スカイウェイブ250タイプSベーシックとバーグマン200の違いを比較

バイクを高く売るためにやるべきこと

バイク買取業者は、どこも安く買い取りたいと思っています。
高値でバイクを売るには、業者を競わすのが一番です。

バイク一括査定で月間利用者数NO.1のサイトは、こちら

また、バイクを高く売るためには、必ず知っておいた方がよいことがあります。特に初めてバイク買取業者を利用する方は、バイクを高く売る方法を読んでから無料査定を依頼しましょう。

スカイウェイブ250タイプSベーシックとバーグマン200の違いを比較

 

スカイウェイブ250タイプSベーシックの歴史

2008年12月に新登場。型式は、J441
車体色は、パールネブラーブラックとパールミラージュホワイトの2色の設定。
2011年1月27日にカラーチェンジ。
車体色は、新色のグラススパークルブラックと従来色のパールミラージュホワイトをあわせた全2色の設定。
2012年1月31日にマイナーチェンジ。
ブレーキレバー部のゴムカバーを廃止。車載工具の内容を変更。トランスポンダイモビライザーを変更。車体色は、新色のサンダーグレーメタリックと従来色のグラススパークルブラック、パールミラージュホワイトをあわせた全3色の設定。
2013年4月2日にカラーチェンジ。
マフラーリヤカバー・メーターアッパーパネルの色を変更。車体色は、新色のトリトンブルーメタリック、パールブレーシングホワイトと従来色のグラススパークルブラックの全3色の設定と。
2014年4月18日にマイナーチェンジ。
シートにグレーのステッチを施した。Sエンブレムを変更。車体色は、新色のアルバブルーメタリックと従来色のパールブレーシングホワイト、グラススパークルブラックの全3色の設定。

 

 

スズキ バーグマン200の歴史

2014年2月28日より新登場。型式は、JBK-CH41A
車体色は、4色(ホワイト、シルバー、マットグレー、マットブラック)の設定。
2015年7月31日よりカラー追加。
新色の「マットムーンシルバーメタリック」を追加。フロントカバーを車体色と同色にし、シート表皮を全面革シボにした。
2016年4月27日よりカラーチェンジ。
フロントカバーが車体色と同色に。ホイール色とインナーカバー色を黒に変更。
車体色は、3色(ホワイト、マットグレー、マットブラック)の設定。
2017年4月17日にマイナーチェンジ。型式は、2BK-CH41A
平成28年国内排出ガス規制に対応。
車体色は、3色(ホワイト、マットグレー、マットシルバー)の設定。
2018年4月26日よりカラーチェンジ。
新色の「マットプラチナムシルバーメタリック」(銀)、「マットブラックメタリックNo.2」(黒)と継続色のホワイトの3色の設定。
2019年4月11日よりカラーチェンジ。
車体色は、新色の「マットフィブロイングレーメタリック」と継続色の「マットブラックメタリックNo.2」と「ブリリアントホワイト」の3色の設定。

 

 

ここでは、
2014年4月発売のスカイウェイブ250タイプSベーシック(JBK-CJ46A)と
2014年2月28日発売のバーグマン200(JBK-CH41A)と
の違いを比較しました。

 

 

スペック表の違い

※数字が大きい方がこの色

車種名

スカイウェイブ250タイプSベーシック

バーグマン200

発売年

2014年4月

2014年2月

全長 (mm)

2270

2055

全幅 (mm)

760

740

全高 (mm)

1225

1355

軸間距離 (mm)

1585

1465

最低地上高 (mm)

125

130

シート高 (mm)

710

735

車両重量 (kg)

214

161

乗車定員(名)

2

2

原動機種類

4ストローク

4ストローク

気筒数

1

1

シリンダ配列

単気筒

単気筒

冷却方式

水冷

水冷

排気量 (cc)

249

199

4スト・カム駆動方式

DOHC

OHC(SOHC)

4スト・気筒あたりバルブ数

4

4

内径(シリンダーボア)(mm)

69

69

行程(ピストンストローク)(mm)

66.8

53.4

圧縮比(:1)

11.3

11

最高出力(kW)

19

14

最高出力(PS)

26

19

最高出力回転数(rpm)

7500

8000

最大トルク(N・m)

25

17

最大トルク(kgf・m)

