WR250Rとセロー250の違いを比較

バイクを高く売るためにやるべきこと

バイク買取業者は、どこも安く買い取りたいと思っています。
高値でバイクを売るには、業者を競わすのが一番です。

バイク一括査定で月間利用者数NO.1のサイトは、こちら

また、バイクを高く売るためには、必ず知っておいた方がよいことがあります。特に初めてバイク買取業者を利用する方は、バイクを高く売る方法を読んでから無料査定を依頼しましょう。

WR250Rとセロー250の違いを比較

 

ヤマハ WR250Rの歴史

2007年11月16日に「WR250R」が新登場。型式は、JBK-DG15J
車体色は、3色(ディープパープリッシュブルーソリッドE、パープリッシュホワイトソリッド1、イエローストロボ)の設定。
2008年12月10日にカラーチェンジ。
車体色は、2色(ディープパープリッシュブルーソリッドE、パープリッシュホワイトソリッド1)の設定。
2009年12月10日にカラーチェンジ。
車体色は、2色(ディープパープリッシュブルーソリッドE、ヤマハブラック)の設定。ゴールド仕上げのフロントフォークアウターチューブと新グラフィックを採用。
2010年9月15日にカラーチェンジ。
車体色は、2色(ディープパープリッシュブルーソリッドE、ヤマハブラック)の設定。ディープパープリッシュブルーソリッドEには、競技用の2011年モデルYZシリーズのイメージを反映した新グラフィックを採用。
2011年9月30日にカラーチェンジ。
車体色は、2色(ディープパープリッシュブルーソリッドE、ヤマハブラック)の設定。ディープパープリッシュブルーソリッドEにはスプラッシュをイメージした新グラフィックとシルバーのマフラーカバーを採用。ヤマハブラックにはWR250Xで好評のカーボンパターンを織り込んだ新グラフィックとブラック&グレーのシートを採用。
2012年8月30日にカラーチェンジ。
車体色は、2色(ディープパープリッシュブルーソリッドE、ヤマハブラック)の設定。ディープパープリッシュブルーソリッドEに2013年モデルのYZシリーズに共通する新グラフィックのエアスクープ、ホワイトリアフェンダーを採用。
2013年8月30日にカラーチェンジ。
車体色は、2色(ディープパープリッシュブルーソリッドE、パープリッシュホワイトソリッド1)の設定。今回は燃料タンク側面のシュラウド部分の新グラフィックが特徴。
2014年9月30日にカラーチェンジ。
車体色は、2色(ディープパープリッシュブルーソリッドE、パープリッシュホワイトソリッド1)の設定。ディープパープリッシュブルーソリッドEは、ガソリンタンク側面のシュラウド周りに新グラフィックを採用。リアフェンダーを車体色と同一とした。WRのロゴもYZシリーズに共通するがっちり感のあるボールド系の書体を採用。その下側にはレーサーのテクニカルスポンサーをイメージするロゴを配置。パープリッシュホワイトソリッド1は、継続設定。

2015年9月30日にカラーチェンジ。
車体色は、2色(ディープパープリッシュブルーソリッドE、パープリッシュホワイトソリッド1)の設定。ディープパープリッシュブルーソリッドEは、2016年モデルのYZシリーズをイメージしたこれまでの流れをくむグラフィック。ディープパープリッシュホワイトソリッド1は、ビッグロゴグラフィックを大胆に採用した印象的なボディグラフィックとなる。
2016年9月12日にカラーチェンジ。これが最終モデル。
車体色は、2色(ディープパープリッシュブルーソリッドE、パープリッシュホワイトソリッド1)の設定。ディープパープリッシュブルーソリッドEは、2017年版のYZシリーズを彷彿させる「Simple & Bold」デザインにクール感を取り入れた新グラフィックを採用。パープリッシュホワイトソリッド1は、継続設定。
2017年に生産終了。
2017年9月から平成28年排出ガス規制が継続生産車にも適用されるのを前に、販売を終了した。

 

 

