Ninja250SLとDトラッカーXの違いを比較

バイクを高く売るためにやるべきこと

バイク買取業者は、どこも安く買い取りたいと思っています。
高値でバイクを売るには、業者を競わすのが一番です。

バイク一括査定で月間利用者数NO.1のサイトは、こちら

また、バイクを高く売るためには、必ず知っておいた方がよいことがあります。特に初めてバイク買取業者を利用する方は、バイクを高く売る方法を読んでから無料査定を依頼しましょう。

Ninja250SLとDトラッカーXの違いを比較

 

カワサキ Ninja250SLの歴史

2015年4月15日に新登場。型式は、JBK-BX250A
海外で2014年2月にNinja250SL(Ninja RR mono)を発表。当初は、マレーシア仕様、フィリピン仕様、中国仕様、タイ仕様と、インドネシア仕様となるNinja RR monoだけで日本向けの販売は無かったが2015年4月15日からNinja250SLとして日本仕様も正規輸入により発売。エンジンは、KLXシリーズに搭載されている単気筒エンジンを改良したもので高回転域寄りのセッティングで最高出力を向上。生産はタイ。車体色は2色(グリーンとレッド)。
2016年5月15日にマイナーチェンジ。
本体フレームへの溶接となっていたタンデムステップを固定するサブフレームが、Z250SLと同様のボルト接続となり取り外しが可能となった。車体色は1色(ブルーとエボニー)。
Ninja250SLの2016年5月15日のマイナーチェンジ前後の違いの比較は、こちら。
2016年5月15日に特別・限定仕様の「Ninja 250SL ABS KRT Edition」を発売。
2015年ワールドスーパーバイク選手権シリーズで戦うNinja ZX-10Rと同イメージのカラーリングを採用した「Ninja 250SL ABS KRT Edition」を発売。スタンダードモデルとの違いは、カラー&グラフィック、ABSの装備、装着タイヤの変更、ウィンドシールド(スモーク)の装着。
車体色は1色(ライムグリーン×エボニー)。
Ninja250SLとNinja250SL ABS KRT Editionの違いの比較は、こちら。

 

 

カワサキ Dトラッカーの歴史

1998年2月にDトラッカーが新登場。型式は、LX250E
Dトラッカーは、カワサキのデュアルパーパスのKLX250の派生車種として、ハンドル形状を変更し、前後ホイールを17インチに換装しオンロードタイプのタイヤを装着させたスーパーモタードタイプのオートバイ。
1999年2月にDトラッカーをカラーチェンジ。
2001年2月15日にDトラッカーをマイナーチェンジ。型式は、BA-LX250E
平成11年排出ガス規制の適合のため、カワサキの排気ガス浄化システム「KLEEN」を搭載。一次減速比を変更。車体色は、2色(ブルー21、エボニー)。
Dトラッカーの「LX250E」と「BA-LX250E」の違いの比較は、こちら。
2002年2月にDトラッカーをカラーチェンジ。
2002年2月にDトラッカーは 「250SB」としてスズキからも発売。
川崎重工業は、スズキと相互販売に関する業務提携を行ないDトラッカーを250SBとしてスズキからも発売された。
2003年2月にDトラッカーをカラーチェンジ。
バッテリーをユアサ製から古河電池製に変更した。
2004年5月にDトラッカーをマイナーチェンジ。
リヤフェンダー、タンクシュラウド、メーターバイザーなどのデザインを変更。2004年モデルからKLX250同様にカワサキモータースエンタープライズ(タイカワサキ)へ生産が移管された。
2004年12月にDトラッカーをカラーチェンジ。
2005年10月に特別・限定仕様のDトラッカースペシャルパッケージを発売。
2005年12月にDトラッカーをカラーチェンジ。

