NINJA400RとCBR400Rの違いを比較

バイクを高く売るためにやるべきこと

バイク買取業者は、どこも安く買い取りたいと思っています。
高値でバイクを売るには、業者を競わすのが一番です。

バイク一括査定で月間利用者数NO.1のサイトは、こちら

また、バイクを高く売るためには、必ず知っておいた方がよいことがあります。特に初めてバイク買取業者を利用する方は、バイクを高く売る方法を読んでから無料査定を依頼しましょう。

NINJA400RとCBR400Rの違いを比較

 

カワサキ Ninja400Rの歴史

2010年8月1日に「Ninja400R」が新登場。型式は、EBL-ER400B
スタイリッシュなフルカウル、デュアルヘッドライト、アップライトなポジション、段付きウインドスクリーンを持つスポーツツーリングマシンとして登場。海外モデルのER-6f/Ninja650Rをベースに、日本の普通自動二輪免許に適合する水冷DOHC4バルブ並列2気筒399ccエンジンを搭載。車体は、ER-6fとほぼ共通。
2010年11月15日に「Ninja400R ABS」が新登場。
Ninja400RにABSを搭載したモデル。
2011年9月1日に「Ninja400R」と「Ninja400R ABS」をカラーチェンジ。
2011年10月1日に「Ninja 400R Special Edition」を発売。
2012年10月1日に「Ninja400R」と「Ninja400R ABS」をカラーチェンジ。
2012年12月1日に「Ninja 400R Special Edition」をカラーチェンジ。
この2013年モデルで「Ninja400R」は終了。翌年に「Ninja400」が新発売。

 

 

ホンダ CBR400R(NC47)の歴史

2013年4月23日に新登場。型式は、EBL-NC47
2016年2月26日にマイナーチェンジ。型式は、2BL-NC47に変更。
CBRシリーズのフラッグシップモデル「CBR1000RR」のDNAを受け継ぐ、スピード感を強調した外観にリニューアル。被視認性に優れる新設計のLEDデュアルヘッドライトとテールランプを採用。前方にスラントさせたフロントカウルから跳ね上げたリアカウルまでエッジの効いたキャラクターラインにより個性的なフォルムに。
2017年4月7日にカラーチェンジ。
2018年4月20日にカラーチェンジとABSが標準装備となり発売。

 

 

ここでは、
2012年10月発売のカワサキ NINJA400R(EBL-ER400B)と
2013年4月発売のホンダ CBR400R(EBL-NC47)
の違いを比較しました。

 

 

スペック表の違い

※数字が大きい方がこの色

車種名

NINJA400R

CBR400R

モデルチェンジ区分

カラーチェンジ

新登場

発売年月

2012年10月

2013年4月

型式

EBL-ER400B

EBL-NC47

仕向け・仕様

国内向けモデル

国内向けモデル

全長 (mm)

2100

2075

全幅 (mm)

760

740

全高 (mm)

1200

1145

軸間距離 (mm)

1410

1410

最低地上高 (mm)

145

140

シート高 (mm)

790

785

車両重量 (kg)

203

192

乗車定員(名)

2

2

原動機種類

4ストローク

4ストローク

気筒数

2

2

シリンダ配列

並列(直列)

並列(直列)

冷却方式

水冷

水冷

排気量 (cc)

399

399

4スト・カム駆動方式

DOHC

DOHC

4スト・気筒あたりバルブ数

4

4

内径(シリンダーボア)(mm)

68.4

67

行程(ピストンストローク)(mm)

54.3

56.6

圧縮比(:1)

11

11

最高出力(kW)

32

34

最高出力(PS)

44

46

最高出力回転数(rpm)

9500

9500

最大トルク(N・m)

37

37

最大トルク(kgf・m)

3.8

3.8

最大トルク回転数(rpm)

7500

7500

燃料タンク容量 (L)

15

15

燃料(種類)

レギュラーガソリン

レギュラーガソリン

燃料供給方式

フューエルインジェクション

フューエルインジェクション

エンジン始動方式

セルフスターター式

セルフスターター式

点火装置

フルトランジスタ式

フルトランジスタ式

点火プラグ標準搭載・型式

CR9EIA-9

CPR8EA-9

点火プラグ必要本数・合計

2

2

搭載バッテリー・型式

FTX12-BS

YTZ10S

エンジンオイル容量※全容量 (L)

2.4

3.2

クラッチ形式

湿式・多板

湿式・多板

変速機形式

リターン式・6段変速

リターン式・6段変速

1次減速比

2.095

2.029

2次減速比

3.066

3

変速比

1速 3.0000/2速 2.1660/3速 1.6400/4速 1.3600/5速 1.1920/6速 1.0400

1速 3.2850/2速 2.1050/3速 1.6000/4速 1.3000/5速 1.1500/6速 1.0430

動力伝達方式

チェーン

チェーン

スプロケット歯数・前

15

15

スプロケット歯数・後

46

45

チェーンサイズ

520

520

標準チェーンリンク数

114

114

フレーム型式

-

ダイヤモンド

キャスター角

25

25°30

トレール量 (mm)