ヤマハ セロー250の歴史

2005年4月1日に「セロー250」が新登場。型式は、BA-DG11J
車体色は、2色(パープリッシュホワイトソリッド1、ダークグレーメタリックE)の設定。
2005年4月1日に特別・限定仕様「SEROW 250 20th Anniversary Special」を発売。
前のモデルのセロー225の登場から20年を記念したアニバーサリーモデル。車体色は、ライトイエローイッシュグレーメタリック9(レッド/ホワイト)。
2006年3月30日に「セロー250」をカラーチェンジ。
車体色は、新色2色(パープリッシュホワイトソリッド1、ヤマハブラック)の設定。
2006年3月30日に「セロー250S」を新たにタイプ追加。
「セロー250S」は、外装に塗装を施し、質感と高級感を醸し出す上級グレード版。車体色は、ブルーイッシュシルバー4の1色。
2007年2月に2006年モデルのカラーのまま2007年モデルの「セロー250」を発売。
2007年3月30日に「セロー250S」をカラーチェンジ。
車体色は、新色のイエローイッシュグレーメタリック9(バイオレット)の1色の設定。
2008年1月30日に「セロー250」と「セロー250S」をマイナーチェンジ。型式は、JBK-DG17J
F.I.を採用、吸気ポート形状変更などによって環境性能・トルク感を向上、フロントフォークアウターチューブの仕様変更によるトレール量の見直しを図る。また、全色に新グラフィックを採用。車体色は、セロー250がパープリッシュホワイトソリッド1(新グラフィック)、ヒートレッド(新色)の2色。 セロー250Sがライトイエローイッシュグレーメタリック9(新色)の1色。
2010年1月15日に「セロー250」をカラーチェンジ。
車体色は、「パープリッシュホワイトソリッド1」をベースカラーとした「ホワイト/グリーン」と 「ホワイト/ブロンズ」の2色の設定。
2010年7月1日に特別・限定仕様「SEROW 250 25th Anniversary Special」を発売。

前のモデルのセロー225の登場から25年を記念したアニバーサリーモデル。車体色は、Realtree AP HD/Yamaha Black (Realtree/ブラック)。
2012年1月30日に「セロー250」をカラーチェンジ。
車体色は、「パープリッシュホワイトソリッド1」をベースカラーとした「ホワイト/グリーン」と「ホワイト/レッド」の2色の設定。
2012年8月30日に「ツーリングセロー」を新たにタイプ追加。
セロー250に、専用アクセサリーをパッケージ装着した販売店特装車。主な専用装備として大型リアキャリア、エンジン下アルミガード、ハンドルグリップ部のブラッシュガード、フロントガードを備えたアドベンチャースクリーンの4点。
2014年1月21日に「セロー250」をカラーチェンジ。
車体色は、新色のベージュとパープリッシュホワイトソリッド1の2色の設定。
2015年4月15日に特別・限定仕様「SEROW 250 30th Anniversary Special Edition」を発売。
前のモデルのセロー225の登場から30年を記念したアニバーサリーモデル。車体色は、新色のマットグレーメタリック3(マットグレー)の1色。
2016年2月5日に「セロー250」をカラーチェンジ。
車体色は、新色のパープリッシュホワイトソリッド1(ホワイト/グリーン)とベージュ(ベージュ)の2色の設定。
2016年3月22日に「セロー250」をカラーの追加。
1ヶ月遅れて、新色のパープリッシュホワイトソリッド1(ホワイト/オレンジ)を追加。
2017年2月に「セロー250」をカラーチェンジ。
2018年8月31日に「セロー250」をマイナーチェンジ。型式は、2BK-DG31J
平成28年排出ガス規制をクリアして登場。規制の対象となった蒸発ガソリンの外気排出を低減するためのキャニスター(容器)を備えるなどの環境対策が施された。3kgほど車重がアップし、混合気の圧縮比が若干上がり、出力が向上、タンク容量は、少し減ったが燃費は大きく向上。外観上の違いは、リアフェンダーがロングタイプになり、テールランプがLED化された。車体色は、「パープリッシュホワイトソリッド1」をベースカラーとした「ホワイト/グリーン」「ホワイト/オレンジ」「ホワイト/ブルー」の3色の設定。