2006年12月にDトラッカーをカラーチェンジ。
これがDトラッカーの最終モデル。
2008年4月5日にDトラッカーXが新登場。型式は、KLX250V8F
Dトラッカーを平成18年排出ガス規制に適合させるためにモデルチェンジして、DトラッカーXが新登場。KLX250をベースにしたスーパーモタード仕様で前後17インチホイールにオンロードタイヤを採用。サスセッティングをオンロードに最適化。DトラッカーXからは、フロントマスク(KLX250共通)がV型ヘッドライトとなった。車体色は、3色(エボニー、オリエンタルブルー、ソーラーイエロー)。
DトラッカーとDトラッカーXの違いを比較
2009年4月にDトラッカーXをマイナーチェンジ。型式は、JBK-LX250V
一部仕様変更とカラーリングと価格を変更。車体色は、3色(ブレイジングオレンジ、エボニー、オリエンタルブルー)。
2010年12月1日にDトラッカーXをカラーチェンジ。
車体色は、2色(ブライトホワイト×キャンディパーシモンレッド、ライムグリーン)。
2011年9月1日にDトラッカーXをカラーチェンジ。
車体色は、2色(エボニー×キャンディライムグリーン、オリエンタルブルー×メタリックファントムシルバー)。
2012年11月1日にDトラッカーXをカラーチェンジ。
車体色は、2色(ファイアクラッカーレッド×エボニー、ブライトホワイト)。
2013年7月1日にDトラッカーXをカラーチェンジ。
車体色は、2色(キャンディライムグリーン×ブライトホワイト、メタリックフラットロウグレイストーン×エボニー)。
2014年7月1日にDトラッカーXをカラーチェンジ。

車体色は、2色(エボニー×キャンディバーントオレンジ、エボニー×キャンディライムグリーン)。
2015年8月1日にDトラッカーXをカラーチェンジ。
車体色は、2色(オリエンタルブルー、エボニー×メタリックフラットロウグレーストーン)。
2016年5月15日に特別・限定仕様のDトラッカーX Final Editionを発売。
ブルーのボディカラーとシュラウドに大きく描かれた「D」のグラフィックは、1998年に新登場したDトラッカーのイメージを踏襲したもの。このファイナルエディションをもって日本向け仕様の生産は、終了となった。

 

 

ここでは、
2015年4月15日発売のカワサキ Ninja250SL(型式 JBK-BX250A)と
2015年8月1日発売のカワサキ DトラッカーX(型式 JBK-LX250V)
の違いを比較しました。

 

 

Ninja250SLとDトラッカーXのスペック表の違い

※数字が大きい方がこの色

タイプグレード名

Ninja 250SL

D-TRACKER X

モデルチェンジ区分

新登場

カラーチェンジ

型式

JBK-BX250A

JBK-LX250V

発売日

2015年4月15日

2015年8月1日

仕向け・仕様

国内向けモデル

国内向けモデル

全長 (mm)

1935

2130

全幅 (mm)

685

795

全高 (mm)

1075

1125

ホイールベース (mm)

1330

1420

最低地上高(mm)

165

225

シート高 (mm)

780

860

車両重量 (kg)

149

138

最小回転半径(m)

2.4

2.3

乗車定員(名)

2

2

燃料消費率 国交省届出(60km/h走行時)(km/L)

43

40

燃料消費率 WMTCモード値(km/L)

31.3

29.5

原動機型式

BX250AE

LX250DE

原動機種類

4ストローク

4ストローク

気筒数

1

1

シリンダ配列

単気筒

単気筒

冷却方式

水冷

水冷

排気量 (cc)

249

249

カム・バルブ駆動方式

DOHC

DOHC

気筒あたりバルブ数

4

4

内径(シリンダーボア)(mm)

72

72

行程(ピストンストローク)(mm)

61.2

61.2

圧縮比(:1)

11.3

11

最高出力(kW)

21

18

最高出力(PS)

29

24

最高出力回転数(rpm)

9700

9000

最大トルク(N・m)

22

21

最大トルク(kgf・m)

2.2

2.1

最大トルク回転数(rpm)

8200

7000

燃料供給方式

フューエルインジェクション

フューエルインジェクション

燃料タンク容量 (L)

11

7.7

燃料(種類)

レギュラーガソリン

レギュラーガソリン

満タン時航続距離(概算・参考値)

473

308

エンジン始動方式

セルフスターター式

セルフスターター式

点火装置

フルトランジスタ式

フルトランジスタ式

点火プラグ標準搭載・型式

MR8CI-8

CR8E

点火プラグ必要本数・合計

1

1

搭載バッテリー・型式

YTX9-BS

FTX7L-BS

バッテリー容量

12V-8Ah

12V-6Ah

エンジン潤滑方式

ウェットサンプ式

ウェットサンプ式

エンジンオイル容量※全容量 (L)

1.3

1.3

エンジンオイル量(オイル交換時) (L)

1

1

エンジンオイル量(フィルタ交換時) (L)

1.1

1.1

推奨エンジンオイル(SAE粘度)

