エンジンオイル容量※全容量 (L)

1.7

0.9

クラッチ形式

乾式・多板・遠心

-

変速機形式

Vベルト式・無段変速

Vベルト式・無段変速

1次減速比

1

-

2次減速比

7.589

-

フレーム型式

バックボーン

ダブルクレードル

キャスター角

26°30′

-

トレール量 (mm)

95

-

懸架方式(前)

テレスコピックフォーク

テレスコピックフォーク

懸架方式(後)

ユニットスイング式

ユニットスイング式

燃料消費率 国交省届出(60km/h走行時)(km/L)

40.7

52.9

燃料消費率 WMTCモード値

34.5

46

ブレーキ形式(前)

油圧式ディスク

油圧式ディスク

ブレーキ形式(後)

油圧式ディスク

機械式リーディングトレーリング

タイヤ(前)

120/70-15

100/80-14

タイヤ(前)構造名

バイアス

バイアス

タイヤ(前)荷重指数

56

48

タイヤ(前)速度記号

P

P

タイヤ(前)タイプ

チューブレス

チューブレス

タイヤ(後)

140/70-14

120/70-14

タイヤ(後)構造名

バイアス

バイアス

タイヤ(後)荷重指数

62

55

タイヤ(後)速度記号

P

P

タイヤ(後)タイプ

チューブレス

チューブレス

ヘッドライトタイプ(Hi)

LED

LED

テールライトタイプ

LED

LED

メーター表示

燃料計 有
時計 有
ツイントリップ 有

 

燃料計 有
時計 有

車両装備

アンチロックブレーキ(ABS) 有
トラクションコントロール 有
DCソケット 有

ハザードランプ 有
アンチロックブレーキ(ABS) 有
アイドリングストップ 有
DCソケット 有
センタースタンド 有

 

メーカー希望小売価格

642,600円 (消費税抜き 595,000円)

395,280円 (消費税抜き 366,000円)

 

XMAX250とPCX150の違いを比較

 

XMAX250とPCX150の比較の口コミ

 

 

ABS付き同士で比べるとメーカー小売価格でXMAX250の方が247,320円高い。PCX150は、ABS無しの選択ができるけど、ABS無しにしてもABS有りより2万円しか安くならない。

 

 

よく二人乗りするけど、タンデマーがPCX150よりかなり楽って言ってた。

 

 

XMAX250に跨いでみたけど、PCX150とは全く別物だね。ハンドル周りが大きくてすり抜けどころか取り回せるかも心配だった。XMAX250は、足つき悪いから怖いんだよな。

 

 

PCX150は、リアのドラムブレーキをやめればいいのに。

 

 

車体サイズが全然違うし、車重も48kgも違う。普段使いならPCX150の方が使い勝手はいい。

 

 

快走路で気持ちが良いのはXMAX。
酷道遊びもするならPCX150。

 

 

最初は、XMAX250が欲しかったけど、値段が高くて結局PCX150にした。でもPCX150は、予想以上にロンツー適性が高くて良い意味で驚かされたからこれで満足してる。

 

 

たしかにXMAX250に60万円出すなら、中古で結構快適な他の車種も選択肢に入ってくるんだよな。PCX150が人気あるのは、値段だと思う。

 

 

XMAX250は、俺がつま先立ちのPCX150より足つき悪いからな。

 

 

俺は、車体サイズは、そこまで気にならないけど、ださいデブスクが嫌ビッグスクーターを買わずにPCX150にしたから、XMAX250は、俺にピッタリ。

 

 

なんでホンダだけウインカースイッチとホーンの位置が逆なんだろう?グローバルモデルのXMAX250ですら従来通りの位置なのに。

 

 

PCX150からXMAX250に乗り換えを検討しててXMAX250に試乗した。身長180cmだけどサイズはピッタリだった。でもポジションがロンツーに向かないから買わないことにした。

 

 

