YZF-R3とYZF-R25の違いを比較

バイクを高く売るためにやるべきこと

バイク買取業者は、どこも安く買い取りたいと思っています。
高値でバイクを売るには、業者を競わすのが一番です。

バイク一括査定で月間利用者数NO.1のサイトは、こちら

また、バイクを高く売るためには、必ず知っておいた方がよいことがあります。特に初めてバイク買取業者を利用する方は、バイクを高く売る方法を読んでから無料査定を依頼しましょう。

YZF-R3とYZF-R25の違いを比較

 

ヤマハ YZF-R3ABSの歴史

2015年4月20日に新登場。型式は、EBL-RH07J
車体色は、3色(ディープパープリッシュブルーメタリックC、ブラックメタリックX、ビビッドレッドカクテル1)。
2016年2月1日にカラーチェンジ。
車体色は、3色(マットグレーメタリック3、ホワイトメタリック6、ディープパープリッシュブルーメタリックC)。
2017年3月15日にカラーチェンジ。
車体色は、3色(マットブラック2、ホワイトメタリック6、ディープパープリッシュブルーメタリックC)。
2017年9月15日に特別限定「YZF-R3 ABS Movistar Yamaha MotoGP Edition」を300台限定発売。
MotoGPマシン「YZR-M1」のカラーイメージを再現した300台限定モデル。
2018年1月20日にカラーチェンジ。型式は、2BL-RH13J
車体色は、3色(ディープパープリッシュブルーメタリックC、ブラックメタリックX、ホワイトメタリック6)。
2019年6月10日にマイナーチェンジ。
新形状のフロントフェアリング&スクリーン、新デザインの燃料タンク&タンクカバー、倒立式フロントサス、視認性の高いフル液晶メーター、LEDヘッドランプ、ラジアルタイヤの採用などが行われた。車体色は、3色(ディープパープリッシュブルーメタリックC、マットブラック 2、マットディープレッドメタリック)。
2019年10月20日に「YZF-R3 ABS Monster Energy Yamaha MotoGP Edition」を発売。
スタンダードモデルをベースに「YZR-M1」をイメージさせるモンスターエナジーヤマハのグラフィックとカラーリング。ゴールドカラーの音叉エンブレム。ゴールドカラーの前後ブレーキキャリパー。イエロースプリングの専用リアサスペンションなどを採用。車体色は、1色(ブラックメタリック12)。


 

 

ヤマハ YZF-R25歴史

2014年12月15日に「YZF-R25」が新登場。型式は、JBK-RG10J
車体色は、3色(ディープパープリッシュブルーメタリックC、ブラックメタリックX、ビビッドレッドカクテル1)の設定。
2015年4月20日に「YZF-R25ABS」を追加発売。
車体色は、3色(ディープパープリッシュブルーメタリックC、ブラックメタリックX、ビビッドレッドカクテル1)の設定。
2015年7月20日に特別・限定仕様。「YZF-R25 Movistar Yamaha MotoGP Edition」を400台限定発売。
車体色は、ディープパープリッシュブルーメタリックCの1色。
2016年2月1日に「YZF-R25」「YZF-R25ABS」共にカラーチェンジして発売。
2016年7月20日に特別・限定仕様。「YZF-R25 Movistar Yamaha MotoGP Edition」を400台限定発売。
車体色は、ディープパープリッシュブルーメタリックCの1色。
2017年3月15日に「YZF-R25」「YZF-R25ABS」共にカラーチェンジして発売。
どちらも新色3色(マットブラック2、ホワイトメタリック6、ディープパープリッシュブルーメタリックC)の設定。
2017年10月13日に「YZF-R25」Movistar Yamaha MotoGP Editionを発売。
MotoGPマシン“YZR-M1”のカラーイメージを再現した限定モデルでYZF-R25は、国内400台の限定販売。車体色は、ディープパープリッシュブルーメタリックCの1色。
2018年1月20日に「YZF-R25」「YZF-R25ABS」のカラーチェンジして発売。2018年モデルから型式が変更。型式は、2BK-RG43J
車体色は、新色3色(ディープパープリッシュブルーメタリックC、ブラックメタリックX、ホワイトメタリック6)の設定。
2019年3月28日に「YZF-R25」「YZF-R25ABS」共にマイナーチェンジして発売。