10W-40

10W-40

クラッチ形式

湿式・多板

湿式・多板

変速機形式

リターン式・6段変速

リターン式・6段変速

1次減速比

2.8

2.8

2次減速比

3

2.785

変速比

1速 3.000/2速 1.932/3速 1.444/4速 1.217/5速 1.192/6速 1.039

1速 3.000/2速 2.000/3速 1.500/4速 1.190/5速 1.049/6速 0.952

動力伝達方式

チェーン

チェーン

スプロケット歯数・前

14

14

スプロケット歯数・後

42

39

チェーンサイズ

520

520

標準チェーンリンク数

104

104

フレーム型式

ダイヤモンド

セミダブルクレードル

キャスター角

24°

25.5°

トレール量 (mm)

90

73

ブレーキ形式(前)

油圧式ディスク

油圧式ディスク

ブレーキ形式(後)

油圧式ディスク

油圧式ディスク

ブレーキオイル適合規格

DOT 4

DOT 4

懸架方式(前)

テレスコピックフォーク

テレスコピックフォーク

フロントフォークタイプ

-

倒立フォーク

懸架方式(後)

スイングアーム式

スイングアーム式

ショックアブソーバ本数(後)

1

1

タイヤ(前)

100/80-17

110/70-17

タイヤ(前)構造名

バイアス

バイアス

タイヤ(前)荷重指数

52

54

タイヤ(前)速度記号

S

S

タイヤ(前)タイプ

チューブレス

チューブタイヤ

タイヤ(後)

130/70-17

130/70-17

タイヤ(後)構造名

バイアス

バイアス

タイヤ(後)荷重指数

62

62

タイヤ(後)速度記号

S

S

タイヤ(後)タイプ

チューブレス

チューブタイヤ

ホイールリム形状(前)

MT

MT

ホイールリム幅(前)

2.75

3

ホイールリム形状(後)

MT

MT

ホイールリム幅(後)

3.5

4

タイヤ標準指定空気圧(乗車定員時・前)

2

-

タイヤ標準指定空気圧(乗車定員時・後)

2.25

-

ヘッドライト定格(Hi)

60W/55W

30W/30W

ヘッドライトタイプ(Hi)

H4

-

テールライト定格(制動/尾灯)

21/5W

21/5W

スピードメーター表示形式

デジタル

デジタル

メーター表示

燃料計 有
エンジン回転計 有
時計 有
ツイントリップ 有

エンジン回転計 有
時計 有
ツイントリップ 有

メーカー希望小売価格/カラーバリエーション

459,000円(本体価格425,000円、消費税34,000円)
ライムグリーン×エボニー(LIM)、
パッションレッド×エボニー(RED)

574,560円(本体価格532,000円、消費税42,560円)
オリエンタルブルー(BLU)、
エボニー×メタリックフラットロウグレーストーン(GRY)

生産国

タイ

タイ

 

Ninja250SLとDトラッカーXの違いを比較

 

Ninja250SLとDトラッカーXの違いを比較

 

 

Ninja250SLの軽さはいいけど細いね。エンジンもDトラッカーXのやつだし、DトラッカーXの方が軽いし、倒立サスだし、調節もできる。俺は、走る楽しさや、細さに違和感ないDトラッカーXの方がいい。

 

 

Dトラッカーは、倒立サスに減衰調整付きだからね。NINJA250SLは、それがなくてもスポーツ走行を安く手軽に楽しめるのが良いところだけど。

 

 

NINJA250SLは、Dトラッカーを再調整したエンジンらしいね。

 

 

Dトラッカーなんて所詮ベースはオフ車だよ。100km/hオーバーのスタビリティは、酷いよ。

 

 

俺は、Dトラッカーを買うつもりだったけど、2016年の夏にファイナルエディションが
出て生産終了って言われたからNINJA250SLにした。

 

 

 

Ninja250SLとDトラッカーXの中古車価格と買取相場

これをやるとバイクが高く売れる

バイクを売る時に何も知らずに無料査定を依頼すると安く買い叩かれるケースがあります。そうならないために無料査定を依頼する前にバイク買取業者がどういう対応をしてくるか知っておきましょう。

バイクを少しでも高く売るために知っておくこと



また、「バイクの一括査定」を利用すれば
業者の買取価格を比較してバイクを売ることができます。
何社も査定してもらう手間はかかりますが
バイクを高く売る一番確実な方法です。


バイク一括査定で月間利用者数NO.1のサイトは、こちら