2018年9月13日に「ツーリングセロー」をタイプ追加。
平成28年排出ガス規制をクリアしたセロー250にも「ツーリングセロー」がタイプ設定された。ツーリングセローは、大型のアドベンチャースクリーンや、ハンドルガード、積載性を向上させるアドベンチャーリアキャリア、アルミダンダーガードの4点を標準装備したアクセサリーパッケージ。

 

 

ここでは、
2016年9月12日発売のヤマハ WR250R(JBK-DG15J)と
2016年3月22日発売のヤマハ セロー250(JBK-DG17J)
の違いを比較しました。

 

 

スペック表の違い

※数字が大きい方がこの色

車種名

WR250R

SEROW250

発売年月

2016年9月

2016年3月

仕向け・仕様

国内向けモデル

国内向けモデル

全長 (mm)

2190

2100

全幅 (mm)

810

805

全高 (mm)

1235

1160

軸間距離 (mm)

1425

1360

最低地上高 (mm)

300

285

シート高 (mm)

895

830

車両重量 (kg)

132

130

乗車定員(名)

2

2

原動機種類

4ストローク

4ストローク

気筒数

1

1

シリンダ配列

単気筒

単気筒

冷却方式

水冷

空冷

排気量 (cc)

249

249

4スト・カム駆動方式

DOHC

OHC(SOHC)

4スト・気筒あたりバルブ数

4

2

内径(シリンダーボア)(mm)

77

74

行程(ピストンストローク)(mm)

53.6

58

圧縮比(:1)

11.8

9.5

最高出力(kW)

23

14

最高出力(PS)

31

18

最高出力回転数(rpm)

10000

7500

最大トルク(N・m)

24

19

最大トルク(kgf・m)

2.4

1.9

最大トルク回転数(rpm)

8000

6500

燃料タンク容量 (L)

7.6

9.6

燃料(種類)

ハイオクガソリン

レギュラーガソリン

燃料供給方式

フューエルインジェクション

フューエルインジェクション

エンジン始動方式

セルフスターター式

セルフスターター式

点火装置

フルトランジスタ式

フルトランジスタ式

点火プラグ標準搭載・型式

CR9EK

DR7EA

点火プラグ必要本数・合計

1

1

搭載バッテリー・型式

YTZ7S

YTZ7S

エンジンオイル容量※全容量 (L)

1.5

1.4

クラッチ形式

湿式・多板

湿式・多板

変速機形式

リターン式・6段変速

リターン式・5段変速

1次減速比

3.12

3.083

2次減速比

3.307

3.2

変速比

1速 2.6420/2速 1.8120/3速 1.3180/4速 1.0400/5速 0.8880/6速 0.7850

1速 2.8460/2速 1.8120/3速 1.3180/4速 1.0350/5速 0.8210

動力伝達方式

チェーン

チェーン

スプロケット歯数・前

13

15

スプロケット歯数・後

43

-

チェーンサイズ

520

428

標準チェーンリンク数

108

128

フレーム型式

セミダブルクレードル

セミダブルクレードル

キャスター角

27°20

26°40

トレール量 (mm)

113

105

懸架方式(前)

テレスコピックフォーク

テレスコピックフォーク

懸架方式(後)

スイングアーム式

スイングアーム式

燃料消費率 国交省届出(60km/h走行時)(km/L)

34

40

ブレーキ形式(前)

油圧式ディスク

油圧式ディスク

ブレーキ形式(後)

油圧式ディスク

油圧式ディスク

タイヤ(前)

80/100-21

2.75-21

タイヤ(前)構造名

バイアス

バイアス

タイヤ(前)荷重指数

51

45

タイヤ(前)速度記号

P

P

タイヤ(前)タイプ

チューブタイヤ

チューブタイヤ

タイヤ(後)

120/80-18

120/80-18

タイヤ(後)構造名

バイアス

バイアス

タイヤ(後)荷重指数

62

62

タイヤ(後)速度記号

P

P

タイヤ(後)タイプ

チューブタイヤ

チューブレス

ホイールリム幅(前)

1.6

1.6

ホイールリム幅(後)

2.15

2.15

ヘッドライトタイプ(Hi)