LEDヘッドランプが組み合わされた新型のフロントカウルとスクリーン、乗りやすさとサーキットでの扱いやすさを両立させた新デザインのタンク周り、倒立式フロントサスの採用で快適でスポーティな走りにフィットするよう変更されたライディングポジション、メーター周りは視認性が高いフル液晶メーターを採用。車体色は、3色(ディープパープリッシュブルーメタリックC、マットブラック2、マットディープレッドメタリック)の設定。
2019年10月20日に「YZF-R25 ABS Monster Energy Yamaha MotoGP Edition」を発売。
スタンダードモデルをベースに「YZR-M1」をイメージさせるモンスターエナジーヤマハのグラフィックとカラーリング。ゴールドカラーの音叉エンブレム。ゴールドカラーの前後ブレーキキャリパー。イエロースプリングの専用リアサスペンションなどを採用。車体色は、1色(ブラックメタリック12)。

 

 

ここでは、まず最初に
2016年2月1日発売のヤマハ YZF-R3ABS(EBL-RH07J)と
2016年2月1日発売のヤマハ YZF-R25ABS(JBK-RG10J)
の違いを比較しました。

 

 

YZF-R3ABSとYZF-R25ABSのスペック表の違い

※数字が大きい方がこの色

車種

ヤマハ YZF-R3ABS

ヤマハ YZF-R25ABS

発売

2016年2月1日

2016年2月1日

型式

EBL-RH07J

JBK-RG10J

全長

2090mm

2090mm

全幅

720mm

720mm

全高

1135mm

1135mm

ホイールベース

1380mm

1380mm

シート高

780mm

780mm

最低地上高

160mm

160mm

総重量

169kg

168kg

サスペンション形式(前)

テレスコピック

テレスコピック

サスペンション形式(後)

スイングアーム

スイングアーム

キャスター角

25°

25°

トレール(mm)

95

95

ブレーキ形式(前)

ディスク

ディスク

ブレーキ形式(後)

ディスク

ディスク

タイヤサイズ(前)

110/70-17 M/C 54H

110/70-17 M/C 54S

タイヤサイズ(後)

140/70-17 M/C 66H

140/70-17 M/C 66S

エンジン種類

水冷4ストロークDOHC4バルブ並列2気筒

水冷4ストロークDOHC4バルブ並列2気筒

総排気量

320cc

249cc

圧縮比

11.2

11.6

ボア

68mm

60mm

最高出力(kW/rpm)

31(42PS)/10750

27(36PS)/12000

最大トルク(N・m/rpm)

30(3kgf・m)/9000

23(2.3kgf・m)/10000

始動方式

セル

セル

点火方式

トランジスタ

トランジスタ

クラッチ形式

湿式多板

湿式多板

変速機形式

6段リターン

6段リターン

燃料供給方式

インジェクション

インジェクション

潤滑方式

強制圧送ウエットサンプ

強制圧送ウエットサンプ

燃料タンク容量

14.0L

14.0L

燃料消費率(km/L)

34.6(60km/h)・24.4(WMTCモード)

33.5(60km/h)・26.2(WMTCモード)

カラー/メーカー小売価格

¥631,800 マットグレーメタリック3 ¥631,800 ホワイトメタリック6 ¥631,800 ディープパープリッシュブルーメタリックC

¥599,400 ホワイトメタリック6 ¥599,400 マットグレーメタリック3 ¥599,400 ディープパープリッシュブルーメタリックC

 

 

YZF-R3とYZF-R25の動画

 

 

YZF-R3

 

ヤマハ YZF-R3 ABS (2015) バイク試乗レビュー

 

 

 

YZF-R25

 

ヤマハ YZF-R25 (2014) バイク試乗レビュー

 

 

YZF-R3とYZF-R25の比較動画

 

 

YZF-R25 VS YZF-R3 燃費対決

 

ヤマハでいこう!YZF-R3とR25を比較インプレ

 

YZF-R3入荷!R25との見た目と音の違いを検証!