2.5

1.7

最大トルク回転数(rpm)

6000

6000

燃料タンク容量 (L)

13

10

燃料供給方式

フューエルインジェクション

インジェクション

満タン時航続距離(概算・参考値)

507

410

エンジン始動方式

セルフスターター式

セルフスターター式

点火装置

フルトランジスタ式

フルトランジスタ式

点火プラグ標準搭載・型式

CR7EK

CR7EK

搭載バッテリー・型式

FTZ9-BS

FTX9-BS

エンジンオイル容量※全容量 (L)

1.5

1.5

エンジンオイル量(オイル交換時) (L)

1.2

1.2

エンジンオイル量(フィルタ交換時) (L)

1.3

1.3

推奨エンジンオイル(SAE粘度)

10W-40

10W-40

クラッチ形式

乾式・多板・遠心

乾式・多板・遠心

変速機形式

Vベルト式・無段変速

Vベルト式・無段変速

フレーム型式

アンダーボーン

アンダーボーン

キャスター角

25.2°

27°

トレール量 (mm)

102

93

懸架方式(前)

テレスコピックフォーク

テレスコピックフォーク

懸架方式(後)

ユニットスイング式

ユニットスイング式

燃料消費率 国交省届出(60km/h走行時)(km/L)

39

41

ブレーキ形式(前)

油圧式ディスク

油圧式ディスク

ブレーキ形式(後)

油圧式ディスク

油圧式ディスク

タイヤ(前)

120/80-14

110/90-13

タイヤ(前)構造名

バイアス

バイアス

タイヤ(前)荷重指数

58

55

タイヤ(前)速度記号

S

P

タイヤ(前)タイプ

チューブレス

チューブレス

タイヤ(後)

150/70-13

130/70-12

タイヤ(後)構造名

バイアス

バイアス

タイヤ(後)荷重指数

64

56

タイヤ(後)速度記号

S

L

タイヤ(後)タイプ

チューブレス

チューブレス

ホイールリム形状(前)

MT

MT

ホイールリム幅(前)

3

2.5

ホイールリム形状(後)

MT

MT

ホイールリム幅(後)

4

3

メーカー希望小売価格

658,800円(税込)

509,250円(税込)

 

スカイウェイブ250タイプSベーシックとバーグマン200の違いを比較

 

スカイウェイブ250タイプSベーシックとバーグマン200の比較の口コミ

 

 

既に製造中止のスカイウェイブ250と悩む理由が分からない。
余程スカイウェイブ250のデザインが気に入ったとか、MタイプのECVTが必要とかトランクが良いとかいう理由があるならスカイウェイブ250を買えばいいと思うけど。なんとなく悩んでるならバーグマン200にした方がいい。

 

 

「2016-2017 最新スクーターのすべて」
に書いてたGPSロガーの記録
●0-800m
バーグ200:31.916sec(115.1km/h)
スカブ250:31.892sec(117.1km/h)
●0-1000m
バーグ200:38.168sec(116.4km/h)
スカブ250:38.031sec(118.0km/h)
●最高速
バーグ200:125.0km/h
スカブ250:134.4km/h

 

最高速以外はほとんど差はない。0.1sec差とか体感では、わからない。

 

 

バーグマン200より50kg以上重いスカイウェイブ250の方が高速道路では、安定してる。まあ、軽いバーグマン200は、立ちゴケの心配がないけど。

 

 

まあ、使い方次第だよね。高速乗って遠出することが多いならスカイウェイブ250の方が楽だし、街乗りがほとんどならバーグマン200の方が取り回しが楽だし、駐車場なんかでも苦労しない。

 

 

スカイウェイブ250タイプSベーシックとバーグマン200の中古車価格と買取相場

これをやるとバイクが高く売れる

バイクを売る時に何も知らずに無料査定を依頼すると安く買い叩かれるケースがあります。そうならないために無料査定を依頼する前にバイク買取業者がどういう対応をしてくるか知っておきましょう。

バイクを少しでも高く売るために知っておくこと



また、「バイクの一括査定」を利用すれば
業者の買取価格を比較してバイクを売ることができます。
何社も査定してもらう手間はかかりますが
バイクを高く売る一番確実な方法です。


バイク一括査定で月間利用者数NO.1のサイトは、こちら