CRF1100LアフリカツインとNT1100の違いを比較

バイクを高く売るためにやるべきこと

バイク買取業者は、どこも安く買い取りたいと思っています。
高値でバイクを売るには、業者を競わすのが一番です。

バイク一括査定で月間利用者数NO.1のサイトは、こちら

また、バイクを高く売るためには、必ず知っておいた方がよいことがあります。特に初めてバイク買取業者を利用する方は、バイクを高く売る方法を読んでから無料査定を依頼しましょう。

CRF1100LアフリカツインとNT1100の違いを比較

 

ホンダ CRF1100L Africa Twinの歴史

2019年12月13日に「CRF1100L Africa Twin Adventure Sports ES」と「CRF1100L Africa Twin Adventure Sports ES DCT」が新登場。型式は、2BL-SD10
「CRF1100L Africa Twin」がモデルチェンジするかたちで登場。「CRF1000L Africa Twin」の排気量を拡大し、モデル名を「CRF1100L Africa Twin」と改めた。こちらの「CRF1100L Africa Twin Adventure Sports ES」は、「CRF1100L」になって設定された「ショーワ社製電子制御サスペンション・EERA」を搭載した上級仕様車。EERAは、走行中のサスストローク速度と、慣性計測装置(IMU)から検知された車両の状態、走行速度に応じて、減衰力を最適化するシステム。オプションでクイックシフターが装着できた。「6速マニュアルミッション搭載車」と「電子制御6段自動変速のデュアル・クラッチ・トランスミッション(DCT)搭載車」の2タイプを設定。車体色は、2色(パールグレアホワイト、ダークネスブラックメタリック)。
2020年2月14日に「CRF1100L Africa Twin」と「CRF1100L Africa Twin DCT」と「CRF1100L Africa Twin Adventure Sports」と「CRF1100L Africa Twin Adventure Sports DCT」が新登場。
「CRF1100L Africa Twin」は、「CRF1000L Africa Twin」から基本的な車体のイメージは、引き継ぎ、エンジンや外装などが新しくなったが、「CRF1000L Africa Twin」からショートスクリーンとなり、リアキャリアも装備されなくなり、同時に発売された「CRF1100L Africa Twin Adventure Sports 」との差別化がされた。「CRF1100L Africa Twin Adventure Sports」は、CRF1000L時代のフロントのパイプガードがなくなったが、ヘッドライト下にコーナリングライトが装備された。どちらもオプションでクイックシフターが装着できた。6速マニュアルミッション搭載車と電子制御6段自動変速のデュアル・クラッチ・トランスミッション(DCT)搭載車の2タイプが設定された。車体色は、「CRF1100L Africa Twin」が1色(グランプリレッド)。「CRF1100L Africa Twin Adventure Sports」が1色(パールグレアホワイト)。


2020年4月17日に「CRF1100L Africa Twin s」と「CRF1100L Africa Twin Adventure Sports ES s」をタイプ追加し受注期間限定で発売。
「CRF1100L Africa Twin」と「CRF1100L Africa Twin Adventure Sports ES」のオフロードにおける優れた走破性をより高めるため、ストロークを伸長した前後サスペンションを採用。6速マニュアルミッション搭載車と電子制御6段自動変速のデュアル・クラッチ・トランスミッション(DCT)搭載車の2タイプが設定された。車体色は、「CRF1100L Africa Twin s」が1色(グランプリレッド)。「CRF1100L Africa Twin Adventure Sports ES s」が2色(パールグレアホワイト、ダークネスブラックメタリック)。
「CRF1100L Africa Twin」と「CRF1100L Africa Twin<s>」の違いの比較は、こちら。
2022年1月27日に「CRF1100L Africa Twin Adventure Sports ES」と「CRF1100L Africa Twin Adventure Sports ES DCT」をマイナーチェンジ。型式は、8BL-SD10
欧州ユーロ5に相当する平成32年(令和2年)国内排出ガス規制に適合。ウインドスクリーン形状が変更され少しコンパクトになった。DCT搭載車は、ベッドライトのポジションランプは、デイタイムランニングライトになった。変速タイミングの熟成が行われた。車体色は、1色(パールグレアホワイト)。
2022年4月21日に「CRF1100L Africa Twin」と「CRF1100L Africa Twin DCT」をマイナーチェンジ。
欧州ユーロ5相当の平成32年(令和2年)国内排出ガス規制に適合。これまでオプション設定だったリアキャリアを標準装備。ベッドライトのポジションランプは、デイタイムランニングライトになった。DCT搭載車は、変速タイミングの熟成が行われた。車体色は、1色(グランプリレッド)。
2022年5月20日に「CRF1100L Africa Twin s」と「CRF1100L Africa Twin Adventure Sports ES s」をマイナーチェンジ。
欧州ユーロ5相当の平成32年(令和2年)国内排出ガス規制に適合。これまでオプション設定だったリアキャリアを標準装備。ベッドライトのポジションランプは、デイタイムランニングライトになった。DCT搭載車は、変速タイミングの熟成が行われた。車体色は、「CRF1100L Africa Twin s」が1色(グランプリレッド)。「CRF1100L Africa Twin Adventure Sports ES s」が1色(パールグレアホワイト)。