 

 

YZF-R3(EBL-RH07J)とYZF-R25(JBK-RG10J)の比較の口コミ

 

 

YZF-R3とYZF-R25の違いは、「エンジン」、「ステップの所のプレートが穴無し」、「タイヤ」。

 

 

YZF-R25とYZF-R3意識してる人だったらステップのプレートやナンバーで区別がつく。

 

 

平地での高回転の吹き上がり感はYZF-R25の方が上。でもトルク感はYZF-R3が上。

 

 

YZF-R25は、日本を含めたった3ヶ国で発売。YZF-R3は世界26ヶ国で発売。 両方売っているのは日本だけか。ヤマハはYZF-R3を先に開発してエンジンボアダウンしてYZF-R25にしたんだね。

 

 

国内でも320が先で250がボアダウン。320こそがYZF-R25の本来の姿って本で読んだことある。

 

 

バイクを売ることまで考えたらYZF-R25の方が人気があるから高く買い取ってもらえそう。価格差もあまりないし、YZF-R25はYZF-R3の7倍売れてる。

 

 

YZF-R3の悪いところは、燃費。YZF-R25だったらどんなに悪くても25km/Lなのに。

 

 

両方乗ったけどYZF-R25は、低速での安定感が若干落ちるね。

 

 

初めてのバイクだけど両方乗り比べたらYZF-R3の方が乗りやすかった。車検があるけど3年後なら乗り換えたいから問題ない。

 

 

車検を気にしてYZF-R25にするのはもったいない。新車で買えば最初の車検は3年後。 自分は、半年で7500kmくらい走ってるから車検の時は45000kmで乗り換えを考える距離。

 

 

購入した店の人の話では、YZF-R3は、リターン組の購入が多いらしい。

 

 

アクセル開けたい人は、ぶん回してなんぼのYZF-R25でしょ。YZF-R3は、トルクがあるから回さなくてもトコトコ走れる。

 

 

YZF-R25の純正IRCのがグリップがあるって言われてるね。YZF-R3のノーマルタイヤは粘りが無いから滑る。ライフは、長そうだけど。

 

 

車検のこと考えなかったらYZF-R25の存在意義が亡くなる。

 

 

YZF-R25ABSとYZF-R3の価格を比べたらそれほど変わらなかったからYZF-R3にした。YZF-R3はABS標準装備だし。

 

 

数が出てないYZF-R3のほうが目立てると思ってYZF-R3を選んだ。

 

 

YZF-R3に試乗してきたけどYZF-R25とは別物だね。単純なパワーの違いの他にも音や走りが凄く良かった。70cc違うだけであんなに違うんだね。

 

●2015年度 販売台数
YZF-R25(-Since2015-) 販売台数7680台
YZF-R3(-Since2015-) 販売台数1204台
●2016年度 販売台数
YZF-R25/MT-25(-Since2014-) 販売台数6429台
YZF-R3(-Since2015-) 販売台数1883台
●2017年度 販売台数
YZF-R25/MT-25(-Since2014-) 販売台数5273台
YZF-R3/MT-03(-Since2015-)  販売台数1748台
●2018年度 販売台数
YZF-R25/MT-25(-Since2018-) 販売台数3501台 ※14年-モデルは763台
YZF-R3/MT-03(-Since2018-) 販売台数1260台 ※15年モデルは278台

 

 

スペックだけ見るとYZF-R3なんか買う人いるの?ってと思ってたけど実際に乗り比べてみると車検があるから節約してYZF-R25にするとか有り得ないと思う。

 

 

YZF-R3のアイドリング音がYZF-R25より下品で好みじゃないわ。

 

 

サーキットがメインならライバル車が多いYZF-R25がいいけどストリートならYZF-R3がいいと思う。

 

 

サーキット走行したりいっぱいカスタムする人にはYZF-R25の方が向いてる。

 

 

俺がYZF-R3にしたポイントは、YZF-R25とは違って信号発進の時とか多少ラフでもエンストと無縁なところ。

 

 

YZF-R3にしたけどお店の人に「YZF-R25を選ぶ人が多いのに珍しいですね」って言われた。

 

 

YZF-R25に試乗したら乗りやすくて高回転まで回る楽しいバイクだった。ただ、高回転はレーシーだが少しうるさいので街中だと迷惑かもしれない。結局、自分は、YZF-R3を買った。高回転だけ速いより低回転から速い方がいつでも楽しく乗れる。

 

 

2台乗り比べてきた。街乗りでの速度域、7000回転以上の加速感、どれもYZF-R3の方がパワフルだった。YZF-R3の試乗車は吹けがイマイチだったけど、完調ならもっと差は際立ってたかもしれない。YZF-R25の方が回す楽しみがあると思ってたけど、一度YZF-R3に乗ってしまうとYZF-R25では満足できないと思う。