106

102

懸架方式(前)

テレスコピックフォーク

テレスコピックフォーク

懸架方式(後)

スイングアーム式

スイングアーム式

燃料消費率 国交省届出(60km/h走行時)(km/L)

37

39.7

ブレーキ形式(前)

油圧式ダブルディスク

油圧式ディスク

ブレーキ形式(後)

油圧式ディスク

油圧式ディスク

タイヤ(前)

120/70ZR17

120/70ZR17

タイヤ(前)構造名

ラジアル

ラジアル

タイヤ(前)荷重指数

58

58

タイヤ(前)速度記号

(W)

(W)

タイヤ(前)タイプ

チューブレス

チューブレス

タイヤ(後)

160/60ZR17

160/60ZR17

タイヤ(後)構造名

ラジアル

ラジアル

タイヤ(後)荷重指数

69

69

タイヤ(後)速度記号

(W)

W

タイヤ(後)タイプ

チューブレス

チューブレス

ホイールリム形状(前)

MT

MT

ホイールリム幅(前)

3.5

3.5

ホイールリム形状(後)

MT

MT

ホイールリム幅(後)

4.5

4.5

メーカー小売価格

649,000円

669,600円

 

NINJA400RとCBR400Rの違いを比較

 

NINJA400RとCBR400Rの比較の口コミ

 

 

NINJA400R乗りだけど、CBR400Rの方が10kg軽いのと6速100km/hで5000rpmなのが羨ましい。

 

 

NINJA400RよりCBR400Rの方が取り回しでは、かなり軽いと思って、CBR400Rにしたが、やっぱりすごく軽い。これなら立ちごけの心配はないと思う。

 

 

顔は、CBR400Rが好きだけど、ウィンカー含めサイドカウルの形状はNINJA400Rのデザインの方が好き。値段や燃費は、誤差ぐらいな差しかないから、あとは、重さ11kgの差をどう感じるかだな。

 

 

CBR400Rのブレーキは、強めに握ったら結構効くね。ダブルディスクのNINJA400Rとブレーキの効きは変わらないと思った。

 

 

NINJA400Rは、100km/hが6速で6000rpmぐらい。
CBR400Rは、5000rpmらしい。

 

 

性能は、CBR400Rが上だけど、デザインは圧倒的にNINJA400Rが好き。

 

 

雑誌の付録のDVDで見たけど、実際の動力性能は、カタログデータ通りみたい。出足からCBR400Rがリードしてた。

 

 

ninja400r

cbr400r

最高出力

32kW(44PS)/9,500rpm

34[46]/9,500

最大トルク

37N・m(3.8kgf・m)/7,500rpm

37[3.8]/7,500

燃費

37.0(km/L)

39.7

燃費

203kg

192

 

CBR400Rの方が軽くてパワーあるね。

 

 

 

俺は、NINJA400R乗りでCBR400Rに試乗したけどパワー的には、特にかわらなかったよ。

 

 

NINJA400RよりCBR400Rの方が軽くて取り回しが楽。

 

 

CBR400Rは、廉価版エンジンとはいえやっぱりHONDAのエンジンは、凄いよ。モーターみたいな音。音は精度の高さと思う。NINJA400のエンジン音は、ガシャガシャしたイメージがある。

 

 

CBR400Rの実物見たけどNINJA400Rよりハンドル周りとかが安っぽく感じた。

 

 

NINJA400Rは、ツアラーでCBR400Rは。もう少しスポーツ寄りな万能タイプのイメージがある。CBR400Rでもフルパニアできるけど似合わない。純正のキャリアは、カッコ悪いし。

 

 

ギア比的には、CBR400Rのが高速寄り、NINJA400Rのが加速寄りで、NINJA400RよりCBR400Rの方が走行中の回転数が低くて、燃費が良い。

 

 

NINJA400RよりCBR400Rの方が車両重量が11kg軽くて、2馬力高出力で2.7km/L燃費が良いけど、2万円高い。ABS無し同士の比較。CBR400Rは、シングルディスクブレーキだから頼りないって言ってる人もみかけないし俺もこれで十分だと思う。

 

 

ABS仕様同士の車両重量は、CBR400Rは194kg。NINJA400Rが207kg。カタログ値で最高出力は、CBR400Rの方が少し高くてトルクは同じ。

 

NINJA400RとCBR400Rの中古車価格と買取相場

これをやるとバイクが高く売れる

バイクを売る時に何も知らずに無料査定を依頼すると安く買い叩かれるケースがあります。そうならないために無料査定を依頼する前にバイク買取業者がどういう対応をしてくるか知っておきましょう。

バイクを少しでも高く売るために知っておくこと



また、「バイクの一括査定」を利用すれば
業者の買取価格を比較してバイクを売ることができます。
何社も査定してもらう手間はかかりますが
バイクを高く売る一番確実な方法です。


バイク一括査定で月間利用者数NO.1のサイトは、こちら