H4

H4

テールライトタイプ

LED

-

メーター表示

時計 有
ツイントリップ 有

時計 有
ツイントリップ 有

車両装備

-

ハザードランプ 有

メーカー小売価格

721,440円(税抜き 668,000円)

507,600円(税抜き 470,000円)

 

WR250Rとセロー250の違いを比較

 

WR250Rとセロー250の比較の口コミ

 

 

俺は、KDXからの乗り換えでWRとせロー250で悩んだけど、結局ゲロ優先でセロー250にした。

 

 

初心者は、ヤマハのオフ車でパワーがあって速いけど値段が高いWRとパワーは無いが値段安くて乗りやすそうセローって感じで比べると思う。でもある程度経験や知識がついてくればWRとセローの違いが分かるから最初からこっちってなるけどね。まあ、バイク屋行って、WRに跨って足が付かない。。。ってなる人も多いけど。

 

 

サイズで選べばWR250Rが欲しい。やっぱりセローは小さい。

 

 

WR250R乗ってるけど、セロー250はレギュラーガソリンで航続距離が少し長いぐらいしか羨ましいとこないな。

 

 

・通勤 通学 街乗り
セロー250 > WR250R
・高速
WR250R > セロー250
・オンロードメインのツーリング
セロー250 > WR250R
・一般的な林道
好みによる
・山奥
セロー250 > WR250R

 

 

セローの方が足つきは、良いけど、WR250Rの方が体重移動がしやすい。

 

 

林道を走ってて実際に見るのは、WRやXRが多い。オンロードでは、セローが多い。

 

 

どちらかと言えばWR250Rは、高速セクション狙いのピークパワー型のエンジンと車体だから山奥で低速でヌルヌル走るのは、セローのが得意。

 

 

普段WR250Rで山に行って、エンストをしたり、低速スカスカで登り切れないのがネック。WR250Rみたいなトップパワーより、セローのみたいな低中回転域が充実したオフ車のが自分に向いてると思った。

 

 

WR250Rは、レーシー過ぎる。
セロー250は、非力感がある。

 

 

WR250Rの方が良い所は、高回転型の吹け上がりと足回り。
セローの方が良い所は、低回転型の低速トルクと足つき。
モトクロスならまだしも、ゲロガレでは、セローの方が得意。

 

 

まあゲロガレは、セローの方が得意だがWR250Rでも普通にこなせるよ。

 

 

自走で高速を使ったり、モトクロスやゲロガレヒルクライムをやると、やはりWR250Rの方が良い。

 

 

WR250Rは、セローより全域でパワーある。でも足つきがつらい。

 

 

2017年5月時点で
YAMAHAのオフ車の開発の優先順位はこんな感じじゃない?
@セローの後継
Aトリッカーの後継
B他社250アドベンチャーへの対抗車
CWR後継
トリッカーまでは作ると思うけど、250アドベンチャーは、ツーリングセローのタイプ設定でその場しのぎって感じだろうし、WR後継を作るのは、性能のハードル高過ぎて無理でしょ。

 

 

バイク2台以上所有してるなら割り切ったWR250Rのがいい。
セロー楽しいバイクだけどオールマイティ過ぎる。

 

 

WRは、トライアル的な要素を含んだ走りには、向いてないよ。新車で買えば高いからそれが仇になって不満ばかりになる。低速域ではすぐエンストするので扱いがシビアになるばっかり。youtubeとかでよく見る林道ごっこみたいな素人が扱う場面では、なかなかマッチしたフィールドが無い。それならセローで事足りるし。それでもまだWRが欲しいなら中古を買えばいい。年式の違いで差がほとんど無いのでどれ買ってもいいし、WRを買って扱い切れずにすぐ売ったおじさんの中古が溢れてるから。

 

 

音が気になる人は、WRはやめといたほうがいい。WR用は、すば抜けて大音量なんでノーマルでもかなり煩い。セローとワケが違う。

 

 

買う前に必ず試乗かレンタルをしてみた方がいい。いきなり買って、合わないのに無理やり自分に「楽しいバイク」と言い聞かせて乗ってる人を何人も見てきた。そういう人は、すぐ飽きて乗らなくなるよ。