 

 

初心者や女性でYZF-R25とYZF-R3で迷ってるならYZF-R3がおすすめ。 YZF-R3の方が乗りやすいバイク。

 

 

月刊オートバイだったと思うけど筑波サーキットで最高速テストしてた。YZF-R25が170km/h後半でYZF-R3は180km/hちょい。でも筑波は、ストレートが短いからな。

 

 

YZF-R25はノーマルでも180km/h出る。最高速はそこまで変わらない。

 

 

YZF-R3に試乗したらYZF-R25よりかなり低速トルクがあるから発進がすごく楽。

 

 

YZF-R25の方がレブリミットが高いから回す楽しみがある。もちろんYZF-R3の方が全域で速いし、特に低速域でR25よりトルクがあっていい。

 

 

YZF-R25に試乗してみた。速度は出ないが想像以上にパワー出てて楽しかった。振動が少なくて回転がスムーズで伸びる。YZF-R3は、1段ギアを高く走れるから余裕がある。今までYZF-R3が全てにおいて勝ってると思っていたけどそうではなかった。回したい人は、YZF-R25。

 

 

比べればYZF-R25の方が高回転域で軽やかに回るが実際、加速やスピードが出てるのは YZF-R3。ストリートバイクではYZF-R3の方が良いと思う。

 

 

YZF-R25に乗って不満な人がYZF-R3に乗って満足することは、無い。その程度の違いだと思う。

 

 

YZF-R25とYZF-R3を乗り比べてみた。R25のレブ14000回転付近のエンジン音は、R6に似てて官能的なサウンドだった。気軽に回せてスポーツバイクの音や雰囲気を楽しみた人は、R25がおすすめ。YZF-R3は、総排気量が70cc多いだけに全域で速くて楽だった。排気音は、アイドリングから迫力があったけどレブリミット下がって回してもR25のような高揚感のある音がなくて回す楽しみに欠ける。でも250の軽快さと400並のパワーがあるいいこと取りのバイクだから様々な用途で使うには、R3の方が向いてるね。

 

 

サーキットを走るならYZF-R25の方が楽しめそう。地元のショートサーキットでも現行の250が多くて同クラスのバイクと走る方が楽しいし勉強になる。YZF-R3の比較対象になるバイクはほとんど走ってない。

 

 

YZF-R25と比較するとYZF-R3は、ボア大きくてストロークが同じだよね。ストロークを伸ばして排気量を増やすことができそう。

 

 

 

 

次に
2019年6月10日発売のヤマハ YZF-R3ABS(2BL-RH13J)と
2019年3月28日発売のヤマハ YZF-R25ABS(2BK-RG43J)
の違いを比較しました。

 

 

YZF-R3ABSとYZF-R25ABSのスペック表の違い

※数字が大きい方がこの色

タイプグレード名

YZF-R3 ABS

YZF-R25 ABS

モデルチェンジ区分

マイナーチェンジ

マイナーチェンジ

発売日

2019年6月10日

2019年3月28日

型式

2BL-RH13J

2BK-RG43J

仕向け・仕様

国内向けモデル

国内向けモデル

全長 (mm)

2090

2090

全幅 (mm)

730

730

全高 (mm)

1140

1140

軸間距離 (mm)

1380

1380

最低地上高 (mm)

160

160

シート高 (mm)

780

780

車両重量 (kg)

170

170

乗車定員(名)

2

2

原動機種類

4ストローク

4ストローク

気筒数

2

2

シリンダ配列

並列(直列)

並列(直列)

冷却方式

水冷

水冷

排気量 (cc)

320

249

4スト・カム駆動方式

DOHC

DOHC

4スト・気筒あたりバルブ数

4

4

内径(シリンダーボア)(mm)

68

60

行程(ピストンストローク)(mm)

44.1

44.1

圧縮比(:1)

11.2

11.6

最高出力(kW)

31

26

最高出力(PS)

42

35

最高出力回転数(rpm)

10750

12000

最大トルク(N・m)

29

23

最大トルク(kgf・m)

3

2.3

最大トルク回転数(rpm)

9000

10000

燃料タンク容量 (L)

14

14

燃料(種類)