全長 全幅 軸間 シート高 重量(*=乾燥)
2,185mm 775mm 1,540mm 795mm 179kg X-MAX250
1,930mm 740mm 1,315mm 760mm 131kg PCX150

 

 

タイヤ タンク 最高出力 最大トルク
15_14inch 13.2L 15.0kW[20PS]/7,500rpm 21Nm[2.1kgf]/6,000rpm X-MAX250
14_14inch 08.0L 10.0kW[14PS]/8,500rpm 14Nm[1.4kgf]/5,000rpm PCX150

 

 

XMAX250は、軽くてハイホイール、ハイシートでまさに俺好みに合ってたけどポジションの自由度が無いのが理由であきらめた。

 

 

身長180cmだけど、XMAX250は、ステップ前の斜めの部分が実際乗ると使えなかった。俺としては、前に足を投げ出せなくても、PCX150ぐらい脚を伸ばせれば買ってたけど、XMAX250はその部分が残念だった。

 

 

●車両重量と馬力
PCX150 131kg 15ps
XMAX250 179kg 23ps

 

 

一般的には、ツーリングメインならXMAX250買えってなるし、コンパクトなPCX150は向いてないって意見が多い。でも実際PCX150でツーリング行ってみると左端をマッタリ走ってれば何の問題もなかった。このクラスでは、このクラスならではの楽しみ方がある。もちろん中型や大型乗ってる友達と一緒にツーリング行くならついていくのが大変で楽しくないからXMAX250買ったほうがいいけど。

 

 

最高速は、新型PCX150が115km/hでXMAX250が135km/hぐらいか。

 

 

XMAX250とPCX150で悩んだけどPCX150買った。理由は、巡航速度30km/hアップととトルクアップで値段が+25万円は高いと思った。それにXMAX250にするとPCX150に比べて取り回しが悪いの嫌だった。

 

 

XMAXの航続距離は、凄いね。PCX150に余裕で勝ってる。

 

 

●タンク容量
XMAX250 13L
PCX150 8L

 

●燃費WMTCモード値
XMAX250 34.5km/L
PCX150 46km/L

 

●航続距離
XMAX250 13L × 34.5km/L =448.5km
PCX150  8L × 46km/L =?368km

 

 

身長183cm、体重96kgのPCX125乗りだけど、XMAX試乗してきた。XMAXの方がアクセルのレスポンスがいいし、トルクフル。足つきは、XMAXは両足踵が少し浮く。前の方に乗ればギリギリ踵がつく。走行中の足元は、PCXの方が楽。XMAXは、少し窮屈に感じたけど、慣れたら問題無いレベル。XMAXは、車高が高いからPCXよりヒラヒラした感じの走り。燃費計を見たら34km/lだった。

 

 

前PCX乗ってて今XMAX250乗ってるけど、重さや取り回しでは、そんなに変わらないと思うよ。もちろん多少は、重くなったけど、不満を感じるほどじゃない。

 

 

PCXとPCX150は、一番売れてるんだから、それなりの理由があるってこと。人気があればパーツの種類も多いし、安いし、PCXの関連情報がネット上で溢れてるからカスタムやメンテナンスなど調べれば自分で安くできる。

 

 

XMAXにリアボックス付けると思ってた以上にカッコ悪いよ。どうしてこんな後ろに行くんだろう。箱付けるならPCX150の方がまとまりがいい。

 

XMAX250とPCX150の中古車価格と買取相場

これをやるとバイクが高く売れる

バイクを売る時に何も知らずに無料査定を依頼すると安く買い叩かれるケースがあります。そうならないために無料査定を依頼する前にバイク買取業者がどういう対応をしてくるか知っておきましょう。

バイクを少しでも高く売るために知っておくこと



また、「バイクの一括査定」を利用すれば
業者の買取価格を比較してバイクを売ることができます。
何社も査定してもらう手間はかかりますが
バイクを高く売る一番確実な方法です。


バイク一括査定で月間利用者数NO.1のサイトは、こちら