 

 

ホンダ NT1100の歴史

2022年3月17日に「NT1100」の国内仕様が新登場。型式は、8BL-SC84
大排気量スポーツツアラーNT1100の日本向けモデル。排気量1,082ccエンジンを搭載。トランスミッションは、6速DCT(クラッチ操作なしの自動変速)を搭載。ライディングモードは4種類(ツアー/アーバン/レイン/ユーザー指定)で、トラクションコントロール(Hondaセレクタブルトルクコントロール)やクルーズコントロールを装備。6.5インチタッチパネル式TFTフルカラー液晶のマルチインフォメーションディスプレイ、5段階に手動で調整可能な大型のウインドスクリーン、グリップヒーター、ETC車載器も標準装備。車体色は、2色(マットイリジウムグレーメタリック、パールグレアホワイト)。

 

 

ここでは、
2022年4月21日発売のホンダ CRF1100L Africa Twin DCT(型式 8BL-SD10)と
2022年3月17日発売のホンダ NT1100(型式 8BL-SC84)
の違いを比較しました。

 

 

CRF1100LアフリカツインとNT1100のスペック表の違い

※数字が大きい方がこの色

タイプグレード名

CRF1100L Africa Twin DCT

NT1100

モデルチェンジ区分

マイナーチェンジ

新登場

型式

8BL-SD10

8BL-SC84

発売日

2022年4月21日

2022年3月17日

仕向け・仕様

国内向けモデル

国内向けモデル

全長 (mm)

2310

2240

全幅 (mm)

960

865

全高 (mm)

1355

1360

ホイールベース (mm)

1560

1535

最低地上高(mm)

210

173

シート高 (mm)

830

820

シート幅補足

ローポジション・810mm

-

車両重量 (kg)

240

248

最小回転半径(m)

2.6

2.8

乗車定員(名)

2

2

燃料消費率 国交省届出(60km/h走行時)(km/L)

32

30.5

燃料消費率 WMTCモード値(km/L)

19.2

19.3

原動機型式

SD08E

SC84E

原動機種類

4ストローク

4ストローク

気筒数

2

2

シリンダ配列

並列(直列)

並列(直列)

冷却方式

水冷

水冷

排気量 (cc)

1082

1082

カム・バルブ駆動方式

OHC(SOHC)

OHC(SOHC)

気筒あたりバルブ数

4

4

内径(シリンダーボア)(mm)

82

92

行程(ピストンストローク)(mm)

81.4

81.5

圧縮比(:1)

10.1

10.1

最高出力(kW)

75

75

最高出力(PS)

102

102

最高出力回転数(rpm)

7500

7500

最大トルク(N・m)

105

104

最大トルク(kgf・m)

10.7

10.6

最大トルク回転数(rpm)

6250

6250

燃料供給方式

フューエルインジェクション

フューエルインジェクション

燃料供給装置形式

PGM-FI

PGM-FI

燃料タンク容量 (L)

18

20

燃料(種類)

レギュラーガソリン

レギュラーガソリン

満タン時航続距離(概算・参考値)