 

 

WRは、自分のスタイルにあえば良い買い物だけど、もし合わなくて売ることになると足元見られて安く買い叩かれて損するだけ。自分のスタイルなんて急に変わらないよ。買った後、急にガレ場をガンガン登るスタイルには変わらない。それに興味がある人は、最初からその方面に行く。だからWRとセローのどっちが自分にあってるのが整理してから買ったほうがいい。

 

 

セロー乗っててWR250Rを増車したが、セローより林道レベルでも楽に走れる。特にガレぎみの場所をかっとばす時!パワーは、もちろん足回りの差がでかいと思う。それから林道までの一般道もキビキビ走れて楽しい。今セローは、チョイ乗り用とたまに林道探索で使ってる。

 

 

セローからWR250Rへ乗り換えた人は、結構いそう。

 

 

WR250R乗ってて、集中力が無くなった帰り道の信号でプスンってエンストすることは、結構ある。セローと同じようにはいかないね。

 

 

WR250Rとセローは、同じオフ車でも両極端にあるバイク。セローに不満でも俺ならWR250Rを買う前にKLXやCRFを買う。

 

 

WR250Rは、下がうすうすだからエンストしやすい。でもきちんと操作すればクラッチだけで発進もできるよ。セローが異常なだけ。

 

 

俺は、レースとかにあまり関心無かったけど、軽くてどこでもそれなり以上に走れるのが欲しかったからWR250Rを買った。でもたまにセローに乗り換えるか悩むこともある。トコトコトレールもやってみたい。

 

 

WR250R・・・スペック厨向け or ある程度の技量を持ってる人
セロー250・・・ 近くに低速林道がある人向け or 足付きが良いのがいい人向け
CRF250L・・・オフ車の形をしたオンロードバイクが欲しい人向け
KLX250・・・オンとオフのベストバランス

 

 

MXEDコースを走るならWR250R。足周りとフレームの出来が他のトレールとは比較にならないぐらい良い。でもレーサーと比較すると間違いなく格下。二輪二足林道では、セロー250。キャンプツーリングもセロー250の方が雰囲気あって良い。

 

 

WR250Rは、ローダウンすればセロー250程ではないけど足つきは、少しマシになる。WR250Rの低回転の粘りがとか言ってる人は、ヘタクソなだけ。2速半クラで大体は、いける。どっちにしてもセローにいくらお金をかけてもWR250Rになれないってこと。

 

 

俺は、林道をどんどん行くならセローがいいと思う。舗装やフラットレベルで普段街乗りやツーリングで乗るならWR250Rがいい思う。

 

 

セローとWR250Rは、方向が違う。ジャンプしたければWR250Rのが良いと思うけど、その分野では、KTMに圧倒される。

 

 

エンジンの内径×行程 比較
WR250R 77.0mm×53.6mm
セロー250 74.0mm×58.0mm

 

 

短足の人やアクセルを開けられないならセロー250がおすすめ。でもケツを流して走るような感じでは、WR250Rは本当に別格だよ。

 

 

林道でも、停止状態やごく低速からの開け始めでセロー250だと2速固定でカバーできる部分がWR250Rでは「トットット・・・」ってトルクが無いからエンストすることがあるからね。WR250Rは、その都度ギヤの上げ下げが必要。

 

 

高速巡航は、
WR250X > WR250R > セロー250

 

 

セロー250で踵がつかない自分でもWR250R乗れてるよ。

 

 

俺は、164cmだけどWR250R乗ってる。林道以外ではころんだこと無い。

 

WR250Rとセロー250の中古車価格と買取相場

これをやるとバイクが高く売れる

バイクを売る時に何も知らずに無料査定を依頼すると安く買い叩かれるケースがあります。そうならないために無料査定を依頼する前にバイク買取業者がどういう対応をしてくるか知っておきましょう。

バイクを少しでも高く売るために知っておくこと



また、「バイクの一括査定」を利用すれば
業者の買取価格を比較してバイクを売ることができます。
何社も査定してもらう手間はかかりますが
バイクを高く売る一番確実な方法です。


バイク一括査定で月間利用者数NO.1のサイトは、こちら