レギュラーガソリン

レギュラーガソリン

燃料供給方式

フューエルインジェクション

フューエルインジェクション

エンジン始動方式

セルフスターター式

セルフスターター式

点火装置

フルトランジスタ式

フルトランジスタ式

点火プラグ標準搭載・型式

CR8E

CR9E

点火プラグ必要本数・合計

2

2

搭載バッテリー・型式

GTZ8V

GTZ8V

エンジンオイル容量※全容量 (L)

2.4

2.4

エンジンオイル量(オイル交換時) (L)

1.8

1.8

エンジンオイル量(フィルタ交換時) (L)

2.1

2.1

推奨エンジンオイル(SAE粘度)

10W-40

10W-40

ドレンボルトサイズ(呼び径)

12

12

クラッチ形式

湿式・多板

湿式・多板

変速機形式

リターン式・6段変速

リターン式・6段変速

1次減速比

3.043

3.043

2次減速比

3.071

3.071

変速比

1速 2.5000/2速 1.8230/3速 1.3470/4速 1.0860/5速 0.9200/6速 0.8000

1速 2.6660/2速 1.8820/3速 1.4540/4速 1.2000/5速 1.0370/6速 0.9200

動力伝達方式

チェーン

チェーン

スプロケット歯数・前

14

14

スプロケット歯数・後

43

43

チェーンサイズ

520

520

標準チェーンリンク数

112

112

フレーム型式

ダイヤモンド

ダイヤモンド

キャスター角

25°00

25°00

トレール量 (mm)

95

95

ブレーキオイル適合規格

DOT 4

DOT 4

懸架方式(前)

テレスコピックフォーク

テレスコピックフォーク

懸架方式(後)

スイングアーム式

スイングアーム式

燃料消費率 国交省届出(60km/h走行時)(km/L)

41.3

37.7

燃料消費率 WMTCモード値(km/L)

27.6

27.2

ブレーキ形式(前)

油圧式ディスク

油圧式ディスク

ブレーキ形式(後)

油圧式ディスク

油圧式ディスク

タイヤ(前)

110/70R17

110/70-17

タイヤ(前)構造名

ラジアル

バイアス

タイヤ(前)荷重指数

54

54

タイヤ(前)速度記号

H

S

タイヤ(前)タイプ

チューブレス

チューブレス

タイヤ(後)

140/70R17

140/70-17

タイヤ(後)構造名

ラジアル

バイアス

タイヤ(後)荷重指数

66

66

タイヤ(後)速度記号

H

S

タイヤ(後)タイプ

チューブレス

チューブレス

ホイールリム形状(前)

MT

MT

ホイールリム幅(前)

2.75

2.75

ホイールリム形状(後)

MT

MT

ホイールリム幅(後)

4

4

ヘッドライトタイプ(Hi)

LED

LED

テールライトタイプ

LED

LED

メーター表示

ギアポジション 有
燃料計 有
エンジン回転計 有
時計 有
ツイントリップ 有

ギアポジション 有
燃料計 有
エンジン回転計 有
時計 有
ツイントリップ 有

車両装備

ハザードランプ 有
アンチロックブレーキ(ABS) 有

ハザードランプ 有
アンチロックブレーキ(ABS) 有

メーカー小売価格

675,000円

599,400円

 

YZF-R3(2BL-RH13J)とYZF-R25(2BK-RG43J)

 

YZF-R3(2BL-RH13J)とYZF-R25(2BK-RG43J)の比較の口コミ

 

 

●2019年モデルのメーカー小売価格
YZF-R3 ABS 675,000円
YZF-R25 ABS 642,600円
●2019年8月時点の同じバイク屋の乗り出し価格(自賠責3年)
YZF-R3 ABS 648,720円
YZF-R25 ABS 612,190円

 

YZF-R3とYZF-R25の中古車価格と買取相場

これをやるとバイクが高く売れる

バイクを売る時に何も知らずに無料査定を依頼すると安く買い叩かれるケースがあります。そうならないために無料査定を依頼する前にバイク買取業者がどういう対応をしてくるか知っておきましょう。

バイクを少しでも高く売るために知っておくこと



また、「バイクの一括査定」を利用すれば
業者の買取価格を比較してバイクを売ることができます。
何社も査定してもらう手間はかかりますが
バイクを高く売る一番確実な方法です。


バイク一括査定で月間利用者数NO.1のサイトは、こちら