576

610

エンジン始動方式

セルフスターター式

セルフスターター式

点火装置

フルトランジスタ式

フルトランジスタ式

点火プラグ標準搭載・型式

-

SILMAR8A9S

搭載バッテリー・型式

-

YTZ14S

バッテリー容量

12V-6Ah

12V-11.2Ah

エンジン潤滑方式

セミ・ドライサンプ式

セミ・ドライサンプ式

エンジンオイル容量※全容量 (L)

5.2

5.2

エンジンオイル量(オイル交換時) (L)

4

4

エンジンオイル量(フィルタ交換時) (L)

4.2

4.2

推奨エンジンオイル(SAE粘度)

10W-30

10W-30

クラッチ形式

湿式・多板

湿式・多板

変速機形式

電子式・6段自動変速

電子式・6段自動変速

変速機・操作方式

自動変速+ハンドスイッチ

自動変速+ハンドスイッチ

1次減速比

1.863

1.863

2次減速比

2.625

2.5

変速比

1速 2.562/2速 1.761/3速 1.375/4速 1.133/5速 0.972/6速 0.882

1速 2.562/2速 1.761/3速 1.375/4速 1.133/5速 0.972/6速 0.882

動力伝達方式

チェーン

チェーン

スプロケット歯数・前

16

-

スプロケット歯数・後

42

-

チェーンサイズ

525

-

標準チェーンリンク数

124

-

フレーム型式

セミダブルクレードル

セミダブルクレードル

キャスター角

27°30

26°30

トレール量 (mm)

113

108

ブレーキ形式(前)

油圧式ダブルディスク

油圧式ダブルディスク

ブレーキ形式(後)

油圧式ディスク

油圧式ディスク

ブレーキオイル適合規格

DOT 4

DOT 4

懸架方式(前)

テレスコピックフォーク

テレスコピックフォーク

フロントフォークタイプ

倒立フォーク

倒立フォーク

フロントフォーク径(φ)

-

43

フロントサスペンションストローク(mm)

-

150

懸架方式(後)

スイングアーム式

スイングアーム式

ショックアブソーバ本数(後)

1

1

リアホイールトラベル(mm)

-

150

タイヤ(前)

90/90-21

120/70ZR17

タイヤ(前)構造名

バイアス

ラジアル

タイヤ(前)荷重指数

54

58

タイヤ(前)速度記号

H

(W)

タイヤ(前)タイプ

チューブタイヤ

チューブレス

タイヤ(後)

150/70R18

180/55ZR17

タイヤ(後)構造名

ラジアル

ラジアル

タイヤ(後)荷重指数

70

73

タイヤ(後)速度記号

H

(W)

タイヤ(後)タイプ

チューブタイヤ

チューブレス

タイヤ標準指定空気圧(乗車定員時・前)

2.25

2.5

タイヤ標準指定空気圧(乗車定員時・後)

2.8

2.9

ヘッドライトタイプ(Hi)

LED

LED

テールライトタイプ

LED

LED

スピードメーター表示形式

デジタル

デジタル

メーター表示

ギアポジション 有
燃料計 有
エンジン回転計 有
時計 有
ツイントリップ 有

ギアポジション 有
燃料計 有
エンジン回転計 有
時計 有
ツイントリップ 有

車両装備

ハザードランプ 有
アンチロックブレーキ(ABS) 有
パーキングブレーキ 有
走行モード切り替え 有
トラクションコントロール 有
Bluetooth 有
USBポート 有
キャリア 有
緊急制動表示灯 有

ハザードランプ 有
アンチロックブレーキ(ABS) 有
パーキングブレーキ 有
走行モード切り替え 有
トラクションコントロール 有
グリップヒーター 有
ETC 有
Bluetooth 有
USBポート 有
可変スクリーン 有
キャリア 有
センタースタンド 有
緊急制動表示灯 有

メーカー希望小売価格/カラーバリエーション

1,749,000円(消費税抜き本体価格 1,590,000円)
グランプリレッド

1,683,000円(消費税抜き本体価格 1,530,000円)
マットイリジウムグレーメタリック、
パールグレアホワイト

販売計画台数(国内・年間)

シリーズ合計1,300台

800台

 

CRF1100LアフリカツインとNT1100の違いを比較
CRF1100LアフリカツインとNT1100の外観のサイドの違いを比較

 

CRF1100LアフリカツインとNT1100の違いを比較

 

 

NT1100は、2021年10月に欧州市場向けに発表され、日本では2022年3月17日に発売されたスポーツツアラー。CRF1100Lアフリカツインなどに搭載された1,082ccの並列2気筒OHC4バルブエンジンを、アフリカツイン用をベースにしたフレームに搭載。フロントマスクのイメージは、X-ADV(2021年)に似たLEDヘッドライトユニットを中心にしたもので、フロントスクリーン(上下調整可能)の横には、ウインドディフレクターも設置された。直立する乗車姿勢などからクロスオーバー系モデルにも見えるが、前後キャスト式のホイールは17インチサイズで、前後サスペンションのトラベル量(150mm)や173mmの最低地上高からもオンロードツアラーなのがわかる。トランスミッションは、6速マニュアルと、6速DCTの2種類があるが日本市場には、DCT車のみが発売された。6速マニュアル車用のクイックシフターは、オプション装備。メーターは、CRF1100Lアフリカツインと同じ6.5インチのカラー液晶タッチパネル。グリップヒーター、クルーズコントロールを標準装備し、日本向けモデルにはETC車載器を搭載。

 

「CRF1100Lアフリカツイン」は、「CRF1000Lアフリカツイン」がモデルチェンジして2020年モデルとして新登場。外観は、CRF1000Lのイメージを継承し、アッパーカウルは、コンパクトなものとなり、ツリ目2眼のヘッドライトは、中央で繋がった形状になった。デイタイムランニングライトも装備された。スクリーンは、ショートタイプに変更。メーターは、6.5インチのTFTフルカラーとなり、メインパネル下のサブディスプレイにも速度などが表示されるようになった。フレームは軽くなり、各種の電子制御もアップデートされた。トランスミッションは、マニュアル6速または電子制御デュアルクラッチ6速(DCT)の2タイプ設定で、よりアドベンチャーライド向きの「CRF1100Lアフリカツイン アドベンチャースポーツ」もラインナップされた。2022年4月21日のマイナーチェンジでは、平成32年(令和2年)排出ガス規制に適合し、リアキャリアを標準装備。

 

 

 

メーカー希望小売価格(消費税10%込み)

 

2022年4月21日発売
CRF1100L Africa Twin
1,639,000円(消費税抜き本体価格 1,490,000円)
CRF1100L Africa Twin Dual Clutch Transmission
1,749,000円(消費税抜き本体価格 1,590,000円)
CRF1100L Africa Twin<s>
1,639,000円(消費税抜き本体価格 1,490,000円)
CRF1100L Africa Twin Dual Clutch Transmission<s>
1,749,000円(消費税抜き本体価格 1,590,000円)
CRF1100L Africa Twin Adventure Sports ES
1,947,000円(消費税抜き本体価格 1,770,000円)
CRF1100L Africa Twin Adventure Sports ES Dual Clutch Transmission
2,057,000円(消費税抜き本体価格 1,870,000円)
CRF1100L Africa Twin Adventure Sports ES<s>
1,947,000円(消費税抜き本体価格 1,770,000円)
CRF1100L Africa Twin Adventure Sports ES Dual Clutch Transmission<s>
2,057,000円(消費税抜き本体価格 1,870,000円)

 

2022年3月17日発売
NT1100
1,683,000円(消費税抜き本体価格 1,530,000円)

 

 

CRF1100LアフリカツインとNT1100の買取相場をチェック

これをやるとバイクが高く売れる

バイクを売る時に何も知らずに無料査定を依頼すると安く買い叩かれるケースがあります。そうならないために無料査定を依頼する前にバイク買取業者がどういう対応をしてくるか知っておきましょう。

バイクを少しでも高く売るために知っておくこと



また、「バイクの一括査定」を利用すれば
業者の買取価格を比較してバイクを売ることができます。
何社も査定してもらう手間はかかりますが
バイクを高く売る一番確実な方法です。


バイク一括査定で月間利用者数NO.1のサイトは、こちら